« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

木槿(ムクゲ)-2-

9月22日までの「電力使用制限令」が前倒しされ9日に解除されることが決まったようだ。ただし、「節電意識」は無くしてはいけない。節電は無駄な電気を使わない ことだから。
こんどの日曜日は「信越五高原ロングライド」に参加するので、きょうは軽めのL.S.Dトレーニング。目標は「80km、最大心拍数の65%程度、無休憩」 。出発時(6時)の気温22℃、帰着時(9時過ぎ)27℃と、きょうも涼しい中を走ることが出来た。
因みに、長野県飯山市の日曜日の天気は「晴sun時々曇cloud、最高気温/最低気温28/19℃、降水確率20%」。台風12号typhoonは大丈夫なのだろか?
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 23分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 8,197.5km
1109b2 市原市下矢田の、商店の駐車場に咲いている木槿(ムクゲ)
11092 木槿(ムクゲ)は、葵科、フヨウ
(ハイビスカス)属。開花時期は、
6/25頃~10/15頃。中国原産。平
安時代に渡来。
中国名を「木槿(ムージン)」と
呼ぶ。漢字はこの字があてられて
いる。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

朝顔(アサガオ)

政府は7月1日、東京電力と東北電力の管内の大規模な工場やオフィスビルに対し、最大電力を昨夏より15%減らすよう に義務づけた。中小企業や一般家庭にも15%節電を呼びかけており、ことしは「節電の夏」となった。我が家でも節電に努めており、使用電力量は昨年比10~15%程度減っている。どうやら電力不足による停電という危機的状況は回避されそうだ。
6時、曇り、気温23℃、「朝練」に出発。雲cloudがなかなか取れず陽は隠れたまま、そのうえ北寄りの涼しい風が吹いており、帰着時の気温も25℃だった。1時間半の折り返しまでは快調なペースだったが、帰路、逆風に加え、気分が乗らずペースダウン。ま、たまにはこういうこともあるサ・・・
走行距離 74.2km 、走行時間 3時間 17分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 106bpm、年初来走行距離 8,117.3km
1108b ことしは、窓辺に日陰を作ろうと、朝顔(アサガオ)を植えた人も多かった。市原市新堀のお蕎麦屋さんの朝顔。
1108 朝顔は、昼顔科、サツマイモ属。
開花時期は、7/1頃~10/10頃。中
国原産、平安時代に日本に渡来し
た。日没してから約10時間後に開
花する(朝4時頃)。朝のうちが、
花に勢いがある。夏から秋まで長
い間咲き続ける。               
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

木槿(ムクゲ)-1-

来週の日曜日(9月4日)は、「信越五高原ロングライド」を走っているだろう。斑尾妙高黒姫戸隠飯綱の五つの高原を走るこのコースの総上昇量は、2,700mを超える という。果たして、走り通すことができるのか???それに台風12号は、この日までには通り過ぎているんだろうなア~
きょうも「朝練」。6時、晴れ、気温21℃と涼しい。雲の切れ間から時々陽が射すが、北寄りの風が吹いておりそれほど暑いとは感じない。帰着時の気温は、27℃。やはりもう秋なんだと感じた・・・
走行距離 85.7km 、走行時間 3時間 37分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 107bpm、年初来走行距離 8,043.1km
1108b 市原市牛久の県道沿いの民家の生け垣として植えられている木槿(ムクゲ)
11083 木槿(ムクゲ)は、葵科、フヨウ
(ハイビスカス)属。開花時期は、
6/25頃~10/15頃。中国原産。平
安時代に渡来。
韓国の呼び方「無窮花(ムグンフ
ァ)」または「ムキュウゲ」が変
化して「むくげ」となったとも。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

芙蓉(フヨウ)-2-

4時半起床、雨戸をあけると、東の空がしらじらと明けはじめている。5時半、晴れsun、気温23℃、「朝練」に出発。やや湿度は高いが、涼しい中、ペダルを回す。
空がきのうまでと違う。入道雲はなく、筋状の薄い雲がところどころに出ている。秋の空である。しかし、陽の光は真夏と変わらない、徐々に気温は上がり、帰着時には30℃を超えていた。
シャワーを浴び、少しまどろんだ。東の空一面に入道雲が湧き上がっていた。
走行距離 74.0km 、走行時間 3時間 7分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 111bpm、年初来走行距離 7,957.4km
1108b この辺りでは、芙蓉(フヨウ)の白はあまり見かけないが、市原市牛久の道路脇の斜面に沢山咲いていた。
11082 芙蓉は、葵科、フヨウ(ハイビス
カス)属。開花時期は、8/10頃~
10/5頃。
昔から美しい人のたとえに用いら
れている花で、美しくしとやかな
顔立ちのことを「芙蓉の顔」とい
う。                         
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

ルドベキア タカオ

日の出の時刻(5時5分)、東の空が赤く染まった。「朝焼けは雨」とも言われており、天気は下り坂か?
5時半「朝練」に出発。気温は24℃と低めだが、肌に触る空気はじっとりとしている。西の空(東京湾の方角)には発達した積乱雲が沢山あるが、東の空(太平洋の方角)は青空が広がっている。雲は、北西に流れており、房総半島にはしばらく雨は降らないだろう。
きょうは「3時間、最大心拍数の70%以上、無休憩」を目標とした。湿度が高く、たっぷりと汗をかいた。
走行距離 76.0km 、走行時間 3時間 0分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 7,883.4km
1108 村田川沿いの民家のフェンスに咲く ルドベキア タカオ 市原市菊間で。
1108_2 ルドベキア タカオは、菊科、オオ
ハンゴンソウ属。北アメリカ原産。
明治中期に渡来。夏から秋にかけ
て開花。花は大小あり。       
いろんな種類がある。     
別名を「三葉大反魂草(みつばお
おはんごんそう)」と呼ぶらしい。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

芙蓉(フヨウ)

きょうは、二十四節気のひとつ「処暑」。日中の厳しい暑さは和らぎ、朝晩は涼しくなる頃という 意味だとか・・・でもこの4日間は、日中でも20℃ちょっとで、秋も深まったころの気候だった。
けさ「朝練」に行こうと早く起きたが、小雨rainが降っていて中止。しかし、9時になると雲が取れ陽sunが射してきた。点検・整備後初めて乗るANCHOR。ディレイラーの調子などを確かめながら、ペダルを回した。
そう簡単には秋にはさせないとばかりに照りつける太陽。あっという間に30℃を超えた。
走行距離 101.0km 、走行時間 4時間 7分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 122bpm、年初来走行距離 7,807.4km
1108b 花の形といい、色といい芙蓉(フヨウ)は上品だ。市原市磯ヶ谷で。
1108 芙蓉は、葵科、フヨウ(ハイビス
カス)属。開花時期は、8/10頃~
10/5頃。
昔から美しい人のたとえに用いら
れている花で、美しく、しとやか
な顔立ちのことを「芙蓉の顔」と
いう。                         
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

メンテナンス

私乗る人メンテナンスはショップで!!
年を取ってからロードバイクに乗り始めた私は、こう割り切っている。
自分でやるメンテナンスは、月に1度程度の洗車・注油に、タイヤ交換までで、あとは「バイシクルセオ アリオ蘇我店」で走行距離5,000kmを目処に点検・整備をしてもらっている。その時にチェーン、ワイヤー、ブレーキパッド(シュー)などの消耗品も取り替えてもらっている。
1108 きのうは雨rainが降りだす前に、洗車を行った。
きょう,そしてあすも雨rainが降るとの予報だったので、愛車ANCHORを車に乗せ、バイシクルセオ アリオ蘇我店へ。2月の点検・整備後の走行距離が5,000kmを超えていた。点検・整備をお願いし、あす取りに来ることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

悪茄子(ワルナスビ)

お盆も終わり、練習コースにマイカー通勤と思しき車が増えた、というよりお盆前の状態に戻った。帰省していた人たちが帰り、庭先や畑で作業する姿もちらほら。
きょうも「朝練」・・・5時半、気温25℃、空の低い位置に霧が出ており、太陽は白く見える。
1時間半後、折り返す。サイクルコンピュータを見ると、平均時速が25㎞/h以上と私としてはかなり早い。調子に乗って、ケイデンスペダルの毎分回転数)を75rpm程度にして帰ってきた。
走行距離 75.0km 、走行時間 2時間 58分、信号・撮影等の停止時間 6分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 7,706.4km
1108b 村田川の土手に群生している悪茄子(ワルナスビ) 市原市菊間で。
1108 悪茄子は、茄子科、ナス属。 開花
時期は、6/5頃~ 8/20頃。北アメ
リカ地方原産。ナスに似た白い花。
5弁花。茎と葉にとげがあり繁殖
力があり強いので”悪”と名づけ
られた。
別名  「鬼茄子」(おになすび)。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

メランポジュウム

当地では、雨が降らない日が10日以上も続いている。夕立でも降ってくれないかな~と思う日々だ。
きょうも朝から太陽sunが出ている。5時半、気温25℃、弱い南西の風、「朝練」に走り出すと、意外と涼しく感ずる。湿度が低くなっているのだろうか?折り返す7時ごろまでは気温もあまり上がらず、快適だ。
8時を過ぎると太陽は高くなり、涼しさはどこかに行ってしまう。
お盆の間、帰省している県外Noの車を見かけた。きょうは、どの高速を通って帰るのかな~、渋滞に巻き込まれなければいいのにな~、などと考えながらペダルを回した。
走行距離 72.1km 、走行時間 3時間 0分、信号・撮影等の停止時間 7分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 7,631.4km
1108b この2~3年、急に普及し始めたメランポジュウム市原市海士有木で。
1108 メランポジュウムは、菊科、メラ
ンポジウム属。メキシコ周辺が原
産地。日本に紹介されたのは1990
年頃。黄色の、よく見かける花。 
夏から秋まで咲き続ける。夏の暑
さに強い。しわしわで、ややギザ
ギザの葉っぱ。        
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

信越五高原ロングライド

「第2回信越五高原ロングライド」というサイクリングイベントが9月4日にあり、先日エントリーした。
1109_2  左の図は、大会資料を基にPCpcで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)した「信越五高原ロングライド」のコース図(紫色の線がコース、クリックすると大きくなります)。当日は、これをGPS(GARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは、斑尾高原スキー場長野県飯山市斑尾高原)で、反時計回りに回る。主催者曰く「上信越国立公園を周回する日本屈指の高原ロード125㎞、サイクリングにしてこのハード&ヘビー、サイクリングにしてこのアップ&ダウン、それでも、あなたの心の扉を叩き続けるのはなぜだろう?」 
大会資料によると、総上昇量は2,700mに及ぶという。私のこれまでの記録は、石見グランフォンド(184km)の2,490mであり、これを上回る。果たして、上りきれるかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

向日葵(ヒマワリ)

何処からともなく線香の匂いが漂ってくる。お盆は何となく普段と雰囲気が違う。東日本大震災で亡くなった多くの方々は、ことしは新盆。被災地の空と、故郷の空に向かって合掌。。。
きょうも「朝練」。5時半、気温25℃、弱い南寄りの風、霧が出ていた。「3時間、最大心拍数ノ65%程度、無休憩」を目標にペダルを回した。
霧は7時過ぎになって無くなり太陽が照りつけてきたが、まだ低い位置にありそれほど暑くは感じない。
8時を過ぎると、気温は急上昇、帰着時の気温は32℃。
シャワーを浴び、しばしまどろむ・・・
走行距離 72.9km 、走行時間 3時間 1分、信号・撮影等の停止時間 6分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 66%)、年初来走行距離 7,559.3km
1108b 残暑厳しい中でも元気に咲いている向日葵(ヒマワリ)市原市下矢田で。
1108 向日葵は、菊科、ヒマワリ属。開
花時期は、7/10頃~9/10頃。夏の
代表花。北アメリカ原産。16世
紀にイギリスに伝わり、「太陽の
花」と呼ばれ始めた。               
ゴッホが好んで描いた花の一つ。
別名 「日輪草(にちりんそう)」         
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

禊萩(ミソハギ)

センチュリーライドとは、160kmを8時間以内で走ること(国際的な慣例)だが、最近の大会は、10時間程度以内にしているところが多い。先日の「津軽半島センチュリーラン」では、制限時間を8時間とし、8時間以内に完走した人のみに後日「完走証」を郵送するとしていた。初心者や休憩を多くとる人には8時間以内というのは、むつかしいのかもしれないが、原則通りの大会があってもいいと思う。
熱帯夜だった。「3時間、ケイデンス70程度、無休憩」を目標に、「朝練」に出かける。5時半の出発時の気温27℃、帰着時32℃と暑かった。
走行距離 72.6km 、走行時間 3時間 10分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 7,486.4km
1108b あすから「お盆」(私の田舎では8/13~8/16)。私の田舎では、お盆の花と言えば、禊萩(ミソハギ)市原市番場の村田川の土手で。
1108 禊萩は、禊萩科、ミソハギ属。開
花時期は、7/1頃~8月末頃。やや
湿ったところに咲く。「みそはぎ」
は「みそぎはぎ」を略したもの。
「みそぎ」は水を注いで悪魔を払
うこと。「はぎ」は「萩」。   
別名  「盆花(ぼんばな)」  
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

白粉花(オシロイバナ)-3-

1108 先日の「津軽半島センチュリーラン」の帰りに、東日本大震災の被災地を見てみようと「陸前高田」に行った。写真(クリックすると大きくなります)は、海岸沿いの道路から内陸を見たところ。津波の凄まじさに只々恐れ入った。
ここに立っていると、いまは静かな海だが、私の身長の10倍近い高さの津波waveが襲って来るのではと感じ、ここに新しい暮らしが再現されるとはとても思えなかった。
今月もwebを通じて、僅かばかりだが、義援金として日本赤十字社に寄付をした。私に出来ることはこれ位かもしれない・・・
猛暑がぶり返したようだ。日中の運動は控えた方が良いとの予報も出ているので、比較的涼しい内の「朝練」とした。5時半、気温26℃、快晴sun、南寄りの弱い風が吹いている中、南に向け走った。上総牛久を過ぎ、1時間30分になったところで、引き返した。8時を過ぎると、陽が高くなり、気温は30℃を超えた。
走行距離 75.4km 、走行時間 3時間 3分、信号・撮影等の停止時間 7分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 7,413.8km
1108b 市原市上原に咲いていた白粉花(オシロイバナ)
1108_2 白粉花は、白粉花科、 オシロイバ
ナ属。開花時期は、6/25頃~10月
末頃。
夕方頃に活動する昆虫には、花の
多彩な色で引きつけ、夜に活動す
る昆虫には、その香りで引きつけ
る。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

津軽半島センチュリーラン-2-

おととい、「津軽半島センチュリーラン」に参加した。
1108d スタートは、「つがる克雪ドーム」(五所川原市唐笠柳)=写真)。160㎞コースの参加者は約100人、20人づつ2分間隔でスタート。私は1組目で8時ちょうどのスタート。スタート後は、ほぼ平坦な道を進む。40km地点の第1チェックポイントで、水を補給(グリコCCDを入れる)、食べ放題のメロンを食す。
右手に津軽海峡が見える辺りから徐々に人里を離れ、上りが始まる地点に給水所。ここで上りのための水を補給(CCDを入れる)し、Power BarのGELを飲む。
1108 ここから、6~7km、標高差500mの上りが続いた。この上りは結構堪えた。上りつめた頂上にある「眺瞰台」という展望台が第2チェックポイント。写真の左に突出した岬が竜飛崎で、対岸に北海道の山々がうっすらと見える。ここからの下りは豪快で、一気に海岸まで下りていくようだ。
1108_3 あとはほぼ平坦な道で、十三湖(写真)の脇を通り、 津軽平野を南下、追い風となる西からの風を受け国道101号を東進してゴール。所要時間は6時間45分だった。
走行距離 158.5km 、走行時間 6時間 18分、信号・撮影・休憩等の停止時間 27分、平均心拍数 133bpm、総上昇量 1,158m年初来走行距離 7,338.4km
ホテルに帰り、風呂に入った後、歩道いっぱいに敷物が敷かれ「立佞武多(たちねぶた)」の見物席となっている中を通り、街中の居酒屋に入った。「ほやの刺身」と「ホタテの焼もの」を食し「じょっぱり」という地酒bottleを飲んだ。結構な味だった。
11082 まだ明るいうちに店を出て、立佞武多のコースに行った。右の写真は出陣前の風景で、市内の高校の出し物。
11081
すっかり暗くなった夜空に、息をのむほどに現れたのが、一番最後に出てきた、この立佞武多だった(左の写真)。

クリックすると大きくなります

「立佞武多」は初めて見たが、感動した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

白粉花(オシロイバナ)-2-

一年中で一番暑い時期だというのに、最高気温が30℃以下の日が続いている。東寄りの涼しい風が吹き、朝は20℃程度の気温で、高原にいるようだ。
こんな気候だと「朝練」をやる必要もないだろうが・・・こんどの日曜は、「津軽半島センチュリーラン」に参加するので、きょうの練習は軽めの「3時間、最大心拍数の70%程度、無休憩」を目標のL.S.D。5時半の出発時の気温は22℃。復路、上総牛久の踏切を過ぎた辺りで大粒の雨rainが降ってきた。合羽を着て5分ほど走ると雨は止んだ。しばらくすると、また降ってきて合羽を着る。これを何度か繰り返して家路を急いだ。
ANCHORは津軽半島センチュリーランに向け、きのう清掃・注油などをしたので、きょうはTREKに乗った。TREKは、フレームサイズ430mmと小さい。足の短い私にはちょうどいいのだろう。クランク長も165mmで、クルクル回すにはちょうどいい。
走行距離 75.6km 、走行時間 3時間 10分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 7,179.9km
1108b 往路(午前6時頃)ではラッパ型の花が咲いていたが、復路(午前9時頃)では閉じてしまっている白粉花(オシロイバナ)市原市草刈の村田川の土手で。
1108 白粉花は、白粉花科、 オシロイバ
ナ属。開花時期は、6/25頃~10月
末頃。熟した黒く固い種をつぶすと
白粉のような”白い粉”が出てくる。
名前の由来はそこから。
名づけ親は江戸時代の博物学者、
貝原益軒。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

白粉花(オシロイバナ)-1-

けさも気温は20℃まで下がった。このところ、「過ごしやすい夏」が続いている。まさか「冷夏」ということではあるまい。霧が出ており、上空には青空が見えるが、太陽sunは霧mistの中・・・
「100km、ケイデンス70程度、無休憩」を目標に高滝湖レイクライン2周コースに向かう。きょうはケイデンス重視のライド、上り勾配になると60台に落ちてはしまうが・・・
7時過ぎ、霧の中に太陽が白く見えるようになってきた。間もなく、霧が晴れ、陽が射してきたが、東寄りの涼しい風が吹いていて快適なライドが続いた。
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 10分、信号・撮影憩等の停止時間 9分、平均心拍数 110bpm、年初来走行距離 7,104.3km
1108b 夕方から朝まで咲いている白粉花(オシロイバナ) 市原市草刈の村田川の土手で。
1108 白粉花は、白粉花科、 オシロイバ
ナ属。開花時期は、6/25頃~10月
末頃。   
メキシコ原産。江戸時代に渡来。
  (ペルー原産、との説もある)  
ラッパ型の花。町中に野生化して
いる。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

露草(ツユクサ)

来週の日曜日に参加する「津軽半島センチュリーラン」の天気予報・・・8月7日青森県津軽地方「晴sun時々曇cloud、最高気温/最低気温 29/21℃、降水確率30%」とまずまずである。
この4日間ぐずついた天気rainだったが、きょうは朝から晴れsun、5時半、気温20℃、無風。3時間の「朝練」に出かけたが、少し走ると霧mistが出てきて太陽が遮られた。気温は20℃をちょっと超えたくらいで上がらない。目標を「100㎞、最大心拍数の70%程度、無休憩」に変更する。
高滝湖レイクラインを2周した8時過ぎになってようやく陽が出てきた。涼しく、大して汗もかかないライドだった。
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 3分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 7,004.1km
1108b 歩道の縁石の隙間に咲いていた露草(ツユクサ)市原市菊間で。
1108 露草は、露草科、ツユクサ属。 開
花時期は、6/5頃~10月末頃。名前
は”露を帯びた草”からくる。朝露を
受けて咲き始める。午後になるとし
ぼんでくる。
別名 「蛍草」、「藍花」、「青花」
「移草」、「月草」、「鴨頭草」。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »