« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月28日 (土)

雪柳(ユキヤナギ)

この時期のグローブは、薄手のインナーに指きりグローブ。きょうは、指先が冷たく、感覚がなくなるほどだった。
9時、曇り、気温7℃だったが、「次第に晴れてきて気温も上がる」との天気予報を信じて、いつものコースへ、L.S.Dトレーニング。長袖ジャージにベストを着て行ったが、途中でサドルバッグに入れてあったウィンドブレーカーを重ね着した。
いつまでたっても陽は出てこず、気温も10℃に届かない、寒いライドであった。
走行距離【100.2】km 、走行時間 4時間 24分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 119(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 2,174.5km
0903b ここの雪柳(ユキヤナギ)は見事である。畑の中に一列に20m以上咲いている。何のために植えてあるかは分からないが・・・
市原市土宇で。
0903 雪柳は。薔薇科、シモツケ属。開花時期は、3/15頃~ 4/15頃。中国原産。葉が柳の葉に似て細長く、枝いっぱいに白い花を雪が積もったように咲くところから。別名  「小米花(こごめばな)」白い小花を米に見立てた。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

蒲公英(タンポポ)

彼岸も過ぎたというのに、冬将軍がお出ましのようで、冷たい北西の風が吹いている。それもかなり強い。
9時過ぎようやく7℃を超えたので、長袖ジャージの上にウィンドブレーカーを着て出発。「100km、最大心拍数の65%程度、無休憩」を目標に、高滝湖レイクライン2周コースに向かう。西の方から次々と黒い雲が東に動いており、雲が頭上に来た時、雨を降らせている。「通り雨」程度のため、天気予報の「不安定な天気」とはこのことか、とそのまま進む。結局2回雨にあった。
走行距離【100.1】km 、走行時間 4時間 30分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 114(最大心拍数の67%)、年初来走行距離 2,074.3km
0903b あの白い落下傘のような種が、あちこちに飛んで行って芽を出すのだろう。いまいたるところに蒲公英(タンポポ)が咲いている。市原市池和田の小湊鉄道「上総鶴舞駅」の近くの土手で。
0903 蒲公英は、菊科、タンポポ属。開花時期は、3/15頃~5月末頃。種子の冠毛が丸く集まっているようすが「たんぽ」似ていることから「たんぽ穂」と名づけられ、「たんぽぽ」になった。漢字の「蒲公英」は漢名から。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

高滝湖レイクライン2周

朝方までは晴れていたが、しだいに雲が多くなり、昼ごろからは雨との予報。
0903100km 左の図は、このところよく走っている「高滝湖レイクライン2周」コース(黄色の線、クリックすると大きくなります)。
自宅を出て、村田川の堤防道路を西(東京湾方向)に向かう。館山自動車道の側道を進み、廿五里(ついへいじ)橋を渡り養老川沿いの道を牛久へ。牛久から小湊鉄道沿いの道を高滝湖へ。レイクラインを2周して折り返す。距離はちょうど100km。総上昇量は390m程度。
このコースの特徴は、安心・安全なコースということ。館山自動車道の側道は比較的車の交通量は多いが、ほぼ直線で、路側帯が広く安全である。その他の道路は、ほとんど車が通らないような道路ばかりである。
これまで、百回以上はここを走っているが、事故はない。「ヒヤリハット」は幾つかあったが、その場所では注意して乗っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

白木蓮(ハクモクレン)

「成田空港で貨物機が強風のため着陸に失敗、炎上」「京葉線、強風のため運転中止」などの報道が流れている。アメダスでみると、8時の当地の風速は北西の風14m/sと、かなりのもの。
こんな中、なんとなく練習に出発。いつものコースに向かうが、村田川の堤防道路で強い横風で倒されそうになる。急遽、ポタリング(自転車で散歩すること)に変更する。
トラック(特に有蓋車)などが横を通り抜ける時が怖い。横を通っているときは、風が遮られているが、通り過ぎた瞬間、風が襲ってくる。このところ風が強い日が多い。英語のことわざでは、3月の温帯低気圧の嵐を「ライオン」といっているらしい・・・
走行距離【73.3】km 、走行時間 3時間 42分、年初来走行距離 1,974.2km
023 白木蓮(ハクモクレン)の白は、蛍光色とでもいうのか不思議な色。辺りを明るくしているかのようだ。             市原市権現堂で。
白木蓮は、木蓮科、モクレン属。開花時期は、3/15頃~ 4/10頃。026_3 白い清楚な花。花びらの幅が広く、厚みがある。花は上向きに閉じたような形で咲く。全開しない。 これが辛夷と違うところ。花びらは太陽の光を受けて南側がふくらむため、花先は北側を指す。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

潮風サイクリング-1-

5月12日(日)に行われる千葉県サイクリング協会主催の「潮風サイクリング」の試走会に参加した。
09c_2 上の図の緑の線がきょう走った軌跡である(クリックすると大きくなります)。
稲毛海浜公園サイクリングセンターをスタート&ゴールとし、佐倉ふるさと広場で折り返す、64.5kmのコースである。休憩場所は花島公園と道の駅やちよ。
ほぼ花見川、新川、印旛沼の川沿いの自転車道を走るコースで、川岸にはたくさんの桜が植えられている。きょうはまだ蕾は堅かったが、大会当日はどうだろうか。大会名称を「潮風」から「桜花」サイクリングに変えなければいけないかも・・・
走行距離【64.5】km 、年初来走行距離 1,900.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

仏の座(ホトケノザ)

南西の強い風(8m/s-アメダス-)が吹き荒れた一日。
あすは雨の予報だったので、無理して練習に出かけた。「100km、最大心拍数の70%程度、無休憩」を目標としたL.S.Dトレーニング。コースは高滝湖レイクライン2周コース。往路はモロ向かい風だが、復路は大部分が追い風。きょうは前回のように風向きが変わらなくてよかったが、風は無い方がいい。
走行距離【100.0】km 、走行時間 4時間 25分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数120 (最大心拍数の71%)、年初来走行距離 1,836.4km
0903b 姫踊子草と仏の座(ホトケノザ)は、草丈、花の色、咲く時期、咲く場所などよく似ている。ことしは、姫踊子草の方が多い様に思うが、いかがか?市原市下矢田の小湊鉄道上総川間駅付近で。
0903 仏の座は、紫蘇(しそ)科、オドリコソウ属。開花時期は、 2/10頃~5月末頃。半円形の葉が茎を取り囲んでつくようすを蓮華座(れんげざ)に見立てたことから。別名  「三界草」(さんがいぐさ)。葉が段々になることから。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

薺(ナズナ)

往路 南南西の風8m/s、復路 北北西の風8m/s(アメダスによる)。
強い南の風が吹いていたが、「帰りは追い風だ」、といつものように、いつものコースに出発した。高滝湖レイクラインを2周して帰路につき、牛久に差し掛かった時、辺りが暗くなり雨がポツポツ落ちてきた。そして、急に北の風に変わった。雨はたいして降らなかったが、風は北寄りに変わったまま。結局今日は常に向かい風の中を走ったことになる。
疲れた!!
走行距離【100.0】km 、走行時間 4時間 50分、信号・撮影等の停止時間 15分、平均心拍数123 (最大心拍数の72%)、年初来走行距離 1,736.4km
0903b 私には、薺(ナズナ)より、別名の「ペンペン草」の方がなじみ深い。子供のころこの草で遊んだことを思い出す。市原市馬立(うまたて)で。
0903_2 薺は、油菜(あぶらな)科、ナズナ属。開花時期は、1/20頃~5/15頃。「薺」は「撫菜」(なでな)からの変化。なでたいほどかわいい菜、の意から。秋に芽ばえ、早春に咲き始める。別名「ペンペン草」「三味線草」。 
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

姫踊子草(ヒメオドリコソウ)

おととい、ロードバイク(TREK1400)を車に乗せ、「バイシクルセオ アリオ蘇我店」に定期点検・整備にいった。私は62歳からロードバイクに乗り始めたが、(高齢を理由に)パンク修理と走行500km程度ごとの清掃・注油以外のメンテナンスは、ショップにお任せしている。定期点検・整備は、走行距離5,000km毎に行っており、今回はハブのグリスアップ、ディレイラー点検のほかチェーン・バーテープ・ブレーキシューなどの交換を行った。「フライトデッキ(サイクルコンピューター)」の不具合については、応急処置をしてもらい、部品をメーカー(SHIMANO)に送って直すこととした。
きのうは一日中雨、暴風雨警報が出るほどの天気・・・打って変って、きょうは上天気。9時、気温8℃、弱い北の風という絶好のコンディションの中、「100km、最大心拍数の70%程度、無休憩」L.S.Dトレーニングに出発。コースは高滝湖レイクライン2周コース。きょうは、少し心拍数を上げて走ってみた。比較的よく足が回り、気分がいい。
走行距離【100.2】km 、走行時間 4時間 10分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 120(最大心拍数の71%)、年初来走行距離 1,636.4km
0903b 「大犬のフグリ」は可哀想な命名だと思うが、「姫踊子草(ヒメオドリコソウ)」はいい名前を付けてもらった。市原市馬立(うまたて)で。
0903 姫踊子草は、紫蘇(しそ)科、オドリコソウ属 。開花時期は、2/10頃~ 5/10頃。空地では必ずといっていいほど見かける。葉っぱは五重塔のような段々状。雑草だがたくさん集まるときれいです。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

大犬のフグリ

雲が多めたったが、天気は良くなるようだったので、一週間ぶり のライドにでかけた。相変わらず「100km、最大心拍数の65%程度、無休憩」を目標にしたのL.S.Dトレーニングで、行先は高滝湖レイクライン2周コース
もうすぐ彼岸だというのに、きょうの風は冬の風。北西の強い風が吹いており(アメダスでは8m/s)、帰路は向かい風に苦しめられた。
前回走った夜、大腿四頭筋が痙攣を起こし、難儀した。きょうは出発前にストレッチ、そして到着後もストレッチを行った。
走行距離【100.2】km 、走行時間 4時間 30分、信号・撮影等の停止時間 17分、平均心拍数117 (最大心拍数の69%)、年初来走行距離 1,536.2km
0903b 「フグリ」とは、きんたま(睾丸)のこと。実が犬のフグリに似ているから、「大犬のフグリ」と名付けられたらしい。こんなに可愛らしいし、色もいいのに、変な名前を付けられたものだ。市原市土宇で。
0903 大犬のフグリは、胡麻葉草(ごまのはぐさ)科、クワガタソウ属。開花時期は、2/1頃~4月末頃。・明治時代にヨーロッパから帰化した。端に多く生え雑草のようだが、かたまって咲いているととてもきれい。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

房アカシア

このところ雨の日が多かったり、晴れても所用が出来て、なかなか自転車に乗れなかった。きょうは万難を排して(というほどではないが・・・)乗ろうと思っていた。
9時、気温6℃、快晴、「100km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L.S.Dトレーニングに出発。コースはいつもの高滝湖レイクライン2周。半月ぶりのこのコースだが、強くなってきた陽の光のせいか違った感じがした。風も東風、春の風だ。
走行距離【100.3】km 、走行時間 4時間 25分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数119 (最大心拍数の70%)、年初来走行距離 1,436.0km
0903b 権現堂橋の近くの養老川の土手に房アカシアが咲いていた。鮮やかな黄色がまぶしいほどだ。 市原市権現堂で。
0903 房アカシアは、豆科、アカシア属。開花時期は、 3/10頃~4/10頃。オーストラリア原産。別名「ミモザアカシア」。 料理で「ミモザサラダ」というのがあるが、トマトの上にタマゴの黄身をこまかくふりかけたようすに似ていることから・・・(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

雨の菜の花サイクリング

朝から降っていた雨は、スタート時間になっても止まず、結局ゴールするまでずーと降っていた。
スタート時、6℃だった気温は、ゴールした午後1時過ぎでも変わらず、寒い一日だった。
ウエアーは、長袖ジャージにタイツの上にモンベルのレインウエアーを着た。それにレインキャップとウォータープルーフシューズカバーを着けたまでは良かったが、レイングローブを忘れてしまった。休憩時にグローブを絞ると大量の水が出るほど吸い込んでいた。手が冷たい訳だ。
昼食場所で、平砂浦、洲崎を通らず県道86号をショートカットするコースに変更するとの指示があった。この気象条件では賢明な判断だった。
003 上の写真は、出発地点に並んだ参加者達。後ろはJR館山駅
走行距離【39.2】km 、走行時間 2時間 10分、信号・休憩等の停止時間 52分、年初来走行距離 1,335.7km、総上昇量 288m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »