« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月29日 (水)

12,366km  

1012 12,366km  今年もよく走った。
上の図(クリックすると大きくなります)は、昨年と今年の月別走行距離。昨年より1千㎞ほど少ないが、6年連続で年間走行距離が1万㎞以上となった。
ロードバイクに乗り始めて(2005年2月)からの累計走行距離は、73,783kmとなり、来年の中頃には“地球2周”となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

山茶花(サザンカ)-3-

氷が張り、霜が降りた。陽sunが出てくるにつれ気温は上がり、10時には6℃を超えた。
きょうも、「3時間、最大心拍数の65%程度、無休憩」L.S.Dトレーニング。「L.S.Dは、基本トレーニングであると同時に、路面状況に即した走り方やテクニックを覚えられる実践的なトレーニングでもある」と、山中大介さんは著書『ロードバイクテクニック』の中で述べている。私が、ローラーでの練習をやらない一つの理由は、ここにある。
きょうは「仕事納め」の日。私もことしのライドはきょうで「走り納め」とする。
ことしの年間走行距離は、12,366.4kmだった。
走行距離 72.3km 、走行時間 3時間 10分、信号・撮影等の停止時間 8分、均心拍数 115bpm(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 12,366.4km
1012b 童謡「たき火」に「♪さざんか さざんか さいたみち たきびだ たきびだ おちばたき~」とあるように山茶花(サザンカ)は冬の花。市原市上原で。
1012 山茶花は、椿科、ツバキ属。開花
時期は 10/10頃~翌2/10頃。花
の少ない晩秋から初冬にかけて
咲き出す。長い間咲き、正月を過
ぎても楽しめる。椿の漢名「山茶
花」が、いつの頃からかこの名前
として間違って定着した。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

山茶花(サザンカ)-2-

クリスマス寒波”がやってきているという。日本海側では大雪らしいが、当地は乾燥した晴sunの日が続いている。
10時過ぎ、快晴、8℃、L.S.Dトレーニングに出発。L.S.Dトレーニングについて山中大介さんは、このようにも言っている「トレーニング中は、自転車から降りないことを心掛けてほしい」。私もL.S.Dのときは、信号、撮影、小用など以外は自転車から降りないようにしている。
走り出して直ぐに今日は止めようかな、と思った。西寄りの風が、冷たくしかも非常に強い(12時ごろは10m/s)。往路は完全に向かい風。ハンドル下を持って、ひたすらペダルを回した。
きょうからウェアーを「防寒ジャケット・防寒タイツ」にした。
走行距離 90.1km 、走行時間 4時間 1分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 12,294.1km
10122b_2 菊の花も霜にやられ、いま咲いているのは山茶花(サザンカ)市原市潤井戸の村田川の土手で。
1012 山茶花は、日本が原産地。
江戸時代に長崎の出島のオランダ
商館に来ていた医師ツンベルクさ
んがヨーロッパに持ち帰り、西欧
で広まった。
学名もサザンカ。
英名もサザンカ(Sasanqua)。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

山茶花(サザンカ)

低気圧が北東に進んでおり、朝方まで非常に強い雨rainが降っていた。気温は高く、6時で13℃。8時過ぎには陽sunが射してきた。
L.S.Dトレーニングについて山中大介さんは「乗るときは最低3時間は乗り込むように心がけたい」と言っている。私も出来るだけそうしており、きょうの目標は「3時間、最大心拍数の65%程度、無休憩」
路面が濡れている所や、水溜まりもあちこちにある。村田川や養老川は濁流が川幅いっぱいに流れている。昨夜からの雨は相当降ったのだろう。
雨の後はパンクし易いという予感が当たってしまった。前輪がパンクした。タイヤを調べたが異物は見つからなかった。たぶん、鋭利な砂利などが刺さったのだろう。チューブ取替の所要時間8分。
走行距離 75.7km 、走行時間 3時間 12分、信号・撮影等の停止時間 18分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 12,204.0km
10123b 菊の花も霜にやられ、いま咲いているのは山茶花(サザンカ) 市原市潤井戸の村田川の土手で。
10123 山茶花の花びらは、1枚ず散る。
薮椿は、花ごと散る。山茶花は秋
から冬に咲き、藪椿は、春になっ
てから咲く。寒椿とは、葉っぱも
花も開花時期もほぼ同じでなかな
か見分けがつかないが、背丈でお
およそ区別できる。                     
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

菊(キク)-5-

  山中大介さんは、L.S.Dトレーニングについて「L.S.Dには、毛細血管の隅々まで酸素がいきわたり、有酸素運動のエネルギー代謝効率が良くなるという効果がある。簡単に言えば、長距離を走るための持久力が高まる」と著書『ロードバイクテクニック』の中で述べている。
この時期は、とかく飲食の誘惑が多い。現役時代ほど多くはないし、ボーナスというものが無くなったため財布も豊かではないが、ついつい飲んでしまい食べてしまう。結果として 摂取㌍>消費㌍ ⇒ 体重増加!!!
ということで、L.S.Dトレーニング・・・目標は「4時間、最大心拍数の65%程度、無休憩」 。10時過ぎから晴れてきて、南西の風がやや強かったが、冷たい風ではなかった。帰着時の気温は18℃を超えていた。
走行距離 94.6km 、走行時間 4時間 3分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 12,128.3km
1011b_3 道端に咲く花が、殆んど無くなってきた。頑張っていた菊(キク)もそろそろ終わりか?市原市土宇で
1011 菊の花の盛りは11月だが、冬にな
っても「残菊、晩菊」というサブ
ネームで咲き続ける。これらは小
菊だが、野性味の濃い小菊は寒さ
には強い。冬になっても咲いてい
るので「冬菊」、寒気の中で咲い
ているので「寒菊」とも呼ぶ。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

菊(キク)-4-

ことしの大会はすべて終わり、オフシーズンに入った。
私のオフの練習は、“L.S.Dトレーニング”がメイン。 『山中大介のロードバイクテクニック』「このL.S.Dは、そういうローディとしてのベーシックな体力を養うには絶好のトレーニング」と書いてあるからである。
きょうは「4時間、最大心拍数の65%程度、無休憩」を目標にしたL.S.Dトレーニング。10時過ぎ、気温12℃、晴れ、風も弱くいいコンディションだった・・・昼過ぎになると雲が出てきた。それも空一面に黒い雲が湧き上がっている。予報は一日晴れのはずだったが。それでも降られることはなく、帰還。
走行距離 94.7km 、走行時間 4時間 1分、信号・撮影等の停止時間 15分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 12,033.7km
1011b 道端に咲く花が、殆んど無くなってきた。目につくのは、菊(キク) 市原市養老の高滝湖畔で。
1011 中国では菊は不老長寿の薬効があ
るとされ、陰暦の9月9日(重陽の節
句)には菊酒を飲み長寿の祈願をし
た。これがしだいに日本にも伝わり
菊の花を酒に浮かべて飲み花を鑑
賞する「重陽の宴」が催されるよう
になった。            
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

千葉ツインレイクエコサイクリング-2-

朝 5時過ぎ、真っ暗な中を出発した。高速道路はガラガラ、千葉北ICで降り、国道16号を北上する。日の出前に我孫子市役所駐車場に到着。
よく晴れsunており、気温は6℃。ウェアーは、長袖ジャージ・タイツにウィンドブレーカーを着た。
スタート&ゴールの「手賀沼親水広場」で受付を済ます。下の写真は手賀大橋から見た手賀沼(柏市岩井新田)。
003 予定より早い、7時51分にスタート。利根川の左岸(茨城県側)に出てからは、折り返し地点の佐原まで、ひたすら土手の上の道を進む。気温が上がってきたので、佐原でウィンドブレーカーを脱いだ。
復路も利根川の土手を戻るが、途中で長豊橋を渡り、印旛沼に向かう。下の写真が印旛沼印西市吉高)。
1012_2 千葉ニュータウンの中を通り、2時 48分ゴール。
平坦なコースだが、距離はたっぷりあり、募集要項にも「平均速度25㎞/h巡行が完走の目安」と記されている。日が短いこの時季ならでの記述。
ゴール後は、この大会の名物となった、我孫子駅「弥生軒」の「唐揚げそば」(大きな鶏の唐揚げがのっている)を期待していたが、ことしは小さなカップに入った「けんちん汁」だった・・・何故か裏切られた気分である。
大会運営も昨年から比べると、いろんな面で悪くなっている。長距離走愛好家としては、残念である。それに、ことし参加した大会で、参加費が高い と思ったのは、「ツール・ド・ちば」と この大会、いずれも千葉県で開催された大会で県民の一人として情けない。
これで、私の ことしの「大会参加」は終わり となる。
走行距離 134.8km 、走行時間 5時間 28分、信号・撮影・休憩等の停止時間 1時間 29分、平均心拍数 138bpm(最大心拍数の 84%)、総上昇量 290m年初来走行距離 11,939.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

菊(キク)-3-

今度の日曜日(12日)の「千葉ツインレイクエコサイクリング」の天気はまずまずのよう・・・「週間天気」によると千葉県北西部は「晴時々曇、最高気温15℃、最低気温8℃、降水確率30%」との予報。スタート地点の我孫子市の気温は、これよりも低めだろう。
きのう、おとといと2日続けての忘年会。美味しいお酒bottleをたくさん飲み、美味しい鍋などを沢山頂いた。当然体重は目標範囲を逸脱。きょうは、 “減量のための有酸素運動” (最近これが多いが・・・)と、12日の大会前の軽めの練習を併せてやることになった。
よく晴れてsun日差しは強いが、頬に当たる風が冷たく感じた。今季初めてである。
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 30分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 11,804.2km
1011b 道端に咲く花が、殆んど無くなってきた。目につくのは、菊(キク) 市原市牛久で。
1011きく」は漢名の「菊」を音読みし
たもの。また、「菊」の漢字は、散
らばった米を1ヶ所に集める、の意
で菊の花弁を米に見立てたもの。
漢名の「菊」は”究極、最終”を意
味し、一年の一番終わりに咲くこと
から名づけられた。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

菊(キク)-2-

空に一片の雲もない「冬晴れsun」の朝、放射冷却により気温は0℃まで下がり、今季初めて薄氷が張った。
きのうの“減量のためのライド”で、体重は目標範囲の上限近くまで減ったので、もう少し落そうと「消費㌍1,000kcal程度」を目標に走った。
コースはいつもの高滝湖レイクライン2周、心拍数を110位になるようにペダルを回した。結局、消費㌍は、1,058kcalだった。
好天の日曜日、多くのサイクリスト出会ったが、若い人の何人かがヘルメットを被っていなかった。私は、スリップして転倒、ヘルメットが少し壊れた経験があるが、お蔭で頭は壊れなかった。ロードバイクに乗るなら、ヘルメットを被るべきだと思う。
走行距離 100.8km 、走行時間 4時間 23分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 11,724.1km
1011b 道端に咲く花が、めっきり少なくなってきた。目につくのは、菊(キク)市原市瀬又で。
1011は、皇室の紋章になり、日本の
国花になった。
日本の国花は、この菊と桜の2つ。
中国で呼ばれる「四君子(竹、梅、
菊、蘭)」 の一つ。
水墨画の画材にもよく使われる。
         
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

菊(キク)

きのうの“豪雨rain”と“暴風typhoon”が嘘のような「冬晴れsun」の空が広がっていた。
この3日間、運動らしいことを全然やらなかった。案の定、体重が目標範囲から逸脱していた。きょうは「消費㌍1,000kcal以上」を目標にした“減量”のためのライド
これまでの経験から、平均心拍数が最大心拍数の65%位で100㎞走るとこれくらいになるはずだ。
結果、消費㌍は、1,199kcalだった。
出発時の気温は 11℃、帰着時は 14℃と「長袖ジャージにタイツ」という出で立ちが丁度いい気候・・・
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 120bpm(最大心拍数の 73%)、年初来走行距離 11,623.3km
1011_2  道端に咲く花が、めっきり少なくなってきた。目につくのは 菊(キク) 市原市上原で。
1011_3は、菊科、キク属 。開花時期は、
10/20頃~12/20頃。東洋で最も古
くからある鑑賞植物らしい。平安時
代に中国から渡来。             
改良が重ねられ多くの品種がある。
園芸品種としては「スプレーマム」
や「ポットマム」 などが知られる。
季節の花300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

千葉ツインレイクエコサイクリング

1012 12日の日曜日にNPO法人フレンドシップサイクル協会が主催する
千葉ツインレイクエコサイクリング」に参加する。
上の図は大会資料を基にPCで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)
したコース図(黄色の線がコースクリックすると大きくなります)。
当日は、これをGPSGARMIN GPSmap60CS)にダウンロードして
ナビゲーションする。
スタート&ゴールは「手賀沼親水公園」(我孫子市)。往路は利根
川の左岸(茨城県側)の道を進み、佐原で折り返し。復路も同じ道
を戻るが途中から印旛沼へ向かい、千葉ニュータウンを通りゴール
する。距離は 136kmだが、総上昇量は 290mフラットなコース
この大会で今年の「大会参加」は終了。「東京センチュリーライド」
は風邪のためDNS(Did Not Start、スポーツ用語で、エントリー
後何らかの事情でスタートできなかった場合)したが、22の大会
に参加
することが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »