« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

バーベナ・ボナリエンシス

雲が多く、気温は26℃程度と暑くはないが、東よりの風が強い。ケイデンス90を目標に走ったが、風の影響を受け心拍が高くなった
きょうで6月は終わり。走行データを調べると6月の走行距離は1,452.9km過去最長であった。雨の少ない梅雨と、1日当たりの走行距離が長くなったことによるだろう。
走行距離【100.9】km、走行時間 4時間 1分、信号・撮影・コンビニ昼食等の停止時間22分、平均心拍数126
年初来の走行距離 7,434.1km
0706_6 バーベナ・ボナリエンシスを見ると、この花を「金平糖草」と呼んでいたお袋を想いだす。市原市番場の村田川の土手の下で
0706_7 バーベナ・ボナリエンシスは、熊葛(くまつづら)科、バーベナ属。南アメリカ地方原産。5弁花。晩春から夏にかけて長い間咲きつづける。「バーベナ」の仲間だが、一般的な背の低いバーベナとは、 だいぶ見た目が異なる。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

煙の木(ケムリノキ)

1年前のきょう、腰が痛くて整形外科に行った。それから3か月間は、まともに自転車には乗れなかった。それを思うといまは夢のようだ。
きょうは「梅雨の晴れ間」、ことしの梅雨はこれが多いようだ。ケイデンス90程度を目標にペタルを回した。途中、コンビニで2個入りおにぎりとお茶を買い、縁石に腰掛けて昼食(センチュリーライドのときの昼食は、こういう摂りかたが多い)。
走行距離【106.9】km、走行時間 4時間17分、信号・撮影・コンビニ昼食等の停止時間21分、平均心拍数115
年初来の走行距離 7,333.2km
0706b_4 小用で立ち寄ったお寺さんの境内に、面白い木があった。煙の木(ケムリノキ)という。長南町の長福寿寺で。
0706_5 煙の木は、漆科、ハグマノキ属。「煙の木」っていったい何?と思ってたら、花の時期に、糸状のけむり状のものがボワーッと出てくる。これが「煙」。別名「スモークツリーSmoke tree)」 こちらの方が名の通りがいいかも・・・(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

オキザリス

久し振りの雨のサイクリング。高滝湖の「レイクライン」を走っていた時(走りはじめから50km地点)、霧雨が降り出した。空一面に雨雲が垂れ込めており、湖畔のレストランでの昼食は取り止め、家路を急ぐ。
家まで25kmほどの地点で本降りとなってきた。次第に道路に水溜りができ、後輪が巻上げた泥水が背中からヘルメットに当たる。ずぶ濡れになって帰還。
走行距離【100.9】km、走行時間 4時間 2分、信号・撮影等の停止時間9分、平均心拍数 115
年初来の走行距離 7,226.3km
0706b_3 オキザリスは条件がいいところでは、ほぼ一年中咲いている。その条件とはどんなものかは知らないが、多少の霜には大丈夫だし、夏の暑さにも負けない。本当に丈夫な花だ。市原市新堀付近で
0706_4 オキザリスは、酢漿草(かたばみ)科、カタバミ属。 春から夏にかけて開花。葉は3枚。葉の形は「白詰草(クローバー)」に似ている。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

立葵(タチアオイ)

朝のうちは雲が出ていたが、そのうち無くなり、青空が広がった。気温は30℃以下で湿度は低めと、文句のつけようがない天気。
きょうは、「100km、休憩はコンビニで昼食のみ、ケイデンス85~95」を目標に走った。
きのう、ペタルをSPDからSPD-SLに取替えた。当然靴も替えたが、通気性がいいこと、足のうら全体でペタルを捕らえていることなど、いい感じでペタルを回せた。
走行距離【101.5】km、走行時間 3時間 58分、信号・撮影・コンビニ休憩等の停止時間22分、平均心拍数115
年初来の走行距離 7,125.4km
0706_2 いま、道端のあちこちに立葵(タチアオイ)が見られる。以前は赤紫色が主流だったが、最近はこの白が多くなったように思う。市原市新堀付近で
0706_3 立葵は、葵科、アルテア属。開花時期は、 5/25頃~8月末頃。薬用として渡来した。日本では、平安時代は「唐葵」と呼ばれたが、江戸時代に今の「立葵」になった。(「季節の花300」から抜粋/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

紫陽花(アジサイ)

きょうも快晴、南西の風がやや強いが、サイクリング日和だ。
茂原の「あじさい屋敷」が報じられていたので、コースに組み込み、ケイデンス85~95を目標にペタルを回した。
この3日間で325km走った。9月に行われる「ツール・ド・ちば」は3日間で342kmであるから、距離的には問題はない。同じ日(9/15~9/17)に開催される「ツール・ド・のと」は3日間で430km走らなければいけない・・・
走行距離【112.9】km、走行時間 4時間 30分、信号・撮影・昼食等の停止時間38分、平均心拍数 110
年初来の走行距離7,023.9 km
070620_2 坂を下ると交通整理員が大勢いた。観光バスが狭い駐車場にギッシリ入っている。見上げると山の上まで紫陽花(アジサイ)が咲いていた。茂原市三ヶ谷の「あじさい屋敷」で
070620_1 紫陽花は、雪の下科、アジサイ属。開花時期は、6/1頃~7/15頃。ちょうど梅雨時期と重なる。紫陽花は日当たりが苦手。色がついているのは「萼(がく)」で、花はその中の小さな点のような部分。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

花菖蒲(ハナショウブ)

曇りがちだが雨は降らない、との予報だったが、一日中いい天気で気温も30℃近くまで上がった。
きょうもケイデンス85~95を目標にし、コースは上総牛久から県道81号を南下する「養老川コース」とした。途中「月崎」で「市民の森」の標識に沿って右折、以前行った「菖蒲園」に行ってみた。
走行距離【105.7】km、走行時間 4時間 23分、信号・撮影・昼食等の停止時間 48分、平均心拍数 111
年初来の走行距離 6,911.0km
070619 「いずれ文目か杜若」ではないが、「一初(イチハツ)」「文目(アヤメ)」「杜若(カキツバタ)」「花菖蒲(ハナショウブ) 」の見分けはむつかしい(この順番は花が咲く順)。6月に湿地に咲いていれば「花菖蒲」といって間違いないようだ。市原市月崎の「市民の森」で
070619_1 花菖蒲は、文目(あやめ)科、アヤメ属。開花時期は、6/1頃~ 6/25頃。梅雨の頃の代表的な花の一つ。葉が菖蒲に似ていて美しい花が咲くことから「花菖蒲」。よく開催される「あやめ祭り」の”あやめ”とはこの花菖蒲のことを指すことが多い。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

紅花(ベニバナ)

梅雨入りした後、夏の日が続き「梅雨はどこへ?」とか報じられている。きょうは、梅雨の空模様だが、雨は降らないという。確かに、雲の間に所々青空も見えている。
ケイデンス85~95を目標に100kmコースに出かける。意外と南風が強く一宮までの65kmは向かい風に苦しむ。途中70km地点の白子町のいつも行くラーメン屋で昼食。アサリラーメンを食す。相変わらず美味かった。
走行距離【106.4】km、走行時間 4時間 18分、信号・撮影・昼食等の停止時間 43分、平均心拍数115
年初来の走行距離 6,805.3km
070618b 長南町の長福寿寺(昨年の「ツール・ド・ちば」の初日の休憩所)で「ベニバナ祭り」が開かれていると新聞にでていたので寄ってみた。紅花(ベニバナ)と言えば山形県が有名だが、「ルーツは長南町だということは、意外と知られていない。平安時代、京の朝廷に房総半島から紅花が献じられた・・・」(読売新聞)とのこと。境内は大勢の人でにぎわっていた。長南町の長福寿寺で
070618 紅花は、菊科、ベニバナ属。地中海沿岸、中央アジア原産。6世紀に高句麗(こうくり)の僧侶が日本に紹介し、推古天皇の時代から、紅色の染料をとるための植物として利用した。咲き始めは黄色、しだいに赤っぽく変わる。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

南房総80km練習会Ⅱ

07061680南房総80km練習会」は、これ以上天気のよい日があるのか、と思わせるほどだった。白浜から洲崎までは大島が手に取るように見え、富士山も相模湾に浮かんでいるように見えていた。
昼食は、道の駅「鄙(ひな)の里」 (南房総市市川ー旧三芳村)で、「麦とろ定食」を食した。美味であった。たまたま当日(6月16日)は、「むぎ(6)、とろ(16)の日」だった。
コースは海沿いの道が大部分であったが、コース北側の半島中央の山越えは標高差が100m以上あり、まだ慣れない友人にとってはちょっときつかったかもしれない。
写真は、このコースの西端の「洲崎灯台」
走行距離 80.4km、走行時間 4時間0分
年初来の走行距離 6,698.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

南房総80km練習会

友人が、自転車を始め、7月の「銚子センチュリーラン」にエントリーした。60数kmがこれまでの最長ラン。サイクル誌やwebで見ても、「センチュリーランまでには、最低80kmは走っておきたい」と書かれている。
80km_1  そこで、「MapSource」で作成したルートが左の画像。距離は81.5kmである。
あす友人宅をスタート&ゴールとした「南房総80km練習会」を行う予定。幸い、梅雨の中休み?ちょっと休みが早すぎると思うが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

白蝶草(ハクチョウソウ)

あすから、いよいよ梅雨に入るらしい。今日の晴れは自転車に乗るしかない。
高滝ダムに行こうと出発したが、南西の風が強く、モロに逆風。帰りは楽だろうとペタルを回したが、なかなかケイデンスは上がらない。高滝湖の周回コース「レイクライン」を3周し、湖の畔にできた、夫婦でやっている小さなレストランで昼食をとった。オムライスを食べたが、ドミグラスソースの味が独特で、また食べたくなった。
走行距離【104.3】km、走行時間 4時間 28分、信号・撮影・昼食等の停止時間31分、平均心拍数105
年初来の走行距離 6,618.5km
0706b_2 もう咲いている頃だろうと、寄り道をしてみた。例年と同じ場所に白蝶草(ハクチョウソウ)は咲いていた。市原市新堀付近で
0706_1 白蝶草は、赤花科、 ガウラ属 。北アメリカ原産。夏から、秋10~11月頃にかけて白またはピンク色の花がきれいに咲きます。別名 ガウラ。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)

寒気の居座りによる不安定な天気が続いていたが、きょうは寒気が去りいい天気となった。
120kmコースに行くことにし、ケイデンス85~95を目標にペタルを回した。気温は25℃以上になっていたが、それほど汗をかかず気持ちいいサイクリングだった。
走行距離【121.7】km、走行時間 4時間48分、信号・撮影・昼食等の停止時間43分、平均心拍数115
年初来の走行距離 6,514.2km
0706b_1 赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)の花は、同じ「赤花科ーマツヨイグサ属」の昼咲月見草と良く似ている。花にある赤い筋まで一緒だが、大きさが5,6分の1程度だ。市原市新堀付近で。
0706 赤花夕化粧は、赤花科、マツヨイグサ属。南アメリカ原産、明治時代にアメリカから持ち込まれた。5月から9月頃まで、ピンク色のきれいな4弁花が咲く。 花にある赤い筋が目立つ。夕方に開くことからこの名前に。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

霞ヶ浦一周サイクリングⅡ

070610 朝の天気予報は、霞ヶ浦周辺は9時ごろから昼過ぎまで雨となっていた。
私の「霞ヶ浦一周サイクリング」のエントリーは「フリータイム」(受付・車検が終わればいつスタートしても良いというもので、時間の計測はない)だったので、早めに会場に行き、受付・車検を済ませ、6時28分にスタートした。500人を超す参加者の中で一番のスタート。「一般の部」のスタート(8時30分から9時15分)より2~3時間も早い。結局、誰にも抜かれることなく9時40分にゴール雨はまだ降っていなかった
帰り支度をし、車を走らせていると物凄い雨が降ってきた。多分多くの参加者が雨に遭っているだろう。なにか自分だけうまくいって、悪いことをしたような気持ちだ・・・
写真は霞ヶ浦の出口の常陸利根川に架かる「北利根橋」のたもとで。左側が常陸利根川で奥が霞ヶ浦。
走行距離【81.5】km、走行時間 3時間6分、信号・撮影・CP等の停止時間6分、平均心拍数123
年初来の走行距離 6,392.5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

金糸梅(キンシバイ)

関東地方の梅雨入りの平均日は、きょう6月8日。雲の多い空模様で、所々に黒い雲もある。
ケイデンス85~95を目標に出かける。牛久の先の上空が黒い雲で覆われていた。走っているうちにポツリポツリと落ちてきた。先の方まで黒い雲、急遽引き返した。
あさっての「霞ケ浦一周サイクリング」は雨の予報・・・この時期では仕方がないか。
走行距離【86.6】km、走行時間 3時間 29分、信号・撮影・休憩等の停止時間 時間 10分、平均心拍数 112 
年初来の走行距離 6,311.0km
070608b_2 養老川の土手の道を走っていると、対岸の土手が黄色になっている。土手一杯に金糸梅(キンシバイ)が咲いていた。市原市二日市場の親水公園で
070608 金糸梅は、弟切草(おとぎりそう)科、オトギリソウ属 。開花時期は、6/1頃~7/15頃。中国原産。日本への渡来は1760年頃。黄色が鮮やか。梅雨時に咲き、雨に映える。いっぱいある黄色のおしべを「金の糸」に、5弁の花を「梅」にたとえた。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

霞ケ浦一周サイクリング

Photo_5 10日の日曜日に第13回「霞ケ浦一週サイクリング」に参加する。
コースは、土浦駅近くの霞ケ浦総合公園をスタート&ゴールとし、霞ケ浦を反時計回りに一周する。
送られてきたコース図を基にPCでルート図を作成GPSGARMIN GPSMAP60CS)にデータ転送。
上の画像はそのルート図。紫色の線がルート黄色の矢印がスタート&ゴールの霞ケ浦総合公園。主催者側は一周約90kmといっているが、ルート図を作成した限りでは80km強ではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

麦秋

宮城県センチュリー・ライド」の当日(6月3日)は、地元にもう一泊し、温泉で骨休め・・・そのおかげか、疲れはほとんど残っていない。
きょうの練習は、「80km、最大心拍数の60%程度、休憩なし」のL・S・Dトレーニング。大会の直後の練習としていつもやっている。
走行距離【81.5】km、走行時間 3時間 23分、信号・撮影・小用等の停止時間 13分、平均心拍数104(最大心拍数の61%)
年初来の走行距離 6,224.4km
070605b もう6月になった---歳を取ると月日の流れが本当にはやく感ずる。6月の"時候の挨拶"に「麦秋」がある。いま、まさに「麦秋の候」である。写真は市原市小折付近で。
070605 大麦(オオムギ)は、稲科、オオムギ属。4~5月頃、茎頂に穂を出す。種を食用にする。五穀のひとつ。秋に種子をまき、晩春に収穫する。    別名  「年越草(としこしぐさ)」。                           (「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

宮城県センチュリー・ライドⅡ

きのう「宮城県センチュリー・ライド」に参加し、6時間36分で完走できた。私のセンチュリーランの一番にいい記録であった。
070603cp_2 コースは、福島県側には10~20mの丘越えが幾つかあるが、宮城県側はほぼフラット。天気は一日中うす曇で、気温も20℃どまり、東よりの弱い風が吹いていた。車も少なく、信号も少ないため走りやすかったが、松川浦の直線道路と阿武隈川から名取サイクルセンターまでの直線道路はあまりにも単調だった。写真は松川浦大橋の上で
補給食は、チェックポイントでバナナ2本、乗車中にアミノバイタル SUPER SPORTSを5本飲んだ。水はアクエリアス(500ml)1本のみ。
福島県側からのフルコース参加者は9名だけ、スタートしてすぐに若い人3人が飛び出し、その後を一人での走行となり、ゴールまで誰にも抜かれず、誰も抜かない「一人旅」であった。
走行距離 161.7km(ウォームアップ走行含む)、走行時間 6時間15分、信号・撮影・休憩等の停止時間21分、平均心拍数124
年初来の走行距離 6,142.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »