« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

春紫苑(ハルジオン)

東日本大震災を引き起こしたのは、発生が予測されていなかったマグニチュード9.0の超巨大地震だった。なぜ「想定外」だったのか?地震調査委員会の阿部勝征委員長(東大名誉教授)は「ここではM9が起きないというパラダイム(思考の枠組み)に縛られていたのは反省点だ」と述べた(11.4.26読売新聞)。
地震・原発事故・電力不足の先行きが不透明な状態が続き、重苦しい空気が充満している。いま何をなすべきか?答えが見つからないまま、イライラが増す・・・
ゴールデンウィークが始まり、新緑が眩しい。地震を起こしたのも自然なら、新緑にするのも自然・・・とても自然には勝てないな、などと考えながらペダルを回した。
きょうは、久しぶりにTREK1400 に乗った。乗り心地は長年(5年)乗っていたこともあり、悪くない。フロントディレイラーの調子が良くない。
走行距離 100.7km 、走行時間 4時間 10分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 109bpm、年初来走行距離 3,740.7km
1104 田んぼの用水路に咲いている春紫苑(ハルジオン) 市原市菊間で。
1104_2 春紫苑は、菊科、ムカシヨモギ属。
開花時期は、4/1頃~5月末頃。北
アメリカ原産の帰化植物。
”春に咲く「紫苑(しおん)」”
から、「春紫苑(はるじおん)」
と呼ぶようになった。花は姫女苑
(ひめじょおん)にそっくり。
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

花韮(ハナニラ)

銚子センチュリーラン」が中止となった。東日本巨大地震の津波waveの被害に遭った旭市を通るコースのため開催は困難だと思っていたが、やはり駄目だった。これで今年私が参加予定だった「渡良瀬ミーティング」(4/10)、「潮風サイクリング」(4/17)、「東京センチュリーライド」(5/4)、「霞ヶ浦一周サイクリング」(6/12)、「銚子センチュリーラン」(7/17)の5つの大会が中止となった。
大会に出て大勢の人と一緒に走るのは楽しいもので、中止は大変残念であるが仕方がない。予定していた参加費+αを義援金yenとして日本赤十字社に送ることにする。
きょうも、フィットネス(健康維持のための運動)として一人でサイクリング。自転車に乗ることは、身体の健康だけでなく精神面(ストレスの解消)でも非常にいいと思っている。
走り始めはそれ程でもなかったが南西の風が強くなり、帰着後アメダスで見ると「12時 南西の風 9m/s」となっていた。向かい風に気持ちが萎えthink、途中で引き返した。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 35分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 101bpm、年初来走行距離 3,640.0km
1104b 白色が多いが、たまにうす紫色のものもある花韮(ハナニラ) 市原市海士有木で。
1104 花韮は、百合科、イフェイオン属。
開花時期は、2/10頃~5/10頃。南
アメリカ原産。星型、白い花。う
す紫色の種類もある。葉っぱをち
ぎると名前のとおりニラのにおい
がする。花が美しく、葉が韮に似
ていることから「花韮」と命名。
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

花大根(ハナダイコン)

東日本巨大巨大地震による福島第一原発事故の風評被害が大きくなってきている。風評とは「世間の評判」と辞書には書いてある。。
風評被害で、損をする人(被害を受ける人)がいるのなら、得をする人もいるのだろうか??
風評を作り出すのは、「つぶやき」か、「世間話」か、「マスコミの報道の仕方」か、あるいは「不安を持つ人の心」か???
いづれにしても、大震災、巨大災害の後の混乱している時のこうしたことは嫌なものである。
きのうは、強い南風が吹き、一日中雨が降ったり止んだりという天気。けさは打って変わって、雲一つない青空が広がり、新緑の木々が眩しい。半袖ジャージにサイクルパンツという出で立ちには少し早いが、日焼け止めをしっかり塗って出かけた。
絶好のサイクリング日和だけあって、数人のサイクリストに出会った。しかし、昨年の秋と比べると、非常に少ない。
走行距離 91.4km 、走行時間 3時間 58分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 107bpm、年初来走行距離 3,560.0km
1104b 花大根(ハナダイコン)は、名前とは違い可憐な花だ。市原市瀬又で。
1104 花大根は、油菜科、オオアラセイ
トウ属。開花時期は、3/10頃~5月
末頃。中国原産。江戸時代に渡来。
花が大根に似ているからこの名前
に。紫色の4弁花。1935年頃、東
アジアから渡来。菫(すみれ)に
似ている。背丈は菫より高い。 
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

蔓日日草(ツルニチニチソウ)

「ここでマグニチュード9が起こるなんて、誰も思っていなかった」と、東北大学の松沢暢教授は、世界の地震学者たちの思いをそう代弁した(11/04/10読売新聞)。
正に、東日本巨大地震は「想定外」の超巨大地震だったのである。しかも、この震源域の東側で、マグニチュード8級の巨大地震が、早ければ1か月以内に発生する可能性が高いといわれている。そうなったら恐ろしいことになるかも・・・
きょうもストレス解消のため、ペダルを回す。もっと明るい気持ちで乗りたいものだ。
きょうもロードバイクに乗っている人は、競輪の選手1人に出会っただけだった。サイクリストは何処へいってしまったのか?
走行距離 83.5km 、走行時間 3時間 29分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 109bpm、年初来走行距離 3,468.6km
1104b 花の色といい、形といい何か神秘的なものを感ずる蔓日日草(ツルニチニチソウ) 市原市海士有木で。
1104 蔓日日草は、夾竹桃科、ツルニチ
ニチソウ属。開花時期は、2/25頃
~5/25頃。地中海沿岸原産。
ヨーロッパでは、「蔓日日草を身
につけていると悪いものを寄せつ
けず繁栄と幸福をもたらしてくれ
る」という言い伝えがある。
季節の花 300」から抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

菫(スミレ)

東日本巨大地震の津波による福島原発の「電源喪失」は、「想定外」だったと、元原子力安全委員長が認めている。また「水素爆発」も「想定外」だったと原子力保安院が言っている。
今回の福島第一原発の事故は、この2つの「想定外」が深刻な事態をもたらしているといっていいだろう。2つもの「想定外」に、どう対処していくのか?
きょうは二十四節気の一つ「 穀雨」。春の雨が全ての穀物を潤すという意味だとか。6時の気温は3℃と冷え込んだ。日中の気温もあまり上がらなかったが、健康のためペダルを回した。
5月4日に予定されていた東京サイクリング協会主催の「東京センチュリーライド」が中止となった。これで、6月までに参加を予定した8大会中、4大会が中止となった。フィットネス(健康のための運動)として始めた自転車だが、長距離走が楽しくなり各地の大会に参加してきた。ことしは幾つの大会に参加出来るのだろうか??
走行距離 81.1km 、走行時間 3時間 30分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 105bpm、年初来走行距離 3,385.1km
1104b この菫(スミレ)は、匂いがしないから、立壺菫(タチツボスミレ)だと思う。市原市土宇の杉林の中で。
1104は、菫科、スミレ属。開花時期
は、3/10頃~5/10頃。花の形が、
大工道具の”墨入れ”に似ている
ことによる。「すみいれ」の呼び
がしだいに「すみれ」になった。
いろいろな種類があり、国産、外
国種とも合わせると数百種類。   
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

春のサイクルトレイン2

地元のイベント会社㈱KSインターナショナルが主催する「春のサイクルトレイン」に参加した。サイクルトレインとは自転車を鉄道車両内に、解体せずに持ち込むことができるサービス。
11042_2  集合場所の小湊鉄道五井駅まで自宅から15㎞、自走(自転車に乗って走ること)でもよかった。駅前の駐車場に車を停め、受付を済まし、気動車に乗る。左の写真が社内の様子(ピンボケでした)。
1時間ちょっとで終点の上総中野駅に到着。ここがサイクリングのスタート地点。
1104_2  きょうのサイクリングは、「撮影講習」が行われた。
講習会をやったり。

1104_3 自転車で走っているところの撮影の仕方。私はフレームに入らなかった。

1104_5 小湊鉄道の撮影。

1104_6 撮影会のような趣向も・・・

楽しかった!!!


走行距離 61.7km 、走行時間 3時間 30分、信号・撮影・休憩等の停止時間 2時間 53分、年初来走行距離 3,304.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

烏野豌豆(カラスノエンドウ)

東日本大震災で被災された方々は、必要なものをも欠く生活を続けているのだろう。わずかばかりの寄付しかできない自分をもどかしく思うが、少しでも早く危急の時を乗り切り、本格的な復興の道を歩めることを願っている。
予定していた会合が中止になったので、その会費+α日本赤十字社に寄付した。
1104 きょうも「100㎞、最大心拍数の65~70%」を目標にペダルを回した。
このところ、風の強い日が続いていたが、きょうは穏やか・・・
cherryblossomに続き、梨、桃、躑躅なども咲き出し、正に「百花繚乱sign03」。
今週から田植も始まった
17日(日)の「春のサイクルトレイン」は、今月私が参加する唯一のサイクルイベント、当初「雨rain」の予報だったが「曇cloud時々晴sun」に変わってきた。
走行距離 103.0km 、走行時間 4時間 23分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 66%)、年初来走行距離 3,242.3km
1104b どうしてこういう名前が付いたかはしらないが、烏野豌豆(カラスノエンドウ)が咲いている。市原市新堀で。
1104_2 烏野豌豆は、豆科、ソラマメ属。
開花時期は、2/10頃~ 5/10頃。
春いかにも豆科っぽいピンク色の
花が咲く。春、若芽を天ぷらにす
るとおいしいらしい。 
これより小さいものに、「雀野豌
豆」(すずめのえんどう)がある。 
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

鈴蘭水仙(スズランスイセン)

最近、血圧が高めupになっている。
血圧は、ストレスによっても上昇するといわれている。私の場合、地震や原発事故の重苦しい情報への不安などの情感が重なり、ストレス状態に陥ったのではないか。血圧を下げるには、ストレスを解消しなければならない。
私のストレス解消法は、自転車に乗ること!!!
ということで、散り始めた桜を愛でながらのL.S.Dトレーニング。目標は「100㎞、最大心拍数の65%程度、無休憩」で、高滝湖レイクライン2周コースの予定だったが、1周したところでやる気が失せ、帰還。
1104_2  4月になると村田川の新瀬又橋から君見川橋にかけて(市原市瀬又鯉のぼりがたくさん飾られる。
この時期は割と強い風の日が多い。
きょうも元気に泳いでいた。
桜と菜の花と鯉のぼり・・・いい季節になった。

けさも強い地震があり、震源地は千葉県東方沖。昼過ぎ、ライド中に緊急地震速報「千葉県東方沖で地震発生」。震源が当方に近づいてきている・・・
走行距離 91.6km 、走行時間 4時間 0分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 3,139.3km
1104b 養老川の土手に群生している鈴蘭水仙(スズランスイセン)市原市土宇で。
1104_3 鈴蘭水仙は、彼岸花科、スノーフ
レーク属。開花時期は、3/5頃~4
月末頃。地中海沿岸原産。垂れ下
がったようすがおもしろい。鈴蘭
のような、水仙のような・・・ 
別名 「スノーフレーク」。 ”小
雪のかたまり”といった意味。 
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

木瓜(ボケ)

東日本巨大地震によって起きた福島第一原発の事故は、なかなか収束の目処がたたない。これ以上沢山の放射性物質を環境に出さないようにして欲しい。未知のことばかりで困難なことが多いと思うが、頑張れsign03私は何もできないが・・・頑張れsign01sign01sign01
1104cherryblossom満開になった。
きょうは日曜日、花cherryblossomの下に大きなブルーシートを敷いているグループが何組も花見をしている。
でも、カラオケkaraokeや音楽notesは流していないようだ。多少は自粛しているのかな。
市原市岩野見の通称「更級川」の両側に咲いている桜並木。
そういえば、日曜日だというのにサイクリストに全然会わない。どうしたんだろう?
走行距離 82.3km 、走行時間 3時間 31分、信号・撮影・休憩等の停止時間 20分、平均心拍数 104bpm、年初来走行距離 3,047.7km
1104b 燃えるような赤色の木瓜(ボケ) 。私の田舎では、庭に植えると火事になるといわれていたが・・・市原市潤井戸の村田川の土手で。
1104_3 木瓜は、薔薇科、ボケ属 。開花時
期は11/25頃~4/15頃。中国原産。
実が瓜のような形であるところか
ら「木瓜」。「木瓜」を「もっけ」
と呼んでいたのが次第に「もけ」
→「ぼけ」になった。
花の色は赤、白、ピンクなど。
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

春のサイクルトレイン

1104 17日の日曜日、㈱KSインターナショナルが主催するサイクルイベント「春のサイクルトレイン」がある。
左の図は、そのコース図。
クリックすると大きくなります
まずは、小湊鉄道の五井駅から気動車に乗り、終点の上総中野駅へ。
当日は貸切車両で、自転車は輪行袋に入れなくてよく、そのまま乗せることができる。
スタート地点は上総中野駅前。
大多喜の街を抜けしばらくすると伊藤大山(標高246m)の上りになる。このコース一番の上り。
あとは養老川に沿って走る平坦なコースで五井駅に戻る。走行距離約60㎞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

連翹(レンギョウ)

節電の効果だろうか、「計画停電」が無い日が続いている。しかし、この夏の電力不足は確実である。最近になって「計画停電」ではなく大口需要家の「総量規制」にすべきとの声が大きくなってきている。この方が、混乱は回避できる、と私は思うが、「節電」は必要だ。
我が家は数年前にオール電化にし、一日の電力使用量の50%以上を夜間に使用している。これからも、昼間の電力使用を減らす(節電)と同時に夜間へシフトするというやり方で、電力不足に対応していくつもりである。
花曇」(はなぐもり)とは、桜の咲く頃、空が薄く曇っているこを言うらしい。きょうは正にそんな天気。きのうの暖かさで、桜の開花が急速に進んだようだ。5分咲きといったところか・・・
桜の多い道を選びながら、のんびりとペダルを回す。こういうライドもいいもんだ。途中、上総牛久の和菓子屋で柏餅を一つ買い、食す。
走行距離 86.0km 、走行時間 3時間 45分、信号・撮影・休憩等の停止時間 33分、年初来走行距離 2,965.4km
1104b 連翹(レンギョウ)の黄色は鮮やかだ。市原市瀬又で。
1104 連翹は、木犀科、レンギョウ属。
開花時期は、3/20頃~4/20頃。古
名は「鼬草」(いたちぐさ)。中
国が原産地。本来「連翹」とは巴
草をさしていたが、この木に誤用
され、以来この木が「連翹」の名
で呼ばれるようになった。
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

雪柳(ユキヤナギ)

4月だというのに、薄氷が張り、薄霜が降りた。東北の被災地はもっと寒いだろう。特に、年配者は堪えるだろうな・・・
陽が出ると気温は急上昇、9時には10℃近くに。きょうは、「80㎞、最大心拍数の65%程度、無休憩」L.S.Dトレーニング。重苦しい情報ばかりでストレスが溜まっている時には、走るのが一番である。
11041_2  桜cherryblossomが咲き始めた。いよいよ春本番。
しかし、ことしは浮かれた気分になり難いこのごろである。
写真は、市原市岩野見の通称「更級川」の桜。例年は川に船を浮かべて桜を愛でるのだが、ことしはやらないようだ。
走行距離 85km 、走行時間 3時間 35分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 2,879.4km
1104b 可愛らしい小さな花を無数につける雪柳(ユキヤナギ) 市原市番場で。
1104 雪柳は、薔薇科、シモツケ属。開
花時期は、3/10頃~4/15頃。中国
原産。葉が柳の葉に似て細長く、
枝いっぱいに白い花を雪が積もっ
たように咲くところから。花がい
っぱい散ったあとの地面も雪がパ
ラパラと積もったように見える。
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

日向水木(ヒュウガミズキ)

私が、がん治療で浴びた放射線は、およそ66,000mSv(ミリシーベルト)。皮膚の表面は黒く焼けたようになったが、日焼けの皮がむけるように元に戻った。がん細胞は焼き殺され、以後12年間再発していない。
私が住んでいる所の放射線量(新聞で発表されている)は0.07μSv(マイクロシーベルト)/h。1年間では0.61mSvとなり、私たちが平均して大地から0.4mSv宇宙から0.35mSv(いずれも年間)受ける自然放射線より少ない。つまり、何ともないのだ!!“放射能”が怖いから、自転車に乗るのをやめたなどというサイクリスト諸君、何ともありません!!!
そんなことで、私はきょうも走った。健康維持のための運動(フィットネス)として・・・
走行距離 81.2km 、走行時間 3時間 32分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 102bpm、年初来走行距離 2,794.4km
1104b_2 小さい花がたくさん咲いている日向水木(ヒュウガミズキ)市原市廿五里で。
1104 日向水木は、満作科、トサミズキ
属。開花時期は、3/15頃~4/5頃。
「日向~」の名前の由来は、日向
(宮崎県)に多く植栽されていた、
という説と、明智日向守光秀の所
領だった丹波地方(京都北部)に
多く植栽されていたという説あり。
-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

白木蓮&辛夷

4月のサイクルイベントにエントリーしていた「渡良瀬ミーティング」、「潮風サイクリング」が中止になった。支払済だった参加費を東日本大震災の義援金とする旨の連絡をした。
酒の入る会合(例会)も中止になるらしい。それらの会費+αを東日本大震災の義援金として日赤に寄付した。年金生活者としてはこれ位しかできない。
きょうは、風も弱く、気温も上がってきたので、ポタリング(自転車で散歩すること)に出かけた。
昭和の森千葉市緑区土気)には、春休みの家族連れが大勢来ていた。満開を迎えている白木蓮(ハクモクレン)辛夷(コブシ)が見事に咲いていた。
走行距離 36.2km 年初来走行距離 2,713.2km
1104b_7 白木蓮は、木蓮科、モクレン属。開花時期は、3/10頃~ 4/10頃。白い清楚な花。花びらの幅が広く、厚みがある。花は上向きに閉じたような形で咲く。全開しない。これが辛夷と違うところ。
花びらは太陽の光を受けて南側がふくらむため、花先は北側を指す。「つぼみ」の頃は片方にそり返っていることから、「磁石の木」と呼ばれることもある。             
1104b_8 辛夷は、木蓮科、モクレン属。開花時期は、3/15頃~4/15頃。
つぼみが開く直前の形が子供のにぎりこぶしに似ているところからこの名前になったらしい。白い花で、花びらの幅は狭い。全開する。白木蓮より小さい。-「季節の花 300」から抜粋 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »