2018年12月18日 (火)

皇帝ダリアb

今週の日曜日、冷え込みが酷く気温は-4℃まで下がった。氷が張り、霜が降り、霜柱もあちこちに見えた。
先月、風邪をひいてから、体調は万全ではなかった。先週は腹の調子が良くなかった。やはり、年のせいか、と思っているが・・・

81218soraきょうは、朝から良く晴れて冷え込みも弱い。久し振りに「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。10時の気温は8℃、やや強い北風が吹いており、体感的には真冬レベル。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲は無く、正に透徹した冬空。
帰着時には南寄りの風に変わり、気温も13℃まで上昇。
走行距離 60.0km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 76%)

1812
日曜日の降霜で、「凛」として咲いていた「皇帝ダリヤ」も、見る影もない。季語は「」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

霜降りて皇帝ダリア無残なり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

枇杷

Dsc_0002厚い雲に覆われていたが、午後からは晴れ気温も高くなる、という天気予報を信じて10時、曇り、気温12℃、弱い皆に寄りの風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。まだ雲に覆われているが、少し雲の切れ目も見え始めた。
午後になると薄日も差し始め、気温も17℃まで上昇、予報はよく当たったと言っていいだろう。
走行距離 60.7km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の72%)

1812
枇杷の花(びわのはな)」は色も、形も地味な花で、高い所に咲いているので気が付きにくい。季語は「枇杷の花(びわのはな)」で、冬。市原市草刈で。画像をクリックすると大きくなります

パンパンと音を辿れば枇杷の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

皇帝ダリア

181204sora10時頃に雲が切れ、青空が広がってきた。
気温17℃、南の風、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
南の風はどんどん強くなり、気温も上昇、帰着時には「夏日」一歩手前の24℃を超えていた。お陰でたっぷりと汗を掻き、いい運動ができた。
走行距離 60.8km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1812
最近あちこちで見られるようになってきた「皇帝ダリア」。背が高く、大きな花で名前の通りかも。季語は、透徹した青空をいう「冬空(ふゆぞら)」。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります。

冬空に皇帝ダリア凛と咲き  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

ことしも後一か月となった。
181201sora風邪をひいた時、右膝が痛かった。医者に聞くと風邪のせいで風邪が良くなれば治ると言われた。風邪は治ったように思うが、右膝にはまだ違和感がある。大したことは無いので「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。気温は13~17℃で、今時分としては暖かい。
右膝の違和感も帰着後は殆ど感じない。
走行距離 60.9km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 72%)

1812
この辺りでも農家では家の周りに「(ちゃ)」を植えている。季語は「茶の花(ちゃのはな)」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります。

茶の花や厨に続く土の道  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

犬蓼

飲兵衛達の外飲み
1811その居酒屋の先週の鍋は「きりたんぽ鍋」(790円)。
きりたんぽが4切れ、きのこ,ニンジン、油揚げ、糸コン、それに比内地鶏ではないだろうが鶏肉が入っている。
微温燗の酒を飲みながら食す。

181129sora風邪が完全に治りきっていないような感じがする。10時、気温13℃、「走行距離60km+最大心拍数の70%程度の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
十分すぎるほど静養したのに体が思うように動かない。これも年のせいなのだろうか?
走行距離 60.6km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1811_2
犬蓼(いぬたで)」の赤い花は、子供のころを思い出させる。季語は「赤のまま」で秋。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります

赤のまま脳裏に浮かぶ幼き日  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

小菊

きょうは「ポタリング」(自転車散歩すること)。
1811左の写真は11時頃、千葉市緑区おゆみの中央の「はるのみち}。
この一週間強、風邪をひき、微熱があった。そして、医者(内科)に行った。
私の平熱は36.5度。上がっても37.5度だったが、熱が下がらなかった。風邪で医者に行ったことはこれまでの人生でなかったことだ。医者は、喉を見て、聴診器で胸と背中を見ただけで、「薬をのめば一週間で治る」と言った。
一週間目のきょう、確かに熱は平熱に下がり、喉の痛みもない。
ということで、軽くペダルを回す。
走行距離 42.6km平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 67%)

農家の庭先には必ずと言っていいほど。が植えられている。菊も「小菊(こぎく)」も秋の季語。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります。1811_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

泡立草

飲兵衛達の外飲み
1811「立冬」も過ぎ、“鍋”が恋しい時季。
この居酒屋では11月から「あったか鍋フェア」をやっている。先週の鍋は「きのことろろ鍋」(写真)。あわび茸、たもぎ茸、ひら茸など8種類のきのこが入っている(790円)。
微温燗の日本酒をチビチビやりながら、食す。

181115fujiけさは冷え込んだ。6時の気温は4℃で、薄っすらと霜が降りたように見えた。
10時、14℃、やや強い北の風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。しばらく走ると、富士山が見えてきた。左の写真は、養老川に架かる西広橋から見た富士山。
181115sora日差しは十分あるのだが、空気が冷たいのか、気温はあまり上がらない。右の写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
気温は、出発時14℃、帰着時16℃と寒いライド。
走行距離 71.4km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1811_2
泡立草」は驚異的な繁殖力である。耕作放棄地などは1年も経たないうちにとって代わられる。泡立草は「『現代俳句歳時記』では秋の季語。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
田一枚去年の稲穂が泡立草

泡立草田んぼ一枚占拠せり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

コスモスc

1811cycle_mode2018きのう、幕張メッセで開催されている「CYCLE MODE internatinal2018」に行ってきた。
年を取ったせいか、「これが欲しい」といったものは、ほとんど無い。
気になったのは「E-スポーツバイク」。電動アシストバイクである。私から見れば、美しくないが・・・
古い自転車仲間とも会えたし、また来年も来よう!

181110sora10時、雲が薄くなり雨の心配は無くなってきた。気温18℃、風は無い。いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを踏みだす。
写真は正午頃、市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時の気温は23℃まであがり、暑いほどだった。
走行距離 70.2km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1811
コスモス
の花は、どの花も遠くを見つめている様だ。季語は「桜(あきざくら)」。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
秋桜見つめる先はメキシコか

秋桜故郷想い見つめたり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

烏瓜b

飲兵衛達の外飲み
1811_2先日、「磯丸水産」という居酒屋に行ってみた。
燗酒を注文して、出てきたのが左の写真。
アルマイトの急須である。
「懐かしい」と感じた。
1811_3この店、魚介類の焼きものが「売り」なのだろう。
カウンターに卓上焼きコンロが常備されている。
「蟹味噌甲羅焼」を注文、焼いてみた。
なかなかいい。

181106sora112時ごろから雨が降るとの予報だった。9時、晴、気温18℃、雨雲は南から来る予報なので南に向かってペダルを回す。目標は「走行距離60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」。10時、市原市権現堂から南の空を望む(左の写真)。まだ、青空も見える。

181106sora2_2しばらく走ると南の空が、暗くなってきた(右の写真)。直ちに踵を返す。12時前、村田川の堤防道路を走っていると、ぽつりぽつりと降ってきた。たいして濡れずに帰還。気温は22℃と暖かだった。
走行距離 60.6km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 72%)

1811_4
烏瓜(からすうり)」はつる性、からみつくものの葉が枯れ、落ちれば
良く目立つ。季語は「烏瓜(からすうり)」で秋。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります

深まれば探さなくとも烏瓜  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

白粉花c

181111月に入り、日の光も弱くなってきた。年寄りは特に感ずる。
サングラスのレンズをこれまでの「ブラウン」から「クリア」に替えた。
老眼鏡の部分は、「貼付けるレンズ」で、水で張付けられるし、ハサミでカットもできる。しかも剥がしてまた使えるので、重宝している。これがあるとサイクルコンピューターの細かい文字も良く見える。[画像クリック➡拡大表示]

181103sora11月に入り、今朝6時の気温は6℃。もうそろそろ霜の注意をしなければ。
10時、快晴、気温17℃、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。出発時間を気温を加味して10時ごろとした。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。午前中は晴れていたが、次第に雲が増えてきた。気温は20℃には届かず。
走行距離 70.2km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1810
白粉花(おしろいばな)」は、1本の茎から異なる花の色が咲くことから「ペルーの驚異」と言われているそうだ。季語は「白粉花(おしろい)」で秋。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

白粉花のペルーの驚異見せにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

コスモスb

飲兵衛達の外飲み
1811きのうは会合の後、久しぶりに「バー馬酔木」に行った。
この店には30年以上前からボトルをキープしてある。
いまキープしているのは「響17年」(写真左)。
以前は「バランタイン17年」だった。1811_2次はまたバランタインに戻すつもり。
「馬酔木」で私が最後に注文するのは「ギムレット」だ。(写真)
これももう何十年も続けている。これを飲むと勘定して帰るという合図にもなっている。

181031soraけさは冷え込んだ。、9時になっても気温17℃。いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
時折日は差すのだが、気温は20℃に届かなかった。
走行距離 80.8km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1810
去年は「コスモス」の花びらで埋め尽くされ、まるで水面のようだったが、ことしは花数が減り、茎が見えている。季語は「コスモス」で秋。市原市山田で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
コスモスの去年の海が斑なり

コスモスや去年の海に茎が見え  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

烏瓜a

181023雨の日は「墨字の日」としている。
今回から「灌頂記」を臨書。
「灌頂記」は空海が自筆で記したもので、国宝に指定されている。
灌頂とは、密教の儀式で、私流に言えば「文化勲章授与式」のようなものだと思う。

181228soraやっと秋らしい天気になってきた。
一週間振りのライドだが、目標はいつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」
(出発時/帰着時)の気温は(19/21)℃と快適だ。写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.1km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 72%)

1810a


烏瓜(からすうり)」は、つるにぶら下っている。我も年金に・・季語は「烏瓜(からすうり)」で秋。市原市上原で。画像をクリックすると大きくなります

烏瓜ただぶら下る我もまた  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

枸杞b

「秋晴」とは、こういう空をいうのだろう。
181022sora9時、快晴、気温18℃、弱い北寄りの風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時の気温22℃といい条件の下でのライド、こういう時はいい運動ができるかというと、そうでもなく、心拍があまり上がらなかった。ということは、いい加減な運動をしたということに・・・
走行距離 80.3km平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 68%)

1810
枸杞垣に赤い小さな枸杞の実が行儀よくなっている。「枸杞(くこ)」は春の季語で、「枸杞の実(くこのみ)」は秋の季語。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
杞の実の小さき故に捨て置かれ

枸杞垣に採られぬままの小さな実  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

コスモスa

1810さきおととい、東京で飲み会があり行ってきた。
居酒屋の近くに高島屋があり、新館がオープンしたというので寄ってみた。平日の昼間だというのに、人でごった返していた。
雑踏を避け、外に出ると、いい景色が広がっている。
写真の左側が旧館、で右が新館である。
[画像クリック➡拡大表示]

181020sora雲が多めだったが、天気は良くなるとの予報。9時、曇り、気温18℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
きょうは土曜日、大勢のサイクリストに出会った。最後の「源入坂」で一人に抜かれた。
走行距離 80.6km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1810_2
コスモス」は花びらに筋金が入っているかのよう。季語は「コスモス」で秋。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります

コスモスの筋金入りで開くなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

白粉花b

秋晴の空は何処へいってしまったのか。最近、とんとお目にかからない。
181016sora9時、曇天、気温19℃、弱い北の風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
きょうは、高滝ダムまで足を延ばした。
走行距離 80.7km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1809
白粉花(おしろいばな)」は名前、姿かたちから子供をイメージする。常日頃、認知症にだけはなりたくないと思っている。季語は「白粉花(おしろいばな)」で秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

認知症なりたく無いぞ白粉花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

枸杞a

1810shoきのう、おとといは雨rainrain雨の日は「墨字の日」。
昨年10月から「忽恵状」を臨書していたが、今回で終了だ。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

181013sora_2朝から空一面の雲。
9時、気温17℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。雲は取れそうにもない。
帰路に入った12時頃、市原市二日市場付近でパラパラと降ってきたが、直ぐに上がった。
帰着時の気温も17℃と出発時と変わらなかった。
走行距離 70.6km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1810
枸杞(くこ)」は、花が咲いて、直ぐに実をつける。「枸杞(くこ)」は春の季語で、「枸杞の実(くこのみ)」は秋の季語。「枸杞の花」は季語ではない。季語は、秋の風光を賞美する言葉として使われる「秋の色」。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
秋の色竹垣の中枸杞の花

秋の色竹藪のなか枸杞の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

セージ

1810shoもう1年近く「忽恵状」を臨書している。雨が降り、自転車に乗れない時だけ筆を執っていたが、そろそろ「忽恵状」も終わりである。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

181010sora6時頃は霧が立ち込めていたが、7時ごろには晴れて、強い日差しが降り注いできた。9時、22℃、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」に出発。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。ぽつぽつと雲が出ているが、日差しはたっぷりだ。お昼には夏日となった。
走行距離 72.7km平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 70%)

1810
セージ
の花畑の脇を自転車で走り抜けた。セージは季語ではない。季語は「秋風(あきかぜ)」で、しみじみとした趣がある。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります

秋風とセージの横を走り抜け  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

サルビア

飲兵衛達の外飲み
1810先日、「さかなや道場」に行った。
「収穫祭」という催しをやっており、そのメニューにあったのが「縞鯵の刺身」(写真、590円)。もともと「鯵」は好きな魚、特に「縞鯵」は大好物である。「出羽桜 江戸ラベル」も美味かった。

朝方雨が降った。その後は曇り。
9時、気温23℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
181008sora写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲がべったりと張り付いているが、時折雲の切れ目から日差しもあった。
きょうは「体育の日」、大勢のサイクリストに出会った。癪に障るほどでもないが、家の近くの源入坂で2人のサイクリストに抜かれた。年のせいにしておこう。帰着時も23℃と変わらず。
走行距離 71.1km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 73%)

1810_2
サルビア」は6~11月ころまで、真っ赤な色が衰えず咲いている。普通、夏の季語だが、『現代俳句歳時記』では秋の季語となっている。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります

サルビアの間を抜けて風温む  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

菊芋

1810このところ雨が多い。雨の日は自転車に乗れないので他にやることもなく「墨字」ということに。
いま「忽恵状」を臨書している。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

181006sora台風25号が対馬の西を北東に進んでいるそうだが、当地は良く晴れて風も弱い。
9時、23℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。写真は12時頃、市原市権現堂から南の空を望む。南の空には雲が多いが、ほぼ晴れの天気。気温も上昇し帰着時には30℃近くまでいった。
走行距離 70.8km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 74%)

1810_2
「名は体を表す」と逆なのが「菊芋(きくいも)」。菊芋は季語ではない。季語は、青く澄みきった秋の空は一年中で最も美しく感じられる「秋空」。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
空高し菊芋の花咲き乱れ

秋空や菊芋の花眩しけれ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

【飲兵衛達の外飲み】
1809きのうは千葉駅近くの居酒屋に・・
飲んだ酒が「純米吟醸 辛口生一本 真澄」である(写真)。
「真澄」は故郷信州・諏訪の酒。
この時期になると、なんとなく飲みたくなる酒だ。
秋は酒(人)恋しい季節だ。

181004sora雲が多めだったが、降水確率は30%だったので、9時いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを踏み出す。写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。まだ、直ぐにでも降り出すような感じはしなかったのだが・・・残り20kmの廿五里付近まだ来ると、ぽつぽつと当たってきた。その後は合羽を着てのライド。気温は22℃のまま動かなかった。
走行距離 70.8km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1809_2
走っていると路面がピンクになっている。見上げてみると「(くず)」の花が咲いている。季語は「葛の花(くずのはな)」で秋。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります

葛の花地べたがピンク見上げたり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«芙蓉b