2017年12月10日 (日)

南天

1712sho一昨日は、午後から雨--雨が降ると「墨字」となる。
10月から「忽恵状」を臨書しているが、このところ雨が少なく、なかなか進まない。。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

1712kooriけさも氷が張った。これで4日連続である。

気温も-3℃まで下がり、今季最低。

空に雲は無く、冬晴れ。

171210sora10時半、気温7℃、いつもの「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
ウェアーを防寒ジャケットと防寒タイツに替えた。厚手のウェアーだと、体の動きが悪いようで、変に疲れた。
写真は、11時半市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.6km平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1712
「難を転じる」といわれ、玄関先などに植えられている「南天(なんてん)」。ことしは自然災害など難が多い年だった。来年はいい年に転じてほしい・・・「実南天(みなんてん)」は『現代俳句歳時記』では冬の季語。『合本俳句歳時記』『ホトトギス俳句季題便覧』では秋の季語となっている。

画像をクリックすると大きくなります。
初句は
難生じ不安増すなり実南天

難多き年を転じよ実南天  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

蔓梅擬

6時、気温-1℃、薄い氷が張っていた。
171207sora10時、7℃、雲一つない冬晴れの中、「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。スタート時はウィンドヤッケを羽織っていたが、しばらくすると暑くなり脱いだ。
写真は、11時市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時に気温は12℃。
走行距離 60.8km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

171207
蔓梅擬(つるうめもどき)」の赤い実が、まだ枝にしがみ付いて冬の日に輝いている。「蔓梅擬(つるうめもどき)」は秋の季語。季語は「冬の日」。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります。

冬の日に蔓梅擬輝けり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

万両

1712左は、黒龍 純米吟醸 「純吟」
先日の会合の時、店が出してくれた酒。
口当たりはサッパリで、味わいは円やか。
福井の酒というよりも、新潟の酒といった感じがした。
でも、私好みの日本酒だ。
値段は3,000円/1.8㍑~?

171204sora晴れて気温も上がるとの天気予報を信じて、「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回したが、思ったより良くならず、気温は9~12℃で、午後になると日差しは無くなり寒くなってきた。
写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。晴れはこのころまでだった。
走行距離 60.6km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

171204
万両(まんりょう)」の実は、葉の下に生るので、上から見ていると分かりづらい。季語は「実万両(みまんりやう)」で冬。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
葉の下に隠れるように実万両
次は
実万両屈んで見れば丸見えに

実万両目線下げれば別世界  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

八手

1712その居酒屋の鍋③
「とんこつ味の餃子鍋」[画像クリック➡拡大表示]。
冷凍された餃子にネギ、ニラ、もやし、ニンニク、唐辛子などが入っている。これをつつきながら、温い燗酒をちびりちびり飲む。年寄りには丁度いい。因みに鍋の料金は、790円。

171202sora出発時の気温が8℃と、今季最低。12月に入り目標も「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に。走行距離を10㎞少なくした訳で、2月までの気象庁がいう「冬」の目標である。
写真は12時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時の気温は11℃と低め。
走行距離 60.8km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

171202
八手(やつで)」は日影が好きな植物の7ようだ。林や藪の中にいま花を付けている。白い小さい花が固まって毬状になる。季語は「花八手(はなやつで)」で冬。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
木洩れ日に毬が飛び出す花八手

木洩れ日や毬が飛び出す花八手  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

171129sora朝から良く晴れて、風も弱く「サイクリング日和」で「小春日和」。いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。気温が高く水平線付近は霞んでいる。
気温は12~18℃と1か月前くらいだ。
走行距離 70.0km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

171129
道端や河原に「(すすき)」が穂をつけている。季語は「枯薄(かれすすき)」で冬。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
枯薄僅かな風に漂えり

枯すすき微かな風に漂へり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

千両

1711その居酒屋の鍋②
鍋①は、11月4日のこのブログで紹介した「鶏ちゃんこ鍋」。
鍋②は、「海鮮寄せ鍋」[画像クリック➡拡大表示]。
これをつつきながら、微温燗をちびりちびり飲む。年寄りには丁度いい。因みに鍋の料金は、790円。

171126sora10時、いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かけた。南西の強い風が吹いている。気温は高めで14~17℃だった。
南風は一向に治まらず5~10m/sが吹き続け、久々に風に悩まされた。結果的に心拍が上がり、いい運動になったのだが・・・
写真は11頃、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.0km平均心拍数 122bpm(最大心拍数の 76%)

1711_2
鳥が運んできた種によって、木の下に「千両(せんりょう)」が生え、葉の上に赤い実をつけている。季語は「実千両(みせんりょう)」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
木の下の赤玉もよう実千両

木の下の葉の上の赤実千両  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

枇杷

1711きのうは昼過ぎまで雨が降っていた。雨の日は「墨字の日」。
10月から「忽恵状」を臨書している。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

寒波がやってきていて、低温の日が続いた。真冬だったらどうということが無い気温だが、今どきの寒気は行動するのに勇気がいる。やはり年のせいだろうか。
171124sora1週間振りのライド。
いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。風はほとんど無く、気温は12~15℃と快適。
写真は、11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。日差しが暖かい。
走行距離 70.0km平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 66%)

1711_2
枇杷(びわ)」は、薔薇科ビワ属の常緑高木で、その花は控え目、よく見ないと分からないほど。季語は「枇杷の花(びわのはな)」で冬。「枇杷(びわ)」「枇杷の実(びわのみ)」は夏の季語。市原市草刈で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
午後一時布団叩くや枇杷の花
次は
二階から布団叩く音枇杷の花

ベランダで布団叩く音枇杷の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

1711その居酒屋では、まず「鯵のお造り」と温めの燗酒を注文する。そのあとは、いまの時季は鍋物を頼む。鍋が来る前に「鯵せんべい」が来る。先ほどのお造りを揚げてくれるのだ(写真[画像クリック➡拡大表示])。鍋の後は、「ばくだん」か「焼き魚」。酒は都合お銚子3本。

171117soraけさは4℃まで下がり、今季一番の寒さ。日差しもあり、気温も11℃まで上がったので、いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。ジャージを厚手のものに替え、薄手の手袋をインナーとして着けた。
写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。日照時間は40~50分で日差しがあるときはいいが、日差しがさえぎられると寒く感じた。
走行距離 70.1km平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 66%)

1710
当地でも農家では自家消費用に家の近くにおを栽培している。「茶の花(ちゃのはな)」は冬の季語。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

茶の花や沿うて進めば勝手口  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

泡立ち草

171115tannku左の写真は、私の自転車の練習コースにあるガスタンク。[画像クリック➡拡大表示]塗装工事が終わり姿を見せた。左側には「千産千消エネルギー」と書いてある。千葉で産出した天然ガスを千葉で消費する、という意味だろう。
05_312年前に撮影したのが右の写真。「サッカーの街 市原」と大きく書かれ、サッカーボールなどが描かれていた。この当時は「JEF市原」がJ1で活躍していた。その後チーム名は「JEF千葉」になり、J2に降格、いまだにそのまま・・・

171115sora朝から雲が多かった。天気予報では昼頃から晴れると言っていたので、準備をして待っていた。11時前、漸く薄日が差してきたので「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。
写真は12時前、市原市権現堂から南の空を望む。この後も一向に回復せず
、日差しが無く気温もあまり上がらなかった。
走行距離 70.0km平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1711
背高泡立ち草は繁殖力が旺盛で、耕作放棄地などは1年で占領されてしまう。『現代俳句歳時記』で「泡立草(あわだちそう)」は秋の季語。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
田一枚泡立草に占拠され

放棄地を泡立ち草が占領す  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

菊b

1711左の写真は、最近、私が居酒屋でよく食す「海鮮ばくだん」というもの([画像クリック➡拡大表示])。「ばくだん」とは、納豆と魚介類を混ぜ合わせたものを海苔で巻いて食べる料理をいうのだが、この店では鮪のぶつ切りに卵黄がついており、これを混ぜ合わせて海苔で巻いて、醤油を垂らして食す。
酒の肴にぴったりである。「さかなや道場」ではこれが490円とお得。

171112sora10時、気温が13℃まで上がってきたので、いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。よく晴れて気分がいい。日曜日ということもあり、ツーリングしているグループをいくつか見た。
写真は、11時市原市権現堂から南の空を望む。東よりの冷たい風が吹いており気温は15℃までしか上がらなかった。もう、厚手のジャージにしなければいけないようだ。
走行距離 70.3km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1711_2
古くからの家々には、庭や畑の縁にが植えられている。黄色い菊は必ずといっていいほどある。季語は「黄菊(きぎく)」で秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
家々に仏のための黄菊かな

家々に仏壇用の黄菊かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

菊a

Dsc_0006きのう国立新美術館で開催されている「日展」を見に行ってきた。左の写真は国立新美術館。「大人の休日倶楽部」の催しで、説明員付き鑑賞会といったものを募集していたので申し込みしたら、当選した。
Dsc_0024_2書の部門の説明者は、日展会員の一色白泉先生(右の写真の中央)で、豊富な知識と経験に基づく解説は分かりやすく、含蓄のあるものだった。先生の作品もあったが、「私の作品です」とだけ言って通り過ぎた。

171110soraけさは気温が5℃位まで下がり、今季一番の寒さとなった。もうすぐ霜が降りそうだ。10時15℃位まで上がってきた。インナーウェアーを防風のものにして、「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを踏む。スタート直後は、指切りグローブでは指先が少し冷たく感じる。
写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.0km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1711
軒下で大事に育てている大輪の「(きく)」。私は野に咲く小菊の方が愛しく感ずる。季語は「(きく)」で秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
大輪の菊より野辺の小菊かな

軒下の菊より野辺の小菊かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

サルビア

Dsc_0003きのう、幕張メッセで開催していた日本最大級のスポーツ自転車の祭典といわれる「サイクルモード2017」に行ってきた。3年振りである。
年をとったせいか、新しくロードバイクを買いたいとか、最新式のGPSを購入したいとかいった気持ちは全然ない。会場の雰囲気も5~6年前の新製品が煌びやかに展示されているようなブースは少なく、試乗に来たという人が目立った。

Dsc_0002朝から良く晴れて、気温も10℃を下回った。あすは「立冬」である。
10時、いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。最近、前半はまずまずだが、後半になるとペダルを回す力が無くなり、スピードががっくりと落ちる。年のせいだるか?気が乗らないだけだろうか?
写真は11時市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 71.3km平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

171106
サルビア」が秋も深まってきたというのにまだ真っ赤に咲いている。人生の晩秋の自分はあんなに鮮やかにはなれない。「サルビア」は夏の季語。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
サルビアや我の晩秋如何にせん  

サルビアや我が晩秋を如何にせん  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

烏瓜

1711がいい季節となってきた。
写真は、先日居酒屋で食べた「鶏ちゃんこ鍋」である。
最近は、こうしたおひとり様用のものが用意されている。
勿論、微温燗をちびちびやりながらだ。〆にうどんかご飯もあり。

1711sora朝から曇天cloud。自転車はダメかな、と思っていたら10時前突然雲が切れ日が差してきた。直ぐに支度をしていつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。写真は、11時、市原市権現堂から南の空を望む。
きょうは三連休の中日、大勢のサイクリストに出会った。気候も良く皆楽しそうにペダルを回していた。
走行距離 70.1km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1711_2
草木が枯れ始め、落葉が舞う。すると「烏瓜(からううり)」が目立ち、だんだんと色づいていく。季語は「烏瓜(からすうり)」で秋。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

烏瓜朱色深めてぶら下り  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

犬蓼

1711_4黒 龍 吟醸 「いっちょらい
先日の会合の時出てきたのがこの酒。「 いっちょらい」とは福井の言葉で「自分にとって一番いいもの」という意味とか。マイルドで、サラリとした感じの口当たりで私好み。キッリっとした味わいで、これまた私の好み。1本(1.8ℓ)2,450円~とこれまた手頃。[画像クリック➡拡大表示]

171102sora良く晴れて、気温も高く、風も強くないというサイクリング日和となり、いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標に、ペダルを回す。気温が20℃を超えると、いくら薄手の長袖ジャージとはいえ、暑い。背中にたっぷり汗をかきながらのライド。
写真は、11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.8km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

1711_3
犬蓼(いぬたで)」の花を崩して、赤飯に見立てた遊びを幼い頃した記憶が微かにある。季語は「赤のまま(あかのまま)」で秋。市原市佐是で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
赤のまま誰と一緒か朧なり

赤のまま誰とままごとおぼろなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

枸杞の実

1710このところ雨が多い。雨の日は「墨字」。
10月下旬からは「忽恵状」を臨書している。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。
[画像クリック➡拡大表示]

1710sora台風22号の贈り物の青空が広がる中、「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。しかし、走りだすと雲が出てきた。
けさの気温が5℃まで下がり、きょうからウェアーを「長袖ジャージ(薄手のもの)+タイツ」にした。UVインデックス予測値も「2(弱い)」となり、もう日焼け止めの必要は無さそう。
写真は、11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。気温は出発時14℃、帰着時16℃。
走行距離 70.2km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

1711
枸杞の実(くこのみ)」が真っ赤に熟れてぶら下っている。故郷のリンゴ畑を想い出す。「枸杞の実(くこのみ)」は秋の季語。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります

枸杞の実や紅玉の里想うなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

コスモス

1710房総半島の中央部に位置する当地では,今頃左の写真のような光景に出くわす。
晩秋に落花生の実を堀り上げ、2,3日天日乾燥させた後、写真のように積み上げる。これを「ぼっち」という。冬の寒風に晒すことでことで甘味が増すという。

Dsc_0005雨の日が多い。東京では15日間連続の雨で、127年ぶりとの報道も・・
きのう、きょうとは快晴。久しぶりである。
10時、気温16℃、弱い北寄りの風、いつもの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。青空のもとで走るのは久しぶりだ。やはり気分がいい。でも、あすから3日間はまた雨との予報。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.8km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1709


河川敷にコスモスが咲いている。勝手に咲いているのだが、何故か落ち着きがあり、調和しているように見える。季語は「コスモス」で秋。市原市山田で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
コスモスの勝手に咲いて落ち着いて

コスモスの勝手に咲いて調和して  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

枸杞の花

171016きのうの朝、雨戸を開けると雨が降っていた。5日連続の雨rainrainrainrainrainである。天気予報が的中したことに一寸吃驚。
この間、2日筆をとった。「忽披状」の臨書。「忽披状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の2通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。「忽披状」はこれでお仕舞い。次回から3通目の「忽恵状」を臨書する。

Dsc_0004けさの気温は、8℃と今季初めての一桁。多少雲がでているが、良く晴れている。お決まりの「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。やや強い北東の風が吹いており、気温は17~19℃。
写真は11時頃市原市権現堂から南の空を望む。あすからは、また雨rainrainrainrainrainの予報が5日続いている。
走行距離 70.0km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1710
枸杞の花(くこのはな)」が咲いている。ピンク色の可愛い花だ。この後すぐに真っ赤な実が生る。「枸杞の芽(くこのめ)」は春、「枸杞の実(くこのみ)」は秋の季語だが、「枸杞の花(くこのはな)」は季語にない。季語は、しみじみとした趣のある「秋風(あきかぜ)」。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
秋風の後の誉れぞ枸杞の花

秋風の後の輝き枸杞の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

落花生

Dsc_0002あす(12日)から17日まで5日間、雨rainrainrainrainrainとの予報が出ている。こんな予報は当たるとは思わないが、兎も角今日は乗っておかなければと、「70km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かけた。
気温は出発時27℃、帰着時29℃と「夏日」のライド。湿度も高くたっぷりと汗をかいた。写真は12時頃市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.1km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

171012
落花生(らっかせい)」は、夏に黄色い小さな花が咲き、花の基部が地中にもぐり込み実を結ぶ。そして、晩秋に掘り起こされる。季語は「落花生(らっかせい)」で秋。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

落花生土より出でて白日に  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

セージ

Dsc_0014おととい、「ツール・ド・ちば2017」を走ったせいか、今朝になって両足の大腿四頭筋に違和感を覚えた。筋肉痛というほどではないが、疲れている感じ。そこで今日は「回復のためのトレーニング」を行うこととした。名前は立派そうだが、何のことはない、普段より軽めに行うということ。気温は高めで26~28℃、たっぷり汗をかき、いい運動になった。足の違和感も消えた。写真は12時頃市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.8km平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1710
以前につくった
秋風とセージの横を通り抜け  たつを
の句が好きだ。
「セージ」は季語ではない。季語は澄みきった秋空をいう「秋空(あきぞら)」。市原市牛久で。画像をクリックすると大きくなります。

秋空とセージの花が競い合い  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

木槿b

きのう、「ツール・ド・ちば2017」を走ってきた。
Dsc_0003始発電車に乗りスタート地点の御宿町に向かう。車内には「輪行袋」を持った人がちらほらといる。駅前(左の写真)で「輪行袋」からロードバイクを取り出し、組み立てる。受付会場に行き、ゼッケン、計測チップを取り付けてから、スタート会場に向かう。
Dsc_0004_27時半、1組目がスタート(右の写真写真)、私は10組目くらいにスタート。直ぐに、嫌いな上りが始まる。左足の下腿三頭筋が痙攣しそうになり、それに腹の調子が良くなく、最初のエイドステーションまでは難儀した。
エイドステーションで足にバンテリンを塗り、チョコレートを食べた。その後もエイドステーション毎にバンテリンを塗りながらペダルを回し続けた。
この大会では、平地でもグループに付いていけなくなっており、もっと遅いグループで走るしかないと感じた。年のせいかな???
走行距離 123.5km平均心拍数 127bpm(最大心拍数の 79%) 、総上昇量 802m

17009
嫌韓」という言葉はいつごろから言われだしたのだろうか?巷にあふれる様々な情報に、次第にそうなっていく自分も・・・たまたまあの国の国花とされた「木槿(むくげ)」(中国原産)がかわいそう。季語は「木槿(むくげ)」で秋。画像をクリックすると大きくなります
初句は
嫌いでも木槿の花には罪は無し

嫌韓の木槿の花に罪は無し  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«金木犀