2017年6月17日 (土)

立葵a

170604先日の「銚子センチュリーライド」の写真をもう一枚。
スタートから約92㎞地点の銚子の台地上、一面のキャベツ畑と風力発電のプロペラがいくつもある場所。
写真を撮っているのは、スポーツイベント写真の専門家。後日web上で公開され、購入するシステム。

170617_2きょうも、東寄りの強い風(4~5m/s)が吹いていた。気温は24~26℃と低め。写真は、正午過ぎ、市原市権現堂から南の空を望む。この時季の空とは感じが違う。
土曜日でもあり、大勢のサイクリストに出会った。若い10人くらいのグループとも出会った。若い人は元気がいい・・・
走行距離 80.1km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

1706
立葵(たちあおい)」は、太い茎に下から順番に咲いていく。まるで競争しているかのよう。季語は「立葵(たちあおい)」で夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります。

競い合い天辺目指す立葵  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

蛍袋

170604左の写真は、先日(6/4)の「銚子センチュリーライド2017」の模様で「銚子大橋」を渡っているところ。スタート地点から83㎞位のところで、中間点を過ぎた辺り。
私の後方に3~4人車道を走っている人がいるが、ミスコースした人たちである。この橋は、歩道を走行すようにとの指示が出されていたので、私の方がが正しい。

1706梅雨」に入り、「梅雨の晴れ間」が続いていたが、きのう、おとといと「梅雨らしい」天気だった。そこで「」を執る。いま「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

170615このところ東寄りの風が吹き、気温は低めである。きょうも「80km」+
「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」
を目標にペダルを踏む。時折日差しもあるが、殆ど曇り。写真は正午過ぎ、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.0km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

1706_2
蛍袋(ほたるぶくろ)」の茎が垂直になっているのを見たことがない。たくさんの花を付ければ横になるのは当然か。季語は「蛍袋(ほたるぶくろ)」で夏。市原市不入で。画像をクリックすると大きくなります

法面に蛍袋が突き出して

山の道蛍袋の通せん坊  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

昼顔

170611sora朝から雲が多く、東寄りの強い風が吹いている。この風の時は気温が上がらないと思っていたら、案の定出発してから、帰着まで22℃だった。この時期としては低い。写真は11頃、市原市権現堂から南の空を望む。きょうも目標は、「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」だったが、何となく気分が乗らず、だらけたライドだった。
走行距離 80.8km平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

1706
どんな事情かは知らないが耕作放棄され荒れ果てた田んぼがある。そこに「昼顔(ひるがお)」が咲いている。昼顔の風情と合わせ何となくさみしい。季語は「昼顔(ひるがお)」で夏。市原市柳橋で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
昼顔や休耕田もはや四年

昼顔や耕作放棄はや四年  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

未央柳

1706_2一昨日(7日)「梅雨入り」した。
きのうは「梅雨」らしいぐずついた空模様で、いつものとおり「墨字」。いまは「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

170609sora朝のうちは雲が多めだったが、次第にとれてきた。9時半「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。写真は10時半、市原市権現堂から南の空を望む。気温は23~25℃と快適。やや強い東の風が肌に当たたり心地いい。
走行距離 80.7km平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 64%)

1706_3
未央柳(びょうやなぎ)」は、またの名を「美容柳」という。その長い金色の蕊を見るとなるほどと思う。「美容柳(びようやなぎ)」は『ホトトギス俳句季題便覧』では夏六月の季語。市原市牛久で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
付け睫毛しているような未央柳

未央柳美容柳とよくぞ言い  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

金鶏菊

1706sutato一昨日の「銚子センチュリーライド」の後遺症か、大腿四頭筋や下腿三頭筋(ふくらはぎ)に筋肉痛とまではいかないが、疲労感を感じていた。左の写真は、「銚子センチュリーライド」のスタート地点模様。
1706069soそこで、きょうは「回復のためのトレーニング」として「最大心拍数の60%程度の有酸素運動」を行うこととした。雲が多めだったが、次第に晴れてきてまずまずの天気。気温は20~22℃と低め。写真は、10時半ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 71.1km平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 64%)

1705
金鶏菊(きんけいぎく)」が至る所に咲いている。その黄色は鮮やかである。「金鶏菊」は季語ではない。季語は「夏の日」。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります

夏の日や金鶏菊が黄を放つ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

空木b

きのう「銚子センチュリーライド2017」を走ってきた。
170604左の写真は、スタート50分前、印旛郡栄町の「ふれあいプラザさかえ」前の広場にロードバイクが、5列に並べられている。私のバイクは1列目の右側に並べた。
7時ちょうどにスタートし、ゴールしたのは15時10分。目標の8時間以内は達成できなかった。10分オーバーしてしまった原因は、「2段階右折」を厳格に実施したことにあり、走行時間は今の私では妥当(平均時速21.5km)なところだと思う。
170604_2右の写真は、利根川の「利根かもめ大橋」から下流を見たもの。右岸は千葉県、これから左岸の茨城県波崎を先端まで行き、「銚子大橋」を渡り千葉に戻る。
兎も角、完走出来てよかった。
走行距離 163.4km、走行時間7時間36分、休憩・信号等での停止時間34分、平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)、総上昇量 879m

1706
空木(うつぎ)」の花は肉厚で花をたくさん付けると結構重い。季語は「卯の花(うのはな)」で夏。画像をクリックすると大きくなります。

卯の花や肩にずしりと触れにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

空木a

あさって(6/4)は、「銚子センチュリーライド2017」に参加する。幸い天気はよさそうだし、体調もいい。161kmを8時間以内で完走することを目標にペダルを回すつもり・・・
170602sora南西の強い風が吹いていた。きょうのライドは軽めの「60km」+「最大心拍数の60%程度の有酸素運動」とした。往路は強い風(7m/s)に難儀したが、復路は追い風で楽ちん。写真は11時前、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.8km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

1706
空木(うつぎ)」の花が今満開。白いふっくらした花。季語は「卯の花(うのはな)」で夏。市原市押沼の村田川で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
満開の卯の花触れる村田川

咲き満ちて卯の花水に触れにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

紫蘭

170529uv_22月後半から日差しの強さを目で感じ、サングラスのレンズを透明からブラウン系に替えていた。
最近は、日差しが肌に当たり強くなったと感じたので「UVインデックス」を見ると「非常に強い」領域になっていた。
日焼け止めを顔・手・足に塗る。

170529s0ra朝からよく晴れ、しかもこの時期にしては湿度が低い。実に快適な気候だといえる。いつもの「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標としたライド。気温は24~27℃で、弱い南風が吹いている。写真は10時半ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.3km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1705
紫蘭(しらん)」の花色は気品があり、静かのが好きだ。「紫蘭(しらん)」は夏の季語。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
塀に沿い紫蘭の花が咲き乱れ

塀沿いに紫蘭の花の群れて咲く  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

猪独活

1705きのう、おとといと雨が降った。
雨の日は「墨字」。

いまは「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

171527朝方まで雨が残っており、新聞がビニールの袋に入れられていた。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。強い南の風が吹いているが、気温は26~28℃とあまり高くない。写真は、11時前、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.5km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1705_2
猪独活(ししうど)」が土手に咲いている。まるで土手の王者のように。「猪独活(ししうど)」は季語ではない。季語は、青葉のころに吹き渡るややつよい南風をいう「青嵐(あおあらし)」。市原市草刈の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります

青嵐猪独活土手の王者なり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

庭石昌

1705左の写真(このブログのプロフィールの写真も同じ)は先日の「房総センチュリーライド」の模様。
房総丘陵から御宿海岸への下り坂。
「上り坂」は大の苦手だが、
「下り坂」は苦手ではない。
下ハンドルを持ち、ブレーキに指をかけ安定?しているように見える。

170523朝から一片の雲もない青空が広がり、帰着時以降も続いた。写真は11時前、市原市権現堂から南の空を望む。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回した。日差しはたっぷりだが、気温は28℃どまりで、快適なライドだった。
走行距離 80.6km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1705_2
きちんと引きしまっているさまを「きりり」というが、「庭石昌(にわぜきしょう)」はそんな花。「庭石昌(にわぜきしょう)」は、角川『俳句ハンドブック』では夏の季語。市原市佐是で。画像をクリックすると大きくなります。

小粒でもきりりと咲くや庭石昌  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

マーガレット

1705fishが美味い。
当地では、勝浦港に朝水揚げされたものが、夕方スーパーに並ぶ。
やはり美味い。
薬味はニンニクすりおろし。酒は微温燗(ぬるかん) 。

170521sora朝から文句なしの晴れ。きょうも「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。背中に日を浴びていると異様に暑く感じる。今まで感じたことが無かったので、ウェアーのせいかなど原因を調べてみよう。写真は、10時半、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.1km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)

1705_2
マーガレット」はギリシャ語の「マルゲリーテ(真珠)」に由来した名前とか。「名は体を表す」のとおりである。「マーガレット」は『ホトトギス俳句季題便覧』では夏五月の季語。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
マーガレットすまし顔したお嬢さん

マーガレット似たひとの店通うなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

雛罌粟

170604cr来月4日に千葉県サイクリング協会主催の「銚子センチュリーライド」が開催される。ことしもエントリーしてある。昨年は8時間以内で完走できたが、ことしはどうか???
先日の「房総センチュリーライド」は走行距離162.9kmで総上昇量は1,300mであり、「銚子センチュリーライド」は161.2km、740mである。銚子の方が上りが少なく平らなコースで、私のように「上りが苦手」な者にとっては有利である。画像をクリックすると大きくなります。

170519sora久し振りの、朝から快晴!
10時、気温22℃、風も穏やか。「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標に自転車を漕ぐ。
肌に当たる風が実に気持ちがいい。写真は、10時半、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.1km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の %)

1705
道端や土手などあちこちに「雛罌粟(ひなげし)」が咲いている。薄い花びらで、風に捩れている。季語は「雛罌粟(ひなげし)」「ポピー」で夏。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
花びらを捩じらして咲くポピーかな
次は
雛罌粟の花弁捩じらすそよ風に

そよ風に雛罌粟花弁捩じらせて  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

酢漿草

1705sho朝から雨が一日中降り続き、気温は前日より10℃近く低くかった。
そんな日は「墨字の日」としている。
いまは「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

170516soraこのところすっきりとした青空は殆どなく、きょうもう雲の多い空だった。写真は11頃、市原市権現堂から南の空を望む。「80km」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。気温は20℃程度で、暑くもなく寒くもない。風も弱くサイクリング日和。
走行距離80.3km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1705
地面を張って伸びる「酢漿草(かたばみ)」。草むらの底で咲く。でも黄色い小さな花は主張しているようだ。「酢漿草(かたばみ)」「酢漿の花(かたばみのはな)」は、夏の季語。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

酢漿草の草の底から主張せり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

躑躅

Cr左の写真は、先日の「房総センチュリーライド」で必死にペダルを漕ぐ(黄色のジャージ・自転車)。市原市古都辺の長い上り坂。どんどん追い抜かれ、私の後は3人だけとなった(最後尾のオレンジ色のビブスを着けている人はスタッフ)。結局、この位置をキープして坂を上り切った。
歳のせいだろうか、本当に上りが弱くなってきた。

170511sora_2きのうは一日中雨模様の天気で、この時期としては低めの気温だった。よく晴れて、気温が28℃まで上昇したきょう、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」。
写真は午後1時ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。幸いなことに先日のセンチュリーライドの「後遺症」は全然無く、休憩の度につけた「バンテリン」が良かったのか、と思っている。
走行距離 80.6km平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1705
きのうの雨でまた一段と鮮やかになった躑躅。いまが真っ盛り。「躑躅(つつじ)」は春の季語。今頃から咲き始める「皐月(さつき)」は夏の季語であるが、皐月躑躅といわれるように見分けにくい。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

葉の緑空の青さと白つつじ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

オキザリス

きのう、「房総センチュリーライド」を走ってきた。
170507boso2どうやら完走」したといった走り方だった。走り終えてまず感じたのは「老い」である。ペダリングは変わらないと思っているが、「筋力の低下」か、スピードが出ない。特に顕著なのは「上り坂」。同行したグループの人たちを坂の上でどれくらい待たせたことか。申し訳なかったと思う。
写真は、ゴールまであと2~3kmの養老川の堤防道路。あと1時間で日没という時間。
走行距離 162.9km、走行時間 7時間44分 、平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 74%) 総上昇量 1,300m

1705
オキザリス
は、踏みつけられても、掘り起こされても又何処からとなく出てくる強い花。ギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」が語源で、春の季語。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
何処にでも何時でも咲くやオキザリス

踏まれても掘られてもなおオキザリス  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

花大根

170504あすは「端午の節句」。
男子の節句であり、家の中では兜などを飾り、庭には鯉幟を立てて男子の成長を祝う。
写真は我が家から1㎞ほど下った村田川に飾られた鯉幟。もう10年くらいやっている。市原市瀬又の君見川橋の上から。

170504soraきょうも「80km」「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを踏む。雲が出ているが隙間から日差しもある。日照時間は45分/hくらい。気温は20~21℃で弱い南風が吹いており、快適な状況。写真は10時半、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.7km平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)

1704
花が大根の花に似ているから、「花大根(はなだいこん)」と名付けられたとか。いま満開。青空の下に、藤の花。藤が垂れ下がったその下に「花大根」が咲いている。季語は「花大根(はなだいこ)」で春。画像をクリックすると大きくなります
初句は
空の下藤の下には花大根

空の下藤に連なる花大根  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

きょうも一片の雲もない。ゴールデンウィークはいつもこんなに天気が良かったのかな、などと考えてみたが悪かったイメージはあまりない。私にとっては、最終日の7日(「房総センチュリーライド」開催日)さえよければいいのだが・・・

170502fuji本日の目標は「走行距離80㎞」で「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」。風向きは4月中旬から南寄りだったが、今日は北の風が吹いている。やはり北の風だと、冷たく感ずる。この時季には珍しく富士山も見えた。左の写真。
170502sora朝から快晴。
右の写真は10時半、市原市権現堂から南の空を望む。
UVインデックスも「(強)」になっており、勿論UVカットアームカバー・レッグカバーを付け、顔と指先には日焼け止めクリームを塗った。
走行距離 88.5km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1704
青空の下、が咲いている。空は空の色、藤は藤の色で、どちらのほうがいい色だとは言わない。季語は「藤の花(ふじのはな)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

青空と藤の花色争わず  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

山吹

きょうで4月も終わり。もう1年の三分の一が過ぎてしまった。こんな調子で人生の終わりが近づいて来る。
来週の日曜日の「房総センチュリーライド」の開催通知が届いた。この年になると、この大会(走行距離163㎞、総上昇量約1,500m)を完走できれば、俺もまだまだやれるな、と実感するのだが・・・
170430soraきょうも「走行距離80㎞」「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標に走る。朝から一片の雲もない状態が続く。写真は10時半、市原市権現堂から南の空を望む。気温は出発時21℃、帰着時23℃とちょうどいいところ。気分がよかったので寄り道をしたため予定より10㎞ほど余分に走った。
走行距離 92.6km平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 74%)

1704
山吹(やまぶき)」は林の中や藪の中といった薄暗いところに生息している。だが、その色は金色に輝くようである。季語は「山吹(やまぶき)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
藪の中山吹所在示すなり

山吹や存在示す藪の中  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

春紫苑

170428shoきのうは雲が多く、いまにも降り出しそうな天気。
そんなことから「墨字」となった。
ことしから「風信帖」を臨書している。
「風信帖」は空海が最澄に送った手紙で、平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

170428sora朝のうちは雲が空を埋め尽くしていたが、徐々に取れてきた。昼頃は写真のように青空の方が多くなてきた。市原市権現堂から南の空を望む。
きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」。気温は18~20℃と快適な条件。日照時間は30分程度。
走行距離 80.9km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1705
どこにでも咲いている平凡な花、「春紫苑(はるじおん)」。でも、それが一番かもしれない。平凡にもなれない自分。季語は「春紫苑(はるじおん)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

平凡が一番いいぞ春紫苑  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

170425soraきょうもいつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」。
気温は18~20℃で、弱い南寄りの風といった、運動するには絶好のコンディション。写真は11頃、市原市権現堂から南の空を望む。気持ちのいい空にくもが点々と。
走行距離 80.8km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1704_2
桜が散り始めて、「(なし)」が開花する。世の中の喧騒が治まって咲き始める。季語は「梨の花(なしのはな)」で春(「梨」は秋の季語)。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります

喧騒が治まり咲くや梨の花

世の中が静かになって梨の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«八重桜