« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

木立ダリア(コダチダリア)

あすから、12月。ことしももうひと月で終わり。年を取ると毎年毎年
が、早くなってくるように感ずる。
きょうも快晴、6時の気温は1℃と今季一番の寒さ。
10時過ぎ、温かくなってきたので、練習に出発。なんとなく足が重
。2日続けての「大会参加」のせいか?
あまり無理をせず、最大心拍数の60%程度、3時間程度を目標に走
った。
走行距離 75.0km 、走行時間 3時間 16分、信号・撮影等の停止時
間 8分、平均心拍数 102bpm(最大心拍数の62%)、年初来走行距
離 11,523.1km

1011b_3 昨年あたりから目につき始めた木立ダリア(コダチダリア)
ことしはあちこちの家で栽培しているようだ。
木立ダリアは、菊科、ダリア属。
メキシコ地方原産。
秋深い11月頃に、ピンク色の花をいっぱい咲かせる。
この花の場合「木立」は「こだち」と読むことが多いようです。
別名 「皇帝ダリア」。

季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

房総ツーリング④紅葉ライド-2-

きのう、「房総ツーリング④紅葉ライド」を走ってきた。
このイベントの主催者の「コース設定」「坂の多さ」には毎回驚か
されるが、今回も「楽しませて?」いただいた。
スタートしてしばらくは平らであるが、館山自動車道をくぐってか
ら、徐々に高度を上げて相川沿いの紅葉のきれいな山道を進む。勾
配がきつくなると、紅葉も目に入らなくなってくる。「梨沢の見晴台
まで一気に200mを超す上り である。そして「もみじロード」まで下る
こうした「上り」「下り」を何回やったか・・・
総上昇量は、私のGPSで1,524mだった(主催者資料約1700m)。
強い南西の風が一日中吹いており、「上り」での向かい風には苦
しめられたが、気温は15~18℃と温かく、まずまずの天気だった。
私は、スピードの速い順のグループの2番目に入った。「上り」で
は若い人にどんどん抜かれるし、平地でも付いていくのがやっとだ
ったが、最後までこのグループで走りきった。
下の写真は、昼食場所の三島湖君津市正木)の紅葉。
101128 走行距離 106.3km 、走行時間 5時間 0分、信号・撮影・休憩等の
停止時間 1時間45分、平均心拍数 133bpm、総上昇量 1,524m
年初来走行距離 11,448.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

清和の森サイクリング-2-

清和の森サイクリング」の60kmコースを走ってきた。きょうは、
実走スタッフ」としてのサイクリング。
1011272_3 私の役目は、60kmコースの第1組の最後尾担当。最後尾といっ
ても一組10人程度だから、把握は容易だ。上の写真は、最初の休
憩ポイントを過ぎ、木の根峠に向かう第1組。
晴れたり曇ったりで、北東の冷たい風が吹き、気温は14℃位しか上
がらない天気で、走っている時はいいが、停まると寒く感じた。下
の写真は、ゴール近くの小糸川上流に架かる橋の上の紅葉。
1011271 走行距離 61.3km 、走行時間 2時間 40分、信号・撮影・休憩等の
停止時間 3時間 20分、平均心拍数 119bpm、総上昇量 803m年初来走行距離 11,341.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

磯菊(イソギク)

暦の上では「小雪」(22日)も過ぎ冬であるが、季節的には正に
晩秋」である。霜も何度か薄っすらと降り、草木を枯らしてい
る。
朝からすっきりと晴れたが気温は高め。10時前、快晴、気温12℃、
北東の弱い風、「100km、最大心拍数の70%程度、無休憩」のL.S.D
トレーニング
に出発。「長袖ジャージ・タイツ」という出で立ちで
丁度いい。
帰着時13℃と気温は殆ど上がらなかったが、適度に汗もかき快適な
ライドだった。
走行距離 100.8km 、走行時間 4時間 21分、信号・撮影等の停止
時間 11分、平均心拍数 119bpm(最大心拍数の 72%)、年初来走
行距離 11,280.5km

1011 背丈が10cm位しかない、磯菊(イソギク) 。民家の庭先に咲いてい
た。市原市海士有木(あまありき)で。
1011_2 磯菊は、菊科、キク属。
開花時期は、10/25頃~12/15頃。
黄色の小さい花がたくさん咲く。
葉っぱのふちが白いのが特徴。
学名のChrysanthemumは、ギリシ
ャ語の「chrysos(黄金色)+
anthemon(花)」が語源。            
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

房総ツーリング④紅葉ライド

こんどの日曜日(28日)、サイクルイベントなどを企画・運営する
㈱KSインターナショナル主催の「房総ツーリング④紅葉ライド」に
参加する。
1011_2  左の図は、大会資料を基にPCで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)したコース図(黄色の線がコース、クリックすると大きくなります)。当日は、これをGPS(GARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは、「上総湊海浜公園南駐車場」(富津市湊)。
スタート地点から、梨沢を通り、もみじロードに至る道は、初めて
走る。KSインターナショナルのコース設定は、毎回驚かされ、今回
もどんな道か楽しみだ。
当日の富津市の天気は「晴sun時々曇cloud、最高/最低気温14/8℃、
降水確率20%」との予報.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)

関東地方が晴れなのに、房総半島だけが天気が良くないなど、自転
車に乗れない日が続いたが、きょうは四日振りのライド。午後から
天気は下り坂との予報通り、南の空には黒い雲があり、ゆっくりと
北に動いている。雨に遭うのはいやなので、この雲を見ながら、ペ
ダルを回した。
家に帰って1時間もしないうちに、ポツリ・ポツリと降り出した。
走行距離 100.1km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時
間 12分、平均心拍数 127bpm、年初来走行距離 11,179.7km1011
遠くからはピンク色の絨毯のように見える、姫蔓蕎麦(ヒメツルソ
バ)
市原市海士有木(あまありき)の民家の生垣と道路の間で。
1011_2 姫蔓蕎麦は、蓼(たで)科、イヌタ
デ属。ヒマラヤ地方原産。ピンク色
の小さい花がつぶつぶ状に球形に
集まって咲く。明治中期に渡来。庭
によく植えられる。ときどき群落して
いるのを見かける。どんどん伸びる
ので、雑草扱いされることもある。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

清和の森サイクリング

来週の土曜日(27日)千葉県サイクリング協会主催の「清和の森サ
イクリング
」に参加する。
101160km_2 左の図は、大会資料を基にPCで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)したコース図(黄色の線がコース、クリックすると大きくなります)。当日は、これをGPS(GARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは「清和県民の森第1駐車場」(君津市豊英)で反時計回りに一周する。
昨年は、110㎞(総上昇量約2,000m)のコースを走ったが、今年は
60kmの部に参加する。翌日の28日に「房総ツーリング④紅葉ライド
110㎞」に参加するので、楽なコースにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

背高泡立草(セイタカアワダチソウ)

冷たい北北東の風が吹いていて、気温がなかなか上がらない。
10時前、ようやく10℃となり出発する。長袖ジャージタイツ
ンナーグローブ
も着けた。それでも、まだ体が寒さに慣れていない
のか寒い。
10分ほどペダルを回して、やっと体が温まってきたが、心拍は上が
らず、やる気も出てこない。高滝湖の堰堤で引き返した。
帰着時の気温も12℃と、「寒いライド」だった。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 30分、信号・撮影等の停止時
間 9分、平均心拍数 104bpm、年初来走行距離 11,079.6km
1011 あれほど元気だった背高泡立草(セイタカアワダチソウ)も、霜に
やられたのか背の高いのは見る影もない。市原市番場の村田川の
土手で。
1011_2 背高泡立草は、菊科、アキノキリン
ソウ属。開花時期は、10/1頃~11/
20頃。北アメリカ原産の帰化植物。
明治時代に渡来。
戦後、各地で大繁殖。花を、酒を醸
造するときの泡立ちに見立てて、さ
らに背丈が高いので「背高泡立草」。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

ハーフセンチュリー茨城-2-

一週間前から「曇、降水確率30%」で変わらなかったが、前日(13日)の予報は「曇後晴れ、降水確率0%」と好転(好天?)した。
1011c_2 きょう、茨城県サイクリング協会主催の「ハーフセンチュリー茨城」を走ってきた。
雲の間から太陽が霞んで見える程度だったが、それほど寒くもなく、まずまずの天気だった。
左の写真はスタート地点の「那珂総合公園」(那珂市戸崎)。茨城県サイクリング協会は、事前にサイクルショプで安全点検をしてもらった「安全点検確認証」を提出した上に、車検(自転車の安全点検)を実施している。「ここまでやらなくても・・・」という人もいるだろうが、私のようにメンテが出来ない人間もいるのだから必要なことだと思う。
1011 スタートしてしばらくは平らなところを走っていたが、北に向かっていくうち徐々に高度を上げていく。標高100mを超えたあたりから少しきつい上りになる。
標高150m位に犬吠峠という看板があり、そこからは下り。
間もなく、久慈川に架かる岩井橋(右の写真、常陸太田市山片)を渡る。
そこからまた上り。やはり150m位の峠を越える。那珂川の流域に出て川上に進む。
那珂川大橋(下の写真、城里町御前山)を渡る。
1011_3 ここから山間部の林道と思しい道を上る。標高210m位で峠。後は下り基調で那珂川沿いの道をゴールに向かった。
ハーフでも、総上昇量は723mと「いいコース」である。
走行距離 82.3km 、走行時間 3時間 20分、信号・撮影・休憩等の停止時間 10分、平均心拍数 132bpm、総上昇量 723m年初来走行距離 10,999.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

公孫樹(イチョウ)

きのうの強風も治まり、よく晴れて、気温は朝方4℃位まで下がった。
10時前、気温が15℃近くになったので、「100㎞、最大心拍数の70%程度」を目標に高滝湖レイクライン2周コースに向かう。ウェアーは「長袖ジャージ・タイツ」
午後になると、「小春日和」という表現がぴったりの陽気で、少々汗ばむほど。
走行距離 100.4km 、走行時間 4時間 15分、信号・撮影等の停止時間 15分、平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 10,917.1km
1011b 高滝湖の湖畔の高台にある公孫樹(イチョウ) 。「本郷の大いちょう」と言われている。このところの冷え込みで、色づき始めた。周りが工事中のため、遠くから撮影。市原市本郷で。
公孫樹は、公孫樹科、イチョウ属。中国原産。昔、留学僧が持ち帰ったらしい。「公」は祖父の尊称。祖父がタネをまいても、実がなるのは孫の代になることから「公孫樹」。「季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

薄(ススキ)

気温も高く、快晴の空に釣られて出発したが、直ぐに後悔した。強い風が吹いている。それも南寄りの風で向かい風!!
風はどんどん強くなる(帰着後アメダスで調べると12時の風速は15m/s、強風注意報が出ていた)。牛久の先で戦意喪失
帰りは楽なはずだったが、突風で土手の下に飛ばされそうになる。往路は殆どハンドル下を持っていたが、帰路でも下ハンドルで重心を低くして帰ってきた。
走行距離 70.3km 、走行時間 3時間 0分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 117bpm、年初来走行距離 10,816.7km
1011 強風で薄(ススキ)の穂が横になっている。市原市土宇で。
1011_3  薄は、稲科、ススキ属。秋の月見のおそなえとして欠かせないもの。屋根材のほかにも、炭俵用、家畜の飼料用などとしてもよく利用される。別名  「尾花」花穂が獣の尾に似ていることから。秋の七草のひとつ。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

ハーフセンチュリー茨城

来週の日曜日(14日)「ハーフセンチュリー茨城」に参加する。
1011 左の図は、大会資料を基にPCで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)したコース図(紫色の線がコース、クリックすると大きくなります)。当日は、これをGPS(GARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは「那珂総合公園」(那珂市戸崎)、那珂川久慈川の下流域を反時計回りに一周する。
当日の那珂市の天気は「cloud、最高/最低気温16/7℃、降水確率30%」との予報で、微妙な天気???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

コスモス-3-

きのう(11月5日<金>)は、幕張メッセで「サイクルモード東京」の一日目が開かれ、出展している「自転車百哩走大王」の説明員として参加した。下の写真は、オープン前の会場。まだ、人影はないが夕方には人で埋め尽くされた。自転車ブームはすごいものだ。
002 けさは、よく晴れてsunいたため放射冷却により冷え込んだが、10時には15℃まで上昇、その後も穏やかで温かい気候となり、正に「小春日和」」。「100㎞、最大心拍数の70%程度」を目標にいつもの高滝湖レイクライン2周コースを走った。このコースの良いところは「安全」。車が少ないところが多く、また車の多いところの道路は路肩(路側帯)が広い。
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 12分、信号・撮影等の停止時間 8分、平均心拍数 121bpm(最大心拍数の 73%)、年初来走行距離 km
1010 ことしはコスモスが少ないように思う。それでも、村田川や養老川の土手には,誰が蒔いたのかあちこちに咲いていて楽しませてもらったが、それももう終わりのようだ。市原市柳原で。
1010_2 コスモスの語源は、ギリシャ語の「秩序」「飾り」「美しい」という意味の「Kosmos, Cosmos」の言葉に由来する。このことから、星がきれいにそろう宇宙のことを、cosmosと呼び、また、花びらが整然と並ぶこの花もcosmosと呼ぶようになった。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

溝蕎麦(ミゾソバ)

久しぶりにすっきりとした青空が広がった。
9時過ぎ、気温が15℃を超えたので「100㎞、最大心拍数の70%程度」を目標に練習に出かける。ウェアーは「半袖ジャージ・サイクルパンツにアームウォーマー・レッグウォーマー」 、帰着時の気温は20℃だったが、このウェアーでちょうど良かった。
ウイークデーなのに数人のサイクリストに会った。自転車ブームは本当のようだ。だが、私の前で「信号無視」(赤信号なのに通過した)。こういうことはやって欲しくない。
走行距離 100.1km 、走行時間 4時間 14分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 10,646.2km
1010 道路と田んぼの間の「溝」に咲いていた溝蕎麦(ミゾソバ)高滝湖畔で。
1010_2 溝蕎麦は、蓼(たで)科、イヌタデ属。水辺に生え、群生する。茎に下向きのとげがある。花はピンク色、米粒のような形で枝先に密集する。溝などの水湿地に群生し、蕎麦に似ているところから、この名前になった。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »