« 百日紅(サルスベリ) | トップページ | Mt.FUJIエコサイクリング »

2009年9月 1日 (火)

行ってクールド田沢湖-2-

日曜日(8月30日)、「行ってクールド田沢湖第24回秋田県センチュリーラン大会)」に参加した。一言でいえば、コースも、誘導やエイドステイションなどの大会運営も「良かった」。
ことしからサイクリング協会のトップが代わり、年初めからコースの見直しを行い、昨年までのあっちへ行ったり、こっちに行ったりのコースを、田沢湖と角館という2つの目玉を作った、と協会関係者が言っていた。
スタートして雄物川へ向かっての下りとなる。川沿いの道から刈和野の市街地を通り、角館まではほぼ平坦な道。そこからは徐々に上りとなるが、あまり気にならない。八津から田沢湖への上りが始まるが、なだらかな上り。フロントギアをアウターのままで上りきる。
0908 湖に出ると突然、空が抜けたかのように思えた。一周10kmの湖畔の道を気持ちよくペダルを回す(途中一か所上りがあったが)。
0908_2 田沢湖から角館までは、下り坂を快調に飛ばす。角館の「武家屋敷通り」は木立の間に黒板塀の武家屋敷が続き、江戸時代にタイムスリップしたよように感じられた。散策する観光客も多く、ここだけはゆっくりと自転車を走らせた。
あとは往路と同じ道を戻り、秋田空港手前で左折、最後の上り坂。体力に余裕があったのか、ここもフロントギアをアウターのままで上りきる。
天候はうす曇り、気温は最高でも22℃程度、風もなくいい条件だった。
走行距離 158.7km 、走行時間 5時間 55分、信号・撮影・休憩等の停止時間 27分、平均心拍数 124、総上昇量 887m、年初来走行距離 9,085.8km

|

« 百日紅(サルスベリ) | トップページ | Mt.FUJIエコサイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98876/46089294

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってクールド田沢湖-2-:

« 百日紅(サルスベリ) | トップページ | Mt.FUJIエコサイクリング »