« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月28日 (火)

無花果(イチジク)

上総牛久付近を走っていた時、ヘルメットの正面に虫がぶつかった。と同時に「痛い!」と声を出してしまった。ヘルメットをとって見たが何もいない。おでこの上を蜂に刺された ようだ。近くの自販機で水を買い、おでこにかけながら休憩。痛みはなかなか取れないが、帰路につく。
帰ってから鏡を見るとおでこの上のほうが腫れていた。
走行距離【66.5】km、走行時間2時間46分 、信号・撮影・休憩等の停止時間16分、平均心拍数111
年初来の走行距離 10,118.3km
070828 いま、無花果(イチジク)の収穫時期を迎えている。市原市権現堂付近で。近くに行っただけで甘いいい香りがしてくる。もっとも、この時期だけでなく、もっと若い時からこの香りはしているが・・・
070828_2 無花果は桑科、イチジク属 。西アジア、アラビア地方原産。江戸の寛永年間に渡来。毎日1個ずつ熟す意の「一熟」が 変化して「いちじく」になったらしい。漢字の「無花果」は、「花が外からは見えないのに実がなる」ということから。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

センチュリーラン笠間Ⅰ

センチュリーラン笠間」が一週間後に迫った。
送られてきたコース図を基にPCでルート図を作成し、GPSGARMIN GPSmap60CS)に転送した。
070902_2  スタート&ゴールは「笠間芸術の森公園」で、スタート後は南下し筑波山の周りを反時計回りに一周する比較的平坦なコース。「笠間芸術の森公園」に戻った後は北上し、那珂川を北端とし反時計回りに一周する。後半には、標高170m~200mの中山峠桜トンネルを越える箇所があり、「上り」の苦手な私には難関である。
走行距離は約155km、制限時間は9時間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

菊芋(キクイモ)

スタート時の気温23℃、何だかんだ言って秋に向かっている。日は出ているが気温は上がらず、2時間ほど快調に飛ばし、平均時速は27km/hと私にしてはいい記録だ。だが、気温が上がってきた後半はバテてしまった。
年初来の走行距離が、1万kmを超えた。ことしは良く走った。
走行距離【100.2】km、走行時間3時間58分 、信号・撮影・休憩等の停止時間28分、平均心拍数112
年初来の走行距離 10,051.8km
0708b_2  夏休み最後の日曜日、九十九里海岸は大勢の家族連れで賑わっていた。その九十九里ビーチライン(県道30号)沿いに菊芋(キクイモ)が咲いていた。長生郡白子町牛込付近で。
0708 菊芋は、菊科、ヒマワリ属。8月頃から10月頃にかけて開花。繁殖力は旺盛。厳密に分けると、7~8月頃開花するのが 「犬菊芋)」、9~10月頃開花するのが「菊芋」。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

露草(ツユクサ)

6時半、気温24℃、霧があり太陽は見えない。その後も雲が多く、結局10時前に帰ってくるまで、太陽はほとんど出ず、涼しいうちに走ることができた。
きょうは午後セミナーに参加するため牛久往復の平らなコースを流した。
走行距離【72.0】km、走行時間2時間54分 、信号・撮影等の停止時間12分、平均心拍数111(最大心拍数の65%)
年初来の走行距離 9,951.6km
0708b おとといの夜中降った雨のせいか、元気になったように見える。田んぼの畔や水路脇に良く見られる露草(ツユクサ)は水が好きなようだ
0708 露草科、ツユクサ属。開花時期は、6/5頃~10月末頃。名前は”露を帯びた草”からくる。朝露を受けて咲き始める。午後になるとしぼんでくる。別名  「蛍草」、「藍花」、「青花」・・・(「季節の花300」から抜粋)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

花虎の尾(ハナトラノオ)

練習にスタートした6時半の気温が23℃、11時過ぎに帰ってきたときは28℃。これまでの猛暑と比べると「天国」のようである。
きょうも「100km無休憩、最大心拍数の65%」を目標に走ったが、いい気候に、ちょっと遠回りしてしまった。
走行距離【114.7】km、走行時間4時間32分 、信号・撮影等の停止時間22分、平均心拍数112
年初来の走行距離 9,879.6km
070811b 花虎の尾(ハナトラノオ)は、耐寒性多年草で毎年同じところに群生する。この場所も毎年咲く。市原市宿の国道409沿いのガードレールと民家の生垣の間で。
070811 花虎の尾は、紫蘇(しそ)科、ハナトラノオ属。開花時期は、 8/5頃~9月末頃。北アメリカのバージニア州原産。大正時代に渡来。「虎の尾」と呼ばれる植物はこれではなく、”サンセベリア”という、固く長い葉っぱの園芸植物。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

稲刈り

6時の気温が28℃と、ことし一番暑い朝。早めに食事を済ませ、練習に出発するが、南西からの熱風がかなり強い。
気温が高くならないうちに切り上げようと、「3時間、休憩無し、最大心拍数の65%」を目標にペタルを回した。兎に角暑く、アクエリアス500mlを2本飲んだ。
走行距離【71.1】km、走行時間3時間1分 、信号・撮影等の停止時間10分、平均心拍数115(最大心拍数の67%)
年初来の走行距離 9,764.9km
070822 一週間振りにいつもの練習コースを走ってみたら、稲刈りが始まっていた。刈り取られている田んぼもあちこちにある。市原市山田付近で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

痙攣

070819 「若い時は、翌日に出るが、年を取ってくると翌々日に出る」とは、筋肉痛について巷で言われていることだが、本当だと思う。日曜日の「とよはしとよねサイクルマラソン」の筋肉痛が、きょう(火曜日)になって出てきた。何度も痙攣を起こした太ももの前側「大腿四頭筋」が痛い。
ことし、これまでに参加した100km以上の大会は次の6つ。
①東京センチュリーライド(126km)
②センチュリーラン埼玉(160km)
③宮城県センチュリーライド(160km)
④銚子センチュリーラン試走会(160km)
チーム大王合宿(松本⇔白馬180km)
とよはしとよねサイクルマラソン(156km)
このうち痙攣を起こしたのは、⑤、⑥の2つ。この2つは「総上昇量」で1,2位(1,514m、1,224m)となっており(ちなみに3位は④の888m)、私の「上り」に弱いことが証明された訳だ。
写真は、「とよはしとよねサイクルマラソン」の折り返し付近の「大入川」。この下流の「みどり湖」を経て、天竜川に合流する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

とよねとよはしサイクルマラソン

きのう「とよはしとよねサイクルマラソン」に参加した。                     標高差約600mのこのコースを、完走することができるか?非常に不安であった。
070819 案の定、急な「上り」が続くと足に痙攣を起こし、自転車を降りストレッチをしたり、休憩を取ったりした。最高地点に着くまで3・4回はこうした休憩を入れながら進んだ。
折り返してからは、下りが多く順調であったが、残り30km程からは南よりの向かい風と、暑さに悩まされ、ほぼ平坦な道にもかかわらず痙攣を起こしそうになり2・3回自転車を降り休憩した。
兎も角、どうやら完走でき、ホッとしている。
写真は、折り返し地点の北設楽郡豊根村の「大入の郷」で。
走行距離 156.0km、走行時間6時間44分 、信号・撮影・休憩等の停止時間1時間16分、平均心拍数137、総上昇量1,224m
年初来の走行距離 9,693.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

芙蓉(フヨウ)ピンク

私の「朝練」は5時半ごろ起床、朝食を摂って6時半出発というものだったが、けさは朝食を摂らずに6時に出発した。アミノバイタル スーパースポーツを出掛けに1本、30km地点で1本飲んだが、後半になるとなんとなく力が入らない。いわゆる「ハンガーノック」というやつである。やむを得ず途中で帰還。
走行距離【70.6】km、走行時間3時間0分 、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数112
年初来の走行距離 9,537.8km
070815pb 市原市磯ヶ谷の県道13号と競輪選手がよく練習している直線道路との交差点で信号待ちをしていた時、民家の生垣と歩道の間にピンク色の芙蓉(フヨウ)が咲いているのが目に入った。なんとなく気品がある花に、思わず自転車を降り、カメラを向けた。
070815p 芙蓉は、葵(あおい)科、フヨウ(ハイビスカス)属。開花時期は、8/1頃~10/5頃。昔から美しい人のたとえに用いられている花で、美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」という。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

朝顔(アサガオ)

きのう、来週の日曜日(19日)の「とよはしとよねサイクルマラソン」に備え愛車(TREK1400)の整備をした。少し早かったが(走行距離4,000km強)、タイヤ・チューブを新品に取り替えた(MICHELIN PRO2 Race・パナレーサーR AIR)。
けさ、雨がパラパラと降っていた。すぐに晴れてきたが、湿度が高く蒸し暑い。6時半L・S・Dトレーニングに出発、晴れ、気温27℃。高滝湖のレイクラインを2周する100kmコースに向かう。暑い→アクエリアスを飲む、暑い→アクエリアスを飲むの繰り返しで500mlを3本飲んでしまった。 
走行距離【100.3】km、走行時間4時間15分 、信号・撮影等の停止時間18分、平均心拍数111、
年初来の走行距離 9,467.2km
070813b 朝8時前にここに来た。ビニールハウスのパイプにたくさんの朝顔(アサガオ)が咲いていた。でも閉じかかっている花が多い。市原市土宇付近で。
070813 朝顔は、昼顔(ひるがお)科、サツマイモ属。開花時期は、7/10頃~10/10頃。中国原産、平安時代に日本に渡来した。朝のうちだけ開花。日陰にある場合は夕方頃まで咲き続けることもある。「朝顔 = 朝の美女」の意味だそうです。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

稲穂

きのうは二日酔いで起きれず、完全休養日となった。
おとといの夜の会合では、店に到着するなり生ビールをジョッキで2杯、美味しい日本酒を冷で飲って出来上がった頃、4升位入りそうな大きな瓶に入った泡盛の差し入れがあり、今度はロックでグイグイ・・・飲みすぎた。若い時なら兎も角、歳を考えなくては、反省!!
きょうは「100km休憩なし、最大心拍数の65%程度」を目標にL・S・Dトレーニングに出かけた。9時過ぎになると気温が30℃を越え結構きつかった。
走行距離【106.7】km、走行時間4時間16分 、信号・撮影等の停止時間22分、平均心拍数110
年初来の走行距離 9,366.9km
0708b いい天気が続いたせいか、稲穂が実り、田んぼの色が黄色くなってきた。今月下旬になると早い田んぼでは稲刈りが始まり、このあたりも9月上旬までに稲刈りが終わるだろう。市原市君塚付近で
0708 稲科、イネ属。このあたりの稲の品種は、コシヒカリが多く、「千葉のコシヒカリ」「市原のコシヒカリ」といった名前が付けられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

ルドベキアタカオ

きょうも「上り」の「朝練」。6時半出発、快晴、気温25℃、南西の7~8m/sの風が吹いている。。
コースの中で一番キツイ坂は、秋元牧場の手前で、標高80m~100mの間。ギアを30×21Tにしてやっと上っていける。コースを熟知しているため、「あのカーブを曲がれば上りは終わりだ」と分かっているので頑張れるが、カーブを曲がってもまだまだ上りが続くとしたら、自転車を降りてしまうかも・・・
走行距離【57.5】km、走行時間2時間20分 、信号・撮影等の停止時間5分、平均心拍数116、総上昇量615m
年初来の走行距離 9,260.2km
0708b フェンス脇などに植えられていて、群生しているところはメランポジュウムと似ていて見事。長生郡長柄町味庄付近に生えていたルドベキアタカオ
0708 ルドベキアタカオは、菊科、オオハンゴンソウ属。北アメリカ原産。明治中期に渡来。夏から秋にかけて開花。花は大小あり。「タカオ」という種類の花は、花びら8枚で花の真ん中がこげ茶色。「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

芙蓉(フヨウ)

気温が30℃を超えるのが朝の9時過ぎ。それまでに練習を終わらせれば、での練習はは不要(きょうは立秋、残暑の中と言うべきだろうか)、というのが朝練の効用か・・・きょうも「上り」の練習、「大仏通り」「うぐいすライン」「秋元牧場」「鼠坂」を回るコース。もうコースをすっかり覚えているので走りやすいが、「とよはしとよねサイクルマラソン」のコースは初めてであり不安は多い。
走行距離【57.3】km、走行時間2時間30分 、信号・撮影等の停止時間7分、平均心拍数112、総上昇量612m
年初来の走行距離 9,202.7km
070808b なんとなく気品がある花である。芙蓉(フヨウ)という言葉の響きからかも知れないが、子供の頃からそんなイメージで捉えていたように思う。市原市市場付近の農家の庭先に咲いていた。
070808 芙蓉は、葵(あおい)科、フヨウ(ハイビスカス)属。開花時期は、8/1頃~10/5頃。昔から美しい人のたとえに用いられている花で、美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」という。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

荒地待宵草(アレチマツヨイグサ)

きょうはL・S・Dトレーニングに出かけた。6時半、快晴、気温は24℃とここ2,3日に比べ低め。「心拍数は最大心拍数の65%、4時間休憩なし」を目標に走った。9時頃までは比較的涼しく走りやすかったが、それ以降は暑く、給水が多くなり合計で500mlペットボトル3本を飲んだ。
走行距離【99.5】km、走行時間4時間2分 、信号・撮影等の停止時間17分、平均心拍数111(最大心拍数の65.3%)
年初来の走行距離 9,145.4km
070807b 正式には荒地待宵草(アレチマツヨイグサ)と言うらしいが、確かに空き地や土手などに良く見られる。市原市押沼付近の村田川の土手で
070807 待宵草(マツヨイグサ)は、赤花(あかばな)科、マツヨイグサ属。開花時期は、7/10頃~10/15頃。北アメリカ原産。夕方、宵になるのを待つようにして花が咲く。 また、野性化していて荒地などに多い。これが名前の由来(荒地待宵草)。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

百日紅(サルスベリ)

6時半、晴れ、気温25℃、風はほとんど無し。今日も朝練。きのうと同じ「上り」のコース。この程度の練習で、多少でも効果があるのかは分からないが・・・
「大仏通り」の長い下りで、競輪選手の一団とすれ違った。急な上りをグイグイとペタルを回している。
走行距離【57.1】km、走行時間2時間30分 、信号・撮影等の停止時間13分、平均心拍数116、総上昇量613m
年初来の走行距離 9,045.9km
0708b 秋の花に切り替わるこの時期は、咲いている花は少ない。そんな中で百日紅(サルスベリ)は元気に咲いている。長生郡長柄町山之郷付近で。
百日紅は、禊萩(みそはぎ)科、サルスベリ属。開花時期は7/15頃~10/15頃。中国原産。「約100日間、ピンクの花を咲かせる。」のが名前の由来。「猿滑」とも書く。 ”幹がスベスベで、猿も登れない”ところから。           (「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

メランポジュウム

きょうも朝練。6時半、晴れ、気温26℃。きのうとほぼ同じコースで「上り」の練習。日曜日の所為か、多くのサイクリストに会った。「うぐいすライン」では、どこかのチームだろう、数名が一団となって素晴らしいスピードで坂を上っていった。
走行距離【57.4】km、走行時間2時間30分 、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数120、総上昇量610m
年初来の走行距離 8,988.8km
0708b 長生郡長柄町山根(やまんね)付近の道路脇に植えられていたメランポジュウム
0708 メランポジュウムは、菊科、メランポジウム属。メキシコ周辺が原産地。日本に紹介されたのは1990年頃。夏から秋まで咲き続ける。夏の暑さに強い。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

白粉花(オシロイバナ)

6時半、気温26℃、日本海を進む台風5号に向かって非常に強い南西の風が吹いているが朝練に出発。きょうも「上り」の練習で、県道128→「大仏通り」「うぐいすライン」秋元牧場のコースだが、牧場から県道14(茂原街道)を下り、「鼠坂」を上った。このため上昇量が多少増えた。
走行距離【57.2】km、走行時間 2時間35分、信号・撮影等の停止時間10分、平均心拍数122、総上昇量656m
年初来の走行距離 8,931.4km
070802 昼間見るといつもしぼんでいる白粉花(オシロイバナ)。朝練をするようになって、咲いている花を見ることができる。帰りも通る道だが、往きに撮影。長生郡長柄町上野付近で。
070802_2 白粉花(オシロイバナ)科、オシロイバナ属 。開花時期は、6/25頃~10月末頃。メキシコ原産。江戸時代に渡来。熟した黒く固い種をつぶすと白粉のような”白い粉”が出てくる。名づけ親は江戸時代の博物学者、貝原益軒。「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

とよはしとよねサイクルマラソン

19日に開催される「第1回とよはしとよねサイクルマラソン」にエントリーした。愛知県豊橋市の岩田運動公園をスタート&ゴールとし、北設楽郡豊根村役場を折り返しとする約160kmのコースである。
0708_2 きのう送られてきたコース概略図を基に、PCでルート図を作成しGPSGARMIN GPSmap60S)に転送した。左の図は、その全体図図をクリックすると大きくなります)。
このコースの最高地点は「太和金(たわがね)峠」で標高が600m近くある。                「上り」が嫌いで、いままで300m程度の峠しか越えたことがない私が、はたしてここを完走できるのか?  自信はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

向日葵(ヒマワリ)

明け方に雨が降ったようだが、青空が広がりいい天気となった。
きょうも朝練に出かける。路面がまだ濡れていて、「源入坂」のカーブでブレーキを掛けたら横滑りした。山道は危ないと判断、平坦路のL・S・Dトレーニングに変更する。
平均心拍数110(最大心拍数の65%)、4時間休憩無しを目標にペタルを回す。
走行距離【100.2】km、走行時間4時間12分 、信号・撮影等の停止時間16分、平均心拍数109(最大心拍数の64%)
年初来の走行距離 8,874.2km
070802 8月の花と言えば「向日葵(ヒマワリ)」というイメージが強い。養老川の河川敷に作られた小道「山田フラワーロード」(市原市山田)に咲く向日葵。
070802_2 向日葵は、菊科、 ヒマワリ属。開花時期は、7/10頃~ 9/10頃。北アメリカ原産。16世紀にイギリスに伝わり、「太陽の花」と呼ばれ始めた。オランダ人画家ゴッホが好んで描いた花の一つ。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

バーベナ

きょうから「朝練」。6時半、気温22℃、霧がかかっている。
きょうも{上り」の練習。県道128、「大仏通り」「うぐいすライン」を国道409まで行き、409から低い峠を越え県道13へ。このコースの最高地点(標高115m程度)の秋元牧場を通り帰宅。100m以上の峠を5つ越えたことになる。
走行距離【55.9】km、走行時間2時間17分 、信号・撮影等の停止時間14分、平均心拍数109、総上昇量575m
年初来の走行距離 8,774.0km
0708b 交差点で信号待ちをしていた時、道端にバーベナが群生しているのに気がつき自転車を倒して撮影した。市原市喜多(きた)付近で。
0708 バーベナは、熊葛(くまつづら)科、バーベナ属。南アメリカ地方原産。背が1mぐらいの高さになって枝先に紫色の小花がいっぱい咲くのは「バーベナ・ボナリエンシス」と呼ぶ。同じ「バーベナ」の仲間だが一般的な背の低いバーベナとはだいぶ見た目が異なる。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »