« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

河津桜(カワヅザクラ)

ロングライドとは、「100km以上走ること」と自分で決めている。
きょうは久し振りに「ロングライド」に行こうと思った。そう思わせたのは、天候のせいだ。この3日間の強い北風と寒さに打って変わって、南よりの風が吹き、気温も高め。ウェアーも防寒ジャケット・防寒タイツから長袖ジャージ・タイツに。
走っている途中で、白子の河津桜ももう満開だろうなー、と思い出す。
走行距離【100.5】km 、走行時間 4時間 13分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 114(最大心拍数の %)
年初来の走行距離 2,344.5km
07022b 今月7日に行った時は、「一輪咲き」だった。一宮から九十九里ビーチラインを北上していくと、道路の両側に河津桜(カワヅザクラ)が満開になっていた。ふだんはほとんど人がいないところに、大勢の花見客がきている。長生郡白子町中里付近で。
070227 河津桜(カワヅザクラ)は、薔薇(ばら)科、サクラ属。南伊豆の河津地方で1955年頃に発見された品種。「大島桜」と「寒緋桜」との自然交配種らしい。 
たしかに花のつぼみの形は「寒緋桜」とそっくり。2月中旬頃から咲き始めることもあるようで早咲きの桜として注目を集める。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

ローズマリー

きのうに比べると暖かいが、北風が強い。3日続けてこんな日が続いている。
きょうも80km休憩なしの“L.S.Dトレーニング”に出かける。この3日間サイクリストの姿を見かけていない。きょうは兎も角、きのう、おとといは土曜、日曜日であり、いつもだったら何人かは見かけるのに、寒さが影響しているのだろうか。
走行距離【80.0】km 、走行時間 3時間 30分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 112(最大心拍数の 66%)
年初来の走行距離 2,244.0km
0702_9 ひと月ほど前から気になっていた花がある。市原市菊間付近の館山自動車道脇に薄紫色の花が咲いている。付近の人が植えたものだろうが、一株だけ花をつけている。きょう写真を撮って、家で調べてみたら「ローズマリー」だった。南房総市丸山に「ローズマリー公園」があり、昨年の「ツール・ド・ちば」2日目の休憩場所になっていた。そのときに花を見たはずだが忘れていた。
0702_10 ローズマリーは紫蘇(しそ)科のハーブ、ロスマリヌス属。地中海沿岸原産。青紫色の小さい花。葉は細長い。芳香あり。薬用、香料用に栽培される。 (「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

赤い鉄橋

気温が5℃を超えないと自転車に乗らないことにしている。これは喉の病気をしてからの自主規制である。
今冬一番の冷え込みと報じていたが、10時半になってようやく5℃となった。防寒ジャケット、防寒タイツ(いずれもマイナス6℃~6℃対応)を身につけ、80km休憩なしの“L.S.Dトレーニング”に出かける。北風が強く、頬が冷たい。「往きはよいよい、帰りは怖い」のとおりだった。気温はほとんど上がらず、北風は一向に止まない。きょうも我慢できず60km地点のラーメン屋に・・・
走行距離【80.1】km 、走行時間 3時間 33分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 106(最大心拍数の 62%)
年初来の走行距離 2,164.0km
070225 上の写真は、市原市二日市場付近の風景、電車は左に進み間もなく「光風台」の駅に着く。養老川に架かる小港鉄道の赤い鉄橋が鮮やかであるが、最近塗り替えたばかり。この景観が市原市の「都市景観賞」に選ばれたと市の広報誌にでていた。この道は私の練習コースで一番多く通る所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

房アカシア(フサアカシア)

先週から首筋や顔に日焼け止めクリームをぬっている。少し油断していたら首の後ろが黒くなっていた。気温は冬だが、陽射しは春である。
朝方になって寒気団が南下してきたようで、10時になっても6℃で北風が強い。でも、練習を休むほどではなく、80km休憩なしの“L.S.Dトレーニング”にでかける。往きは追い風に乗って快調に飛ばしたが、帰りは向かい風に喘ぎながら走った。
走行距離【80.2】km 、走行時間 3時間 29分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 113(最大心拍数の 66.5%)
年初来の走行距離 2083.9km
070221b_1 養老川の堤防の端に植えられている房アカシア(フサアカシア)が黄色く見えたので愛車(TREK 1400)を担いで行って見た。まだ咲き始めであるが、この木、昨年は3月末に満開だった。今年の暖冬は異常と言えるだろう。市原市権現堂付近で
070221_1 房アカシア(フサアカシア)は、豆科、アカシア属。 開花時期は、3/10頃~ 4/10頃。オーストラリア原産。けっこう大木になる。黄色い球形の花がびっしり咲く。別名「ミモザアカシア」。料理で「ミモザサラダ」というのがあるが、トマトの上にタマゴの黄身をこまかくいっぱいかけた様子が、この花びらをふりかけたようすに似ていることから、ということらしい。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

菜の花

けさ右足に軽い痺れを感じた。昨年の7月の腰痛発症以来時々感ずるが大事には至っていない。少し走っていると痺れは無くなった。きょうも「80km休憩なし」の“L.S.Dトレーニング”。いつもと違うコースを帰ってくると、60km地点にラーメン店がオープンしていた。時間も12時過ぎ、ラーメンと餃子を食べた。美味かった。
走行距離【79.3】km 、走行時間 3時間 26分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 112(最大心拍数の 66%)
年初来の走行距離 2,003.7km
070221b 菜の花は群生し、あたり一面黄色になっているのがいい。先日から群生しているところを探していたら、いつも通るコースの対岸に黄色い帯が見えたので行ってみた。養老川の河川敷にたくさん咲いていた。上の橋は柳原橋
070221 菜の花は、油菜科、アブラナ属 。開花時期は、2/1頃~5/5頃。千葉県のホームページには”県の花 なのはな”「正式には決められていませんが、菜の花とされ広く親しまれています」と記されている。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

薮椿(ヤブツバキ)

南西の向かい風が強いなか、高滝ダムを目指す(帰ってからアメダスで調べると6m/s)。往きはほとんどハンドル下を持っての走行。帰りは追い風に乗って、と思いきや風向きが北寄りに変わり期待はずれ。こういう日は、心拍数もケイデンスも目標どうりにはいかない往復80km強を休憩無で走った。
走行距離【82.6】km 、走行時間 3時間 30分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 116(最大心拍数の 68%)
年初来の走行距離 1,924.4km
0702_7 花ごと散る薮椿(ヤブツバキ)が道路脇を赤くしている。花が枯れて色あせ散るるのではなく、咲いている時と同じような色合いで散っている。市原市大坪付近で。
0702_8 薮椿は、椿科、ツバキ(カメリア)属 。開花時期は、1/25頃~5/10頃。日本特産。一般に「椿」といったらこの薮椿を指すようだ。現在はふつう「椿」の字で知られるが、この「椿」の字は日本で作られた字(春に花咲く)。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

夏蜜柑(ナツミカン)

今朝も結氷、降霜あり。ビオラの花がへたり込んでいる。
10時、気温7℃、“L.S.Dトレーニング”に出かける。きょうも「80km休憩なし」の高滝ダム往復コースに向かう。風は北寄りの風で、往きは追い風、帰りは向かい風となる。途中で北東の風に変わり、モロの向かい風となる。
走行距離【82.4】km 、走行時間 3時間 32分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 112(最大心拍数の 66%)
年初来の走行距離 1,841.8km
0702_5 この辺りの農家などの庭には、よく夏蜜柑(ナツミカン)が植えられている。いま黄色(蜜柑色?)の実をたわわにつけた木を見ることができる。市原市新堀付近で
0702_6 夏蜜柑(ナツミカン)は蜜柑(みかん)科、ミカン属。5月頃、白い5弁花が咲く。晩秋にだいだい色の実がなるが、そのまま取らずに翌年の初夏までたつと樹上で熟し酸味が抜けて食べやすくなる。 明治の末頃から「夏みかん」と呼ばれるようになった。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

金柑(キンカン)

氷が張り、霜が降りる寒い朝だった。なかなか気温が上がらなかったが、11時を過ぎると13℃くらいまで上がり、風も弱く絶好のサイクリング日和であった。
このところ“L.S.Dトレーニング”の目標値を「80km休憩なし」にしている。この80kmは、今中大介さんの『ロードバイクテクニック』のなかに書かれているのを参考にしている。
走行距離【80.4】km 、走行時間 3時間 25分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 112(最大心拍数の 66%)
年初来の走行距離 1,759.4km
0702_3 いつも食卓に置いてある蜜柑(みかん)が、きのうは金柑(キンカン)になっていた。食べてみると甘みが少ないし、果肉が少し硬く、そのうえ小さな種が幾つか入っている。栄養価は高いと言うが、私の好みではない。きょう、市原市菊間付近を走っている時、金柑の木が見えたので撮影。
0702_4 金柑(キンカン)は蜜柑(みかん)科、キンカン属。 中国原産。中国の商船が遠州灘で遭難して清水港に寄港した際に、船員が地元の人にプレゼントした砂糖漬けの金柑果実の種から日本で広まった。直径2cmくらいの小型の実がなる。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

金盞花(キンセンカ)

曇り空であるが気温は高め、9時で10℃を超えた。10時前、雲の隙間から太陽が顔を出すほどになってきたので、“L.S.Dトレーニング”に出発。きょう高滝ダム往復のコースとし、最大心拍数の70%程度を目標にペタルを回した。
きのう愛車(TREK1400)の清掃・注油・点検などのメンテを行った。そのせいか、スムースに動く感じがした。
走行距離【80.3】km 、走行時間 3時間 25分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 117(最大心拍数の 69%)
年初来の走行距離 1,679.0km
0702_1 1週間ほど前から金盞花(キンセンカ)の鮮やかな黄色が、家々の花壇や空き地の片隅に目立つようになってきた。写真の場所は、市原市新堀付近。田んぼの南斜面の土手にたくさん咲いていた。
0702_2 金盞花(キンセンカ)は、菊(きく)科、 カレンデュラ属 。地中海沿岸原産。 江戸時代の末に中国から渡来した。オレンジ色が鮮やか。春の南房総でたくさん栽培される。花が黄金色で「盞」(さかずき)のような形から名がついた。(「季節の花300」から抜粋)
写真の金盞花は、主婦の友社の『四季の花図鑑』によると「ホンキンセンカ」とされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

河津桜(カワヅザクラ)

070207 昨年、九十九里ビーチラインの「河津桜(カワヅザクラ)」を見に行ったのは2月25日だった。まだ早くて「一輪咲き」だった。今年の暖冬は異常であるといわれており、昨年より2週間以上早いが、もしかしたら咲いているのでは、と思い九十九里海岸に向かった。
ことしも「一輪咲き(下の写真で見ると2輪咲いていますが・・・)」だった。長生郡白子町の九十九里ビーチラインの両側に植えられている「河津桜」は、どの木にも一輪づつ咲いている。あと一週間もすれば満開か?写真では分かりにくいが、白の矢印のところに一輪咲いている。
走行距離【85.9】km 、走行時間 3時間 37分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 110(最大心拍数の 65%)
年初来の走行距離 1,598.2km
070207_1 河津桜(カワヅザクラ)は薔薇科、サクラ属。南伊豆の河津地方で1955年頃に発見された品種。伊豆の河津地方では河津川沿いに多く植えられる。1月下旬から咲き始めることもあるようで早咲きの桜として注目を集める。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

紅梅

朝から気温が高く、10時には10℃を超えていた。北西の風が吹いていたが冷たく感じない。気温はさらに上昇、すっかりいい気分になり予定のコースを外れ、普段通らない里山のに細い道に入り込む。里山は目には春らしいものは映らないが、春のざわめきのようなものを感じた。
きょうは途中からポタリングになってしまった。でも、ポタリングもまた楽しいものだ
走行距離【75.3】km 、走行時間 3時間 20分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数100 (最大心拍数の 58.8%)
年初来の走行距離 1,512.3km
0702b きのうあたりから「紅梅」が咲き出した。「白梅」より10日くらい遅いようだ。きのう高滝ダムに行ったとき紅梅が咲いていたので撮影。写真は市原市養老の高滝ダムの近くの民家の紅梅。
0702 紅梅は薔薇科、サクラ属。開花時期は、1/25頃~4/5頃。1月下旬から咲き出すもの、3月中旬から咲き出すものなど、さまざま。中国原産。「万葉集」の頃は白梅が、平安時代になると紅梅がもてはやされた。                     
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

高滝ダム

立春が過ぎて、これからが寒さの本番と思っていたら、そのとおり今季一番のマイナス5℃。5℃になるのを待って練習に出発。きょうは気温が高くなるとの予報だったので、防寒ジャケットではなく長袖ジャージにしたが、出発して間もなく「ウィンドレインブレーカー」を着た。
070205 きょうは「高滝ダム往復80kmコース」に行くことにしていた。「高滝ダム」は養老川に建設された千葉県最大のダム。我が家から直線で南南西約30kmの房総半島の中央にある。写真は市原市養老付近のダムの上流から望む
きょうも“L.S.Dトレーニング” 、心拍数110(最大心拍数の65%)を目標に走った。
走行距離【82.2】km 、走行時間 3時間 30分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 110(最大心拍数の 65%)
年初来の走行距離 1,437.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

蝋梅(ロウバイ)

この冬一番の冷え込み。気温は6時で-4℃だった。陽が昇るにつれ気温はどんどん上昇、10時には7℃となり練習に出発。頬に当たる西よりの風は思ったより冷たく、冷たい空気がまだ残っているんだと思いながらペタルを回した。きょうは最大心拍数の65%(私の場合110程度)目標にした、ゆったりとした練習・・・
あちこちで梅の花が咲き、いい香りがしてくる。つられて梅がたくさんあるところに寄り道した。
走行距離【80.3】km 、走行時間 3時間 26分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数 109(最大心拍数の 64%)
年初来の走行距離 1,354.8km
0701_14 市原市奉免(ほうめ)付近を走っていると、黄色い花が目についた。蝋梅(ロウバイ)である。花の少ないこの時期に、特に黄色の花は珍しい。民家の庭先に咲いていたので声をかけたが返事がなかった。道路際から無断で撮影。乞うご容赦。
0701_15 蝋梅(ろうばい)科、ロウバイ属。開花時期は、12/25頃~翌3/15頃。中国原産、日本には17世紀頃に渡来。”蝋細工”のような花から「蝋梅」になったらしい。花の少ない季節なだけにうれしい花である。とてもよい香り。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

薺(ナズナ)

練習に出発して間もなく、南西の風が吹いてきた。風は徐々に強くなり昼前には10m/sを越すような吹き方となった。この風が4日(立春)以降だったら「春一番」だったのに・・・
往路は大部分が向かい風。腰痛後の体調が今ひとつ十分でない身には向かい風が堪えた。
走行距離【70.3】km 、走行時間 3時間 2分(信号・小用・撮影等の停止時間を除く)、平均心拍数113(最大心拍数 の66.5%)
年初来の走行距離 1,274.5km                                   0701_12 先日、市原市権現堂付近の田んぼに薺(ナズナ)の花が咲いているが目に入った。ほんの少しだけだったのでもっとたくさん咲くのを待つことにした。きょうそこが田起こしされていた。薺を探しながら帰ると、館山自動車道の側道脇の斜面に咲いていた。市原市菊間付近で
0701_13 薺(ナズナ)は、油菜科、ナズナ属。開花時期は、1/20頃~5/15頃。風に揺れたときの音から別名 「ペンペン草」、実が三味線の撥(ばち)に似ているから「三味線草」とも。春の七草のひとつ。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »