« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

津軽半島センチュリーラン

8月7日(日)に五所川原市サイクリング協会が主催する「津軽半島センチュリーラン」があり、参加する。
1108cr 左の図は、大会資料を基にPCで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)した「津軽半島センチュリーラン」のコース図(黄色の線がコースクリックすると大きくなります)。当日は、これをGPSGARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは「つがる克雪ドーム」(五所川原市唐笠)で、津軽半島の中央部を北上、竜飛崎で折り返し、日本海側の道を南下するコース。最大の難所は、竜飛崎を過ぎてからの標高差500mの山越え(青函トンネルの真上を通る辺り)である。
ちょうど、五所川原は立佞武多(たちねぶた)の最中、夜はこの祭りhappy01も楽しめるという結構な企画だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

待宵草(マツヨイグサ)

ロードバイクに乗り始めてから6年半になるが、累計走行距離が「地球2周(赤道の全周40,075km×2=80,150km)」を超えた。平均すると年間1万2千km、毎月1,000kmを走ったことになる。
元々健康のために始めた自転車だが、この間、私の身体にどんな変化があったのか。体重は、72kg→58kg体脂肪率は、27%→17%腹囲は、92cm→76cmとなった。
自転車は健康のために非常にいいと思っている。
5時半、気温25℃、曇、弱い南寄りの風、「3時間、最大心拍数の65%程度、無休憩」を目標とした「朝練」に出かける。上総牛久の先で折り返してしばらくすると、雨が降ってきた。パラパラと降る雨で、顔や肌に当たると気持ちがいい。帰着するころには薄日が差してきた。寒気が張り出していて不安定な天気との予報だったが、そのとおりだった。
走行距離 70.4km 、走行時間 2時間 58分、信号・撮影等の停止時間 8分、平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 6,903.9km
1107b 道路脇のアスファルトの隙間にも生える強い花、待宵草(マツヨイグサ)市原市海士有木で。
1107 待宵草は、赤花科、マツヨイグサ
属。開花時期は、7/10頃~1015頃。      
北アメリカ地方原産。
夕方、宵になるのを待つようにし
て花が咲く。待宵草の仲間は、す
ごく似ていて見分けがむつかしい。
ここでは“待宵草”としておく。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

サイクルトレイン120km

きのう、「BoSoツーリング③ サイクルトレイン120km」に参加した。
1107 集合場所(=ゴール地点)の市原市役所駐車場から小湊鉄道の始発駅の五井まで自走。2車両を貸切、座席の間に交互に自転車を置くという、いつもの光景。約1時間のサイクルトレインで、終点の上総中野駅に到着。
ここからは通常(山岳)コースと避暑(平地)コースに分かれる。私は迷わず(?)通常コースに入った。
このイベントの主催者 KSインターナショナルは、毎回新たなルートを開拓してくれ、楽しみである。今回も、新しい「上り」がいくつかあった。しかし、鴨川有料道路から三島湖に至る「香木原林道」のトンネル内で追突事故があったと聞いた。急こう配で真っ暗なトンネルを、ライトを点けずに走行するのは危険だ。このようなコースを通るときには「車検」が必要だし、トンネル内でのサングラス使用禁止を周知しなくてはいけないのではないか、と思った。
走行距離 123.9km 、走行時間 5時間 22分、信号・撮影・休憩等の停止時間 2時間 33分、平均心拍数 114bpm、総上昇量 1,435m年初来走行距離 6,833.5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

バーベナ

007 台風6号の影響で、3日間雨が降った。台風が房総半島の遥か南の海上に進んだ昨日は、北東の冷たい空気が流れ込み、最高気温が20℃程度。夏とは思えない涼しさだったが「土用の丑の日」、鰻を食した。
きょうも低めの気温が続いている。4日振りに自転車に乗り、九十九里海岸に向かった。台風がまだ南東の海上にあり、海は時化ていた(九十九里町真亀の豊海海岸で)。
先日の「松本⇔白馬180㎞」は、自分でもびっくりするほど足が良く回り、ライド後の筋肉痛や疲労も全然無かった。しかも、これまでよりも30分以上早く走れた。
練習の積み重ねで強くなったのか?体調が良かったのか?気象条件が良かったのか?よく分からない。
走行距離 100.5km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 108bpm、年初来走行距離 6,709.6km
1107 市原市磯ヶ谷の信号機の根元に毎年咲くバーベナ
1107_2 バーベナは、熊葛(くまつづら)
科、 バーベナ属(または クマツ
ヅラ属)。南アメリカ地方原産。
5弁花。花色豊富。晩春から夏に
かけて長い間咲きつづける。「タ
ピアン」「花手毬」などの園芸品
種名がついている。            
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

BoSoツーリング③

こんどの日曜日(24日)に、「BoSoツーリング③サイクルトレイン120㎞」があり、参加する。
1107 左の図は、資料を基にPC(地図ソフトはMapSource)で作成したコース(黄色の線クリックすると大きくなります)。
集合場所=ゴール地点は、市原市役所駐車場で、そこから小湊鉄道五井駅まで自走bicycle。五井駅からはサイクルトレインtrainで上総中野駅まで行き、ツーリングスタート。
房総丘陵上総台地など房総半島の中央部を走るコースで、多少のアップダウンもある。亀山湖、三島湖、高滝湖、市津湖といったダム湖を巡るコースでもある。
スタート地点の大多喜の天気予報は、「曇cloud時々晴sun、最高/最低気温30/23℃、降水確率rain30%」とまずまず。暑くならなければいいのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

松本⇔白馬180km

1107 きのう、「センチュリーランを走る会」の夏合宿、「松本⇔白馬180km」があり、走ってきた。
信州まつもと空港脇の駐車場を朝6時47分にスタート、ゴールしたのは午後3時2分、所要時間は8時間13分(昨年は8時間46分)。ことしで5回目だが、いままでで一番いい記録だった。右の写真は、白馬のオリンピックジャンプ台。

スタート時はそれほど高くなかった気温も、次第に上がり、10時過ぎには30℃、私がゴールした15時ごろは35℃になっていた。
1107_2 暑さ対策(熱中症対策)としては、まず水分の補給だが、グリコのCCDを500mlの水と氷で溶かしたものを4本消費した。また、3か所のエイド・ステーションで冷水3杯を飲んだ。暑いときには冷たくなくてはダメ。コンビニで氷を買って、ボトルに入れた。
水を含ませた「MAG COOL」を首に巻いた。この効果はかなりあったと思う。
上の写真は、白馬岳の大雪渓で、下のほうが見える。
補給食は、Power BarのGELを5袋飲んだ。
このほか、補給ではないが、3か所のエイドステーションでは、足に「バンテリン ゲルLT」を塗った。
1107_3 以上のことをやったせいか、足が攣ることもなく、ハンガーノックにも、もちろん熱中症にもならず、元気に走ることが出来た。
右の写真は、小谷村千国の折り返し地点。左の道を下り、右の国道148号を戻る。
このコースの総上昇量は、1,540mだったが、今回は「上り」をあまり気にせず、以前より早いスピードで上ることが出来た。また、足への負担もそれほど感じなかった。特別な練習をしたわけでもなく、いい結果が出てとまどっている。
走行距離 182.0km 、走行時間 7時間 31分、信号・撮影・休憩等の停止時間 42分、平均心拍数 127bpm、総上昇量 1,540m年初来走行距 6,609.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

アベリア

私が幹事をしている会合を、きのう東京で開催した。ストレスのためか体調を崩し欠席する人もいたが、この度の震災で被災した人もおり、話は尽きなかった。
この会の繰越金を貯めているが、一定額になったら、日本赤十字社に東日本大震災の義援金として寄付することとしている。
あさっては、「松本⇔白馬180㎞」を走るので、きょうは軽めのL.S.Dトレーニング。「3時間、最大心拍数ノ65%程度、無休憩」を目標に、5時半にスタート。気温は22℃で、実に爽快なライドだった。
しかし、陽sunが昇るにつれ気温は上昇、帰着時には30℃を軽く超えていた。
走行距離 70.7km 、走行時間 3時間 0分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 6,427.1km
1107b 近づくと甘い香りがするアベリア市原市佐是で。
1107 アベリアは、吸葛(すいかずら)
科、ツクバネウツギ属。開花時期
は、6/10頃~11月末頃。夏から秋
まで長い間咲き続ける。         
車道の脇によく植えられている。
別名「花園衝羽根空木」(はなぞ
のつくばねうつぎ)。   
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

落花生(ラッカセイ)

けさは涼しかった。
5時の気温は22℃。いまどきとしては信じられないよう。
5時半、「朝練」「坂コース」に向かう。UVカットのアームカバーが、アームウォーマーのように感じられるほど涼しかった。
でも、太陽が高くなるにつれ気温は急上昇、帰着時には30℃程度に達していた。
2つの坂を残した地点で、交通渋滞。事故があったらしく、救急車が反対車線を走って行った。時間がかかりそうだったので、2つの坂をパス、土気緑の森工業団地の周回道路を2周して帰ってきた。
走行距離 59.8km 、走行時間 2時間 48分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 106bpm、総上昇量 591m年初来走行距離 6,356.4km
1107 当地(上総台地から下総台地)では、落花生(ラッカセイ)の栽培が盛んである。市原市金剛地で。
1107_2 落花生は、豆科、ラッカセイ属。
南アメリカ地方原産。国内では千
葉県での生産量が多い。夏に黄色
い小さな花が咲く。この花が終わ
ったあと、花柄がピューと伸びて
地面にもぐり、地面の下であのピ
ーナッツの実ができる。    
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

姫女苑(ヒメジョオン)

梅雨明け以来、猛暑が続き、雨は降らない。
きのう、TREKの清掃・注油をした。タイヤが大分減ったってきたのでタイヤ交換も行った。以前、ANCHORに使っていてものだが、まだ使えそうだったので保管してあったPanaracer RACE TYPE-Dだ。
きょうは、TREKで「朝練」。朝6時、気温25℃、快晴sun、弱い南の風が吹いている中出発。太陽の位置が低いため、光が眼に入り、路面が見にくい。陽が高くなるとこういうことはなくなるが、気温が上昇してくる。
9時過ぎ帰着時の気温は30℃を超えていた。
走行距離 70.1km 、走行時間 3時間 0分、信号・撮影等の停止時間 8分、平均心拍数 110bpm、年初来走行距離 6,296.6km
1107b 姫女苑(ヒメジョオン)と春紫苑(ハルジオン)の花はそっくりだが、茎を折ってみれば分かる。「姫には芯がある」と覚えている(春紫苑は空洞)。市原市菊間で。
1107_2  姫女苑は、菊科、ムカシヨモギ属。
開花時期は、6/1頃~8/20頃。北ア
メリカ原産の帰化植物。道端でよ
く見かける。本来「紫苑」の漢字
が使われるべきなのだが、「姫紫
苑」という別の植物があり「姫女
苑」の漢字をあてたらしい。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

夏合宿

1107 17日~18日に「センチュリーランを走る会」の夏合宿信州松本であり参加する。メインイベントの「松本⇔白馬180㎞」は17日に行われる。
左の図は、資料を基にPC(地図ソフトはMapSource)で作成したコース(黄色の線クリックすると大きくなります)。
スタート&ゴールは、「信州まつもと空港」脇の運動公園の駐車場。往路は、北アルプスの山麓の道を北上、大町市の北で東寄りの道に入り白馬村へ。
小谷村千国で折り返し、仁科三湖を経て大町の北で、東寄りの道へ。国道19号などを通り、信州まつもと空港を目指す。
距離は、180㎞強、総上昇量は約1600mのタフなコース。

きょうも「朝練」。コースは、3時間コースで、1時間半走ったら折り返す。6時出発、9時過ぎ帰着。これだと暑い盛りに走らなくてもいいから、熱中症の心配もない。水は、CCD500mlを凍らせておき、融けた分ずつ補給した。
走行距離 72.1km 、走行時間 3時間 1分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 108bpm、総上昇量 211m年初来走行距離 6,226.5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

朝練・坂コース

1107 きょうも、朝練・坂コース
6時、快晴、気温25℃、風は殆ど無い。
左の図は、きょう走ったコースの「軌跡黄色の線クリックすると大きくなります)」。
このコース、坂の多い所を選んであるが、一番の劇坂は「源入坂」で、自宅を出てすぐの所にある。このコースの最高スピードもこの坂で出る。
大仏通り」「うぐいすライン」はアップダウンの連続、キツイ上りは秋元牧場鼠坂
因みに標高が一番高い所は、秋元牧場の120m。
暑くなり始める8時半過ぎには帰着。
シャワーを浴び、ブログを書いてから朝食と昼食を兼ねた食事を摂る。
走行距離 60.0km 、走行時間 2時間 39分、信号・撮影等の停止時間 2分、平均心拍数 118bpm、総上昇量 651m年初来走行距離 6,154.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

紫陽花(アジサイ)-4-

当地では、10日前頃からほとんど雨が降らず、ことしは空梅雨だな、と思っていたら、きのう梅雨が明けた模様との発表があった。とたんに、きのうは気温が33℃にもなり、熱中症警戒警報が出た。
朝6時、快晴sun、気温25℃と涼しい中、「朝練」に出かけた。コースは、「大仏通り」⇒「うぐいすライン」⇒国道409⇒県道13⇒秋元牧場⇒県道14⇒鼠坂⇒「千葉外房道路」という、私の「坂コース」。
1年ぶりに走るこのコース、木立の中が多く熱中症対策としてはいいコースだし、信号もあまりなく、総上昇量は650mと上りの練習にはちょうどいい。
9時過ぎ帰着時の気温は、33℃だった。
走行距離 60.0km 、走行時間 2時間 39分、信号・撮影等の停止時間 3分、平均心拍数 118bpm、総上昇量 650m年初来走行距離 6,095km
11074b 梅雨が明けたが、まだしばらくは咲いている紫陽花(アジサイ)市原市奈良で。
11074 花の色は土が酸性かアルカリ性か
によっても変わるとのこと。
具体的には、 
酸性土壌      → 青色っぽくなる
アルカリ性土壌→ 赤色っぽくなる
また、花の色は、土によるのでは
なく遺伝、という説もある。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

紫陽花(アジサイ)-3-

このところ、「減量のためのL.S.Dトレーニング」などが多かったので、きょうは真面目に、というか少し負荷をかけた練習をしようと思った。
目標は、「ケイデンス70程度、最大心拍数の70~75%」とした(ケイデンスとは、ペダルの毎分回転数をいい、ケイデンス70(rpm)前後がエネルギー効率が高いと言われている)。
ツール・ド・フランスの選手はケイデンス90位で走るらしいが、年寄りには心臓が持たない。向かい風になればすぐに60台に落ちるし、上り坂になっても同じだ。ギアを落として頑張ってみるが長くは続かない。
走行距離 101.0km 、走行時間 4時間 6分、信号・撮影等の停止時間 6分、平均心拍数 120bpm(最大心拍数の 73%)、年初来走行距離 6,034.4km
11073 市原市不入(ふにゅう)の道路と民家の間の斜面に咲いている紫陽花(アジサイ)
11073_2 色がついているのは「萼(がく)」
で花はその中の小さな点のような
部分。しかしやはり萼(がく)が
目立つ。「萼(がく)紫陽花」の
”萼”は ”額”と表記することも
ある。紫、ピンク、青、白などい
ろいろあり。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

金糸梅(キンシバイ)

7月1日から電力使用制限令が発令された。家庭でも「9時から20時の間 15%の節電を!」ということらしいが、我が家はちょっと無理だと思う。というのは、数年前「オール電化」にし、使用電力量の60%以上を夜間(23時~翌7時)に使っている。昼間稼働しているのは冷蔵庫位で、9時から20時の間に15%の節電は出来そうにもない。
当地では、先月28日から梅雨らしい雨は降っていない。予報では降るというが、ほとんど外れている。きょうは、予報でも雨は降らなく、晴れsun
気温は30℃を超えたが、東寄りの風が吹いていて肌に心地よい。この時期の東寄りの風は涼しい空気を運んでくる。
走行距離 101.3km 、走行時間 4時間 16分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 5,933.4km
1107b 金糸梅(キンシバイ)はもうお終いか、枯れた花が目立ってきた。市原市上原で。
1107 金糸梅は、弟切草(おとぎりそう)
科、オトギリソウ属。開花時期は、
6/1頃~7/15頃。中国原産。日本
への渡来は1760年頃。黄色が鮮や
か。梅雨時に咲き、雨に映える。
いっぱいある黄色のおしべを「金
の糸」に、花を「梅」にたとえた。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

紫陽花(アジサイ)-2-

巷では、ボーナスなどと浮かれているが、ボーナスが無くなって7年になる。収入は年金のみ。ボーナスとはいいもんだったなア~と思う。
ソフトバンクの孫社長は資産の1.5%に当たる100億円を東日本大震災の義援金として寄付したという。私は、毎月、年金の2%相当東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄付している。
ここ房総半島では、6月末の「梅雨の中休み」に続き7月になっても雨の少ない日が続き、まるで「空梅雨」のよう。きょうも朝からよく晴れsunて、気温も30℃を超えた。
休日のせいか大勢のサイクリストに出会った。このうち約半数が一人だけで走っているようだ。一人だけでもできるのがサイクリングのいいところだろう。そして、こうした一人で走ることが、センチュリーライド、グランフォンド、サイクルマラソンなどの長距離走の基本になると思っている。
走行距離 100.5km 、走行時間 4時間 27分、信号・撮影等の停止時間 8分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 5,832.2km
11062b 市原市久保の小湊鉄道沿いの民家の生け垣に咲いている紫陽花(アジサイ)
11062 紫陽花は、日本原産。本来の「紫
陽花」とは、唐の詩人の白居易さ
んが命名した別の紫の花のこと
で、平安時代の学者、源順が今
の「あじさい」にこの漢字をあてた
ため誤用がひろまったらしい。中
国では「八仙花」「綉球花」と呼ぶ。 
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »