« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月28日 (月)

高度チャート

051126  左の画像は、一昨日の「南房ハーフセンチュリーラン」 (千葉県サイクリング協会主催)の「高度チャート」である。スタート直後は200m以上の「下り」、その後「上り」「下り」を何度か繰り返し、最後は一気に200m以上の「上り」となる。
この画像は、GPS(GARMIN map60CS)の高度チャート画面をデジカメで撮影したもの(ルート、軌跡ログなどはGPSとパソコンをUSBケーブルで結べばデータを送受信できるが、高度チャートのデータ取り込み方法が分からない)。チャート上の文字・数値はGPSデータ等から私が書き込んだ。ゴール直前の10分くらいのチャートは表示されていなかったが、スタート地点と同じと見て欲しい。
今朝起きると、ふくらはぎが少し痛い。歳をとると筋肉痛は翌日でなく、翌々日にくる、と言われているが、そのとおりである。最近は100km程度走っても筋肉痛はなかったのだが・・・「上り」の嫌いな私にとって総上昇量1,182mのコースは手強かったし、特にゴール手前の200m以上の「上り」は、本当にきつかった
今日も朝から穏やかな天気。気温の上がりも早く、9時に10℃を上回ってきた。二日酔いの迎え酒と一緒ではないが、筋肉痛も少し運動した方が早く治ると思い軽い練習をすることにした。10時、気温13℃、晴れ、弱い北の風、まさに「小春日和」の「絶好のサイクリング日和」、出発する。妙香橋往復コースをケイデンス90を目標に走った。
走行距離【60.7】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

もみじロード

昨日は、千葉県サイクリング協会主催の「南房ハーフセンチュリーラン」に参加した。参加者は20人で、同時に開催された40kmの「ほのぼのサイクリング」の参加者20人と併せ40人程度の人が県内各地から集まった。
ハーフセンチュリーのコースは、14日のこのブログで紹介してある。房総半島の南西部の丘陵地帯を中心とした総上昇量1,182mの、千葉県としてはアップダウンの多いコース。「上り」の嫌いな私にとっては手強わかった。途中、林道の細い道や、真っ暗な小さなトンネルが幾つも続くか所もあり、2グループでの集団走行もうなずける。                 
走行距離【84.2】km
所要時間5時間52分、平均速度14.3km、走行時平均速度21.4km、最高速度61.2km、平均心拍数137、最大心拍数178。
051126 写真は富津市志駒付近。           志駒川にそって走る県道182号線の両側に10kmにわたって続く「もみじロード」。この区間はフリー走行となったため途中下車して撮影。真っ赤なモミジがきれいだった。モミジ見物の人も多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

自転車固定台

051125  久しぶりに愛車を車に載せた(写真)。自転車固定台はミノウラVERGOで、前輪を外してフロントフォークをクイック式ホルダーに取り付ける。前輪は固定台の右側についているホイールサポートに取り付ける。最後にトップチューブをベルトで締める(写真のベルトはトヨタ純正部品)。これで本体はしっかり固定するが、前輪はベルトで締めていないのでかなり揺れるため、私は付属(トヨタのベルトについていた)の小さなベルトでハンドルと前輪を固定している。
今日、房総半島の天気は思ったほど良くなかった。東の海上を発達した雷雲(?)が北東に進んでいて、時折その雲の欠片が房総半島に懸かっためだろう。明日はキットいい天気になり、「南房ハーフセンチュリーラン」を楽しく走れると思っている。
走行距離【0.0】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

サドルバック

051122 先週、サドルバックを大型なものに(リクセンコール製、コンツアー・マグナムC0811)に替えた(写真)。どちらかと言えば、冬季用、長距離ツーリング用である。中央の大きい所には、レインウエアー上下(モンベル製)、ウィンドブレーカー(アソス製)、レインキャップ・レインシューズカバー(パールイズミ製)が入っており、左右のポケットにはワイヤーロック、デジカメ、携帯電話、小銭入れなどを入れている。
このバックは、①大型でいろいろなものが入る、②泥よけの役目をする、③取り付け・外しが簡単に出来るなど気に入っている。
ここ2・3日暖かくなってきた。と言うよりも「平年の気温に戻った」と予報士。この分だと26日の「南房ハーフセンチュリー・ラン」はいい気象条件で走れそうだ。これから、チューブなどを買いに行き、その後自転車の整備をする。
走行距離【0.0】km
・・・午前中に投稿しようとしたら「ココログ」は9~15時までメンテナンスのため利用できなかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

紅葉

051122  暖かいと言われる房総半島の中央部でも、紅葉がはじまってきた。ここ2・3日で里山の木々が色づきはじめた。写真は市原市山田付近、手前は養老川河川敷のススキ
6時、気温0℃、快晴、霜が降りた。今日は気温の上がりが早く、10時には10℃になり、練習に出発。26日の「南房ハーフ・センチュリー・ラン」と同じ距離を走ることとし、高滝ダムに向かう。途中、紅葉がきれいなところを寄り道した。13時35分帰着、所要時間3時間35分、平均速度23.2km/h。
走行距離【83.1】km
今夕、私も会員になっている「ぐい呑みの会」主催の「銘醸を楽しむ会」に参加する。今回の蔵元は新潟の「八海山」。私の大好きな酒であり、また大原保人トリオのジャズ演奏もあるとのこと、楽しみである。しかも、天気予報は「明日午前中は雨」、心おきなく呑める・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

SPD

朝から東の空の雲が太陽を遮っており、気温が上がらない。11時になっても9℃と低い。レーダー画像を見ると房総半島の上を雲が北東に進んでおり、雲が南の方から次々に押し寄せてくる。どうやら今日はあまりいい天気にはならないようだ。
走行距離【0.0】km

先週あたりから自転車に乗っている時、足先が冷たいと感じていた。ロードバイク用の靴は、通気性をよくするため靴の底に穴が空いているし、サイドにも通気孔がある。
051120SPDペタルをSPD(シマノ ペタリング ダイナミクス)に替え、靴も替えた(写真)。いずれもマウンテンバイクで使っていたもの(靴の先端の2本のスパイクは取り外した)。この靴は保温性が高いし、歩行性もいい。金属製のクリートが直接床面に触れないため、ラーメン屋に入るときなどにあの高い音が出ないのもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

黄葉

昨日、カルチャースクールの催しで会津にバスで行ってきた。磐越自動車道の新中山トンネルを出た辺りで雪が降っていた。この冬初めての雪、「もう冬なんだ・・・」と感じた。当地でも今朝6時の気温が0℃と、この冬の最低を記録、うっすらと降霜もあった。
10時、気温が10℃になり練習に出かける。先々週は15℃、先週は12℃、今日は10℃と出かける時間はほぼ同じなのに気温は下がっている。今日からアンダーウェアーを長袖にし、手袋も薄手の手袋にサマーグローブを重ねてつけたためか、体は寒く感じない。今日も13時の気温が12℃どまりであった。
走行距離【70.7】km
051109b2 牛久の手前で遠くからも目につく黄葉(≠紅葉)があり、寄り道した。写真は市原市奉免(ほうめ)の南総運動広場のイチョウ。明治神宮外苑のイチョウ並木は素晴らしいが、青空の下の一本だけのイチョウもまた見事だ。
051109 リンゴの木の実はリンゴ、柿の木の実も柿、でもイチョウの木の実は銀杏という。疑問?・・・ほかにも木と実の名前が違うものがあるのか、考えながら走ったが思い出せなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

ヌーボ

6時、のどが渇いたので水を飲みに起きた。頭が痛い・・・昨夜のワインの飲み過ぎだ。起きたのは8時過ぎ。快晴、無風、絶好のサイクリング日和だが、まだ頭がすっきりしない。10時、今日の練習は中止とする。
走行距離【0.0】km
051117  それにしても昨夜はよく飲んだ。ヌーボは渋みが少なく、口当たりがよい軽めのワインがほとんどだと思う。特に「ボジョレーヌーボ」は甘みが強いように思う。飲兵衛の私は、甘いと飲む気がしなくなってくる。
051117 昨夜のワインは、南フランスのラングドッグ地方の「ラトゥールボワゼヌーボ」で、ブドウの品種はシラーが主体でメルローも入っているというもので、深みがありしっかりした味だった。結果的に二日酔いに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

キク

今朝6時の気温が、この冬最低の1℃を記録した。アメダスの千葉市の気温は6℃、5度も差がある。千葉市の気温は標高4mの港の近くで測定しており、我が家は直線で10kmほどであるが房総半島の丘陵の上で標高は50m以上ある。ずいぶん差があるものだと感じている。
10時になっても10℃しか上がらない。10時40分、意を決して出発したが、今日のウェアーは半袖インナー、長袖ジャージ、タイツ、薄手の手袋、サマーグローブ、それにウィンドヤッケである。12時頃から日が差してきたのでヤッケは脱いだが、冷たい北風が吹いており気温は12℃以上には上がらなかった。気温が低いと心拍が上がらないようで、平均心拍数は110台であった。
走行距離【62.0】km
051117b 帰り道、畑の中にキクが咲いているのが見えたので行って見た。畑の一畝にキクが植えられており、自転車を入れにくかったが、畔にどうにか停めた。写真は市原市君塚付近
051117 今の季節、紅葉に枯れ葉、ススキとセイタカアワダチソウ以外に目につくのは菊の花くらいかもしれない。この辺りの農家では、畑の中の一畝にキクを栽培しているのをよく見る。多分切り花用に作っているのだと思う。
今日はボジョレーヌーボの解禁日。これから仲間と南フランス ラングドッグ地方の「ラトゥール ボワゼ ヌーボ」を飲むことにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

1万km突破

年初来の走行距離が「1万㎞突破」、今日までの累計が10,024kmとなった。2月19日まではMTBに乗っていたが、2月20日に今乗っている「TREK1400」に替え、「センチュリーライド」のための練習を始めた。1回の走行距離を、2月は60km、3月70km、4月100km、5月120km、6月140kmと徐々に伸ばしていった。7月は「銚子センチュリー・ラン」に参加、8月は信州の合宿で180kmを走り、9月は今年の最大の目標であった「ホノルル・センチュリー・ライド」に参加した。10月以降は、今後もロングライドを気持ちよく楽しむために、ポジショニングやペタリングに注意した練習を続けている。来年はいろんなところに参加したいと思っている。                                                 05tkm                                                                        
051116 雲が北東に流れている。9時になっても気温は9℃。「日中は晴れて昨日より暖かいでしょう」との予報を信じて、10時半練習に出発。薄曇り、気温12℃、北の風がやや強い。サマーグローブでは指先が冷たいし、12~18℃用の長袖ジャージでも寒く感ずる。そろそろ冬バージョンのウェアーにしなくては・・・雲はどんどん増えてきて日差しが無く、気温も上がってこない。急に弱気になり今日の練習は60kmとした。写真は市原市二日市場付近
走行距離【60.9】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

南房ハーフセンチュリー

プロ野球のアジア王者を決める「コナミカップ アジアシリーズ2005」(日本野球機構主催)で千葉ロッテが初代王者になった。これで千葉ロッテは、交流戦優勝、パ・リーグ優勝、日本シリーズ優勝、アジア王者、イースタン優勝、選手権優勝と6冠を達成した。先日のJEF千葉のナビスコ杯優勝もあり、今年は「千葉の風」が吹いたといってよく、千葉県人としてはいい気分である。
051126 私が参加する今年最後の大会「南房ハーフ・センチュリー・ラン」が今月26日に行われる。コース図・キューシートをもとに、ルート図をPCで作成(写真、紫色の線がコース,クリックすると大きくなります)、GPSにインプットした。スタート&ゴールは「サンピア君津」で半時計方向に回るコースとなっている。スタート&ゴール地点が標高200mでコース中最も高く、最低地点は画像の右下の鴨川で30m程度。千葉にしてはアップダウンがあるコースで、私の苦手なコースである。
天気予報では午前中は晴れといっていたが、朝のうちは薄曇りで、だんだんと雲が厚くなってきた。気温も11時を過ぎても15℃に達せず、今日の練習は休み。
走行距離【0.0】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

サイクルモード2005

051112 昨日「サイクルモード2005」に行ってきた。自転車の展示会に行くのは初めてだった。長い行列が出来ているところは試乗待ちで、ほとんどの人が入口で誓約書を書き「試乗」の札を首からつるしている。幕張メッセの会場内に試乗コースが設けられており、大勢の人がいろいろな自転車に乗ってノロノロと連なって走っていた。それでも誰もが嬉しそうな顔をして乗っていた。
051112COLNAGO  展示されていた自転車で印象的だった2台のうちの1台は、ツール・ド・フランスで7連覇を達成したランス・アームストロングが乗った自転車(写真右上)。もう1台は私が見た中で一番高かった「COLNAGO」で価格は百数十万円だった(写真左)。
雲が多めの天気で、気温がなかなか上がってこない。10時半になってやっと15℃になり、いつもの高滝ダム往復コースに出かける。ケイデンス90、心拍125を目標にしたが、フロントをアウターにして走り通した(最後の源入坂は除く)ため、ケイデンスは80~85位が多く、心拍は121だった。
走行距離【81.0】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

ピラカンサ

051109b 家を出て源入坂を下るとすぐに村田川にでる。この川の堤防上はほとんどが舗装されているが、正式には道路ではなく、車両は通行できないとの看板が出ている。自転車は軽車両であるから本当は通ってはいけないのだろうが、大目に見て貰っている。村田川にでてすぐの所に、道の上に覆い被さるようにピラカンサが伸びている。ちょうど赤い実を付け始めていた(写真、市原市瀬又付近)。
051109 我が家でも以前庭に植えていた。成長が非常に早いのと、鋭いトゲに何度か刺されたのを覚えている。バラ科の常緑低木で、欧州南部、中国が原産。 赤い実の他、黄色い実のものもある。
昨日から「日本晴」が続いている。6時30分、東の空が黄金色に輝いていた。気温5℃、南西の風が吹いている。日が出てきてもなかなか気温が上がらず、10時になりやっと15℃になり出発。今日は、高滝ダム往復とした。前半は完全な向かい風で、ケイデンスがなかなか維持できない。帰りは追い風に乗り快調に飛ばしてきた。
走行距離【80.1】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

ユッカラン

051108b 立冬の翌日の海岸に寄ってみた。人はほとんどいない。砂浜の一番高い所に立派な花が咲いていた。周囲には何の花もない中で、何か威厳さえ感じた。その時は何の花か分からなかったが、帰ってから調べると「ユッカラン」であった。写真は長生郡白子町五井の海岸
051108 「ユッカラン(蘭)」は、竜舌蘭科のユッカ属で、原産はアメリカ、日本へは明治中期に渡来。学名「Yucca gloriosa」の「gloriosa」が「立派な、栄光ある」との意味があり、立派な和名「厚葉君が代蘭」がつけられている。(http://www.hana300.comから) 
朝から一片の雲もない、正に「日本晴」。午後になっても「日本晴」が続いており、気温も23℃まで上がった。
9時、鼠坂80kmコース(10/14のこのブログで紹介)に出発、気温16℃、南よりの風が強い。このコースの目玉は標高100mから30mまで一気に降りる鼠坂。途中、急坂部分でS字にカーブしており、周りは崖と樹木で覆われ、昼でもうす暗い。その上朝露に濡れた路面は滑りやすそうで、ゆっくりと降りるしかなっかった。
走行距離【80.2】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

ガザニア

「2005 Jリーグ ヤマザキナビスコ杯」で「JEF千葉」(正式にはJEF UNITED 市原 千葉)が優勝した。チーム結成以来初めててあり、ファンというほどでもない私だが、地元チームの偉業に拍手を送る。
朝6時、東の空がピンク色に染まっていた。間もなくどんよりとした雲に覆われ、いつ降ってきてもおかしくないような空になった。当然のごとく自転車は休みとする。
走行距離【0.0】km
051102  花が少ないこの時期に道路脇などに元気に咲いている花「ガザニア」。九十九里海岸沿いの家々の門から玄関までの間によく見られる。また、大原九十九里自転車道沿いの花壇にも咲いていた。写真は、長生郡一宮町の国民宿舎「一宮荘」の道路際に咲く「ガザニア」(11/5撮影)。
051102 「ガザニア」は、キク科,ガザニア属で、アリストテレスなどの書物をラテン語に翻訳したギリシャ人「ガザさん」の名前に由来。南アフリカ原産、明治末期に渡来。花の形が勲章に似ていることから別名「勲章菊」。(http://www.hana300.comから抜粋)

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

メランポディウム

051104  最近あちこちで見かけるようになった黄色い花・・・メランポディウムというらしい。生垣の間から顔を出していたり、他の花と一緒に花壇で咲いている。写真は、道路脇の斜面との間に群生していたメランボディウム(市原市磯ヶ谷付近)
051105   「低く茂り、花つきのよいキク科で、目下普及中。葉は対生し、舌状花弁は13枚ほど。本来は多年草で、種によっては黒く太い直根があり、それをリンネがメラン(黒い)ポディウム(足)と命名。-後略-」(10/21朝日新聞「花おりおり」から) 。右の写真は上の写真の一部分。
今日も快晴、とはいうものの土曜日が晴れるのは5週間ぶりのことだ。9時出発、気温16℃、風はほとんど無し。コースはいつもの100kmコースで、目標は昨日と同じ心拍125、ケイデンス90。12時には気温が20℃になり、少し汗をかいた。平均心拍数122。
走行距離【101.0】km
昨夜の中京大小林教授の講演の後、水とミネラルの補給以外に痙攣を起こさないための対策を質問した。運動の前後のストレッチが良いと教えていただき、今日から実践した。まだ結果は分からないが、よく効くような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

サザンカ

051101 「♪ サザンカ サザンカ 咲いたみち 焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き ・・・・ ♪」と歌われる童謡の季節になってきた。柿の木などは葉を落とし始めている。帰り道、サザンカ(山茶花)の花が咲いていた(写真、市原市金剛地付近)。
051101 サザンカはツバキとよく似ているが、秋に咲き、花びらがひとつ一つ散るのがサザンカで、早春に咲き、花がポトリと落ちるのはツバキと覚えている。サザンカの花に蜂がたくさんきていた(右の写真)。
今日は夕方から中京大スポーツ科学系の小林教授の「スポーツと健康」という話を聞きに行くため、自宅近くの周回コースを走ることにする。9時30分出発、快晴、気温16℃、風はほとんど無い。ケイデンス90、心拍125を目標に走り、平均心拍数は124であった。
走行距離【70.1】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

カタクチイワシ

051028  カタクチイワシが獲れているようだ。九十九里ビーチラインを走っていると臭いで分かる。ビーチラインの両側には、イワシを加工す工場がたくさんあり、イワシを塩水で煮たときの排水が臭いの素。加工はカタクチイワシが豊漁の時だけ行われるようだ。写真は煮たイワシを天日乾燥しているところ。「煮干し」とは、文字どおり煮て干すことからだろう。
051002  カタクチイワシは上アゴに比べ、下アゴが極端に短いので、「片口鰯」と呼ばれている。この辺りではセグロイワシと呼んでいることもある。また、目が体に比べ大きいのも特徴だ。右の写真は天日乾燥されている「カタクチイワシ」。
今日も快晴。6時の気温は5℃、無風。9時30分、15℃まで気温が上がってきたので出発。今日は100kmコース(行程は10月28日のこのブログで紹介)に行くことにし、ケイデンス90以上・心拍は最大心拍の70%(125)を目標とした。気温は13時に19℃まで上がり汗ばむ程度、弱い北よりの風が吹き、気持ちよく走れた。平均心拍数は124であった。
走行距離【101.0】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

アメリカフウ

千葉県松戸市には「アメリカフウ通り」という道がある。10年前、松戸に勤務した時、「アメリカフウ通り」という街路標識を見て「アメリカ的な町並みがあるし、それを目指しているんだなー」と思っていた。しばらくして、その近くに「タイワンフウ通り」があるのを見て、「台湾的な・・・」というのは多分無いだろう、と思い調べてみた。両方とも、まんさく科・フウ属の木であり、それを街路樹にしてあったことから通りの名前が付けられたことが判明、一人でクスクス笑ったのだった。写真は今日見たアメリカフウ」、紅葉がきれいだった(千葉市緑区大野台の公園内)
051101 昨日は会合があり、美味しい日本酒を飲んだ。八海山、銀盤、立山、浦霞禅、とそこまでは覚えているが、あとは記憶無し。今朝、少々残っていた。しかし、日本晴れの空と今秋一番の4℃の空気にシャッキとした。9時になっても12℃、10時14℃だったが出発する。北東の風がやや強く、肌寒い。高滝ダムに行くつもりだったが、牛久から東に向かい笠森観音経由で房総丘陵の尾根を通って帰ってきた。このコースは幹線道路から離れているため車の通りも少なく、のどかな山沿いの農道といった感じである。久しぶりに「鼠坂(長柄町船木付近、標高差約70mの急坂)」を登った。
走行距離【70.5】km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »