« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

ペニーシリーズの新種

久々に氷の張らない朝。日の光とともに気温も上昇、1時間以上も早く9時には5℃となる。「80km、最大心拍数の70%程度、無休憩」L.S.Dトレーニングに出かける。前回と同様に最大心拍数の70%を目標にする。
気温はどんどん上昇、久々に10℃を越え、最高気温は12℃に。気分がいいせいか、途中寄り道をしてしまった。
走行距離【85.3】km、走行時間3時間42分 、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数118(最大心拍数の69%)
0801 私が育てているビオラのなかで「サカタのタネ」から購入した「ペニーシリーズ」の種は6種類だった。このブログで、これまでに6種類の花を紹介したがこれ以外に1株だけ花色が違っているものがある。カタログでシリーズの全種と見比べても違っている。もしかして「ペニーシリーズの新種」かも?
0801_2 でもよく見てみると、上弁の色、中央の色・模様、下弁のブルーの差し色はピーチジャンプアップ右の写真)と同じだ。

新種ではなく、ピーチジャンプアップの変種かも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

金柑(キンカン)

今冬一番の冷え込み。我が家の庭の温度計はマイナス6℃であった(午前6時)。
今中大介さんは、その著書『ロードバイクテクニック』の中で「L.S.Dはベーシックな体力を養うのには絶好のトレーニングだ。」といっている。この言葉を信じて「80km、最大心拍数の70%程度、無休憩」L.S.Dトレーニングに出かける。きょうは心拍数をいままでより高く、最大心拍数の70%程度を目標に走った。背中に少し汗をかいた。
走行距離【82.1】km、走行時間3時間29分 、信号・撮影等の停止時間14分、平均心拍数115(最大心拍数の68%)
0712b_2  花の少ないこの時期、蜜柑などの黄色が目につく。金柑(キンカン)は、木も実も蜜柑より小さいので目立たないが、庭に植えている家もある。市原市菊間で
0712 金柑は、蜜柑科、キンカン属。中国原産。1826年に、中国の商船が遠州灘で遭難して漂着。清水港に寄航した際に、助けてくれた地元の人に砂糖漬けの金柑果実をプレゼント。その種が育って日本で広まった。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

梅(ウメ)

11時になりやっと気温が5℃となった。薄い雲が広がっていたが、きのうより風は弱くなるとの予報を信じて「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出かけた。雲は最後までとれず、手足が冷たかったうえ、きのうよりは弱いが冷たい風(帰ってからアメダスを見ると5m/s)が吹いていた。
こういう日は気が乗らないため、だらけた練習になりがちだが後半逆風の中ハンドル下を持って懸命にペタルを回した。帰着時の気温7℃弱・・・
走行距離【82.0】km、走行時間3時間34分 、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数112(最大心拍数の66%)
080126b もう咲く頃だろうと、この辺りでは一番早く咲くところに行って見た。梅(ウメ)が一輪咲いていた。市原市妙香の山の斜面の梅林。
080126 梅は、薔薇科、サクラ属。開花時期は、1/25頃~4/5頃。中国原産。奈良時代の遣隋使か遣唐使(けんとうし)が中国から持ち帰ったらしい。そのころは桜より愛でられたが、平安時代からは桜のほうに関心が移っていったらしい。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

ペニーオレンジジャンプアップ

きのうは強風が吹き荒れたため、練習はお休み。
10時半になってようやく気温が5℃になり、 「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出かける。風は、きのうよりは落ち着いてきたようだが西よりの強い風が吹いていた(後でアメダスを見ると6~8m/s)。きょうも寒い一日で、帰着時の気温は7℃弱
シーズンオフにはL・S・Dトレーニングがいい、と雑誌等に書いてあるので実行しているが、果たしてどれくらいの効果があるのか?
走行距離【80.1】km、走行時間3時間38分 、信号・撮影等の停止時間12分、平均心拍数108(最大心拍数の64%)
0801 道端の花が少ないため、私の育てているビオラを紹介。育てているビオラは「サカタのタネ」の“ペニーシリーズ”。曰く「ユニークな花色の早咲き小輪種」。
秋の気温がなかなか下がらず(発芽の適温は15~20℃)、昨年より10日遅れの9月23日に種蒔き。6番目に咲いたのは「オレンジジャンプアップ」(1 /16 )。カタログの写真には下弁のオレンジにブルーの差し色が入っているが、この花には入っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

仏の座(ホトケノザ)

薄っすらと影ができるほどの雲が出ていた。そのうち晴れるだろうと、「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出発。気温は5℃弱、薄日が差しているうちは冷たくはないが、陽射しが弱くなると手足の指先が冷たい。太陽の光りは偉大である。
午後になると次第に雲が厚くなり、気温は6℃弱どまりと、寒い1日だった。
走行距離【80.2】km、走行時間3時間33分 、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数108(最大心拍数の64%)
080122b このところ寒い日が続いているが、それ以前は「暖冬」だったのだろう。仏の座(ホトケノザ)が咲いていた。例年より2週間ほど早い開花だ。市原市海士有木(あまありき)付近で。
080122 仏の座は、紫蘇(しそ)科、オドリコソウ属。開花時期は、2/10頃~5月末頃。半円形の葉が茎を取り囲んでつくようすを蓮華座に見立てたことから。春の七草のひとつの”ほとけのざ”はこの花ではなく、正しくはキク科の 「田平子」(たびらこ)のことを指す。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

大犬のフグリ

この一週間、本当に寒い日が続いている。きのうの最高気温は3℃程度だった。外に置いてあったコップの水は、朝張った氷が解けないまま夜になった。
おととい降った雪が日陰には残っている。「坂の練習コース」には当分行かないことにした。車が通る部分は解けているが、自転車が通る道端は凍っているところもある(きのうMTBでポタリングしていて気がついた)。
10時半になってようやく5℃近くになったので、「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに向かう。コースは村田川・養老川周回コース。冷たい北風が吹いており、気温はあまり上がらない。行き会った何人かのサイクリストは覆面姿だった。帰着時の気温6℃。
走行距離【80.8】km、走行時間3時間42分 、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数111(最大心拍数の65%)
0801b この一週間は例年にない寒さだが、総じて見ればことしは「暖冬」なのか・・・大犬のフグリの花が咲いていた。この花、普通だと2月に入ってから見られるのだが、ことしは早く咲いていた。市原市海士有木(あまありき)付近の道路脇の南斜面で。
0801 大犬のフグリは、胡麻葉草(ごまのはぐさ)科、クワガタソウ属。開花時期は、2/1頃~4月末頃。明治時代にヨーロッパから帰化した。丸みのある腎臓形の実が犬のフグリ(金玉)に似ていることからこの名前に。
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

蝋梅(ロウバイ)

予報どおりの曇天の寒い日と思っていたら、9時頃から薄日が差し始めた。気温は5℃に届かないが、陽の光りが暖かく感じさせたので「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出かける。
きのうと同じ気温であるが手足も耳も冷たくない。やはり陽射しがあると輻射熱で暖かくなるのかな?次第に雲がとれ暖かいとは言えないものの、穏やかな冬の日差しを浴びてペタルを回した。
走行距離【80.8】km、走行時間3時間27分 、信号・撮影等の停止時間8分、平均心拍数114(最大心拍数の67%)
0801b 花の少ないこの時期に咲いてくれる蝋梅(ロウバイ) 。                                         いまが満開か・・・それにしても不思議な花びら。  油っぽい感じがするが、それで寒さに強いのだろうか。市原市奉免(ほうめ)で
0801 蝋梅科、ロウバイ属。開花時期は、12/25頃~翌3/15頃。中国原産、日本には17世紀頃に渡来。「”蝋細工”のような、梅に似た花」から「蝋梅」の名になったらしい。                    (「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

ペニーピーチジャンプアップ

このところ天気が悪かったり、気温が低かったりで家に閉じこもっていた。きょうは4日振りに乗ろうと意気込んで早くから仕度をしていた。11時になっても5℃にならなかったが、「坂(上り)」の練習に向かう。手足の指先が冷たい。冷たい。1時間ほどして太陽が顔を出し、気温も上がり、冷たさは解消。
走行距離【59.6】km、走行時間2時間46分 、信号・撮影・休憩等の停止時間11分、平均心拍数115(最大心拍数の68%)、総上昇量711m
0801 道端に花がほとんど咲いていないため、私の育てているビオラを紹介。07年のビオラは、「サカタのタネ」の“ペニーシリーズ”。曰く「ユニークな花色の早咲き小輪種」。
昨年より10日遅れの9月23日に種を蒔いた。9月28日発芽、5番目に咲いたのは「ピーチジャンプアップ」(1/5)。カタログには「上弁がブルー、下弁にブルーの差し色が入る凝った花色」と書かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

水仙(スイセン)

私は気温が5℃以上にならないと自転車に乗らないことにしている。8年前、喉の病気をした時、医者から刺激の強いものは避けるようにと言われた。気温については何も言われなかったが、自主規制である。
9時過ぎ5℃を越えたので、 「100km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出かけた。しばらくすると右足に少し違和感を覚えた。きのう1時間程歩いた時にも感じた。あまりひどい状況ではないが、大事をとって途中で引き返した。
走行距離【82.3】km、走行時間3時間36分 、信号・撮影等の停止時間18分、平均心拍数106(最大心拍数の62%)
080110b 年末に一輪開花していた。この近辺ではここの水仙(スイセン)が一番早いようだ。きょう行ってみたら沢山咲いていた。市原市海士有木付近の道路脇の石垣の上に咲いていた。
080110 水仙は、彼岸花(ひがんばな)科、スイセン属。開花時期は12/15頃~翌4/20頃。地中海沿岸原産。平安末期に中国から渡来。きれいな花の姿と芳香がまるで「仙人」のようなところから命名された。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

ペニーオーキッドフロスト

6時に0℃だった気温が、日の出の時刻(6時49分)にはマイナス1℃になり薄氷が張った。日中は桜が咲く頃の気候との予報どおり、暖かくなった。
9時過ぎには5℃を上回り「坂(上り)」の練習に出かける。このコースはきょうで7回目となるが、「秋元牧場の坂」(勾配11%)は相変わらず喘ぎながら上っている。この坂を何気なく上れる日は、来るのだろうか・・・
走行距離【59.2】km、走行時間2時間47分 、信号・撮影・休憩等の停止時間6分、平均心拍数119(最大心拍数の70%)、総上昇量710m
0801 道端に花がほとんど咲いていないため、私の育てているビオラを紹介。07年のビオラは、「サカタのタネ」の“ペニーシリーズ” 。曰く「ユニークな花色の早咲き小輪種」。
秋の気温がなかなか下がらず(発芽の適温は15~20℃)、昨年より10日遅れの9月23日に種蒔き。4番目に咲いたのは「オーキッドフロスト」(12/31)。カタログには「上品でやさしい花色」と書かれている。
「ビオラ」の名は、属名 Viola からで、「紫色の」という意味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

成田山初詣

千葉県サイクリング協会主催の「成田山初詣と懇親会」があり、参加した。出発は8時半、気温2℃、快晴、風もほとんどない。行きは国道126号から409号に入るルート。帰りはちょっと遠回りして国道51号を通り帰ってきた。帰着は16時。
080106_2 写真は昨年11月に完成した成田山新勝寺の「総門」 。   総ケヤキ造り、総工事費16億円、3年8か月の工期を経て完成した。
            走行距離【85.5】km、走行時間3時間52分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

高滝神社

寒い朝。ようやく気温が5℃まで上昇した10時、「100km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングに出発。高滝湖の周りの「レイクライン」を2周するコースに向かう。風が弱く冬晴れのコンディションだが、正月気分が抜けきらず、だらけた練習になってしまった。補給食はジョイスティック2本のみ。
走行距離【100.4】km、走行時間4時間27分 、信号・撮影等の停止時間14分、平均心拍数111(最大心拍数の65%)
080103 いつもは静かな高滝湖であるが、きょうはワカサギ釣の人と高滝神社への初詣の人で、いつもとは違っていた。私も高滝神社に今年1年の安全祈願

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

走り初め

0712_4 昨年参加した大会では、平坦な道ではどうにか皆についていけるが、坂(上り)になると見る間に離されてしまった。そこで、昨年末から坂(上り)の練習を始めた。ことしも引き続き「坂(上り)」の練習も行っていく。
2008年の「走り初め」は坂(上り)コース
左の画像はきょう走ったコースのGPS(GARMIN GPSmap60cs) の高度データ(クリックすると大きくなります。赤字は私の注釈)。最高高度は120m、最高勾配は11%で、いずれも「秋元牧場」の坂。
走行距離【59.4】km、走行時間2時間48分 、信号・撮影・休憩等の停止時間13分、平均心拍数116(最大心拍数の68%)、総上昇量714m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »