« コスモス-2- | トップページ | 溝蕎麦(ミゾソバ) »

2010年10月31日 (日)

埼玉ハーフセンチュリーラン-2-

台風typhoon14号は、速度を上げ東の海上に抜けた。
いったんは不参加と決めていた「埼玉ハーフセンチュリーラン」だったが、天気が急速に回復しそうだったので、昨夜のうちに準備しておいた。簡単な朝食を済ませ、まだ暗いうちに車に乗った。首都高に入った頃、明るくなってきたが、青空は見えない。
1010 利根川の河川敷の駐車場に車を停めた。昨日の雨で川は濁っている。写真は、スタート地点近くの、利根大堰(「東京砂漠」解消のため1968年に完成した)。手前は大会参加者の駐車場。
8時30分から10人ずつ2分おきにスタート。私は、8時6分にスタート。気温は13℃で、走り始めは寒く感じられた。
12時過ぎにゴールした。結局、陽は一度も出ず、雲cloudが垂れ込めていた。気温は17℃位しか上がらなかったが、運動するにはいい条件だった。
このコースの前半は、信号が多く、車も多くて走りにくかったが、後半は東北自動車道の側道と利根川のサイクリングロードで、ほとんどノンストップで走ることができた。総上昇量が200mに満たないフラットなコース、普段の練習より楽だった。
走行距離 84.3km 、走行時間 3時間 20分、信号・撮影等の停止時間 17分、平均心拍数 148bpm、総上昇量 159m年初来走行距離 10,546.1km

|

« コスモス-2- | トップページ | 溝蕎麦(ミゾソバ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98876/49896260

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉ハーフセンチュリーラン-2-:

« コスモス-2- | トップページ | 溝蕎麦(ミゾソバ) »