« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

月別走行距離

天気予報は、きょうから5日連続で雨と報じている。正に「梅雨」だ。
ことしも半分が過ぎた。年を取ると月日の流れが早く感ずる、と言われるが本当だ。
年の初めに「年間走行距離10,000km以上」という目標を立てた。ちょうど半分が過ぎ、6月末の年初来の走行距離は、6,520km(前年同期 6.681km)となり、このまま推移すれば目標達成は可能。
0906 図は、昨年とことしの月別走行距離(km)のグラフ(クリックすると大きくなります)である。ことしは1~3月はあまり自転車に乗れなかった。特に2月は、所用が重なったことや、水回りのリフォームをしていたことから昨年と比べて大幅に少なくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

アベリア

昨日の予報では「雨」だったが、今朝起きると、抜けるような青空が広がっていた。
きょうも「速く走る」ためフロントギアはアウターにし、心拍やケイデンスは無視、高滝湖レイクライン4周コースに向かう。最初の40kmの平均速度は25.5km/h、レイクライン4周では26.0km/h、最後の40kmは北東の風4m/sの逆風となり、ゴールした時は、前回と同じ25.5km/h。
軽いギアでペダルを高回転で回しても早くは走れない!?
走行距離【117.3】km 、走行時間 4時間 36分、信号・撮影・休憩等の停止時間 38分、平均心拍数 117(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 6,520.1km
0906b 館山自動車道の法面(のりめん、切土や盛土により作られる人工斜面のこと)のアベリア。先週あたりから花をつけ始めた。市原市根田で。
0906 アベリアは、吸葛(すいかずら)科、ツクバネウツギ属。開花時期は、6/10頃~11月末頃。夏から秋まで長く咲き続ける。            
甘い香りがする。別名 「花園衝羽根空木」(はなぞのつくばねうつぎ)。 
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

軌跡データ

0906120km 上の図(クリックすると大きくなります)は、地図上に私がきょう走った軌跡が黄色い線で示されている。自転車に取り付けたGPSGARMIN GPSmap60CS) の軌跡データをPCに取り込み、画像化して注釈を付けたもの。
スタート後は村田川を河口(東京湾)に向かい、館山自動車道の側道を進み、廿五里(ついへいじ)橋から養老川沿いの道を牛久へ。国道409を東に、途中40km地点の「笠森観音」で休憩toilet。県道147,148を東に進み、一宮海岸で九十九里ビーチラインに入り北上。白子町八斗の「サンハウス」で昼食noodle。本須賀海岸で折り返し、真亀ICから東金九十九里有料道路に入る。福俵PAで最後の休憩toiletの後、国道126、県道129を通りゴール。
きょうも早く走ることを目標に、フロントギアをアウター(終日アウターのままだった)にし、ケイデンスや心拍は気にせず走った。結果的に、走行時の平均速度は25.5km/hとなった。これで、身体に疲労や痛みなどの異常が出なければいいのだが・・・
走行距離【121.3】km 、走行時間 4時間 45分、信号・休憩等の停止時間 52分、平均心拍数 117(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 6,402.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

立葵(タチアオイ)

もっと天気が良くなると思って出掛けたが、陽が出てきたのは帰着後の午後3時過ぎ。そのお陰か、気温は上がらず24度止まり。特に九十九里ビーチライン沿いは、霧に覆われていて肌寒いほどだった。
最近、速く走れなくなってきたので、いろいろ試している。昨日は「股下」を測定、それに基づいてサドル高を直した。約10mm高くなった。きょう走ってみたが、それほど違和感はない。しばらくはこのままにしておく。サドル位置や、クリート位置を変えたためだけではないだろうが、きょう久しぶりに走行時の平均速度が25km/hを超えた。
走行距離【121.5】km 、走行時間 4時間 50分、信号・撮影・休憩等の停止時間 40分、平均心拍数 116(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 6,281.5km
0906b 子供のころ、立葵(タチアオイ)のことを「トテコッコウー」と呼んだ記憶がある。確かに、赤色の花なら鶏の鶏冠に似ているかも知れない。市原市若宮の館山自動車道の脇で。
0906 立葵は、葵(あおい)科、アルテア属。・開花時期は、5/25頃~ 8月末頃。小アジア、中国の原産。日本へは薬用として渡来。「葵」とはこの「立葵」のことを指すらしい。葉が太陽の方に向かうことから「あうひ」(仰日)。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)

発達した梅雨前線の雲が房総半島の東の海上を北東に進んでいる。時折、東の空に真っ黒い雲が見えるが、近づいては来ないようだ。
きょうも「心拍120(最大心拍数の70%)程度」を目標に、高滝湖レイクライン4周コースに行った。きのう、サドルを5mm後ろにし、クリートを10mm下げた。ペダルに力が入らないような気がしたためだが、きょうは南風が強く(南西の風6m/s程度)、効果のほどはよく分からなかった。
休憩は40k地点、70km地点(昼食→このコースの定番、高滝湖畔の食堂「UMEKA」の和風スパゲティー)、100km地点の3回。
走行距離【117.6】km 、走行時間 4時間 53分、信号・撮影・休憩等の停止時間 40分、平均心拍数 117(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 6,160.0km
0906b 夕方から咲くところから赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ)と名付けられたようだが、この花、昼前から咲いていた。市原市平野の市役所加茂支所の近くで。0906
赤花夕化粧は、赤花科、マツヨイグサ属。南アメリカ原産、明治時代にアメリカから持ち込まれた。5月から9月頃まで、ピンク色のきれいな4弁花が咲く。花にある赤い筋が目立つ。夕方に開くことからこの名前になった。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

毒痛み(ドクダミ)

きのう、晴れなかったのは房総半島だけ。きょうは、曇りの予報だったが、一日中晴れだった。。
心拍120(最大心拍数の70%)程度を目標に、高滝湖コースに行った。気温は25℃止まり、弱い南の風という自転車にはいい条件。しかし、心拍は上がらず、スピードも出ない。昨日は少し良くなったと思ったのに、きょうは駄目だ。ギアを重めにして走ってみたりしてみたが、依然としてスムースなぺタリングができない。
走行距離【119.5】km 、走行時間 4時間 54分、信号・撮影・休憩等の停止時間 45分、平均心拍数 116(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 6,042.4km
0906b 毒痛み(ドクダミ)は、日蔭が好きなのだろう。直射日光が当たらない、木の下の、ちょっと湿度が多そうな所に群生して見られる。市原市上原で。
0906 毒痛み は、毒痛み(どくだみ)科、ドクダミ属。開花時期は、5/20頃~ 6月末頃。「毒」を「矯め(ため。収める、の意味)」る、 即ち、毒を止める効能があるところからの命名。葉、地下茎は漢方薬になる。「どくだみ茶」というのがある。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

姫女苑(ヒメジョオン)

天気予報では昼頃からsunマークがついていた。しかし、曇りのままsunは顔を出さず。冷たい北東の風が吹き、気温も23~24℃くらいしか上がらなかった。
心拍120(最大心拍数の70%)程度を目標に、九十九里ビーチライン本須賀海岸折返しコースに行った。きょうも、いろいろとフォームを変えてペダルを回してみた。だいぶ良くなてきたと思うが、まだしっくりとはしない。
休憩は、40km地点、70k地点(昼食→このところのこのコースの定番、白子町八斗の「サンハウス」のnoodle玉ねぎラーメン)、100km地点の3回。
走行距離【122.0】km 、走行時間 4時間 58分、信号・撮影・休憩等の停止時間 40分、平均心拍数 118(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 5,922.9km
0906b かわいくて、きれいな花なのだが、道端の雑草と一緒に生えている姫女苑(ヒメジョオン) 。春紫苑とよく似ているが、見分け方は「姫には芯がある」→春紫苑は茎が空洞、姫女苑の茎には髄が詰まっている。市原市海女有木で。
0906 姫女苑は、菊科、ムカシヨモギ属。開花時期は、6/1頃~8/20頃。北アメリカ原産の帰化植物。本来「紫苑(しおん)」の漢字が使われるべきなのだが、日本産で「姫紫苑」という別の花があり、「姫女苑」の漢字をあてたらしい。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

珊瑚樹(サンゴジュ)

夜半に激しい雨が降ったが、朝には陽が出てきた。
雲が多めながら、時折陽も射すという、まずまずの天気。心拍120(最大心拍数の70%)程度を目標高滝湖コースに向かう。相変わらず、ぺタリングがぎこちなく、特に「引き脚」を意識すると余計におかしくなるようだ。このところの走行実績を見ると、昨年の記録よりも下回っており、原因が分からない。
走行距離【117.6】km 、走行時間 4時間 54分、信号・撮影・休憩等の停止時間 40分、平均心拍数 117(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 5,800.9km
0906b 普段は気がつかないが、「なんだろう」と立ち止まってしまった。珊瑚樹(サンゴジュ)の花。市原市菊間の菊間処理場の生垣にたくさん咲いていた。
0906 珊瑚樹は、吸葛(すいかずら)科、ガマズミ属。開花時期は、6/15頃~ 6月末頃。葉っぱは虫に食われて穴があいていることが多い。真夏の7月から8月頃に赤い実をつける。その実を「サンゴ」に見立てて名づけられた。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

琵琶湖一周サイクリング

梅雨空から、時折パラパラと降ってくる。あす、あさっても雨降りだという。
0907_c_2  7月12日(日)に行われる「琵琶湖一周サイクリング」に参加する。大阪府高槻市の自転車屋「サイクルクラフト」が主催する大会。左の図は、資料を基にPCで作成したルート図(黄色の線クリックすると大きくなります)。スタート&ゴールは近江舞子中浜水泳場で、距離は150km弱。
この大会、参加費は無料で、サポートカー、エイドステーション、コースガイドは無い。ただ地図を見て走るというもので、スタート地点からどちら回りでもよい。
私は反時計回りに回る。8時にスタート、15時前にはにゴールする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

紫陽花(アジサイ)

梅雨前線が南に離れ、きょうもいい天気だ。
自転車はスランプに陥ったのか、うまく乗れない。きょうは気分転換に、紫陽花(あじさい)を見に行くことにした。
0906 最初に行ったのは、養老川の土手に数年前から植え始めた所で、 「阿須あじさいロード」という標識が立っている。まだ小さいが、数年後にはいい場所になりそうだ。上の写真。左手が養老川。
0906_2 続いて行ったのは、市原市柿木台にある市原市民の森の「あじさい園」 。谷あいに細長く植えられている。本来は右手の道路を通るのだが、崖崩れがあり左手に仮の小道が作られていた。
0906_3 最後に、県道171号を通り、鶴舞経由で茂原に向かい、茂原市三ヶ谷の服部農園の「あじさい屋敷」に行った。ここは、すっかり有名になり、観光バスが何台もきていたし、遠くの駐車場から歩く人も大勢いた。
帰路は一宮川沿いの自転車道を通り、鼠坂を上って帰ったきた。
走行距離【103.1】km年初来走行距離 5,683.3km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

ガウラ

この一週間ほど、梅雨のような空模様が続いていた。気象庁は10日、関東地方の梅雨入を発表した。きのうは朝からしとしとと梅雨らしい雨・・・だが、午後からは快晴。
きょうも快晴、日焼け止め乳液(メンソレタム スキンアクア モイスチャーミルク)をたっぷりつけ、「心拍120程度(最大心拍数の70%程度)」を目標に九十九里ビーチラインコースに向かう。
このところ、走りが遅くなっている。もう少し早く走らなければ、センチュリーライドの制限時間に完走できない。フォームが崩れているのか、チェックしながら走ってみたが、よく分からない。
走行距離【120.6】km 、走行時間 4時間 56分、信号・撮影・休憩等の停止時間 39分、平均心拍数 118(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 5,580.2km
0906b ガウラでなく、別名の「白蝶草(はくちょうそう)」のほうが、この花の名前ににふさわしい、と思う。市原市新堀で。
0906 ガウラは、赤花科、ガウラ属。北アメリカ原産。夏から、秋10~11月頃にかけて白またはピンク色の花がきれいに咲きます。別名  「白蝶草(はくちょうそう)」 まさに白い蝶が飛んでるようです。
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

金糸梅(キンシバイ)

きょうも、心拍数120程度(最大心拍数の約70%)を目標に走った。ケイデンスを目標に走るより、運動量は多くなるようで、消費カロリーは1,647kcalだった。
雲が多いが、時折薄日が差す。気温は最高で24度、風も弱くまずまずの天気だ。昼食は、高滝湖畔の食堂UMEKAで「醤油ラーメン」を食す。
走行距離【117.5】km 、走行時間 4時間 54分、信号・撮影・休憩等の停止時間 40分、平均心拍数 120(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 5,459.6km
0906b 庭木として植えられているのは、あまりお目にかからない金糸梅(キンシバイ) 。今日見たのは3か所だけ。市原市上原の養老川の土手と民家の間に咲いていた。
0906 金糸梅は、弟切草(おとぎりそう)科、オトギリソウ属。開花時期は、  6/1頃~7/15頃。中国原産。日本への渡来は1760年頃。いっぱいある黄色のおしべを「金の糸」に、5弁の花を「梅」にたとえた。
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

麦秋

きのう予定されていた「鹿野山サイクリング」は、雨のため中止となった。一日中、しとしとと降っていた。
愛車(TREK1400)の洗車・注油(走行距離約1,000kmごとに実施)、前後輪のタイヤのローテーション(走行距離約2,000kmで実施)を行った。タイヤは後輪の方が摩耗が激しいので途中で入れ替えを行っている。
きょうは心拍数120程度(最大心拍数の約70%)を目標に走った。気温は最高で24度、湿度も低くいい汗をかいた。昼食は白子町八斗のサンハウスで「玉ねぎラーメン」(白子町は玉ねぎの産地で、今が旬)を食す。さっぱりしていて、しかもすぐに自転車に乗ってももたれないラーメンだった。
久々の晴れの日曜日、多くのサイクリストが走っていた。
走行距離【121.4】km 、走行時間 5時間 0分、信号・撮影・休憩等の停止時間 33分、平均心拍数 121(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 5,342.1km
0906b このところの雨で緑を増している野山であるが、その中に茶色の麦畑。「麦秋」とはよく言ったものだ。長南町芝原で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

松葉菊(マツバギク)

曇り空の隙間から時折薄日が差す。週間天気予報に「sun」マークは無く、降水確率も6日(30%)を除き40%以上となっている。
しばらく自転車に乗れない気配なので、曇り空であるが練習に出発。
もう一つ、先日の昼食後の「突然の腹痛」の原因究明がある。先日と同じコースで、同じ時間に食堂に入り、同じものを注文し、食す・・・何ともない。結局、原因不明のままとなる。
走行距離【117.5】km 、走行時間 5時間 12分、信号・撮影・休憩等の停止時間 40分、平均心拍数 112、年初来走行距離 5,220.7km
0906b 松葉菊(マツバギク)の色は、鮮やかだ。蛍光色とでも言おうか、光り輝いている。この場所は、民家の生垣と道路との間の斜面であるが、遠くからでもはっきりと分かる。市原市土宇で。
0906 松葉菊は、蔓菜(つるな)科、マツバギク属。開花時期は、4/5頃~8月末頃。葉は松葉のような形で多肉質。地を這うように広がる。また、花は菊のようなので松葉菊の名になった。南アフリカの砂漠などに自生する。
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

浜昼顔(ハマヒルガオ)

5日振りの晴れ。気温も8時に20℃を超えた。
「120km、ケイデンス85程度」を目標に、九十九里ビーチライン本須賀海岸折返しコースに向かう。
年を取って(62歳)からロードバイクに乗り始めた私は、ロードレースに出るつもりもないし、ヒルクライムや夜中にも走るブルべにも出るつもりもない。ただ「長距離走」を楽しむだけ だ。そのための練習はどうすればよいか、よく分からない。今はただ走るだけ!!
走行距離【120.1】km 、走行時間 5時間 5分、信号・撮影・休憩等の停止時間 40分、平均心拍数 115、年初来走行距離 5,103.2km
0906b 東風が強く、砂が風で飛ばされていたが、海岸に出てみた。浜昼顔(ハマヒルガオ)がピンク色の花で、出迎えてくれた。山武市(さんむし)成東の本須賀海岸で。
0906_3 浜昼顔は、昼顔科、ヒルガオ属。海岸近くに群生する。世界中に広く分布している。葉には透明な細胞膜(クチクラという)が発達していて厚くつやがあり、水分の蒸発を防いで海水の塩分から葉を守っている。
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »