2018年5月22日 (火)

金鶏菊

清々しい」とは、さわやかで気持ちがいいことを言うのだが、何時の時季をいうのだろうか。
180522sora_2きょうも「清々しい」中、「80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃市原市権現堂から南の空を望む。
気温は、24~28℃。
走行距離 80.0km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1805
金鶏菊(きんけいぎく)」が群がって咲いている。太陽の光を吸い取ったかのような輝きがある。「金鶏菊(きんけいぎく)」は季語ではない。季語は「夏の日」。市原市押沼の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
夏の日を吸収したり金鶏菊 

夏の日を金鶏菊が吸い取りて   たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

雛罌粟

180603
6月3日の「銚子センチュリーライド」にエントリーしてある。上がそのコース図(画像クリック➡拡大表示)。大会資料に基づいてPC(MapSource)でコース図を作成、当日はこれをGPSmap60CSにダウンロードしてナビゲーションする。距離は162㎞、総上昇量790m。
この大会は、スタートだけはグループだが、後は自由なところがいい。その代りコースはしっかり覚えておかなければ、立哨も看板もない。

ことしは、風が強いと思うのは私だけか。このところ風速5m/s以上の強い風が吹いている。風が強いのが嫌なことは、自転車に乗っているときである。特に向かい風には難儀する。年を取って筋力が衰えてくると、風が嫌いになるということになる。
180517soraきょうも終始5m/s前後の南西の風が吹いていた。目標は「80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」でペダルを回す。帰着後の疲労感は風の強さに比例するようだ。写真は11時頃市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.7km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 72%)

180517
強い風に「雛罌粟(ひなげし)」が花びらを捩じらせて耐えている。季語は「雛罌粟(ひなげし)」で夏。市原市ちはら台で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
雛罌粟の花びら捩り風凌ぐ

雛罌粟の風に花びら捩らせて  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

紫蘭

180506boso2a先日の「房総センチュリーライド」の写真をもう1枚。昼食後、暫く海岸沿いを走り、勝浦市松部の海岸から「勝浦東急ゴルフコース」までの標高差100m超の一気の上り。道路というよりは「林道」。そこを喘ぎながら上っている。
そして、そこから勝浦ダムまでさらに標高差100m上る、当日の最大の難所。

180514sora13きのうは午後から沢山の雨が降った。そのせいか、今朝は空気が重く、霧が立ち込めていた。10時前霧が晴れてきて、五月晴れが広がった。
きょうも「80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標に、ペダルを踏む。
写真は午後1時ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。雲一つない。麦が色づき始めてきた。
気温は出発時22℃、帰着時28℃。
走行距離 80.2km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 75%)

1805
紫蘭(しらん)」の花の色と、塀の色の取り合わせが、実に見事。季語は「紫蘭(しらん)」で夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
塀沿いの紫蘭の色の取合わせ
次は
塀際の紫蘭の花の取合わせ

石塀に紫蘭の花の取り合せ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

オキザリス

180506boso2c左の写真は先日の「房総センチュリーライド」のときのもので、いすみ市太東漁港近くの海岸を走る。[画像クリック➡拡大表示]
筋肉痛が無い!!
これまでセンチュリーライド(160km)を走ると、翌日、あるいは翌々日に筋肉痛があった。それが今回は無い。どうしてだろう??
久し振りに会員になっている「自転車百哩走大王」(「センチュリーランを走る会」) のジャージを着た。
さあ、次は、6月3日の「銚子センチュリーライド」だ。

4日続けて雨だった。それも降ったり止んだりと一日中雨模様。
けさは快晴。気温は9℃まで下がった。早朝は暖房機のお世話になった。

180511sora10時、気温20℃、一片の雲もない。きょうも「80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。センチュリーライドの影響は全くない。写真は11時前市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時の気温は22℃とあまり上がらなかった。
走行距離 81.4km、平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 74%)

180511
オキザリス
は、殆ど一年中咲いている。生命力が強く、踏まれても切られても復活する。オキザリスは春の季語。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

踏まれても刈られてもなをオキザリス  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

春紫苑

きのう「房総センチュリーライド」(距離160km、総上昇量1,474m)を完走した。後期高齢者となって初めての完走。完走したものの・・・
筋力の低下を思い知らされた!
長い上りはも勿論のこと、ちょっとした上りでも皆についていけなくなっている。
きのうは風速5~10mの強い風が一日中吹き荒れていた。もろに風を浴びると皆に付いていけない。
180506リタイヤしようとは思わなかったが、筋力低下は顕著だった。
周りの風景を見る余裕もなく、ましては写真を撮ることも・・・
写真は御宿海岸の昼食場所から再スタートする人たち。
走行距離 160km平均心拍数 121bpm(最大心拍数の 78%)、総上昇量1,447m

1804
「房総センチュリーライド」を走っていて、眼に入るのは少し先の路上と道端。パンクした人を待つ間の道端に咲いていたのが「春紫苑(はるじおん)」。季語は「春紫苑(はるじおん)」で春。市原市面白で。画像をクリックすると大きくなります。

群がりて水辺が好きな春紫苑  たつを

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

躑躅b

1805shoきのうの雨は、昼頃には上がった。雨の日は「墨字の日」としている。
10月から「忽恵状」を臨書している。「忽恵状」は空海最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。[画像クリック➡拡大表示]

180504soraあさっては「房総センチュリーライド」。きょうは選手並みに軽めのトレーニングとし「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
「一片の雲もない」とはこんなことか。写真は11時頃市原市権現堂から南の空を望む。10m/s程度の南西の風に、往路は難儀し、来なければよかったとも思った。でも、復路は風に背中を押してもらい、楽々と帰着。気温は20~22℃と快適。
走行距離 60.5km平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 70%)

1805
躑躅(つつじ)」は太陽の光を吸収し、増幅して発光しているかのようだ。「躑躅(つつじ)」は春の季語。市原市相川で。画像をクリックすると大きくなります

陽光を増幅するか躑躅咲く  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

躑躅a

180502anchor6日の「房総センチュリーライド」は、ANCHOR RFX8(写真)で走る。
暫く使っていなかったので、点検・整備をした。
きょうは、問題がないか試乗する。
このロードバイクはカーボン製で長距離・高齢者向き?のバイクだと、どこかに書いてあった気がする。

180502sora今夜から荒れ模様の天気らしい。
きょうも「80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は13時頃、市原市権現堂から南の空を望む。日差しがあるが、湿度が多めだ。
走行距離 81.5km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 73%)

1805a_2
躑躅(つつじ)」が満開である。すこし、散り始めている。「躑躅(つつじ)」は春の季語(「皐月(さつき)」は夏の季語)。市原市瀬又で。
画像をクリックすると大きくなります

上向くも憂え顔なり白つつじ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

180426fuji一昨昨日は、富士山fujiが見えた。
春には珍しいことだ。
前日の大雨が、空を綺麗にしてくれたのだろう。
[画像クリック➡拡大表示]
写真は市原市廿五里から見た富士。

180429sora「房総センチュリーライド」が一週間後となった。完走したいものだ。幸い天気はよさそう・・・きょうも「80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
天気は良く「五月晴れ」を先取りしたかのよう。写真は12時過ぎ市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.6km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 75%)

180429
大木の上の方からの花があちこちに垂れている。
季語は、「藤の花(ふじのはな)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
垂れ下がり葉に隠れまた藤の花

垂れ下がりまた垂れ下がり藤の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

山吹

飲兵衛達の外飲み
1804一昨日は、月に一度の「蕎麦会」。
酒を飲み、肴を突き、最後に手打ち蕎麦を食すという会だが、いつごろから始まったのか、私の参加は2004年頃と記憶している。会場も3店目だ。これまでは、その場所で蕎麦を打っていたが、いまは他で打っているようだ。
写真は最後に食べた蕎麦。其の辺で食べるより格段に美味い。

きのうのたっぷりの雨のせいか、野山の緑が一層深くなった。
180426s0ra大会も迫ってきたので、今日から目標を「80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」にした。大会当日は160㎞を乗る訳だから、その半分は乗っておこうというもの。
やや強い北寄りの風で、気温は21~23℃。レッグカバーは付けずに日焼け止めを塗って走った。写真は市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.7km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1804_2
山吹(やまぶき)」は山中や藪の中など日当たりがあまりよくない場所に咲いている。季語は「山吹(やまぶき)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
花咲いて山吹藪を明るくし

山吹や木洩れ日当たる藪の中  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

花韮

房総センチュリーライド
180503boso2BOSOツーリング2「房総センチュリーライド」(距離160.6km、総上昇量1,487m)が5月6日に開催される。左がそのコース図(画像クリック➡拡大表示)。大会資料に基づいてPC(MapSource)でコース図を作成、当日はこれをGPSmap60CSにダウンロードしてナビゲーションする。
この大会は、2008年(65歳)から参加している。75歳となった今年も160㎞完走を目指してペダルを回す!!

180422soraきょうも「70km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。2週間後は大会、年を取ったせいか、走り切れないのではとの不安が脳裏をかすめる。去年までは何ともなく完走できたのだから大丈夫だと別の自分が打ち消す。
写真は11時頃市原市権現堂から南の空を望む。相変わらずいい天気が続き気温は25~28℃で、弱い北寄りの風が吹いていた。
走行距離 73.7km平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 75%)

1804
花韮(はなにら)」は端正な花だが、繁殖力が旺盛で、辺り一面に蔓延る。「花韮(はなにら)」は『ホトトギス俳句季題便覧』では春の季語。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります

花韮の蔓延りて鎌振り回し  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

八重桜

【飲兵衛達の外飲み】
1804きのう「まぐろ居酒屋 さかなや道場」に行った。NHKの「西郷どん」の影響か『薩摩物語』というイベントを実施しており、「黒豚の桜島鍋」(690円)があった。黒豚のしゃぶしゃぶが大好物の私、さっそく注文した。
兎に角旨かった。大満足!!

きょうは「穀雨」。百穀を潤し、芽を出させる雨という意味とか・・
180420sora10時、気温は20℃を超えていた。「半袖ジャージ+サイクルパンツ+アームカバー・レッグカバー」というウェアーで「70km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11頃、市原市権現堂から南の空を望む。気温は21~25℃と夏がすぐそこに来ている。
走行距離 71.5km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 74%)

1804_2
八重桜(やえざくら)」が散り始めた。花のふくよかさが木全体に重量感を与えている。季語は「八重桜(やえざくら)」で春。市原市瀬又の村田川の堤防で。画像をクリックすると大きくなります

ふくよかな平安女人八重桜  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

菜の花

1804きのうは強風が吹き荒び、雨も降った。
雨の日は「墨字の日」。
10月から「忽恵状」を臨書している。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

180416soraきょうから目標を「70km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」とする。来月の大会に備えて少し距離を伸ばした次第。たかが10㎞だけだが、帰着後の疲労感等はそれ以上に感ずる。
写真は11時市原市権現堂から南の空を望む。良く晴れて、気温も17~20℃と快適。
走行距離 72.2km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 74%)

1804_2
風が止むと菜の花の香りが辺りに漂う。季語は「菜の花(なのはな)」で春。市原市土宇で。画像をクリックすると大きくなります

菜の花や風止みその香漂いぬ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

【田植え】
1804田植えが始まった。
ここは、この辺りでは例年田植えが一番早い所(市原市馬立で)。
昔は、日曜日に一家総出で、隣近所からの応援も貰い植えたものだが、機械化でこの田植えに来ていたのは2人だけ。

180412soraのうまでの強風は治まり、西の風1m/s程度が日中一杯続くとの予報だった。ところが、出発時から帰着時まで5m/sを超える南西の風が吹き続けた。帰りは追い風で良かったものの、行きはもろ向かい風で難儀した。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。気温は23~26℃と夏日になった。
走行距離 61.8km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

180412
(すみれ)」は、辞典等には「日当たりの良い山野に~」と書かれているが、私が見るのはほとんどが木立の下や藪の中である。季語は「菫(すみれ)」「菫草(すみれそう)」春。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
木洩れ日も届かぬ崖に咲く菫

日の差さぬ斜面に静かすみれ草  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

Dsc_0016_2村田川に鯉幟が飾られた。市原市瀬又の瀬又橋の上から下流を望む。
いまの時期、こんなに風が強かったのか、と思う。このところ、強風が吹き荒れているが、その合間を縫って自転車に乗っている。
Dsc_0011_210時、気温16℃、弱い東の風、「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標に出発する。
写真は11時市原市権現堂から南の空を望む。雲はそう多くないが、水平線の辺りは靄っている。
帰着時の気温も変わらず16℃、やや強い東寄りの風。
走行距離 61.6km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1804
桜と違い、は梨畑以外ではお目にかからない。いま、畑一面を白にしている。お花見の喧騒が終わり、ひと時の静けさ。季語は「梨の花(なしのはな)」で春(「梨(なし)」は秋の季語)。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります

世の中が一瞬静か梨の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

木瓜

180408soraきのう、おとといと「アクアライン」が通行止めになるほどの強風が吹き荒れた。きょうは平穏かと思いきや、やや強い北風が残っていた。きょうも「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを踏む。空には雲が流れており、日照は30~40分/時といったところ。写真は12時頃市原市権現堂から南の空を望む。
気温は15~16℃とこの時期ではこんなものだろう。
走行距離 61.3km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 72%)

1804
花の色にはいろいろあるが、赤といえば「木瓜の花(ぼけのはな)」だろう。季語は「木瓜の花(ぼけのはな)」で春。市原市草刈で。画像をクリックすると大きくなります

赤色と言えばこれなり木瓜の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

山桜

【最大心拍数】
1804最大心拍数は、カルボーネン公式の(220-年齢)により計算される。私の場合(220-75歳)で最大心拍数は145となる。
より精確な最大心拍数の求め方として(207ー年齢×0.7)があり、これによると私は(207-75×0.7)で155となる。
先日、坂道で実測した数値(これ以上ペダルを漕げない状況)が(写真)であり、今月から155を最大心拍数とすることにした。

180405sora朝の内は曇っていたが、次第に雲が切れてきた。いつもの「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」に出かける。気温は出発時14℃と、きのうより10℃近く低い。ウェアーを厚手のジャージにした。
こういう気候は年寄りには堪える。
写真は12時頃、市原市権現堂から南の空を望む。帰着時の気温も14℃と寒いライドだった。
走行距離 60.6km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 74%)

1804_2
緑が増してきた里山に、山桜が咲いているのが分かる。暫くすると緑一色となり、山桜がどこにあるのか分からなくなる。季語は、「山桜(やまざくら)」で春。市原市安須で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
存在を色で現す山桜

存在が今だけ分かる山桜  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

【認知症】
Photo認知症」には、なりたくない。
認知症予防に「脳トレーニング」が必要と言われているが、私はこれが苦手だ。
けさの新聞に俳人金子兜太の記事があった。その中に、認知症だったと書かれていた。常に頭を使っていた人も・・・なるんだ!!
行く春や兜太もなりし認知症   たつを

180403soraきょうもいつもの「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。気温は19~23℃と、「半袖ジャージ+サイクルパンツ」という出立でいいくらいだった。現に、出会った若い人たちは皆その恰好だった。
写真は11時市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.1km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 75%)

1804a
が散るのは、何となく淋しい。来年も見られるだろうか、あと何年見られるだろうか、などと考えてしまう。季語は「花筏(はないかだ)」で春。市原市岩野見で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
来年もここに立てるか花筏

あと幾度見られることか花筏  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

沈丁花

【飲兵衛達の外飲み】
1803私は、燗の温度を、肌(はだ)燗35~40℃微温(ぬる)燗40~45℃熱(あつ)燗45~50℃と覚えている。50℃以上の燗を好む人も知ってはいるが、稀だ。
千葉駅ナカの「IMADEYA」では、自分でお燗する。その時使うのがこの酒温計。吟醸酒の燗だとこれくらいか・・・[画像クリック➡拡大表示]

180401soraきょうもいつもの「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。時折やや強い南の風が吹く。気温は18~20℃と散歩するにはいい。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。こんな雲が西(右)のほうから流れてきていた。
走行距離 60.2km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 74%)

1804
沈丁花(じんちょうげ)」は春になるとすぐの咲き始めるが、私はやり残したことも多く、なかなか先に進まない。季語は「沈丁花(ぢんちやうげ)」「沈丁(ぢんちよう)」で春。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
沈丁や残したること多かりき
次は
遣り残し咲かずにいくや沈丁花
その次は
為残してそのまま暮るる沈丁花

沈丁の為残しのまま暮るるなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

辛夷

【飲兵衛達の外飲み】
1803_2月に一度は行く「まぐろ居酒屋 さかなや道場 蘇我東口店」。
先ずは、燗酒(微温燗大徳利-500円)と「刺身三種盛り」(890円)を注文。出てきたのが写真のもの。何と大仰なことか。氷を敷き詰めた入れ物の上にホタテ貝(2枚)サザエの貝殻、お猪口の中にワサビ・・・紅梅の造花まで。刺身の味はいい。

1804hanaikada桜が散り始めた。写真は更科川(市原市岩野見)の「花筏(はないかだ)」。水面を重なって流れる花びらを筏に見立てて「花筏」という。春の季語。

180330sora好天が続き、今月、10日目のライド(年初目標達成)。いつもの「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
良く晴れているが、北風がやや強く、気温は昨日より5,6℃低い。
写真は12時ごろ市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.9km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1803_4
辛夷(こぶし)」の花が咲くと、故郷信州を、そして同級生を想い出す。季語は「辛夷(こぶし)」で春。市原市菊間の館山自動車画像をクリックすると大きくなります
初句は
故郷の友は元気か辛夷咲く

故郷の友想い出す辛夷かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

土筆

飲兵衛達の外飲み
1803きのう一年振りにバー「馬酔木」でギムレットbarを飲んだ。
昨年も桜が満開の日ここに来て同じ物を飲んだ。
バー馬酔木の前の歩道脇には桜の木が2本あり、ここ何年か満開になるとギムレットを飲みに来ている。

1803_2当地の桜もほぼ満開となった。写真は市原市草刈の「草刈公園」の桜。
桜は開花して一週間くらいで満開となると言われているが、まだ5日くらいだ。暖かい日が続き、特にこの2~3日は暑いくらい。
この気候に満開が早まったかも・・・

180328soraいい天気の日が続いており、きょうも「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。夏日になるかも、という予報もあり、一番薄いジャージとしインナーも半袖にした。それでも背中に汗をたっぷり掻いた。
写真は11時市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.5km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1803_3
春先に野焼きした土手に、土筆がにょきにょき生えている。季語は「土筆(つくし)」で春。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
にょきにょきと競い合うよう土筆生ふ

黒い土手競う如くに土筆生ふ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雪柳