« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

山茶花梅雨

3日振りにすっきりと晴れ渡った。気温も20℃近くまで上がり、正に「小春日和」。
L・S・Dは、ローディとしてのベーシックな体力を養うのには絶好のトレーニング」と『今中大介のロードバイク テクニック』には書いてある。「最低3時間は乗り込むように心掛けたい。」とも書いてある。きょうは心拍115(最大心拍数の65%)、休憩無しで3時間走ることを目標にスタート。
途中で、年初来の走行距離が10,000kmを越えた
走行距離【71.6】km 、走行時間3時間1分、平均心拍数114、
目標進捗率=累計走行距離10,023.7km/目標10,000km=100.2%
061122b_1 このところ不順な天候が続いていたが、いまごろのこうした雨を「山茶花梅雨」と言うようである。花の少ないこの時期に、山茶花(サザンカ)の花が目立っている。写真は市原市相川付近の養老川沿いの公園で。
061122_1 山茶花の開花時期は、10/10頃~2/10頃。花の少ない晩秋から初冬にかけて、朝夕の冷たい空気に誘われるように咲き出す。 さびしくなった秋、冬の庭にいろどりを添えてくれるありがたい花です。花はとてもよい香り。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

パンク

きのうに続き「南房総ハーフセンチュリーラン」の続報。
鴨川有料道路に入り間もなくすると上りが始まる。約3kmずーっと上り・・・料金所(君津市香木原)を過ぎると香木原林道淵ケ沢奥米林道に入る。きついアップダウンが約5km続く。狭く、暗く、路面が荒れたトンネルも幾つもある。
突然、トンネル内で後輪がゴトゴト・・・パンクである。暗い中でライトの明かりでチューブ取替え。不思議と落ち着いてテキパキと行え、5分以内に完了。バルビエリ「ビジョンエアー」でアッという間にエアーチャージ。空気ポンプを何回も押さなくて済み、これほどありがたく感じたことは無い。
061125_3 そこからトンネルを2つ通って、最後の休憩ポイント「三島湖」に着いた(写真)。三島湖は、小糸川水系に昭和31年に完成した農業専用ダムで、最近はヘラブナつりで人気があるという。
そして、ゴール手前の君津市戸崎からの3.5km(標高差200m強)の上りがキツイ!!足を使い切った後にくるこの上りには、昨年もまいったが、ことしも同じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

大山千枚田

「もみじロード」から「長狭街道(ながさかいどう」(県道34号鴨川保田線、千葉県鋸南町保田から同県鴨川市にいたる道で、通称 長狭街道と呼ばれる。)にでて鴨川方面にしばらく走り、ことしから変更になった昼食場所「大山千枚田」に向かう。
061125_2 ことしの「南房総ハーフセンチュリーラン」の先頭集団には若く人が多く、上りでも相当なスピードである。必死になってその後を追っていく。峠を越え、下っていくと、前方に先頭集団が止まっている。ミスコースしたと言う。再び峠(白石峠)を超え、数km戻り「大山千枚田」に到着。
大山千枚田は、「日本の棚田百選」に選ばれた、鴨川市大山地区に広がる375枚の棚田。東京から一番近い棚田という(写真)。
昼食後は、私の嫌いな上り坂が待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

もみじロード

昨日行われた千葉県サイクリング協会主催の「清和の森サイクリング」は、 「秋のほのぼのサイクリング」(40km)と、「南房総ハーフセンチュリーラン」(82.8km)の2つのコースで行われた。
私は「南房総ハーフセンチュリーラン」に参加した。スタート地点は君津市法木の「ウェルサンピア君津」の駐車場で、標高255m。そこから標高30mのの休憩場所(20km地点)まで一気に下っていく。気温12℃、日の当たらない山道を風を切っていくと結構寒い。
061125_1 休憩後は、志駒川沿いの通称「もみじロード」を南下する。緩やかなアップダウンはあるが気にならない、周りの紅葉がきれいだったせいかもしれない。                       途中、見事な紅葉に臨時休憩(写真)。富津市下沢付近で。
走行距離 91.5km
目標進捗率=累計走行距離9952.1km/目標10,000km=99.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

八手(ヤツデ)

9時の気温12℃、薄い雲をがでているが、まずまずの天気。LSDトレーニングに出かける。ケイデンス80~90、心拍110~120(最大心拍数の62~67%)を目標にペタルを回したが、ケイデンス90を狙ってペタルを回すと、心拍は120を超えてしまう。逆に心拍を目標の範囲内に収めているとケイデンスが80をきってしまう・・・なかなか難しいものだ。
走行距離【102.8】km
目標進捗率=累計走行距離9860.6km/目標10,000km=98.6%
061122b ユッカ蘭の花が終わった九十九里ビーチライン沿いの家の庭に、同じく白い花の八手(ヤツデ)の花が咲き始めた。長生郡白子町五井付近で。
061122 八手(ヤツデ)は、五加(うこぎ)科、ヤツデ属。開花時期は、11/55頃~12/10頃。日陰でもよく育つ。掌状に7~11裂する葉を手に見立てたもの。別名  「天狗の羽団扇」(てんぐのはうちわ)。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

紅葉葉楓(モミジバフウ)

12月号の「funride」に「LSDのススメ」という記事が掲載されている。センチュリーランなどの大会もそろそろ無くなり、オフシーズンとなるが、「冬こそシーズン、長く、ゆっくり乗る」との副題がついている。私も25日の「南房総ハーフセンチュリーラン」で今シーズンの大会は終わるので、これからはLSDにしていくつもり。
きょうは心拍110~120ケイデンス80~90を目標に走ってみた。平均心拍数は120とやや高め、ケイデンスは70台になることがしばしばあった。休憩時間は40km地点でトイレ休憩。
走行距離【66.8】km
目標進捗率=累計走行距離9757.8km/目標10,000km=97.6%
061121b 千葉県松戸市に「アメリカフウ通り」という街路がある。この通りを「米国風」と思っていたが、ある時街路樹の名前であることを知り、納得した。いま紅葉葉楓(モミジバフウ) (別名「アメリカ楓」)の紅葉がきれいだ。千葉市緑区大野台の「大野台中央公園」で
061121 紅葉葉楓(モミジバフウ)は、満作(まんさく)科、フウ属 。北アメリカ原産。大正時代に渡来。楓(「かえで」ともいう)の葉は3裂の掌状だが、紅葉葉楓は葉が5~7裂する。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

南房総ハーフセンチュリーラン

朝から冷たい雨が静かに降っている。この雨、あすまで降り続くとの予報が出ている。
061125 来週の土曜日(11月25日)に行われる「南房総ハーフセンチュリーラン」のルート図とキューシートが送られてきたので、それを基にPCでルート図を作成、GPS(GARMIN PSmap60CS)に転送した。左がそのルート図で、紫色の線がルートとなっている。君津市法木(ほうぎ)のサンピア君津の駐車場がスタート&ゴールの82.8kmのコースである。
昨年とほとんど同じコースだが、図の下側(南)の「大山千枚田」を回るように変更されている。大山千枚田は、「東京から一番近い千枚田」で、農林水産省指定「日本の棚田百選」にも選ばれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

秋の海

9時になっても12℃までしか上がらないが、天気はよさそう。いつもの100kmコースに出かける。途中「東浪見」を回ったため走行距離は110km。
スタート直後は、それほど強い風ではないが南西の向かい風、峠を越し東の方角に進むようになると風向きが変わり北東の向かい風、海岸沿いのビーチラインに出ると北よりの向かい風、有料道路から自宅までは北西の向かい風、といった具合で、きょうは全コース向かい風だった。こういうことは、年に何回かある。
帰着時の気温は15℃と寒い一日だった。
走行距離【110.7】km
目標進捗率=累計走行距離9691.0km/目標10,000km=96.9%
061116 九十九里ビーチライン(県道30号)と大網から来る県道83号が交わる交差点で信号待ちしているとき、ふと海側を見ると夏の間活躍した監視塔が見えた。夏の間この辺りには海の家が立ち並び大勢の人でにぎわっていた場所である。海岸に行ってみると、誰もいない秋の海があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

公孫樹(イチョウ)

おとといは「木枯らし1号」の強い北西の風の中を走ったが、きょうは南西の風が吹いている。「木枯らし1号」よりも強い風だ。
家から逆風となる南西の方角に進路をとった。ハンドル下を持ってなるべく風の抵抗を少なくする姿勢をとり、ケイデンス80を目標にペタルを回した。高滝ダムまで行こうと思っていたが、風が一向に止みそうもないので上総牛久で折り返した。帰りはフロントギアーをアウターにし、快調に飛ばして帰ってきた。
走行距離【74.4】km
目標進捗率=累計走行距離9580.3km/目標10,000km=95.8%
0611_2 上総牛久からゴルフ場がたくさんある北に進むと間もなく、左手に南総運動公園がある。その運動公園の入り口にあるのが、左の写真の公孫樹(イチョウ) 。周りの木々の紅葉はまだまだであるが、この木は見事に黄色になっていて、遠くからも直ぐに分かるほどである。市原市奉免(ほうめ)付近で
0611_3 公孫樹(イチョウ)科、イチョウ属 。中国原産。「公」は祖父の尊称で、祖父が種子をまいても実がなるのは孫の代になることから「公孫樹」。「銀杏」とも書く。「銀杏」は唐音で「インキャウ」と読み、それが「イキャウ」となりしだいに「イチョウ」になった。東京都、神奈川県、大阪府の県の木(公孫樹)。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

菊(キク)

木枯らし1号」が吹いたという今朝9時半の気温は12℃。この秋初めての長袖ジャージとタイツという出で立ちで練習に出発。北西の風が強く(アメダスでは10m/s)体感温度は6,7℃ではないかと感じた。なるべく風をもろに受けにくい道を選んで走った。気温はほとんど上がらず(帰着時12℃)、風もおさまる様子がないので、1時間ほど走った地点で折り返した。
走行距離【52.3】km
目標進捗率=累計走行距離9505.9km/目標10,000km=95.1%
0611b_1 道端や野原に咲く花が少なくなってきたこの時期、の花があちこちで咲き出した。菊といえば黄色の花、というイメージが強い私であるが、案外少ない。家の近くまで戻ってきたとき、畑の脇に黄色の菊が咲いていた。市原市瀬又付近で。
0611_1 菊科、 キク属。開花時期は、10/20頃~12/20頃。東洋で最も古くからある鑑賞植物らしい。平安時代に中国から渡来。改良が重ねられ多くの品種がある。花の盛りは11月だが、冬になっても「残菊、晩菊」というサブネームで咲き続ける。これらはだいたい小菊のことだが、野性味の濃い小菊は寒さには強い。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

SPD&SPDSL

きょう予定していた「南房ハーフセンチュリーラン」(11月25日開催、千葉県サイクリング協会主催)の試走会は中止。前日の午後6時の天気予報の降水確率が40%以上で中止と決めてあった。本日の千葉県南部の降水確率は、6-12時50%、12-18時80%。7時過ぎ雨が降り出し、10時ごろには本格的な降りとなった。
0611spd 寒い季節を向かえ、サイクルシューズとペタルを取り替えた。写真の左側がSPD(Shimano Pedaling Dynamics)で、右側がSPDSL。SPDは靴はSH-RT50で、ペダルはPD-A520、SPDSLはSH-R098AとPD-6610である。
右側の靴は、白い矢印のところに穴が空いている。夏場はそこから空気が入り足が蒸れなくていい。しかし、寒い季節には足が冷たくなってしまう。そこで、左側に替える。この理由以外にもいろいろな面があるだろうが、わたしにとっては寒さ対策が一番の理由である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

山茶花(サザンカ)

旧暦の10月(新暦では11月5日~12月3日-今年)の春のような陽気を「小春日和」という。きょうは気温が25℃まで上がり、正に小春日和であった。レッグウォーマとアームウォーマーを着けて走っていたが、汗ばんできたのでレッグウォーマーを外して走った
あす、25日の「清和の森サイクリング」の「南房ハーフセンチュリーラン」の試走会があり、仲間に入れてもらった。皆さんに迷惑をかけないように、きょうは軽めの練習とした。
走行距離【72.5】km
目標進捗率=累計走行距離9453.6km/目標10,000km=94.5%
0611b 道端に白い花びらがたくさん落ちていた。見上げると山茶花(サザンカ)の大木。花びらが一枚ずつ散るのが山茶花で、花ごとポトリとちるのが寒椿と覚えていたので山茶花だと直ぐに分かった。
0611 山茶花は、椿(つばき)科、ツバキ(カメリア)属 。開花時期は、10/10頃~翌2/10頃。椿(つばき)の漢名(中国名)「山茶花」が、いつの頃からかこのサザンカの名前として間違って定着した。日本が原産地。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

ガザニア

けさは、3℃まで気温が下がった。日が昇るにつれ気温も上昇、9時半には15℃になり、半袖ジャージ、サイクルパンツにハーフスリーブ、アームウォーマー、レッグウォーマーを着けて出発。帰着時の気温は18℃と、ちょうどいいウェアー選択だった。
平均心拍数は122と、まずまずであり、腰痛で苦しんでいたときが夢のようである。
走行距離【104.7】km
目標進捗率=累計走行距離9381.1km/目標10,000km=93.8%
0610b_2 九十九里海岸沿いには「ガザニア」が多い。春先から咲いているものもあるが、長生郡一ノ宮町の国民宿舎「一宮荘」の前のガザニアは秋だけしか咲かないようだ。
0610_4 ガザニアは、菊(きく)科、ガザニア属。 アリストテレスなどの書物をラテン語に翻訳したギリシャ人「ガザさん」の名前に由来。花は、春から秋まで長い間咲く。南アフリカ原産。別名「勲章菊(くんしょうぎく)」。(季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

CYCLE MODE 2006

061104cyclemode2006CYCLE MODE 2006」が、きょうとあした幕張メッセで開催されている。自転車仲間と見に行った。
大勢の人が来ていて、自転車人口はこんなにも多いのかと、ちょっとビックリした。多くの人がお目当ての自転車を試走していた。みんな楽しそうな顔をしてペタルを回していた。
061104colnago きょう私が見た中で一番高い自転車は「COLNAGO ForEver」で、なんと価格は1,785,000円だった(世界限定50台)。写真を撮ったが、あまりの高さにカメラがビックリしたのか写りは良くなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

ユッカ蘭-2-

きのうの天気予報では「曇り」となっていたが、きょう11月3日は「晴れの特異日」、朝のうち出ていた雲も取れ青空が広がった。
気温は9時半で17℃だったが、サイクリングには最適な気温(帰着時でも19℃)だった。ケイデンス90、心拍125をも目標に走った。結果はほぼ目標を維持でき、走行時平均速度も25.3km/hとまずまずだった。
走行距離【107.5】km
目標進捗率=累計走行距離9276.4km/目標10,000km=92.8%
061103b いま九十九里ビーチライン沿いの家々のユッカ蘭がいっせいに咲きだしている。ユッカ蘭は春と秋の2度咲きと言われているが、この辺りでは秋だけに咲くようだ。海岸の砂浜にユッカ蘭が咲くところがあり、行ってみた(長生郡白子町古所の海岸)。
061103 ユッカ蘭は別名「厚葉君が代蘭」と言われており、見るからに高貴である。きょうは「明治節」(明治天皇の誕生日)であり、何かの因縁がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

年間10,000km走破

0610_3 ことしもあと2か月となった。年頭に「年間10,000km走破」の目標をたてたが、上の表は、この10か月間の実績。
6,7月は腰痛のため走れない日が続いた。8月は目標達成のため頑張ったが、その反動か、9月に腰痛が再発した。そして先月は様子をみながら走った。その結果が次のとおりで、年間目標は達成できそうになってきた。
目標進捗率=累計走行距離9,168.9km/目標10,000km=91.7%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »