2017年7月21日 (金)

トレニア

羊頭狗肉の続き
このスーパーのお惣菜には、「お肉柔らか黒酢酢豚」と「お肉柔らかニラレバ」(値段はどちらも298円)があり、間違いの原因は正札の貼り間違い。きょう行ったときに酢豚をいただいた。

170721きょうも「朝練」。
いつもの「60km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」が目標。走っていると甘い香りが漂ってくる。
無花果畑を見ると小さな実が生っていた(写真)。
170721sora一昨日「梅雨明け」が発表されたが、当地では2週間以上まえから晴れに日が続いていた。今日の空を見ると、これまでと少し違っているようだ。雲の形、高さなど真夏のそれに近く感じる。写真は、8時市原市権現堂から南の空を望む。気温は23~29℃。
走行距離 60.0km平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1708
当地は今年「空梅雨」だった。湿ったところが好きなトレニアは、水気のあるところで咲いている。季語は「空梅雨」で夏。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
空梅雨にトレニア日影選び咲く

空梅雨にトレニア水気求め咲く  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

姫女苑

1707羊頭狗肉sign02
きのうスーパーに行って自分用には「かつお刺身」、女房は酢豚が食べたいというので「お肉柔らか黒酢酢豚」(写真の正札)を買った。
1707_2夜、私は日本酒bottleで、ニンニクスライスを薬味に「かつお刺身fish」を食べていた。「これは酢豚じゃない」と女房。見ると「レバニラ炒め」(写真)だ。正札は「酢豚」だが、中身は「レバー」、正に「羊頭狗肉」だ。
きょうスーパーに電話した。

170719soraきょうも「朝練」。
目標は「60km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」。よく晴れて日差しはたっぷりあったが、出発時の気温は21℃。実に爽快であった。
写真は7時前、市原市権現堂から南の空を望む。一片の雲もない快晴である。ペダルは快調に回り、いい運動となった。帰着時の気温は26℃。
走行距離 60.1km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1706
この花、「姫女苑(ひめじょおん)」といい、名前に「姫」が付いているが、どこにでも咲いていて、群がって咲いている。季語は「姫女苑(ひめぢよをん)」で夏。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
鎌ひと振り把で倒れる姫女苑

群がりて貧乏人の姫女苑  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

墨田の花火

1707uv_3左は紫外線の予測値の推移のグラフ。
10~12時の時間帯が飛びぬけて高い。
気温はこれほど極端ではないが、やはり10~16時くらいが高い。
ということで今日から「朝練」。

170717sora6時に家を出て9時に帰る、3時間の練習。目標は「60km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」だ。
写真は、8時ごろ市原市権現堂から南の空を望む。薄い雲が空一面に出ていて、湿度が高くあまり爽快ではない。出発時(6時)25℃、帰着時(9時)29℃とまずまず。
走行距離 60.3km平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 65%)

1707
この花、額紫陽花の一種で「墨田の花火」という。まるで花火が打ちあがり開いたように見えることから名づけられたよう(ことしの「隅田川花火大会は今月29日)。季語は梅雨のころ吹く湿った南風をいう「ながし」。画像をクリックすると大きくなります。

ながし吹く墨田の花火打ちあがり

ながし吹く墨田の花火咲き満ちて  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

額紫陽花

1707sho_2梅雨だというのに当地ではもう2週間近く雨が降っていない。きのうは月に2回の書道教室の日。雨が降っていなかったが筆を持つ。
7月から「忽披状」を臨書している。
「忽披状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙のの2通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

170714s0ra朝からよく晴れ、出発時に既に30℃をこえており、帰着時には33℃を超えていた。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。水を湿らせた『しろくまくんのきもち』を首に巻いたがなかなかの優れもの。途中湧水でもう一度水に浸した。写真は10時半、市原市権現堂から南の空を望む。
きょう以上気温が上がると年寄りの身には堪えるだろうと、次回から「朝練」にする。
走行距離 80.9km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1707
額紫陽花(がくあじさい)」は首飾りをしているようなお洒落な花。
季語は「額の花(がくのはな)」で夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
リボンレイ付けて踊るや額の花

レイ付けてはにかむ姿額の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

紫陽花b

170711sora写真は、11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲がいっぱいあるが、その隙間から日も差し、日照時間は40~50分。気温も出発時29℃、帰着時32℃で、強い南の風が吹いていたが、湿った生暖かいといったものではなかった。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。いい汗が掻けた。
走行距離 80.1km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

170711
紫陽花(あじさい)」は梅雨時の花で、日当たりは苦手らしい。このところの空梅雨で、花色がくすんできている。季語は「紫陽花(あぢさゐ)」で夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります

紫陽花や雨が降らずに渋い顔  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

紫陽花a

一週間、雨が降らない。まだ梅雨は開けていないのに??
170709sora朝からよく晴れて30℃超えは確実だろう。梅雨が明け、本格的な夏になれば「朝練」にするのだが、きょうもいつもの「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。気温は33℃まで上がり、給水はアクエリアス500mlを2本摂った。
写真は、10時半、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.8km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)

170709
紫陽花(あじさい)」は、咲き始めは白で、次第に色が変化することから「七変化」ともいう。でもこの花は白のままのようだ。季語は「紫陽花(あぢさゐ)」で夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります

紫陽花の白き姿で押し通す  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

立葵c

墨字」を始めてからもう5年になる。
1707_2それほど熱心ではないが、月に2回先生の所に行っている。69歳から始めたせいか、先生はあれこれ言わないので、自分の書きたいものを書いている。去年までは中国の古典、王義之、顔真卿から趙子謙までの10人の書の中から、好きなものを臨書してきた。
今年に入ってからは空海である。左の写真はこれまでに使ってきた筆。書架に釘を打って掛けてある。

Dsorasc_0016きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。時折雲が出るが、日照時間は45分以上ある。これだともっと気温が上がりそうなものだが、北東の冷たい風が吹いているため27~29℃と30℃には届かなかった。
写真は、10時過ぎ市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.1km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1706
下から順に咲き上ってきた「立葵(たちあおい)」。そろそろ天辺が咲くころ。天辺を競ってきたようにも思えるが・・・季語は「立葵(たちあおい)」で夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

天辺も変わりは無いぞ立葵  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

立葵b

1707写真は、我が家の「菜園」。畳半分くらいの所に「きゅうり」と「ミニトマト」が3本ずつ植えられている。ミニトマトはようやく色づき始めたところだが、きゅうりは毎朝3本くらいは収穫している。その内1本は、浅漬けにし(勿論自分で作る)、晩酌の「黒霧ロック」のつまみにしている。

170704台風3号が長崎に上陸し、あす未明には房総半島を窺がっているという。予報では午後3時ころから雨になっていた。いつもの「80km」「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。台風が近づいているといっても、1,000㎞も離れているのだから影響は無さそう。写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
気温は31℃まで上昇したが、あまり暑いといった感じはしなかった。
走行距離 80.4km平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)

1706b
立葵(たちあおい)」は下の方からだんだん上に咲いていく。そして、そろそろ天辺に。季語は「立葵(たちあおい)」で夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
立葵どこに咲いても花は花
次は
天辺の花も同じぞ立葵

てっぺんに咲いても同じ立葵  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

毒痛み

Dsc_0004このところ梅雨らしい天気が続き、必然的に「墨字」の日が多くなった。ことし1月から「風信帖」を臨書していたが、おとといで終了した。そしてきのうの「雨」には、「忽披状」を始めた。
「忽披状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の2通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

1707022週間振りの自転車bicycle。先々週は北海道旅行などで、そして先週は雨模様の日が続き自転車に乗れなかった。けさも雨が降っていたし、予報では午後にも降るという。雨に降られるのを覚悟で「80km」「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。だが、雨の心配は無さそう。写真は正午過ぎ市原市権現堂から南の空を望む。
気温は32℃まで上昇、汗をたっぷりかき、いい運動になった。
走行距離 80.7km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1706
毒痛み(どくだみ)」は、木立の下や藪の中の、湿った土地を好むようだ。うす暗い中に白い十字架が印章的。季語は「毒だみ」で夏。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
うす暗き中に毒だみ白き花

藪の中毒だみの白群れ集う  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

立葵a

170604先日の「銚子センチュリーライド」の写真をもう一枚。
スタートから約92㎞地点の銚子の台地上、一面のキャベツ畑と風力発電のプロペラがいくつもある場所。
写真を撮っているのは、スポーツイベント写真の専門家。後日web上で公開され、購入するシステム。

170617_2きょうも、東寄りの強い風(4~5m/s)が吹いていた。気温は24~26℃と低め。写真は、正午過ぎ、市原市権現堂から南の空を望む。この時季の空とは感じが違う。
土曜日でもあり、大勢のサイクリストに出会った。若い10人くらいのグループとも出会った。若い人は元気がいい・・・
走行距離 80.1km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

1706
立葵(たちあおい)」は、太い茎に下から順番に咲いていく。まるで競争しているかのよう。季語は「立葵(たちあおい)」で夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります。

競い合い天辺目指す立葵  たつを

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

蛍袋

170604左の写真は、先日(6/4)の「銚子センチュリーライド2017」の模様で「銚子大橋」を渡っているところ。スタート地点から83㎞位のところで、中間点を過ぎた辺り。
私の後方に3~4人車道を走っている人がいるが、ミスコースした人たちである。この橋は、歩道を走行すようにとの指示が出されていたので、私の方がが正しい。

1706梅雨」に入り、「梅雨の晴れ間」が続いていたが、きのう、おとといと「梅雨らしい」天気だった。そこで「」を執る。いま「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

170615このところ東寄りの風が吹き、気温は低めである。きょうも「80km」+
「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」
を目標にペダルを踏む。時折日差しもあるが、殆ど曇り。写真は正午過ぎ、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.0km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

1706_2
蛍袋(ほたるぶくろ)」の茎が垂直になっているのを見たことがない。たくさんの花を付ければ横になるのは当然か。季語は「蛍袋(ほたるぶくろ)」で夏。市原市不入で。画像をクリックすると大きくなります

法面に蛍袋が突き出して

山の道蛍袋の通せん坊  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

昼顔

170611sora朝から雲が多く、東寄りの強い風が吹いている。この風の時は気温が上がらないと思っていたら、案の定出発してから、帰着まで22℃だった。この時期としては低い。写真は11頃、市原市権現堂から南の空を望む。きょうも目標は、「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」だったが、何となく気分が乗らず、だらけたライドだった。
走行距離 80.8km平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

1706
どんな事情かは知らないが耕作放棄され荒れ果てた田んぼがある。そこに「昼顔(ひるがお)」が咲いている。昼顔の風情と合わせ何となくさみしい。季語は「昼顔(ひるがお)」で夏。市原市柳橋で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
昼顔や休耕田もはや四年

昼顔や耕作放棄はや四年  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

未央柳

1706_2一昨日(7日)「梅雨入り」した。
きのうは「梅雨」らしいぐずついた空模様で、いつものとおり「墨字」。いまは「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

170609sora朝のうちは雲が多めだったが、次第にとれてきた。9時半「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。写真は10時半、市原市権現堂から南の空を望む。気温は23~25℃と快適。やや強い東の風が肌に当たたり心地いい。
走行距離 80.7km平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 64%)

1706_3
未央柳(びょうやなぎ)」は、またの名を「美容柳」という。その長い金色の蕊を見るとなるほどと思う。「美容柳(びようやなぎ)」は『ホトトギス俳句季題便覧』では夏六月の季語。市原市牛久で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
付け睫毛しているような未央柳

未央柳美容柳とよくぞ言い  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

金鶏菊

1706sutato一昨日の「銚子センチュリーライド」の後遺症か、大腿四頭筋や下腿三頭筋(ふくらはぎ)に筋肉痛とまではいかないが、疲労感を感じていた。左の写真は、「銚子センチュリーライド」のスタート地点模様。
1706069soそこで、きょうは「回復のためのトレーニング」として「最大心拍数の60%程度の有酸素運動」を行うこととした。雲が多めだったが、次第に晴れてきてまずまずの天気。気温は20~22℃と低め。写真は、10時半ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 71.1km平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 64%)

1705
金鶏菊(きんけいぎく)」が至る所に咲いている。その黄色は鮮やかである。「金鶏菊」は季語ではない。季語は「夏の日」。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります

夏の日や金鶏菊が黄を放つ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

空木b

きのう「銚子センチュリーライド2017」を走ってきた。
170604左の写真は、スタート50分前、印旛郡栄町の「ふれあいプラザさかえ」前の広場にロードバイクが、5列に並べられている。私のバイクは1列目の右側に並べた。
7時ちょうどにスタートし、ゴールしたのは15時10分。目標の8時間以内は達成できなかった。10分オーバーしてしまった原因は、「2段階右折」を厳格に実施したことにあり、走行時間は今の私では妥当(平均時速21.5km)なところだと思う。
170604_2右の写真は、利根川の「利根かもめ大橋」から下流を見たもの。右岸は千葉県、これから左岸の茨城県波崎を先端まで行き、「銚子大橋」を渡り千葉に戻る。
兎も角、完走出来てよかった。
走行距離 163.4km、走行時間7時間36分、休憩・信号等での停止時間34分、平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)、総上昇量 879m

1706
空木(うつぎ)」の花は肉厚で花をたくさん付けると結構重い。季語は「卯の花(うのはな)」で夏。画像をクリックすると大きくなります。

卯の花や肩にずしりと触れにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

空木a

あさって(6/4)は、「銚子センチュリーライド2017」に参加する。幸い天気はよさそうだし、体調もいい。161kmを8時間以内で完走することを目標にペダルを回すつもり・・・
170602sora南西の強い風が吹いていた。きょうのライドは軽めの「60km」+「最大心拍数の60%程度の有酸素運動」とした。往路は強い風(7m/s)に難儀したが、復路は追い風で楽ちん。写真は11時前、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.8km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

1706
空木(うつぎ)」の花が今満開。白いふっくらした花。季語は「卯の花(うのはな)」で夏。市原市押沼の村田川で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
満開の卯の花触れる村田川

咲き満ちて卯の花水に触れにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

紫蘭

170529uv_22月後半から日差しの強さを目で感じ、サングラスのレンズを透明からブラウン系に替えていた。
最近は、日差しが肌に当たり強くなったと感じたので「UVインデックス」を見ると「非常に強い」領域になっていた。
日焼け止めを顔・手・足に塗る。

170529s0ra朝からよく晴れ、しかもこの時期にしては湿度が低い。実に快適な気候だといえる。いつもの「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標としたライド。気温は24~27℃で、弱い南風が吹いている。写真は10時半ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.3km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1705
紫蘭(しらん)」の花色は気品があり、静かのが好きだ。「紫蘭(しらん)」は夏の季語。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
塀に沿い紫蘭の花が咲き乱れ

塀沿いに紫蘭の花の群れて咲く  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

猪独活

1705きのう、おとといと雨が降った。
雨の日は「墨字」。

いまは「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

171527朝方まで雨が残っており、新聞がビニールの袋に入れられていた。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。強い南の風が吹いているが、気温は26~28℃とあまり高くない。写真は、11時前、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.5km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1705_2
猪独活(ししうど)」が土手に咲いている。まるで土手の王者のように。「猪独活(ししうど)」は季語ではない。季語は、青葉のころに吹き渡るややつよい南風をいう「青嵐(あおあらし)」。市原市草刈の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります

青嵐猪独活土手の王者なり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

庭石昌

1705左の写真(このブログのプロフィールの写真も同じ)は先日の「房総センチュリーライド」の模様。
房総丘陵から御宿海岸への下り坂。
「上り坂」は大の苦手だが、
「下り坂」は苦手ではない。
下ハンドルを持ち、ブレーキに指をかけ安定?しているように見える。

170523朝から一片の雲もない青空が広がり、帰着時以降も続いた。写真は11時前、市原市権現堂から南の空を望む。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回した。日差しはたっぷりだが、気温は28℃どまりで、快適なライドだった。
走行距離 80.6km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1705_2
きちんと引きしまっているさまを「きりり」というが、「庭石昌(にわぜきしょう)」はそんな花。「庭石昌(にわぜきしょう)」は、角川『俳句ハンドブック』では夏の季語。市原市佐是で。画像をクリックすると大きくなります。

小粒でもきりりと咲くや庭石昌  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

マーガレット

1705fishが美味い。
当地では、勝浦港に朝水揚げされたものが、夕方スーパーに並ぶ。
やはり美味い。
薬味はニンニクすりおろし。酒は微温燗(ぬるかん) 。

170521sora朝から文句なしの晴れ。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。背中に日を浴びていると異様に暑く感じる。今まで感じたことが無かったので、ウェアーのせいかなど原因を調べてみよう。写真は、10時半、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.1km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)

1705_2
マーガレット」はギリシャ語の「マルゲリーテ(真珠)」に由来した名前とか。「名は体を表す」のとおりである。「マーガレット」は『ホトトギス俳句季題便覧』では夏五月の季語。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
マーガレットすまし顔したお嬢さん

マーガレット似たひとの店通うなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雛罌粟