« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

彼岸花(ヒガンバナ)

きょうも、「ツール・ト・ちば」の試走。愛車(TREK1400)を車に載せ館山自動車道を終点の富浦まで行く。「ツール・ト・ちば」2日目の最初の休憩ポイントである道の駅「三芳村鄙の里(ひなのさと)」まではすぐ。スタートしてしばらくするとだらだらとした上り。白石峠(標高約150m)を越えたあと長狭街道を下り鴨川に。そこから鴨川有料道路を上り(〃約170m)、亀山湖まで下ったあと、筒森トンネルまでまた上り(〃約160m)。養老渓谷へ下るまでが2日目のコース。
老川交差点から1日目のコースに入り、養老川沿いに会所トンネル(〃約200m)まで上る。勝浦ダムの堰堤を過ぎ海沿いの天津まで下ると、あとは海岸線の道でたいした坂はない。それでもきょうの試走コースの総上昇量は1千㍍を超えていた。 
走行距離 156.3km 、走行時間6時間23分、信号・撮影・休憩等の停止時間45分、平均心拍数128(最大心拍数の75%)、総上昇量1,123m
080927b_2  いま、彼岸花(ヒガンバナ)が満開を迎えている。きょうのスタート地点の南房総市の旧三芳村付近では道路沿いや田んぼの畔に彼岸花がたくさん咲いていた。
080927 彼岸花は、彼岸花科、ヒガンバナ属。開花時期は、9/15頃~9月末頃。原産地中国。突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ、数日で花が終わって茎だけになる。花と葉を同時に見ることはできない。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

蕎麦(ソバ)

きょうも「ツール・ド・ちば」の試走。自宅から自走(スタート地点等まで自転車に乗って行くこと。電車等で行くことは「輪行」という)できそうなところはなくなったので、愛車(TREK1400)を車に乗せて行った。
道の駅「オライ蓮沼」(山武市蓮沼)に駐車。「ツール・ド・ちば」3日目の「蓮沼ハ交差点」から「蓮沼海浜公園第2駐車場」までの92.8km(これ以外のところは先日試走済み)を試走した。ほとんど通ったことのある道だったが「松岸見晴台」という地名がついている畑の中の道(国道128と国道356を結ぶ道)はたくさんの風車が立ち並び珍しい風景だった。          
走行距離【93.9】km 、走行時間4時間1分、信号・撮影・休憩等の停止時間24分、平均心拍数121(最大心拍数の71%)
0809b_2  2,3年前から、千葉県でも休耕田などに蕎麦(ソバ)を栽培する農家が出てきた。いい蕎麦が出来たという話は聞いたことが無い。私の実家でも休耕田で蕎麦を作ったことがあるが、あまり良い出来ではなかったようだ。九十九里ビーチライン沿いで
0809 蕎麦は、蓼(たで)科、ソバ属。中央アジア原産。縄文時代より前に渡来した。”稜(そぱ=角)のある麦”から「そば」になった。花は夏~秋に咲く。白またはうすいピンク色。実は三角形で黒くなる。中は白い粉。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

萩(ハギ)

雲は多いが、薄日も射してきた。
きょうも「ツール・ド・ちば」のコース試走。1日目のスタート地点「不動堂海岸駐車場」まで自宅から約30km。まずは「九十九里ビーチライン」(県道30号)を南下する。最初の休憩ポイントは、いすみ市の日在浦(ひありうら)海浜公園、ここから内陸に向かう。大多喜駅を過ぎると、次第にアップダウンがきつくなってくる。本格的な上りに入る前の老川交差点(スタート地点から60.1km)で「ツール・ド・ちば」のコースから離れ帰還。
高滝湖辺りから雨が降り始め、次第に強くなってくる。途中、雨宿りしたが止みそうに無いので、ずぶ濡れになって帰ってきた。      
走行距離【156.6】km 、走行時間6時間23分、信号・撮影・休憩等の停止時間31分、平均心拍数122(最大心拍数の72%)
0809b 私の住まいの町会名は「萩の台」というだけあって、以前は道路脇の斜面などに萩(ハギ)がたくさん自生していたが、最近はほとんど見かけなくなっている。やっと見つけた1本。市原市瀬又で。
0809は、豆科、ハギ属。開花時期は、6/5頃~10月末頃。「秋の七草」のひとつ。地上部は一部を残して枯死するため、毎年新しい芽を出すことから「はえぎ(生え芽)」となりしだいに「はぎ」に変化した。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

女郎花(オミナエシ)

良く晴れて、湿度も低く気持ちがよい。
台風13号の影響もあり、あすからしばらくは雨模様の天気との予報もあり、きょうは九十九里ビーチラインを通るコースに向かう。長南町を走っているとき、気が変わり「ツール・ド・ちば」のコース試走をすることに・・・ルートは実行委員会からの資料を基にPCでルート図を作成、GPSGARMIN GPSmapCS)に転送してある。まずは2日目の「道の駅むつざわ」からゴールの国民宿舎「白子荘」までの19.1km。続いて3日目のスタート(国民宿舎「白子荘」)から蓮沼ハ交差点までの22.6kmと同じく3日目の尾形交差点からゴールの不動堂海岸駐車場までの16,4kmを試走した。いずれも平坦なところのみである。
なお、ことしの累計走行距離1万kmを超えた。           
走行距離【140.7】km 、走行時間5時間58分、信号・撮影・休憩等の停止時間30分、平均心拍数121(最大心拍数の71%)
0809b 女郎花(オミナエシ)の黄色は、遠くからでもすぐに分かる鮮やかな色だ。ここの女郎花は、いつも通る道から100m以上離れたところに咲いているが、すぐにそれと分かった。市原市瀬又で。
0809 女郎花は、女郎花科、オミナエシ属。開花時期は、7/25頃~10/10頃。「秋の七草」のひとつ。「おみな」は「女」の意、「えし」は古語の「へし(圧)」で、美女を圧倒する美しさから名づけられた。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

葛(クズ)

台風13号の動きによっては、あす以降雨の日が続きそう。
きょうは曇りで、あすは雨との予報。高滝湖レイクライン2周コースに向かう。目標は「100km、平均心拍数120程度(最大心拍数の70%)、無休憩」 。補給は、25,50,75km地点でソイジョイ、水はアミノバイタル・ハイポトニックチャージ500ml1本。良く足が回り、後半はほとんどがフロント・アウターで回し続けることができた。                
走行距離【101.3】km 、走行時間4時間00分、信号・撮影等の停止時間11分、平均心拍数121(最大心拍数の71%)
0809b 養老川に架かる双瀬橋の欄干に、葛(クズ)が巻きついていた。その逞しさは凄いが、花の色も強烈だ。市原市馬立(うまたて)で。
0809は、豆科、クズ属。開花時期は、8/15頃~9月末頃。秋の七草のひとつ。まわりの木々をつるでおおってしまう程の生命力。ひと夏で10mほど生長する。根は多量のでんぷんを含んでいて、「葛根(かっこん、解熱の漢方薬)」になる。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

夾竹桃(キョウチクトウ)

いつものように練習に出かけたが、ジメッとした空気に戦意喪失ポタリング(自転車で散歩すること)に切り替えた。気温はそれほど高くはないが、このところの秋の空気に慣れた身体にはきつかったのか・・・
村田川を河口まで下り、海岸沿いに南下、養老川臨海公園の市原市海つり施設に行く。大勢の人が釣り糸を垂れていた。
そこから東の丘陵に向かう.。細い道を適当に走っていると、道の駅「あずの里」の近くに出た。パック入りの焼ソバを買って昼食。デザートにソフトクリームと、まるでピクニックだ。
そこからも一つの丘を越え、さらに鼠坂を上って帰ってきた。こういうサイクリングもまた楽しい。                     
走行距離【73.3】km 、走行時間3時間20分、信号・撮影・休憩等の停止時間30分、
0809b 国道16号のグリーンベルトに植えられている夾竹桃(キョウチクトウ) 。夏の暑さにも、排気ガスにも負けない強い生命力に脱帽。市原市五井南海岸で。
0809 夾竹桃は、夾竹桃科、キョチクトウ属。開花時期は、6/10頃~10/15頃で、百日紅(サルスベリ)と同時期に咲く。。夏じゅう咲き続ける。葉が竹の葉のように細く、花が桃の花に似ているところから、この名に。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

黄花コスモス

快晴、朝6時の気温が18℃と肌寒いと感ずるほどで、一週間前がウソのようだ。
きょうは「100km、ケイデンス85程度」を目標に、高滝湖レイクライン2周コースに向かう。強い北よりの風が吹いており、往路は追い風に乗り平均速度26km/h以上、復路になり風がますます強まり平均速度22km/h以下に。
この3日間続けて100km程度を走ったが、これは「ツール・ド・ちば」を意識してのもので、一応は満足したが、本番は126km、134km、129kmの距離になる。                             
走行距離 100.1 km 、走行時間4時間12分、信号・撮影・休憩等の停止時間17分、平均心拍数114(最大心拍数の67%)
0809b 秋の代表的な花「コスモス」が咲き始めた。この黄花コスモスはかなり前から咲いており、コスモスより開花が早いようだ。市原市海士有木(あまありき)で。
0809 黄花コスモスは、菊科、コスモス属。メキシコ原産。6~10月頃開花。コスモスの仲間で、花色が黄色かオレンジ色なのでこの名前になった。葉っぱはコスモスより太くギザギザ(コスモスの葉は線状)。 (「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

百日紅(サルスベリ)

朝6時の気温は19℃、快晴、肌寒いくらいだった。
きょうは、久し振りにを見に行こうと思った。牛久から国道409号(房総横断道路)を東に、長南町から県道147,148を通り一宮町へ。そこからは九十九里ビーチライン(県道30号)を北上、10月11~13日に開催される「ツール・ド・ちば2008」のスタート地点不動堂海岸駐車場(九十九里町)まで行く。真亀まで戻り東金九十九里道路で帰還。
きょうの目標は「100km以上、ケイデンス85以上」だった。気温は30℃にまで届かず、北よりのやや強い風が吹いていたが、気持ちよくペタルを回せた。                           九十九里の海岸は海の家の解体が進み、サーファーだけの海であった。                              
走行距離【110.8】km 、走行時間4時間36分、信号・撮影・休憩等の停止時間28分、平均心拍数113(最大心拍数の66%)
0809b 真夏の猛暑の中、他の花が暑さで参っているときでも花を咲かせている。百日紅(サルスベリ)は、本当に強い花だ。市原市市場で。
0809_3 百日紅は、禊萩(みそはぎ)科、サルスベリ属。開花時期は、7/15頃~10/15頃。中国原産。「約100日間、花を咲かせる」のが名前の由来。「猿滑」とも書く。”幹がスベスベで、猿も登れない”ところから。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

菊芋(キクイモ)

朝から良く晴れていた。気温も6時で23℃と、快適である。
もう「朝連」でなくてもいいだろうと、8時ごろから準備をし8時半出発。
目標は「100km、ケイデンス85、無休憩」で、コースは高滝湖レイクライン2周
吹く風に秋の気配を感じながらペタルを回す。復路、11時過ぎから北寄りの向かい風が強くなり(アメダスでは5m/s)、このところ強い風が無かったこともあり、難儀する。                     
走行距離【100.3】km 、走行時間4時間8分、信号・撮影等の停止時間13分、平均心拍数119(最大心拍数の70%)
0809b 村田川の土手を菊芋(キクイモ)の黄色が染めている。去年あった場所には必ずといってよいほど咲いている。市原市番場で。
0809 菊芋は、菊科、ヒマワリ属。8月頃から10月頃にかけて開花。繁殖力は旺盛。ごつごつした根の先端はお芋になる。多量の糖分を含んでいる。昔は農村では根を酢漬けにしておいて冬の間じゅう食料とした。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

露草(ツユクサ)

曇天で、いまにも降りだしそうだったが、練習にでかけた。
北海道の疲れか、ふくらはぎのあたりの筋肉に違和感があったので、きょうは「80km、最大心拍数の60%程度、無休憩」L・S・Dトレーニングとした。
天気予報では昼ごろから晴れるといっていたが、牛久あたりで雨が降りそうだったので引き返し、家の近くの周回道路を回った。        
走行距離【82.1】km 、走行時間3時間43分、信号・撮影等の停止時間16分、平均心拍数103(最大心拍数の61%)
080905b いま、田んぼの畔などに露草(ツユクサ)がたくさん咲いている。青い花色は遠くからは分かりにくいが、良く見るときれいな青だ。市原市市原の農道脇で。
080905 露草は、露草科、ツユクサ属 。開花時期は、6/5頃~10月末頃。名前は”露を帯びた草”からくる。朝露を受けて咲き始める。午後になるとしぼんでくる。花は3枚あり、うち2枚は青で大きく、残り1枚は白で小さい。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

センチュリーラン十勝大会-2-

センチュリーラン十勝大会」参加の後、道東の納沙布岬や釧路湿原などを観光してきた。人を寄せ付けないような自然に感動した。下の写真は釧路湿原の東にある細岡展望台からの風景。
0809_2  8月31日の「センチュリーラン十勝大会」、北海道の雄大なコースを堪能してきた。信号は非常に少なく、停まったのは池田町と本別町の右折のみ(私は信号を守ります)。
総上昇量は898mと「センチュリーラン笠間」並であるが、坂と分かるのは3箇所で、一つは豊頃町十弗(とおふつ)を過ぎてから、もう一つは第1チェックポイント先で、いずれも2kmで約100m上る峠である。3つ目は「芽登坂(めとざか)」という標識があった足寄湖(あしょろこ)の先の坂で3kmで約130m上る坂。これ以外は、所謂ダラダラ坂でいつの間にか上っている。
本別町を過ぎると直線道路が続く。下の写真は足寄湖の手前の道路。
080831_3 走行距離 156.0km 、走行時間6時間8分、信号・撮影・休憩等の停止時間26分、平均心拍数130(最大心拍数の76%)、総上昇量898m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »