« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

14,480km

0607_2 上の図は、昨年(06年)とことし(07年)の月別走行距離(km)である。
年間の走行距離は14.480km。自転車に乗った日数は158日(1か月平均13日)、1日平均の走行距離は91.6km。気ままな年金生活者だから、と言われるかもしれないが兎も角よく走った・・・
昨年は、腰痛発症により6,7月は走れない日が続き、9月も再発した腰痛のため練習を休んだ日が多かった。
ことしは身体の故障もなく、1~12月までのすべての月の走行距離が1,000kmを上回った。また、各地のセンチュリーライドなどへの参加は13大会、走行距離は2,035kmであった。
08年は、どう走るか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

ペニーイエローフロスト

今冬一番の寒さだろう。8時なっても気温はマイナス2℃。
気温が5℃になるのを待って出かける。あしたからぐずついた天気との予報があり、ことしの「走り納め」となるだろう。「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングで、コースは高滝ダム往復。
気温は10℃に届かなかったが、風はほとんどなく穏やかな晴天のなかペタルを回した。
走行距離【81.6】km、走行時間3時間36分 、信号等の停止時間14分、平均心拍数105(最大心拍数の62%)
年初来の走行距離14,480.0km
0712 道端の花が一年で最も少ない時季、私の育てているビオラを紹介している。ことしは「サカタのタネ」の“ペニーシリーズ”。曰く「ユニークな花色の早咲き小輪種」。
秋の気温がなかなか下がらず(発芽の適温は15~20℃)、昨年より10日遅れの9月23日に種を蒔いた。
3番目に咲いたのは「イエローフロスト」(12月19日開花)。「ホワイト」と同じではと思ってよく見た。カタログには「花弁にくっきりした黄色のブロッチ」と書かれているが、まだ「くっきり」とはしていない(ブロッチとは“模様”のことらしい)。そのうちくっきりとしてくるのかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

ホワイト

このところのサイクリングは、長袖ジャージ・タイツ・ベストという出で立ちに、ウィンドヤッケをサドルバッグに入れているが、最高気温が10℃を下回ってくるとウェア選択に悩む。
けさは気温の上がりが鈍く、10時になっても6℃。防寒ジャージに防寒タイツという真冬用のウェアーで「坂(上り)の練習」に出かける。上りになると、さすがに背中に汗をかいたが、前ファスナーを開けて調整した。
日中になっても気温は上がらず、10℃に届かない寒い一日。
走行距離【59.4】km、走行時間2時間50分 、信号・休憩等の停止時間12分、平均心拍数117、総上昇量714m
年初来の走行距離14,398.4km
0712 道端の花が一年で最も少ない時季、私の育てているビオラを紹介している。07年のビオラは、「サカタのタネ」の“ペニーシリーズ”にした。
秋の気温がなかなか下がらず(発芽の適温は15~20℃)、昨年より10日遅れの9月23日に種蒔き。2番目(12月18日)に咲いた花がこの「ホワイト」。カタログには「黄色のアクセントが小粋」と書かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

富士山

氷も張らず、霜も降りない、暖かい朝だった。
9時には8℃を越えたので「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出発。村田川の堤防上の道路に出ると、猛烈な西よりの風が吹いてきた(帰宅後アメダスでみると10m/s以上)。横から風を受けると堤防の下に落とされそうになり、ハンドル下を持ち重心を低くする。何度か引き返そうと思ったほどだった。
強い風でスモッグが吹き飛ばされたのか、富士山がよく見えた。市原市小折付近で。
走行距離【80.1】km、走行時間3時間29分 、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数110                                 年初来の走行距離14,339.0km071224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

ペニーイエローブロッチ

このブログの「プロフィール」の写真を替えた。11月の「ツール・ド・おきなわ2007」のときのもの。allsportsのカメラマンが撮影したものをdataで購入。
10時、気温が8℃になり、坂(上り)の練習に出発。コースは前回(12/14)と同じ。このコースの前半の「大仏通り」では競輪選手がよく練習している。きょうも2人の選手が私と逆コースの坂を上ってきた。長距離走と競輪の走り方は違うが、同じところで練習していれば私も強くなれるかな???
走行距離【59.5】km、走行時間2時間42分 、信号・撮影等の停止時間9分、平均心拍数121(最大心拍数の71%)、総上昇量715m
年初来の走行距離14,258.9km
071206_2  いまは道端の花が一年で最も少ない時期である。そこで私の育てているビオラを紹介することにする。07年のビオラは「サカタのタネ」の“ペニーシリーズ”にした。曰く「ユニークな花色の早咲き小輪種」。
ことしの秋は、気温がなかなか下がらず、昨年より10日遅れの9月23日に種蒔き。9月28日発芽、10月末に本葉6枚程度になり、11月5日定植。12月6日に最初のビオラが開花。「イエローブロッチ」という名前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

3日続けてが張り、が降りた(日の出前の気温はマイナス3℃)。
10時になってようやく5℃を越えたので、「100km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出発。走り始めると風はほとんどなく、気温も上がってきて絶好のサイクリング日和。だが、なんとなく気分が乗らない。ケイデンスは70~80、心拍も上がらない。40km地点で踵を返し、しかも「無休憩」のはずが途中のラーメン屋に入ってしまう。こういう時もある・・・
走行距離【80.9】km、走行時間3時間30分 、信号・撮影・休憩等の停止時間40分、平均心拍数104(最大心拍数の61%)
年初来の走行距離14,199.4km
071218 きょうは風がほとんどなく、煙突の(注)が真っ直ぐに上がっていた。写真は、市原市君塚付近から東京電力五井火力発電所を望む。
(注)以前このブログで「煙ではなく水蒸気だ」とのご指摘を受けたことがある。国語辞典には「煙」は「物が焼ける時に出る気体」となっており、水蒸気も気体であることから、一般的には「煙」で良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

うぐいすライン

未明に2℃だった気温は、日の出の時間(6時40分)には0℃に下がっていた。
10時、気温8℃、快晴、非常に強い北風が吹いる中、坂(上り)の練習に出かける。コースは前回(12/10)とほぼ同じだが、鼠坂のあと 長柄ふるさと村を通らず県道128→21号のルートに変更した。全体に山の中を走るため風の影響は少ないが、場所によっては強い風にびっくりすることもあった。このコースのいたるところに「凍結注意」の標識が掲げられており、気温がもっと下がると注意しなければ・・・
走行距離【59.5】km、走行時間2時間48分 、信号・撮影等の停止時間12分、平均心拍数122(最大心拍数の72%)、総上昇量711m
年初来の走行距離14,118.5km
071214うぐいすライン」とはどこからどこまでかは定かでないが、「うぐいすライン」の標識があるのは市原市神崎(かんざき)から国道409号にぶつかる市原市原田にかけてのようである。                      

それにしても「うぐいすライン」とは良く付けたもので、春先からは鴬の鳴き声が聞こえる。それだけ山の中ともいえるが、「うぐいすライン」の両側にはゴルフ場が沢山ある。標高40m~110mくらいの台地の中を南北に通っており、アップダウンも結構ある。
                                       写真は市原市葉木(はぎ)付近で、前方の坂は勾配9%。坂を下ると勝間の交差点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

麦畑

早朝、東の空が朝焼けで染まっていた。薄雲が出ていたが、日が上るにつれ青空となってきた。
長袖ジャージにタイツだけではちょっと寒いと感じベストを着た。10時、気温が8℃まで上がったので「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出かけた。しばらくすると東よりの風が強くなってきた。帰り道はほぼ向かい風となり、冷たい風に向かいペタルを回した。きょうは補給食を摂らずに走ったが、後半少々ばてた。
走行距離【82.6】km、走行時間3時間40分 、信号・撮影等の停止時間14分、平均心拍数106(最大心拍数の62%)
年初来の走行距離14,059.0km
071212_2 いつ種を播いたのだろう。麦畑が緑色になっていた。この場所は、稲と麦を隔年で作っているようだ。市原市権現堂付近で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

勾配11%

6時、雨戸を開けると南東の空に金星が一つ輝いていた。きょうの日の出は6時37分。気温は連日0℃。
10時、気温8℃、晴、坂(上り)の練習に出発。コースは前回(5日)と同じ大仏通り→うぐいすライン→秋元牧場→鼠坂→千葉外房有料道路であるが、鼠坂を登ったあと長柄ふるさと村を通り、千葉外房有料道路の起点に出るルートに変更した。この方が上りが一つ多くなる。
07121011 写真はこのコースの坂の一つ「秋元牧場の坂」である。勾配11%の標識があった。長柄町山根付近で。因みに、道路勾配11%とは、水平距離100mで11m上るということ。水平距離100mで100m上がる坂は45度であるが、道路勾配は100%ということになる。
走行距離【55.8】km、走行時間2時間40分 、信号・撮影等の停止時間6分、平均心拍数118(最大心拍数の69%)、総上昇量668m
年初来の走行距離13,976.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

ワカサギ釣り

「朝のうちは雲が多く気温は高いでしょう」との予報は外れ、快晴で6時の気温は0℃だった。
10時、「小春日和」との予報を信じて「100km、最大心拍数の60~70%、休憩無し」のL・S・Dトレーニングに出発。南西の向かい風が意外と強い。でも帰りは追い風だと言い聞かせペタルを回したが、、高滝湖レイクラインを2周したころ風はおさまり、午後は小春日和。
帰路の85km地点で、無性に腹が空き、ラーメン屋に飛び込みタンメンと餃子を食す。旨かった。
走行距離【100.4】km、走行時間4時間10分 、信号・撮影・休憩等の停止時間39分、平均心拍数111(最大心拍数の65%)
年初来の走行距離13,920.6km
071207 平日にもかかわらず、大勢の人がワカサギ釣り をしていた。場所によっては5m間隔ぐらいで岸辺から釣竿がでているし、ボートを出して釣っている人もいる。写真は、市原市高滝付近の高滝湖、赤い橋は加茂橋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

蜜柑(ミカン)

きょうは「」(上り)の練習。                                                       この練習コースは、房総半島中央部の標高15~115mの台地の縁を回る総上昇量6百数十m距離60km弱である。                     家を出て村田川まで下り、そこから県道128号に上り、「大仏通り」のアップダウンを通り「うぐいすライン」を国道409まで行く。市原市市場で左折し県道13号へ。長柄町立鳥を左折、このコース一番の坂(頂上が「秋元牧場」の坂)を上る。この坂はことしの「ツール・ド・ちば」3日目のコースで、web上では激坂と称している人がいる。茂原街道を下って「鼠坂」を上り、千葉外房有料道路を通り帰還。
走行距離【57.5】km、走行時間2時間42分 、信号・撮影等の停止時間6分、平均心拍数111、総上昇量638m
年初来の走行距離13,820.2km
0712b 正直言って、これが蜜柑なのか、夏蜜柑なのか、はたまた橙なのかは分からないが、ここでは蜜柑(ミカン)としておく。いまこれらのミカン科の実が黄色く色づいている。長柄町針ケ谷で。
蜜柑(みかん)科、ミカン属。中国から渡来した柑橘類から日本で偶発的に作られたつくられた品種。鹿児島県原産で、全国で栽培されている。ふつう、種子(タネ)はない。初夏に白い5弁花が咲く。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

菊(キク)

2日の「千葉ツインレイクエコサイクリング」で、私のことしのセンチュリーライド等の大会参加は終了した。きょうから3月ごろまでのオフシーズンは、L・S・Dトレーニングと私の苦手な「坂」(上り)のトレーニングを交互に行うことにする。
ということで、きょうは「80km、最大心拍数の60~70%、休憩無し」のL・S・Dトレーニング。コースは高滝ダム往復
走行距離【80.1】km、走行時間3時間18分 、信号・撮影等の停止時間7分、平均心拍数115(最大心拍数の68%)
年初来の走行距離13,762.7km
0711b 高滝湖の堰堤の近く(市原市養老)の畑に植えられている菊(キク)が、道路に垂れ下がって咲いていた。
0711 菊科、キク属。開花時期は、10/20頃~12/20頃。平安時代に中国から渡来。漢名の「菊」は”究極、最終”を意味し、一年の一番終わりに咲くことから名づけられた。花の盛りは11月だが、冬になっても「残菊、晩菊」というサブネームで咲き続ける。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

ツインレイクエコサイクリング-2-

きのう、小春日和の中「千葉ツインレイクエコサイクリング」が行われた。
申込時に走行速度を早めのクラス(ウサギの部)にチェックしたようで、スタート時に見渡すと周りは若い人ばかり。あとで参加者リストをみるとウサギの部48人中40人は40歳台以下、私は2番目の年寄りだった。スタート直後から30km/hくらいのスピードで進む。コースはくねくねと曲がった狭い道があり、離されると迷子になると思い懸命に着いていく
しかし、帰路の千葉ニュータウンの先、手賀沼に至る砂利道の農道付近から徐々に離され始め、第5チェックポイントの手前の手賀沼サイクリング道路に入ると先頭集団はますます加速、豆粒のようになってしまった。
たぶん、私のこれまでのサイクリングの中で もっとも早く走った と思われる。残念ながら、サイクルコンピューターは故障、GPSは電池切れとなり、データはない。
走行距離 127.0km(主催者の資料による)、平均心拍数128(最大心拍数の75%)
年初来の走行距離13,682.6km
071202cp2 写真は、第2チェックポイントの「佐倉ふるさと公園」(佐倉市臼田付近)のシンボルの風車。  この場所は、ことし4月に行われた千葉県サイクリング協会主催の「潮風サイクリング」の折返し地点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

枇杷(ビワ)

あすは「千葉ツインレイクエコサイクリング」の日。大会の前日は練習せず休養するのが慣例となっていたが、ここ4日間ぐずついた天気で自転車に乗れなかったので、少し練習することにした。
距離60km、最大心拍数の60%、休憩無し」のL・S・Dと軽めの目標。次第に雲もとれ、気温も上昇していいコンディションとなった。気分良く走っていて遠くまで行き過ぎ、目標以上に走ってしまった。
走行距離【80.7】km、走行時間3時間30分 、信号・撮影等の停止時間16分、平均心拍数101(最大心拍数の59%)
年初来の走行距離13,555.6km
071201b 村田川の土手の道を走っていると、甘い香りがした。見上げると枇杷(ビワ)の花が咲いていた。今ごろ咲いて実がなるのは5~6月ごろであるから、実がなるまでにずい分と時間がかかる植物である。千葉市中央区村田町付近で。
071201 枇杷は、薇(ばら)科、ビワ属 。開花時期は、11/5頃~12/25頃。中国、日本原産。葉の形が楽器の琵琶(びわ)に似ているところから名づけられた。「枇杷」の字は漢名から。花は白い地味なもので気づきにくい。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »