« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

ガザニア

きょうは、「ケイデンス85~95の維持」を目標に走った。平坦な道では維持できるが、上りや向かい風になるとすぐに70台に落ちてしまう。ギアを落として維持しようとするがなかなかむつかしい。ケイデンス維持のため一所懸命ペタルを回した。
きのう、きょうと晴れたと思ったら直ぐに雲が出てくるというはっきりしない空、スカッとした秋の空にならないものか・・・。
走行距離【110.7】km、走行時間4時間33分 、信号・撮影・休憩等の停止時間22分、平均心拍数118(最大心拍数の69%)
年初来の走行距離 12,474.2km
0710b 九十九里海岸沿いの「九十九里ビーチライン(県道30号)」には、自転車道が併設されている。その道路脇に今の時期多く見られるのが「ガザニア」。白子町五井付近で。
0710 ガザニアは、菊科、ガザニア属。春から秋まで長い間、オレンジ色、黄色などの花が咲く。南アフリカ原産。明治末期に渡来。晴れた日の日中にのみ花開く。別名  「勲章菊」、花の色や形が勲章に似ている。 (「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

ぼっち

9時の気温が22℃と高く、勿論、半袖ジャージにサイクルパンツという出で立ちで「100km、最大心拍数の65%、無休憩」のL・S・Dトレーニングに出かける。南西の風が強く、雲の流れも速いが、降ることはなかった。きのうの「上り」の疲れもなく、まずまずの走りができた。
走行距離【100.5】km、走行時間4時間9分 、信号・撮影等の停止時間12分、平均心拍数110(最大心拍数の64.7%)
年初来の走行距離 12,367.3km
0710 房総半島北部の下総台地(しもうさだいち)では、いま写真のような風景が見られる。千葉市緑区平川町付近で。
掘り起こされた落花生(ピーナッツ)を高さ2m、直径1mほどに積み上げ、藁で屋根をつける。これが「ぼっち」と呼ばれているもの。こうした状態で北風に当て、1か月ほど乾燥させると、落花生に油がのって甘く美味しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

清和の森サイクリング-2-

台風一過の青空の下、「清和の森サイクリング」のスタート地点に向かう。試走会の参加者は2人だけで、きょうは「60kmコース」の試走をやるという。
07102860km 左図は、きょう走ったルートの軌跡青い点線=クリックすると大きくなります)。スタート地点(県立清和の森公園内=標高170m)から反時計回りに回るコースで、最高地点はゴール手前前の淵ヶ沢林道の264m。上り下りが多いコースである。
きのうの台風で木の枝や葉が道路上に散乱しており、特に香木原(かぎはら)林道や淵ヶ沢林道では、路面が乾いていないため滑りやすく走り難かった。
走行距離【62.6】km、走行時間3時間6分 、信号・休憩等の停止1時間30分、平均心拍数120(最大心拍数の70%)、総上昇量786m
年初来の走行距離 12,263.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

清和の森サイクリング-1-

台風20号が突如発生して、房総半島沖を通過するようだ。きのうに続ききょうも朝から雨が降っており、時折強く降る。あすの台風一過の快晴を信じ、愛車「TREK1400」の整備をし、車に載せた。あすは君津市豊英付近の県立清和の森公園に車を置き、11月23日の「清和の森サイクリング」(千葉県サイクリング協会主催)の試走会に参加するつもり。
0711100km_2  この大会、ことしからコースが大幅に変更になり(上図参照,紫色の線がコースでスタート地点から反時計回りに回る距離も100kmに伸びた上(60kmのコースもある)、5つの峠越えがある総上昇量2,000mを超えるコースのようだ。あす試走(完走できるか?)してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

ピラカンサス

昨年の「沖縄本島一周センチュリーライド」の体験談をWebで見た。なんと、第1日目の走行距離は189.3km。走りきることが出来るだろうか? 「昨年は佐渡一週210kmを走れたんだから大丈夫」、と自分に言い聞かせている。
きょうは、「100km、最大心拍数の65%~70%、無休憩」のL・S・Dトレーニング。コースはいつもの高滝湖レイクライン2周の100km。東よりの強い風が吹いていたが、ペタルを回し続けた。
走行距離【100.9】km、走行時間4時間5分 、信号・撮影等の停止時間15分、平均心拍数117(最大心拍数の69%)
年初来の走行距離 12,200.4km
071024b ピラカンサスの赤い実が目立つ時期となった。「火のような真っ赤な・・・」と形容されるが、本当だ。市原市瀬又の村田川の土手に生えているピラカンサス。
071024 ピラカンサスは、薔薇科、トキワサンザシ属。Pyracantha(ピラカンサ)は、ギリシャ語の「pyro(炎)+ acantha(刺)」が語源。開花時期は、  5/10頃~5月末頃。花は白。花よりやはり、秋になる実が目立つ。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

ユッカ蘭

ツール・ド・おきなわ2007」開催まであと18日となった。私は「沖縄本島一周走破コース 1泊2日(313km)」にエントリーした。2日で313kmということは、2日続けてのセンチュリーライドと同じだ。
「おきなわ」に備えすこし長い距離を乗っておかねばと、きょうの目標は走行距離120km、ケイデンス85~95とした。快晴とはいかなかったが、気温は21℃まで上がりサイクリング日和。昼食はコンビニでおにぎり2個とお茶を買い、コンビニの駐車場に座り込んで食べた。足が良く回り、ほぼ目標どおりに走れた。
走行距離【121.1】km、走行時間4時間48分 、信号・撮影・休憩等の停止時間28分、平均心拍数122(最大心拍数の72%)
年初来の走行距離 12,099.5km
071023b もう咲く頃だろうと海岸に行ってみた。このユッカ蘭は遠くから見ても立派な花だ。非常に大きな株で、毎年秋に花をつける。白子町古所の古所海水浴場で
071023 ユッカ蘭は、竜舌蘭(りゅうぜつらん)科、ユッカ属。開花時期は、5/25頃~6/15頃(二度咲き→ 9/25頃~11/25頃)。アメリカ大陸原産。日本へは明治中期に渡来。別名  「厚葉君が代蘭」。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

背高泡立草(セイタカアワダチソウ)

昨夜の雨が上がり秋晴れの空を期待していたが、なかなか雲がとれず、11時頃になりやっと晴れてきた。
きょうは最大心拍数の70%程度を目標に、高滝ダムコースに向かう。ダムの周回コースを回っていると、湖面にボートを浮かべている釣り人が多く見られた。気温は20℃まで上がりいいコンディションであった。
走行距離【101.1】km、走行時間4時間1分 、信号・撮影等の停止時間10分、平均心拍数123(最大心拍数の72.4%)
年初来の走行距離 11,978.4km
071020 土手や荒地などで薄(ススキ)と背高泡立草(セイタカアワダチソウ)の陣地争いが行われている。これらの場所にはこの2つの植物以外は生育できないかのようだ。市原市小折の西広橋付近で。
背高泡立草は、菊科、アキノキリンソウ属。開花時期は、10/1頃~11/20頃。北アメリカ原産の帰化植物。戦後、各地で大繁殖。花を、酒を醸造するときの泡立ちに見立ててさらに背丈が高いので「背高泡立草」。秋の花粉症の原因にもなっている。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

千日紅(センニチコウ)

6時の気温が11℃と、この秋一番の冷え込み。こういう日は天気がよくなる。
9時、晴れ・気温17℃・やや強い北の風、最大心拍数の70%を目標に上総牛久→長南町→睦沢町→一宮町→九十九里ビーチライン→東金九十九里道路を通る110kmコースに出発。帰還時の気温が19℃と、低い状態が続き、それほど汗もかかずに走り終えた。昼食はコンビニでおにぎり2個。
走行距離【110.1】km、走行時間4時間25分 、信号・撮影・休憩等の停止時間22分、平均心拍数118(最大心拍数の69.4%)
年初来の走行距離 11,877.3km
0709b 紅色の鮮やかな色だったので「何の花だろう?」と道路の向かい側に渡ってみた。長南町地引の東小学校の入り口にたくさん咲いていた千日紅(センニチコウ)
0709 千日紅は、ひゆ科、センニチコウ属 。熱帯アメリカ地方原産。17世紀に渡来。夏から秋まで長い間、紅色が色あせないことからこの名前に。色あせないことから、ドライフラワーによく用いられる。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

薄(ススキ)

2日前は、半袖ジャージにサイクルパンツという出で立ちだったが、きょうはアームウォーマー・レッグウォーマを着けてた。6時に気温は14℃、9時に18℃まで上がったが、暑い雲が垂れ込めこれ以上にはならなかった。
きょうも「80km、最大心拍数の65%程度、休憩無し」のL・S・Dトレーニング。曇天の空はやる気が高まらない。後半だらけてしまった。
走行距離【80.4】km、走行時間3時間25分 、信号・撮影等の停止時間14分、平均心拍数105(最大心拍数の62%)
年初来の走行距離 11,767.2km
0710 いま、空き地や川の土手などに薄(ススキ)が威張っている。これを見るともう直ぐ寒くなるんだなぁーと、わびしい気持ちになるが・・・私だけだろうか。市原市新堀付近で。
は、稲科、ススキ属。秋の月見のおそなえとして欠かせないもの。屋根材のほかにも、炭俵用、家畜の飼料用などとしてもよく利用される。別名  「尾花(おばな)」花穂が獣の尾に似ていることから。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

蕎麦(ソバ)

「しものせき サイクルマラソン 2007」のあと田舎で不幸があり、帰郷していた。
きょうは久し振りのサイクリング。雲が多いが気温は20℃を超え、コンディションはいい。「80km、最大心拍数の65%程度、休憩無し」を目標にL・S・Dトレーニング。半袖ジャージ、サイクルパンツで走れるのももう少しの間だけだろう。
ことしのサイクリング大会への参加も11月の「沖縄本島一周センチュリーライド」と「清和の森サイクリング」の2つとなった。幸いこれまで、膝痛・腰痛といった体の故障や、パンク等の自転車のアクシデントもない。
走行距離【81.8】km、走行時間3時間15分 、信号・撮影等の停止時間14分、平均心拍数108(最大心拍数の64%)
年初来の走行距離 11,686.8km
0709b 千葉県では、蕎麦(ソバ)はあまり栽培されていないようだ。私の練習コースで目にするのも1~2か所だけ。写真の場所では、毎年のように蕎麦が作られている。市原市新堀付近で。
0709 蕎麦は、蓼(たで)科、ソバ属。中央アジア原産。縄文時代より前に渡来した。”稜(そぱ=角)のある麦”から「そば」になった。花は夏~秋に咲く。白またはうすいピンク色。実は三角形で黒くなる。中は白い粉。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

しものせきサイクルマラソン-2-

7日の日曜日、「しものせき サイクルマラソン 2007」に参加した。台風15号の影響があるのか、曇り空で南東の強い風が吹いている。
071007 8時から5人ずつ20秒間隔でスタート。私は5分後くらいにスタートした。前半は響灘沿いの道を北上、時折海岸の道を走る、ブルーラインと言われるところで、アップダウンも少なく追い風もあり気持ちよく走れた。写真は、コースの北端に近い角島大橋のたもとで(下関市附野付近)。
後半は内陸の山間部の緑豊かなグリーンラインと言われるところで、ややアップダウンがある。最後の休憩地点(標高20m程度)を過ぎると上りが始まる。ダラダラとした上りが続き、標高120mを過ぎると最後の急勾配の坂となる。しかし、深坂峠の頂上は標高160mであり、直ぐに上りきり、後はゴールまで豪快なダウンヒル。
ゴールすると、「ふく鍋」が待っていた。美味しく頂いた。深坂峠の手前辺りから雨がポツポツと降っていたが、ゴール後強くなってきたので、早々に帰路に着く。
走行距離 127.0km、走行時間5時間15分、信号・撮影・休憩等の停止時間47分、平均心拍数135、総上昇量890m
年初来の走行距離 11,605.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

黄花コスモス

愛車(TREK1400)のコンポを取り替えてからの走行距離が2万kmを超えたので、バイシクルセオ アリオ蘇我店に定期点検に出した(私は5,000kmごとに点検してもらっている)。今回はBBの分解点検やディレイラー点検などのほかチェーン、ワイヤー、バーテープの交換も行った。年を取ってから始めた自転車のため「私、乗る人・・・」と割り切っている。 
点検後初めて乗るのが「しものせきサイクルマラソン」ではいけないと思い、天気はよくなかった出かけた。ディレイラーの調子も、ブレーキ等も快調で、土田店長の腕はかなりのものと感心。
きょうも「80km、最大心拍数の65%程度、休憩無し」のL・S・Dトレーニング。気温が20℃を下回っていたため、レッグウォーマー・アームウォーマを着けた。
走行距離【80.1】km、走行時間3時間15分 、信号・撮影等の停止時間13分、平均心拍数114(最大心拍数の67%)
年初来の走行距離 11,447.4km
0709b 市原市海士有木(あまありき)の道路沿いの土手に黄花コスモスが咲いていた。
0709 黄花コスモスは、菊科、コスモス属 。メキシコ原産。6~10月頃開花。コスモスの仲間で、花色が黄色かオレンジ色なのでこの名前になった。葉っぱはコスモスより太くギザギザ(コスモスの葉は線状)。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »