« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

清和の森サイクリング-2-

きのう「清和の森サイクリング」に参加した。
5時半に愛車「TREK1400」を車に乗せて出発。蘇我ICから館山道に乗る。濃い霧が出てるが、上空には星が見えていた。
8時、スタート。鹿野山(標高352m)の登り口までは、下り。秋元口から上りに入ると、若い人たちにどんどん抜かれ、先頭で走り始めのだが、グループの後ろの方で「九十九谷展望公園」に到着。霧のため展望は良くなかった。
004 上の写真は、鹿野山から国道465に出る前の富津市加藤付近、下りこう配の道を、左から朝日を浴びての快適な走行。
紅葉が真っ盛りの志駒川沿いの「もみじロード」は、行楽客や、路肩に駐車している車も多く、注意しながら走った。
007_2 右の写真は、休憩場所の「大山千枚田鴨川市平塚)」から、愛宕山(標高408m、千葉県の最高峰)を望む。ここから、あの山頂の下の道まで一気に上る。
愛宕山から国道410に下り、道の駅「みんなみの里」で昼食。昼食後は太平洋側に出て、天津小湊から清澄山(標高377m)に上る。ここでもどんどん抜かれたが、マイペースで進む。途中の給水所をパスしゆっくりと上り続け、ようやく峠に。
011 左の写真は、清澄山からの下りの小櫃川に架かる橋の上からの紅葉。
亀山湖から三石山(標高282m)を越え、道の駅「君津ふるさと館」で休憩の後、香木原林道、林道淵ケ沢線を通りゴールへ。去年も、きついと思ったコースだったが、ことしも同じだった。
帰宅後、体重を計ると59.6kg(体脂肪率14.4%)。20歳の時の体重に戻ったことになる。46年振りに・・・
走行距離 113.6km 、走行時間 5時間 38分、信号・撮影・休憩等の停止時間 2時間 8分、平均心拍数 122bpm(最大心拍数の 72%)、消費㌍ 2,099kcal、摂取㌍ 約 900kcal年初来走行距離 12,452.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

ピラカンサス

体重が思うように落ちない。予定だと50kg台になっていなくてはいけないのに、きのうで60.4kg。食べ物がおいしいこの季節、やはり摂取㌍が多すぎるか?
きょうも有酸素運動のL.S.Dトレーニングで減量を目指す。目標は「100km、最大心拍数の60~65%、無休憩」 。これで0.4kg程度減ると思うのだが・・・
帰路、北寄りの風が思ったより強く、逆風に喘いだため心拍が高めとなった。
きょうのサイクリングでのカロリー収支は、1,050kcalの消費となった。夕食前の体重測定(毎日定時)で何Kg減ったか判明する。
走行距離 101.3km 、走行時間 4時間 26分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 69%)、消費㌍ 1,179kcal、摂取㌍ 129kcal年初来走行距離 12,339.1km
0911b_2 以前、我家の庭にもピラカンサスが植えてありあり、今頃になると鳥たちが赤い実を食べに来た。ガレージを作るためやむなく切り倒したが、鋭い刺があり難義したことを思い出す。
市原市矢田の小湊鉄道・上総鶴舞駅の近くで

0911 ピラカンサスは、薔薇科、トキワサンザシ属。開花時期は、5/10頃~5月末頃。Pyracantha(ピラカンサ)は、ギリシャ語の「pyro(炎)+ acantha(刺)」が語源。火のような真っ赤な実をつけ枝にはいっぱいとげがあるところから。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

八手(ヤツデ)

きょうも減量のためのサイクリング有酸素運動のL.S.Dトレーニングで、目標は「100km、最大心拍数の60~65%程度、無休憩 」 。 “L.S.Dトレーニング”の“L.S.D”は、“Long”“ Slow” “Distance”の頭文字で、「長い時間」「ゆっくりと」「長い距離」を走る練習法。
ロードバイクに乗り始めてからの走行距離が60,000kmを超えた
走行距離 101.4km 、走行時間 4時間 36分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 65%)、消費㌍ 1,115kcal、摂取㌍ 136kcal年初来走行距離 12,237.8km
0911b 確かに大きい葉っぱだ。それに色も、ピカピカ光るような艶も、強そうに見える。だが、八手(ヤツデ)は木立の下など、日陰を好むようだ。太陽の光を燦燦と浴びているのを見たことが無い。
市原市海士有木(あまありき)で。
0911 八手は、五加(うこぎ)科、ヤツデ属。開花時期は、11/5頃~12/10頃。掌状に7~11裂する葉を手に見立てたもの。別名  「天狗の羽団扇」。でかい葉っぱに魔物を追い払う力があると考えられてこの別名になった。
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

孔雀草(クジャクソウ)

10月末の旅行で3kg太ってしまったため、今月は「減量のためのサイクリング」を行ってきた。具体的には、有酸素運動のL.S.Dトレーニングだが、ようやく旅行前の61kgまで戻すことが出来た。
私の理想体重は、57kg【身長(m)×身長(m)×22】であり、この際ここまで減量してみようと考え、引き続き「減量のためのサイクリング」をやることにした。
きょうも「100km、最大心拍数の60~65%、無休憩」のL.S.Dトレーニング」 。夜半の雨がうそのように晴れ、気温も高めで風も弱く絶好のサイクリング日和。気分良く走っていて、2回の予定の補給を1回のみで済ませてしまい、ソイジョイ1本のみ。これでどれくらい減量出来るのか、楽しみだ。
きょうは土曜日、好天に誘われて大勢のサイクリストに会った。
走行距離 101.6km 、走行時間 4時間 22分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 66%)、消費㌍ 1,173kcal、摂取㌍ 133kcal年初来走行距離 12,136.4km
0911b 孔雀草(クジャクソウ)は、左の写真のように、孔雀が羽を広げたように咲く。カスミソウの代替となる切り花として普及したのだとか。確かに、たくさんの花をつけるが、花自体が威張っていないところがいい。孔雀草の花は、もうそろそろお終いになる。
市原市奉免(ほうめ)で。
0911_2  孔雀草は、菊科、シオン属。開花時期は、8/15頃~11/15頃。北アメリカ原産。長い茎がたくさん枝分かれして多数の花を咲かせるところから、孔雀の尾っぽの羽根に見立てた。別名  「孔雀アスター」。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

パンク

アッ!ガラスだ」と気がついたが、避けられなかった。
0911 直ぐに「シュー」という音とともに、後輪がゴトゴトパンクだ。道路上には、瓶が割れてガラス片が散乱していた。タイヤを見ると、新しい、まだ100kmも走っていないタイヤが、鋭い刃物で切られたように裂けている。

タイヤを外し、チューブを取り換えた。
0911_2 ポンプ(バルビエリ「ビジョンエアー」)でCO2をチャージ。1秒でチャージ出来るはずだった。チャージできない。漏れている。操作手順は間違っていない。残りの1本のCO2カートリッジを入れ直し、再度チャージ。シューという音とともに、漏れてしまった。
こうなると、手動で空気を入れるしかない。ところが、いくらポンピングしても漏れてしまう。10分くらいやっていたが駄目だった。空気の出口を指で押さえポンピングすると、シューと音がする。よく見ると、ポンプの胴部分が割れていた(写真の赤い矢印、クリックすると大きくなります)。この部分を親指で押さえてポンピング。少し空気が入った。道路のちょっとした凸凹でも、後輪がゴトゴトなる。極力前傾姿勢をとり、ゆっくりと帰ってきた。
走行距離 68.3km 年初来走行距離 12,034.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

MICHLIN PRO3 Race

タイヤ交換をした。
いままでのタイヤ(MICHLIN PRO3 Race)で、5,085km走った。この間、パンクは1度も無かった
0911 左の写真(クリックすると大きくなります)は、取り外したタイヤを切断したもの。青い部分ケーシングと呼ばれるもので、 繊維層で出来た断面がU字形のタイヤの本体(骨格)。
灰色の部分トレッドと呼ばれる部分で、タイヤ接地面。トレッドは踏むという意味。路面によって磨耗する部分なので側壁に比べて、かなり厚くなっている(このタイヤの場合、約2.5mm)。
左の写真で見ると、トレッド(灰色)の中央部(赤の矢印、約0.8cm)が摩耗している。この部分は元は、下の断面の赤線のように中央部が高くなっていた。いまは磨り減って平らになり厚さ1mm程度しかなくなっている。トレッドは走行距離3,000mで1mm摩耗すると言われており、5,000km走ったからこれくらいの摩耗は当然か。
新しいタイヤも、勿論「MICHLIN PRO3 Race」(1本7,087円)だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

菊(キク)-4-

七五三を過ぎると「もう冬だ」、と私は感ずるがどうだろうか?
8時、気温10℃・曇り、練習に行こうか、きょうは止めようか、と迷っていた。9時を過ぎたころ雲の切れ間から陽が射してきた。長袖ジャージにタイツという出で立ちで、きょうも減量のためのL.S.Dトレーニング
目標は「100km、最大心拍数の60~65%、無休憩」 。晴れて暖かくなるのを期待していたのだが、うす曇りの一日で、気温も15℃どまり。出発時はちょっと寒いくらいだが、そのうち背中にうっすらと汗をかく程度で、帰ってからシャワーを浴びるようなことは無くなった。
走行距離 101.4km 、走行時間 4時間 30分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 64%)、消費㌍ 1,029kcal、摂取㌍ 266kcal年初来走行距離 11,966.5km
0911b 道端に咲いている菊(キク)だけでも、いろんな色、種類がある。これは比較的よく見るもの。市原市久保で。
0911は、皇室の紋章になり、日本の国花になった。日本の国花はこの菊と桜の2つ。花の盛りは11月だが、冬になっても「残菊、晩菊」というサブネームで咲き続ける。これらはだいたい小菊のことだが、野性味の濃い小菊は寒さには強い。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

菊(キク)-3-

愛車(TREK1400)の定期点検・整備を「バイシクルセオ蘇我アリオ店」でやってもらった(走行距離5,000kmごとに実施)。リアディレイラーの調子が悪く、ディレイラーとエンド金具を新品と交換、フライトデッキ(サイクルコンピューター)はメーカーのシマノが無償で部品交換した。そのほかは、ハブのグリスアップなどの点検・整備をおこなった。
5日間続けて天気が悪く、自転車に乗れなかった。家でゴロゴロしていたため、「減量中」なのに体重が増えてしまった。そこできょうも減量のためのサイクリング。有酸素運動のL.S.Dトレーニングで、目標は「100km、最大心拍数の60~65%程度、無休憩 」 。出発して直ぐに、きょうは練習を止めようと思ったほど、強い南の風が吹いていた。逆風の中、ハンドル下を持ち、高滝湖に向かう。高滝湖の手前で若い5人のグループが、猛スピードで抜いていった。一瞬でも追いかけようと思わせないほどのスピードだった。
今日は日曜日、カップルで走っているサイクリストを何組か見かけた。最近増えていると思う。
走行距離 101.2km 、走行時間 4時間 19分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 64%)、消費㌍ 1,248kcal、摂取㌍ 273kcal年初来走行距離 11,865.1km
0911_2  この時季咲いている花は、と山茶花、それに背高泡立草くらい。菊はもうしばらくは咲いていそうだ。市原市上原で。
0911_3 漢名の「」は、”究極、最終”を意味し、一年の一番終わりに咲くことから名づけられた。中国では菊は不老長寿の薬効があるとされ、陰暦の9月9日(重陽の節句)には菊酒を飲み長寿の祈願をした。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

清和の森サイクリング-1-

朝から激しい雨rainrainrainあすまで降り続くとの予報。
今月28日(土)に、千葉県サイクリング協会主催の「清和の森サイクリング」があり、参加する。
案内には“山岳健脚者向け”と記されている。昨年、この大会に参加した。山が無いと言われる千葉であるが、“上り”を十分に堪能した。何せ、距離は100kmちょっとだが、総上昇量は2,000mを超えていた。
コースは、「清和県民の森」第1駐車場(君津市豊英)をスタート&ゴールとし、鹿野山(352m)、愛宕山(408m)、清澄山(377m)、三石山(282m)の山頂付近を通るというもの(下図の黄色の線、クリックすると大きくなります)。
ちなみに愛宕山、清澄山、鹿野山は、千葉県の標高ベスト3の山であり、このコースは、「グランフォンド千葉」と名乗ってもいいのではないかと思っている。「グランフォンド」とは、イタリア語でグラン(大きく)+フォンド(移動する)ということであり、100km以上の距離を走るロングライドイベントで、総上昇量も2000mを超える。0911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

菊(キク)-2-

6時の気温が10℃と高く、濃い霧が出ていた。しだいに霧はなくなり、「小春日和」・・・
きょうも、減量のためのサイクリング。有酸素運動のL.S.Dトレーニングで、目標は「100km、最大心拍数の60~65%程度、無休憩 」 。最近は、100㎞を走ること自体にはあまり気にならなくなってきた。もっと早く走れ、と言われればちょっと大変かもしれないが・・・
それにしても「小春日和」とはよく言ったものだ。気温は20℃を超え、風も弱く、日差しも柔らかで、本当に「穏やか」。もうすぐやってくる寒さを忘れさせるようだった。
走行距離 101.2km 、走行時間 4時間 17分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 64%)、消費㌍ 1,028kcal、摂取㌍ 269kcal年初来走行距離 11,763.9km
0911_3 一本の菊(キク)から摘芯を繰り返し、数百もの枝を出し、 開花時には数百~数千の花に覆われるという菊人形などの「懸崖づくりの菊」ではないが、懸崖(土手?)の上から垂れ下がっていた菊。

市原市奉免(ほうめ)で。
0911_4                          

                  

ことわざに、「春蘭秋菊倶に廃す可からず」(しゅんらんしゅうぎくともにはいすべからず)とある。これは、春の蘭と秋の菊は、両者ともにすぐれており捨てがたい、の意味である。。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

菊(キク)-1-

きょうも、減量のためのサイクリング。有酸素運動の範囲で乗るL.S.Dトレーニングだ。目標は「100km、最大心拍数の60~65%程度、無休憩」 。補給はソイジョイ2本(269kcal)のみ。
気持ちよく晴れた。9時、気温15℃、弱い北風が吹いているが、気にならない程度。気温は20℃くらいまで上昇、うっすらと汗をかくくらいのいいコンディションだった。
体重計に乗ってみた。1㎏くらい減っているようだ
走行距離 101.4km 、走行時間 4時間 19分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 66%)、消費㌍ 1,122kcal、摂取㌍ 269kcal年初来走行距離 11,663.7km
0911b 菊(キク)は、品種改良が盛んで、いろいろな種類がある。でも、道端で見かけるのは、小菊で、写真のようなものが多い。市原市大坪で。
は、菊科、キク属。開花時期は、10/20頃~12/20頃。平安時代に中国から渡来。改良が重ねられ多くの品種がある。「きく」は漢名の「菊」を音読みしたもの。また、「菊」の漢字は、散らばった米を1ヶ所に集める、の意で、菊の花弁を米に見立てたもの。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

公孫樹(イチョウ)

旅行で体重が3kgほど増えたが、先日の健康診断で血圧も高くなっている との結果が出た。体重と血圧は関係あるとも言われており、しばらくはダイエットのためのサイクリングにする。つまり、有酸素運動の範囲で乗るL.S.Dトレーニングだ。
きょうは「100km、最大心拍数の60~65%程度、無休憩」を目標とするL.S.Dトレーニング。補給はソイジョイ2本(268kcal)のみ。
11頃になりようやく薄日が差してきたので出発したが、その後も晴れることもなく、寒い一日だった。
走行距離 100.7km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 65%)、消費㌍ 1,049kcal、摂取㌍ 268kcal年初来走行距離 11,563.3km
0911_2 この辺りでは一番早く黄色になる公孫樹(イチョウ)市原市奉免(ほうめ)の「南総運動公園」の入り口で。
公孫樹は、公孫樹科、イチョウ属。中国原産。昔、留学僧が持ち帰って広まったらしい。「公」は祖父の尊称で、祖父が種子をまいても実がなるのは孫の代になることから「公孫樹」。「銀杏」とも書く。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

溝蕎麦(ミゾソバ)

“eco(エコ)”という言葉を聞かない日は無い。サイクリングの大会にも「MtFujiエコサイクリング」「ツインレイクエコサイクリング」など、「エコサイクリング」と謳うのもある。
私自身が環境のために何をしているか?「エコキュウート」を導入するとか、「エコドライブ」にも努めている。それに太陽光発電普及促進のため、平成12年から毎月500円を「グリーン電力基金」として電気代に上乗せして支払っている。
ところがである。政府は太陽光発電普及促進のため、太陽光発電の買い上げ価格を2倍にし、その費用を電気代の値上げという形で全消費者に負担させる という。
きのう電力会社に「グリーン電力基金」からの脱会を伝えた。
けさ、薄っすらと霜が降りた。6時、気温3℃、快晴だったが次第に雲が出てきた。なかなかとれなかった雲も、11時になりようやく晴れてきたので、練習に出発。今季初めて、手の指先が冷たく感じた。帰路、釣瓶落としの秋の日、自転車に乗っている影が、川の向こう岸に映っていた。
走行距離 101.3km 、走行時間 4時間 14分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 11,462.6km
0911b 高滝ダム近くの田んぼの用水路いっぱいに生えていた溝蕎麦(ミゾソバ) 。かわいい花が咲き始めていた。市原市駒込で。
0911_2  溝蕎麦は、蓼(たで)科、タデ属。水辺に生え、群生する。生命力旺盛。茎に下向きのとげがある。さわると痛い。溝など肥沃な水湿地に群生し、花と葉が蕎麦(そば)に似ているところから。                  
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »