« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月24日 (水)

菜の花

夕方から会合があるので、軽めの「3時間、最大心拍数の60%程度、無休憩」L.S.Dトレーニング
新しい愛車「ANCHOR RFX8」のサイクルコンピューターは、シマノの「FLIGHTDECK SC-6502」を着けた。きょうは、GPS(「GARMIN GPSmap60CS」)との比較をしてみた。20km、40km、60km地点でそれぞれ計測、いずれもサイクルコンピューターのほうが1.2%少なかった。サイクルコンピューターは、タイヤの周長から算出しており(タイヤの種類により周長をインプット)、空気圧によっても違ってくるので、これくらいの差は仕方がない。
走行距離 72.3km 、走行時間 3時間 8分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 60%)、年初来走行距離 1,759.9km
1002 菜の花にもいろいろな種類があるのだろう。ここの菜の花は、畑に植えられ食用と思われるが、もう満開だ。市原市海士有木(あまありき)で。
1002_2 菜の花は、油菜科、アブラナ属。開花時期は、2/1頃~5/5頃。”野菜(菜っ葉)の花”という意味から「菜の花」になった。別名 「菜種」(なたね)。菜の花が咲く頃に降り続く雨を”菜種梅雨(なたねづゆ)”という。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

大犬のフグリ

新しい愛車「ANCHOR RFX8」は、カタログ等でロングライド向き と謳っているが、きょうはロングライドの時どうなるか試してみる ことにし、「100㎞、最大心拍数の65%程度、無休憩」L.S.Dトレーニングに出発(因みに、「ロングライド」とは100㎞以上と考えている)。コースは高滝湖レイクライン2周。
100kmを走り終わってみて、どこも痛くはないし、ほとんど疲れも無い。まずまずと言うべきか・・・
走行距離 101.2km 、走行時間 4時間 30分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 63%)、年初来走行距離 1,686.6km
1002 このところ、大犬のフグリが道端に目立つようになってきた。小さな花だが、群生しているとなかなか見事だ。市原市妙香で。
1002_2 大犬のフグリは、胡麻葉草(ごまのはぐさ)科、 クワガタソウ属。開花時期は、2/1頃~ 4月末頃。明治時代にヨーロッパから帰化。丸みのある腎臓形の実が犬のフグリ(きんたま、睾丸)に似ていることからこの名前に。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

菜の花サイクリング

来月7日(日)、千葉県サイクリング協会主催の「菜の花サイクリングbicycle」が開催される。
1003 左の図は、そのコース図(クリックすると大きくなります)。今年からスタート&ゴール地点が、昨年までのJR館山駅から、1㎞弱北の「ロックシティ館山」の駐車場となった。その他はほぼ昨年までと同じコースである。
私は当日、所用が重なり参加できない。
今月27日(土)に行われる試走会には参加する予定だが、天気予報は「rain」。雨だったら不参加を決め込んでいる。
1002 夜半に雨が降ったようで、道路がぬれていた。すっきりしない天気の日が多く、きょうも降りたげな空だったが、昼ごろになり薄日が差してきた。
三又が咲いただろうと昭和の森までMTBで出かけた。
まだ少し早かった。右の写真は三又のつぼみ。
走行距離 28.8km 年初来走行距離 1,585.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

仏の座(ホトケノザ)

朝のうちは快晴、天気予報通りだった。
8時を過ぎると雲が多くなってきた。そのうち晴れるだろうと、準備して待っていたが昼近くになっても晴れてこなかった。
諦めて、MTB。
時折、日も射すが殆んど曇りで、気温も8℃程度しか上がらない寒い一日だった。
昼食は、ユニモショッピングモールに新しく出来た店「アンドゥバアントン」で、ミルクコーヒーとクロワッサンで済ませた。
走行距離 35.6km 年初来走行距離 1,556.6km
1002 村田川の土手の道を走っていると、土手の南斜面にピンク色が見えたので,MTBを担いで行ってみた。仏の座(ホトケノザ)が咲いていた。市原市菊間で。
1002_3  仏の座は、紫蘇(しそ)科、オドリコソウ属。開花時期は、2/10頃~5月末頃。半円形の葉が茎を取り囲んでつくようすを蓮華座(れんげざ)に見立てたことから。
別名  「三界草」。葉が段々になることから。
(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

笠森観音サイクリングⅡ

きょうは、「笠森観音サイクリング」に参加した。
1002 8時10分に家を出発、千葉外房道路の誉田IC付近で合流した。その時の気温は2℃だったが、晴れて風もなかったためか、気分的には寒いとは感じなかった。
笠森観音は、長生郡長南町笠森にある寺(笠森寺)で、坂東三十三箇所の第三十一番札所。
大岩の上にそびえる観音堂は、61本の柱で支えられた四方懸造と呼ばれる構造で、日本で唯一の特異な建築様式であり重要文化財。
観音堂までの参道は、階段となっている「女坂」と劇坂がある「男坂」がある。他の人は「女坂」を歩いて上がっていったが、私は「男坂」を自転車で上がる。最後の数メートルで足を着いてしまった。
写真は参道を上がりきたところから見た観音堂である(クリックすると大きくなります)。
きょうは終日よく晴れて、風も弱かった。こういう日は、気温的には低くても「サイクリング日和」 。上総台地を気分よく走ることが出来た。
走行距離 74.5km 、走行時間 3時間 20分、信号・撮影・休憩等の停止時間 3時間17分、平均心拍数 101bpm、年初来走行距離 1,521.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

藪椿(ヤブツバキ)

朝起きると、5日振りの青空。「きょうは!」と、張り切っていたが・・・次第に雲が多くなってくる。10時になっても雲は取れず、気温は3℃。11時過ぎになり、ようやく雲が切れ、陽が射してきた。
きょうもポジションやブレーキの遊び、ギヤの状態などを見ながらペダルを回した。
カーボンフレームのためだろうか、道路面からの振動が少なく、スムースに進むような気がする。
走行距離 73.2km 、走行時間 3時間 20分、信号・撮影・休憩等の停止時間 22分、平均心拍数 118bpm、年初来走行距離 1,446.5km
1002 平年を下回る気温の日が続き、道端に咲く花は殆んどないが、薮椿(ヤブツバキ)はちゃんと花を咲かせている。雪にも、霜にも負けない。しかも、この場所は農家の北側の一日中陽が当たらないような場所なのに・・・
市原市大坪で。
1002_2 薮椿は、椿科、ツバキ(カメリア)属 。開花時期は、1/25頃~5/10頃。日本特産。一般に「椿」といったらこの薮椿を指す。 一重や八重がある。園芸品種多数。古代の日本人は、冬も緑色の椿の葉に霊力を感じたらしい。(「季節の花300」から抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

笠森観音サイクリング

1002_3  左の図は、20日(土)に行われる、千葉県サイクリング協会中部支部の「笠森観音サイクリング」のコース(クリックすると大きくなります)。
千葉市中央区仁戸名町をスート&ゴールとし、房総半島の中央部、上総台地を南下、笠森観音を経て野見金山(のみがねやま)の麓を通り帰ってくる、約80㎞のコースである。
長柄ダムの北側の道路が、先日通った時通行止めになっていた(図の中央赤の×)のでルート変更が必要(関係者に連絡済み)。
笠森観音は、長生郡長南町笠森にある寺(笠森寺)で、坂東三十三箇所の第三十一番札所。
大岩の上にそびえる観音堂は、61本の柱で支えられた四方懸造と呼ばれる構造で、日本で唯一の特異な建築様式であり重要文化財。
1002_4 きょうも「寒い」。11時になっても3℃、雨は降りそうもないが、曇り空。新しいロードバイクに乗りたくて、寒い中出発する。ポジショニングなどを確認しながら乗った。
カーボンフレームになり、どこが変わったのか?
一つは、路面からの振動が柔らかく感ずること。
もうひとつは、ダンシングが軽く感じたことである。
北風が冷たく、指先が痛いほど。早く暖かくならないかナー
走行距離 60.1km 、走行時間 2時間 50分、信号・撮影等の停止時間 18分、年初来走行距離 1,373.3km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

ANCHOR RFX8

1002_2 新しいロードバイクが組み上がってきた。
フレーム・フォークは、「ANCHOR RFX8 」(黄色の部分)
コンポーネント・ホイールは、「SHIMANO DURA-ACE
ハンドル等は、アンカーオリジナル
タイヤは、「Panaracer DuroPT
と、ほぼ国産の「長距離走向け」 「高齢者向け」 仕様だと思っている。
残念ながら、きのう、きょうと雨で、まだ乗っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

センチュリーランを走る会総会

003 きのう「センチュリーランを走る会 」(愛称: 自転車百哩走大王 、略称:チーム大王)の総会が東京国際フォーラムで開催された。上の写真は第2部の記念講演の模様で、講師は絹代氏(サイクルライフナビゲーター、健康管理士)(クリックすると大きくなります)。
011_2 右の写真は、総会で私がいただいた「スポニチ佐渡ロングライド210」と「石見グランフォンド」を完走した人に贈られる「金さん銀さん賞」(佐渡金山、石見銀山から)のトロフィー(高さ12cm)。本来、佐渡の210kmと石見の200kmを完走した人に与えられるべきだと思うが、私は石見は180kmしか走っていない。年寄りだからおまけしてくれたのかナー・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

白梅

朝6時の気温が12℃と、異様に暖かい。南西の強い風(アメダスで見ると13m/s)が吹いている。
10時になっても強い風は収まらず、平地を避け、東方の台地へ向かう。台地の道路は、川沿いなどが多く、風は弱い。村田川を遡り、板倉から昭和の森自然公園へ。
003 梅園では、白梅が満開を迎えていた。
009は、薔薇科、サクラ属 。 開花時期は、1/25頃~ 4/5頃。中国原産。奈良時代の遣隋使か遣唐使が中国から 持ち帰ったらしい。「万葉集」の頃は白梅が、平安時代になると紅梅がもてはやされた。万葉集では梅について百首以上が詠まれており、 植物の中では萩に次いで多い。(「季節の花300」から抜粋)
帰路は、村田川の源流(市原市金剛地)付近からなるべく川沿いの道を通って来た。気温は20℃まで上昇し、2月とはとても思えない陽気だった。
走行距離 44.5km 年初来走行距離 1,313.2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

蝋梅(ロウバイ)

朝は冷え込んだが、気温の上がりは早く、10時には7℃を超えていた。
1002 新しいロードバイクのフレームが来てから一週間になるので、ちょっと見に行きたくなった。
私の自転車は天井からぶら下がっていた。他に黄色の自転車は無いので直ぐに分かった。一部の部品が届いていないが、間もなく届く予定で、今週中には完成するとのこと(バイシクルセオ アリオ蘇我店で)。
昼食は、アリオ蘇我にあるスターバックスで、グランデ ラテとグレインブレッドチキンサラダ。
1002_3 帰り道、「青葉の森公園」に行き、園内の道路を走っていると蝋梅(ロウバイ)が咲いていた。よく見ると散りかけている。カメラを持った人たちも「もう一週間早く来なければ・・・」と話していた。
蝋梅は、蝋梅科、 ロウバイ属 。開花時期は、12/25頃~翌3/15頃。中国原産、日本には17世紀頃に渡来。「”蝋細工”のような、梅に似た花」から「蝋梅」の名になったらしい。(「季節の花300」から抜粋)
このあと気温がさらに上昇、ダウンジャケットを脱いでもいいくらいだった。
走行距離 48.3km 年初来走行距離 1,268.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

猛烈な西風

今季一番の寒気団が来ているという。11時になっても気温は4℃。
確かに寒いが、MTBで我家から東に広がる上総台地(下総台地の南に広がり、房総半島南部の房総丘陵までの台地、地図等では下総台地と表記されている)に向かう。標高は高くても120m程度であり、私にはちょうど良い坂が、あちこちにある。
1002 昼過ぎ、台地を下り東京湾沿いの平地に出ると猛烈な西風が吹いてきた(左の写真は、市原市郡本付近の館山自動車道の側道から西を望む)。向かい風になると時速10㎞弱で進む。北に向かうと、左からの風で倒されそうになる。指先が冷たく、ダウンジャケットのファスナーから風が入り込み寒い。
Photo 途中、コンビニに入り、缶コーヒーで温まる。上の写真は、2度目の休憩場所ユニモショッピングモールの自転車置き場、強風で全て倒れていた。
帰還時の気温は、7℃と寒い日だった。
走行距離 63.3km 年初来走行距離 1,220.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

立春

きょうは、立春。昨夜降った雪が、まだ残っている。うすい雲が出ており、10時になっても気温は3℃。
1002 きのうも「バイシクルセオ-アリオ蘇我店」の鹿野さんから電話があった。なにしろ2台のロードバイクを組み立てているのだから、いろいろと相談ごともある。ま、あせらずにじっくりとやってほしい。幸い、私にはMTBがあるので、この寒い時期、かえって好都合とも言える。写真は、「バイシクルセオ-アリオ蘇我店」(千葉市中央区川崎町52-7、電話 043-266-9100、イトーヨーカドー・アリオ蘇我ショッピングモールの中 )と、私の新車のフレーム
と言うことでMTB。11時、気温4℃、「寒い、寒い、手が冷たい」。スキー用の厚手の手袋をしていたが、指先が痛いほど。家から5㎞ちょっとのところにあるユニモショッピングモールに入り、館内を散歩。暖かくなってきたので、再びMTB。そのうち陽がさしてきて暖かくなるだろうと思っていたが、ついに陽は出てこなかった。
帰着時の気温も変わらず、4℃。
走行距離 47.5km 年初来走行距離 1,157.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

フレーム

きのう、「バイシクルセオ-アリオ蘇我店」の鹿野さんから、先月注文してあった「ANCHOR RFX8」のフレーム(他の部品も)が入ったとの連絡があった。このフレームには、いま乗っている自転車(TREK1400)のパーツコンポーネント(DUR-ACE)、ホイール(DUR-ACE)などを取り付けるため、清掃を行った。
昨夜からの雪は大したことがなかったので、朝一番で「バイシクルセオ-アリオ蘇我店」に持っていった。
1002_2 上の写真は“新車”(ANCHOR RFX8)のフレーム。オーダーした色に仕上がっていた。この色にした理由は、目立つことと(安全である)、希少価値(この色の自転車はあまり見かけない)。
TREK1400」のフレームは、保管してあった「105」のパーツコンポーネント、ホイール(Bontrager Select)などの部品を着けて元の自転車とし、2週間後には、ロードバイク2台体制となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

ペニー ホワイト  

1001_2  MTBのフレーム回りの装備を、写真のように変えた(クリックすると大きくなります)。
* シートポストにワイヤー錠
* ダウンチューブにウォーターボトルとポンプ
* シートチューブにパンク修理等の工具・部品を入れるツールボトル
を着けた。
今夜からあすにかけて雪が降るとの予報が出ている。朝から曇りで、気温は5℃程度。きょうも、MTBで近場をポタリング
イオンおゆみのショッピングセンターの「サンマルク・カフェ」でカフェラテとチキン竜田バーガーで昼食。
空模様はだんだんと怪しくなっており、早めに帰還。帰還時の気温は7℃と、ほとんど上がらなかった。
走行距離 49.0km 年初来走行距離 1,109.6km
1001_3 道端に花がほとんどないこの時季、私が育てているビオラ【“サカタのタネ”のビオラ「フルーナ」と「ペニー」 】を紹介する。
写真は  ペニー ホワイト   
例年より10日ほど早い9月10日種まき 9月15日発芽 10月29日定植 11月16日から逐次開花
ビオラは、菫科、スミレ属。開花時期は、10/10頃~翌7/10頃。ヨーロッパ原産。日本へは江戸時代に渡来。(「季節の花300」から抜粋)http://www.hana300.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »