« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

アメジストセージ

きのうの会合では、日本酒bottleを飲んだ。日本酒bottleがおいしい季節となり、それほど沢山飲んだ記憶はないが、けさは二日酔い気味・・・9時になっても、二日酔いは治らなかった。
酒気帯び運転はいけないことだが、ポタリングに出発。きのうは北風が強かったが、きょうは南風(10時、南西の風9m/s)。その南風に向かって30分ほどペダルを回していると、二日酔いはどこかにいってしまった。
走行距離 83.1km 年初来走行距離 9,255.4km
1109b 市原市佐是の駐車場脇に咲いていたアメジストセージ
1109 アメジストセージは、紫蘇科、サ
ルビア属。ハーブの一つ。青紫色
で綿につつまれたような花が秋に
咲く。よく見かける。「アメジス
ト」とは「紫水晶」のことで、装
身具に用いられる宝石。大きく分
類するとサルビアの一種。      
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

女郎花(オミナエシ)

午前中は雲が多く、晴れたり曇ったりの天気で、北風が強く、気温もあまり上がらない。午後になって晴れ間が多くなってきたが、スカッとした秋晴れの空にはならなかった。
「100㎞、ケイデンス70程度、無休憩」を目標にペダルを回す。南に向かう往路は追い風に乗って快調に飛ばしたが、思ったより北風が強く(帰着後アメダスで調べると7m/s)復路は難儀した。
ウイークデーのきょう、10人くらいの若い男女のサイクリストのグループに、村田川の堤防道路で行き会った。どういう仲間なのか想像しながら家路を急いだ。
走行距離 100.0km 、走行時間 4時間 15分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 104bpm、年初来走行距離 9,172.3km
1109b 毎年道路脇のこの場所に群生する女郎花(オミナエシ) 市原市瀬又で。
1109 女郎花は、女郎花科、オミナエシ
属 。開花時期は、7/5頃~10/10
頃。「おみな」は「女」の意味、
「えし」は古語の「へし(圧)」
で、美女を圧倒する美しさから名
づけられた。秋の七草のひとつ。
別名「粟花」、花が似ているから。 
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

淡路島ロングライド150

10月9日(日)「淡路島ロングライド150」(主催:同実行委員会)に参加する。
111009_2 左の図は、大会資料を基にPCpcで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)した「淡路島ロングライド150」のコース図(黄色の線がコースクリックすると大きくなります)。当日は、これをGPSmobilephoneGARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは、「国営明石海峡公園」(淡路市南鵜崎)で、時計回りに一周するコース。
関西圏のサイクリストは、「淡路島一周」「琵琶湖一周」を「あわイチ」「びわイチ」と呼んでいるらしいが、どちらも一周150㎞程度だ。
昨年のこの大会(第1回)は台風14号の影響で開催が危ぶまれたが、どうにか開催され、天気予報どおり午後からは雨だったようだ。
秋晴れの空のもとで走りたいsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

彼岸花(ヒガンバナ)

先日の「出雲路センチュリーライド」では、パンクが目立った。過去のブログなどを見ても、この大会はパンクが非常に多いとの記事もある。パンクした人に聞くと、鋭角の石片などの異物が刺さってチューブに穴が開き空気の抜けるパンクのようだ。私も、当日ホテルに帰ってから、タイヤを調べてみると、小さな石片が刺さっていた。貫通はしていなかったので、接着剤を着けておいた。出雲路はこうした石片が多いのだろうか?
秋晴れsun」というのが相応しい・・・6時の気温は12℃まで下がった。ガラス越しの陽射しが温かい・・・
9時、気温22℃、快晴sun、「100㎞、ケイデンス70以上、無休憩」を目標に練習に出発。半袖ジャージにサイクルパンツ、UVカットのアームカバーという出で立ちだが、丁度どいい。3連休の中日、サイクリストに大勢行き会った。皆、気持ちよさそうにペダルを回していた。
走行距離 100.0km 、走行時間 4時間 10分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 9,072.3km
1109b 墓地に多く見られることから、彼岸花(ヒガンバナ)を嫌う人もいる。市原市下矢田の田んぼの畔で。
1109 彼岸花は、彼岸花科、ヒガンバナ
属。開花時期は 9/15~9月末頃。
原産地中国。ちょうど秋のお彼岸
の頃に咲く。突然茎が伸びてきて
鮮やかな色の花を咲かせ、数日で
花が終わり茎だけに。別名「曼珠
沙華」(まんじゅしゃげ)。       
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

蔓穂(つるぼ)

出雲路センチュリーライド」には、車ではなく新幹線経由で行った。
1109 愛車「ANCHOR」は、ヤマト便で輸送、「輪行バッグ」は、「SCICON 06コンフォート キャスター付きセミハードケース」を使用した(写真)。養生がしっかりしていて安心だが、中身の自転車よりケースが重い(9㎏)のが弱点。以前は自分で列車内(あるいは飛行機)に持ち込むこともあったが、最近では「サイクリングヤマト便」でホテルに送る(帰りも同じ)ことが多くなった。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものだ。先日までのあの暑さは、台風15号が持ち去ったのか???
9時、出発時の気温20℃、午後1時過ぎ帰着時21℃。雲が多く、ほとんど日が射さないとはいえ、涼しくなったものだ。そういえば、風も北寄りの風になっている。
きょうは「お彼岸の中日」、亡くなった人たちに「合掌」・・・
走行距離 100.5km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 111bpm、年初来走行距離 8,972.3km
1109_2 市原市大坪の養老川の堤防道路脇に群生している蔓穂(つるぼ)
1109_3 蔓穂は、百合科、シラー属。シラ
ーは、ギリシャ語の「skyllo(有
害)」が語源。地下茎部分が有毒
であることから。山野などに生え
る。秋の初め頃に、突然茎を伸ば
し始め、うす紫色の花を咲かせる。
咲き始めはつくしにそっくり。 
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

出雲路センチュリーライド-2-

おととい(18日)「出雲路センチュリーライド」を走ってきた。
台風typhoon15号の影響で、好天は望めそうになかった。前日も雨rainが降ったり止んだりだったし、当日の朝も雨rainが降っていた。サドルバックを雨用(大型のため泥除け代わりにもなるので・・・)に替えて臨んだが、なんとsign02午後1時過ぎにパラパラと降っただけで、時折は日が射すことも・・・前回の台風typhoon12号が通過中の「信越五高原ロングライド」も降られずに済み、何だか付きがが回ってきた感じがする。
1109_2 スタート地点の「松江イングリッシュガーデン」までホテルから自走。受付を済まし、ブリーフィング後スタート地点に並ぶ(左の写真)。参加者は500人くらいだとか。私は先頭の方に並び、3グループ目にスタートした。
このコース、一番標高が高い所でも360m程度であるだが、総上昇量は1,555mもあった(主催者資料では1,800mとなっていたが、トンネル部分で誤差があると思う)。100m以下のアップダウンが非常に沢山あるコースだった。
特に、スタート後の宍道湖北側の山間部の道約25㎞は、平らな部分が無く、上ったり下ったりの連続で、足に堪えた。
1109_4 また、コース北の島根半島の部分は、海岸線から尾根を上り、また海岸線に降りることの繰り返しであった。右の写真はその尾根の一つの頂上部分で、海面から60~70mくらい。上りきると、このような絶景が広がっているのだが、繰り返しの上りでは眺める気もなくなってくる。
1109_5 平らなところは宍道湖の西側と中海の道、それにゴール手前の10km程度だけ。
左の写真はその平らな部分である「中海」の中の道。雲が多いが、晴れ間も見える。
5か所のエイドステーションは、種類はまずまずだが、飲み物はコップに一杯のみ、おにぎりriceballも1つだけという制限がつけられていた。特に飲み物については、ボトルに補給できるような工夫が欲しかった。
走行距離 161.8km 、走行時間 7時間 0分、信号・撮影・休憩等の停止時間 38分、平均心拍数 127bpm、総上昇量 1,555m年初来走行距離 8,871.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

百日紅(サルスベリ)

テレビで「ジリジリ残暑・・・」と言っていた。本当だと思う。朝夕はそれなりに涼しくなってきているのだが、日中の陽射しは強烈で、気温を30℃以上に押し上げている。
きょうの当地の予報でも、9時には30℃を超えると言っている。きょうも「朝練」、6時、雲一つない青空、気温20℃という涼しさの中、出発。8時ごろまでは、陽sunが出ていてもそれほど暑くはないが、8時を過ぎるころからジリジリと焼け付くような陽射しが降ってくる。
9時過ぎ帰着、気温は予報通り30℃になっていた。
走行距離 72.5km 、走行時間 3時間 3分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 105bpm、年初来走行距離 8,710.0km
1109b 暑い盛りの花と言えば百日紅(サルスベリ)市原市海士有木の商店の駐車場脇で。。
1109 百日紅は、禊萩科、サルスベリ属。
開花時期は、7/15頃~10/15頃。
中国原産。「100日間花を咲かせ
る」のが名前の由来。約3ヶ月間、
秋まで咲き続ける。「猿滑」とも
書く。幹がスベスベで猿も登れな
いところから。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

菊芋(キクイモ)

週間天気予報によると、18日(日)の松江の天気は「曇cloud、最高/最低気温28/21℃、降水確率40%」(12日11時発表)となっており、前日の17日までは晴れが続くのに、「出雲路センチュリーライド」当日の天気は芳しくないようだ。
110912_2  暑い暑いとは言っても9月中旬、朝夕の風は確実に涼しくなっている。だが、日中の残暑は厳しそうなのできょうも「朝練」。6時の気温は22℃、雲cloudは多めながら晴れsunの天気。夏の雲とは、感じが違う。
「80㎞、ケイデンス70以上、無休憩」を目標として走り出したが、足が回らない。気合も入らない。直ぐにケイデンスが60台になってしまう。目標を修正、最大心拍数の60%程度で走ることにした。一人で走っていると、こういう時にすぐに妥協してしまう・・・
走行距離 85.1km 、走行時間 3時間 45分、信号・撮影等の停止時間 15分、平均心拍数 100bpm(最大心拍数の 60%)、年初来走行距離 8,637.5km
1109b 村田川の土手に咲いている 菊芋(キクイモ)市原市菊間で。
1109_2  菊芋は、菊科、ヒマワリ属。8月頃
から10月頃にかけて開花。名前と
うらはらに美しい花。黄色が鮮や
か。ごつごつした根の先端はお芋
になる。多量の糖分を含んでいる。
昔は農村では根を酢漬けにしてお
いて冬の間じゅう食料とした。 
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

韮(ニラ)

記録的な豪雨をもたらした台風12号typhoonは、死者・行方不明者が100人という大災害となった。台風が日本海に抜けた4日の日曜日には、全国各地でサイクルイベントが予定されていたが、「Mt.FUJIエコサイクリング」(日本サイクリング協会主催)、「センチュリーラン羊蹄山麓大会」(北海道サイクリング協会主催)などが中止となった。「信越五高原ロングライド」が雨にも合わず開催できたのは、奇跡に近いのかもしれない。
やっと涼しくなってきたなと思っていたら、暑さがぶり返してきた。仕方なく、「朝練」。「3時間、ケイデンス70程度、無休憩」を目標とし6時に出発、気温23℃、濃い霧mistが立ち込めている。サングラスに水滴が付く。拭っても拭ってもすぐに曇るので、サングラスを外す。7時過ぎ、霧が取れた。南東の空に黒い雲が湧き上がっており、西に進んでいる。直ぐに引き返して、黒い雲と競争して帰った。家まで5㎞の地点でポツリポツリと降ってきたが、それほど濡れることなく帰着。シャワーを浴びていると、雷鳴thunder、そして本降りrainとなった。
走行距離 60.3km 、走行時間 2時間 33分、信号・撮影等の停止時間 8分、平均心拍数 104bpm、年初来走行距離 8,552.4km
1109b 市原市土宇の養老川の支流の土手に咲いている韮(ニラ)
1109は、百合科、ネギ属。開花時期
は、8/20頃~10/25頃。東南アジア
地方原産。かなり昔に渡来。独特
の臭気があることから、「におい
きらう」(香嫌)、また美味であ
ることから「みら」(美辣)、こ
れが「にら」に変化したとも。   
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

出雲路センチュリーライド-1-

18日の日曜日、「出雲路センチュリーライド」(主催:NPO法人 サイクリストビュー)に参加する。
1109 左の図は、大会資料を基にPCpcで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)した「出雲路センチュリーライド」のコース図(黄色の線がコースクリックすると大きくなります)。当日は、これをGPSmobilephoneGARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは、「松江イングリッシュガーデン」(松江市浜佐陀町)で、反時計回りに一周する走行距離160kmのコース。
標高が一番高い所は、南側の大山付近で366mだが、総上昇量(獲得標高)は1,800m以上になるという。特に、宍道湖北側の細かなアップダウンはかなり堪えそうで、なかなかタフなコースのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

木槿(ムクゲ)-3-

信越五高原ロングライド」の6か所のエイドステーション(AS)での所謂「ご接待」の凄さについては、先に触れた。自分としてはかなり控え目のつもりだったが、ほとんどのASで「おにぎりriceballと汁物noodle」を戴き、これ以外にも「果物bananaやケーキcake」などを食べた。この大会での消費㌍は2,135kcalだった。摂取㌍はどれくらいになっていたのだろうか?その結果は、体重増となって現れた。
きょうは目標体重の範囲まで落とす「減量のためのL.S.Dトレーニング」で、「100㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」を目標に走った。
帰着後、体重測定、目標範囲の上限にまで落ちた。
走行距離 100.4km 、走行時間 4時間 15分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 8,492.1km
1109b 高滝湖畔の食堂「梅香」の駐車場に咲いている木槿(ムクゲ)市原市小谷田で。
1109 木槿(ムクゲ)は、葵科、フヨウ
(ハイビスカス)属。開花時期は、
6/25頃~10/15頃。中国原産。平
安時代に渡来。朝方3時頃に開花
し夕方にはしぼむ「一日花」。強
い木で、枝を切って地面に刺して
おくといつの間にか根づくらしい。
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

葛(クズ)

先日の「信越五高原ロングライド」の総上昇量(獲得標高)は、主催者側の資料には2,700mと書かれていたが、私のGPSの計測値2,400mだった。ルートラボなどでは、トンネルを山の表面で計測するので、多くなることがある。だが、トンネルは無かった???いずれにしても、「上り」「下り」が大変であったことは事実である。
きょうは「回復のためのL.S.Dトレーニング」で、「3時間、最大心拍数の65%程度、無休憩」を目標にペダルを回した。6時の出発時の気温が18℃と、朝はすっかり「」である。
走行距離 73.7km 、走行時間 3時間 1分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 8,391.7km
008 市原市瀬又の源入坂の下の空き地に咲いている葛(クズ)
011は、豆科、クズ属。開花時期は、
8/15頃~ 9月末頃。
花は下の方から咲いていく。
秋の七草の一つ。
まわりの木々をつるでおおってし
まう程の生命力。ひと夏で10mぐ
らい生長する。
根には多量のでんぷんを含んでい
て「葛根」になる。
葛粉もとれる。            
ー「季節の花 300」から抜粋ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

信越五高原ロングライド-2-

きのう、「信越五高原ロングライド」に参加した。
台風12号typhoonがノロノロした動きをしており、大会が開催されるか心配していた。9/1の大会ホームページに「実施の方向で・・・」と掲載されたので、前日に車で現地入りし斑尾高原ホテルに泊まった。
1109_4 大会当日の朝、台風typhoonは当地に最も接近し台風特有の雲が流れていた。しかし、雨は降っていない。結局、私がゴールするまでは雨は降らなかった。風は相当強かった。だが、山間部の木立の中を走るコースであり、それほど気にならなかった。「北信五岳」といわれる斑尾妙高黒姫戸隠飯綱の山々は頂上部分は雲に隠れていたが、黒姫山は偶然に雲が取れ手前の蕎麦畑にマッチした容姿を見せてくれた。
1109_3 この辺りは信州蕎麦(戸隠蕎麦)の名所だけに、いたるところに蕎麦畑があり、花を咲かせていた。
北信五岳」の山裾をを巡るこのコースは、思っていたとおりのコースで、長い上りと急な下りの連続であった。山間部の下りは、昨夜の雨で濡れているうえ、落ち葉が多くスリップしそうで神経を使った。上りは極力ペダルを回し、ケイデンス60程度を心掛けた。勿論、急こう配の所では無理であったが・・・
1109_5 5つのエイドステーションの所謂「ご接待」は素晴らしかった。その種類の多さと、たっぷりの量には驚かされた。全ての種類を戴くと満腹で、走れなくなるだろう。
上の写真は、スタート&ゴール地点の斑尾高原スキー場第7駐車場長野県飯山市斑尾高原)。
走行距離 120.5km 、走行時間 6時間 48分、信号・撮影・休憩等の停止時間 37分、平均心拍数 128bpm(最大心拍数の 78%)、 総上昇量 2,405m年初来走行距離 8,318km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »