« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

紅葉

L.S.Dトレーニングについて、山中大介さんはその著書『ロードバイクテクニック』の中で「・・・最低80km・・・乗るときは最低3時間は乗り込むように心掛けたい」と書いている。
朝のうち雲が多かったが、10時ごろになると雲が切れて青空が広がり、気温も上昇、正に「小春日和happy01」となった。
きょうも、「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニング。13時過ぎには20℃くらいまで上がり、いい汗を掻くことが出来た。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 32分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 103bpm(最大心拍数の 62%)、年初来走行距離 11,530.4km
紅葉の遅い房総半島でも、木々が色づき始めた。目立つのは、公孫樹(イチョウ)とアメリカ楓(アメリカフウ)。
1112_3 公孫樹は、公孫樹科、イチョウ属。
黄色の紅葉がきれい。
葉っぱは扇形で、切れ込みがある。
中国原産。
昔、留学僧が持ち帰って広まった
らしい。
「公」は祖父の尊称。祖父がタネ
をまいても実がなるのは孫の代に
なることから「公孫樹」。      
「銀杏」とも書く。            
昭和の森(千葉市小食土町)で。

1112_4 アメリカ楓
は、満作科、フウ属。
北アメリカ原産。大正時代に渡来(紅葉葉楓)。
街路樹として植えられるのは紅葉
葉楓の方が多い。
「楓」は”カエデ”とも読む。 
「楓」の葉は浅い3裂の掌状。唐楓
によく似ているが、3裂の切込み度
合いが唐楓より浅い。大野台中央
公園(千葉市大野台)で。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

木立ダリア(コダチダリア)

日曜日の疲れが足に残り、大腿四頭筋に軽い痛みと、疲労感が・・・年を取ると、筋肉痛は翌日ではなく、翌々日に出ると言われているが本当だった。
そこで、きょうはTREK(TREK1400)で「ポタリング」(自転車で散歩すること)。
フロントディレイラーの調子が悪い(アウターに入りにくい)。プラスドライバで「ストローク調整ボルト」を少し回す。アウターへの入りはよくなったが、今度はインナーが入りにくくなった。反対の「ストローク調整ボルト」を少し回しては様子を見る。繰り返しているうちに良くなってきた。
走行距離 62.0km年初来走行距離 11,450.2km
1112b  木立ダリア(コダチダリア)をよく見かけるようになった。

以前はほとんど見かけなっかたのに、ここ数年であちこちで見るようになった。

千葉市小食土町の昭和の森公園で。



1112 木立ダリアは、菊科、ダリア属。
メキシコ地方原産。背が高い。秋
深い11、12月頃に、ピンク色の花
をいっぱい咲かせる。「木立」を
「きだち」と読むこともあるが、
「こだち」と読むことが多い。
別名 「皇帝ダリア
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

Bo-Soツーリング④もみじライド

きょう、「Bo-Soツーリング④もみじライド」を走ってきた。
薄雲が出ていたが、気温は高く、風も弱い絶好のサイクリング日和だった。
受付では、年齢と携帯電話番号を記入するが、今回も私が最高齢者だったようだ。最近のこの規模の大会では(参加者100~200人)よくあるようになった。私は、第2グループで走った。平地ではどうにかついていけるが、上りになると、若い人たちにどんどん抜かれる。だが、最後まで、第2グループで走りとおした。
このイベントの企画会社であるKSインターナショナルは、毎回新たなコースを組み込んでおり、今回もそれが楽しみだった。今回の新たなコースは旧安房郡三芳村の増間ダムの下を通るコース(県道258号線)だった。峠越えが一つ増えたことになる。
111127 写真は、昼食場所の三島湖君津市正木)。
例年に比べて色づきが良くないように感じた。
気温が高めに推移しているためだろか?
走行距離 113.7km 、走行時間 5時間 12分、信号・撮影・休憩等の停止時間 2時間 0分、平均心拍数 120bpm、総上昇量 1,581m年初来走行距離 11,388.2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

菊(キク)-2-

先月、警察庁から発表された「自転車は車道 徹底」の波紋が広がっている。私は来年、08年6月施行の改正道交法で自転車で歩道を走ってもいい年齢ー“70歳以上”になる。だからと言って、歩道を我が物顔で走る気はないが、現状の若い人、特に中高校生の乱暴な運転には困ったものだ。教育も必要だが、「自転車運転免許証」といった制度が必要ではないか。

朝6時の気温が13℃を超えていた。季節外れの暖かさだ。よく晴れsunており、放射冷却で気温が下がると思ったが、そういうことでもないようだ。
きょうも「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニングに出かける。
南西の強い風(アメダス10m/s程度)が吹いており、往路はモロに向かい風。ケイデンス60程度で下ハンドルを持って進み、高滝湖で折り返し、復路は風に後押ししてもらっての帰還。
日曜日の「Bo-Soツーリング④紅葉ライド」の天気は、晴れの予報のままで、有終の美を飾れそう???
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 35分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 11,274.5km
11112 高滝湖畔の畑の法面に咲く菊(キク)市原市養老で。
11112_2は、菊科、キク属。開花時期は、
10/20頃~12/20頃。
「きく」は漢名の「菊」を音読み
したもの。また、「菊」の漢字は、
散らばった米を1ヶ所に集める、
の意で、菊の花弁を米に見立てた
もの。
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

菊(キク)

L.S.Dとは、「Long Slow Distance」を略したもので「長い距離をゆっくり走る」という意味だが、今中大介さんはその著書『ロードバイクテクニック』の中で「L.S.Dには、毛細血管の隅々まで酸素がいきわたり、有酸素運動のエネルギー代謝効率が良くなるという効果がある。簡単に言えば、長距離を走るための持久力が高まる」といっている。

雲一つ無い、南東の空に三日月moon3が光っていた。6時の気温が2℃、今季一番の冷え込みだ。
10時、快晴sun、気温10℃、「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニングに出発。長袖インナーに長袖ジャージ、タイツを穿き、指切りグローブの下に薄手の手袋を着けた。このウェアーもあとひと月くらいで、その後は防寒ウェアーになる。
朝のうちはよく晴れていたが、しだいに雲が出てきた。陽が遮られると寒い。冷たい北の風も吹き始め、気温は13、14℃しか上がらなかった。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 30分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 11,194.4km
11111 高滝湖畔の畑の法面に咲く菊(キク)市原市養老で。
11111_2は、菊科、キク属。開花時期は、
10/20頃~12/20頃。
漢名の「菊」は”究極、最終”を
意味し、一年の一番終わりに咲く
ことから名づけられた。   
大輪の菊は菊花展で11月の上、中
旬頃が見頃。
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

BoSoツーリング④紅葉ライド

こんどの日曜日(27日)地元のイベント会社 KSインターナショナル が主催する「Bo-Soツーリング④紅葉ライド」に参加する。ことしのサイクルイベントへの参加はこれでお終い。
1111boso 左の図は、大会資料を基にPCpcで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)したコース図(黄色の線がコースクリックすると大きくなります)。
これをGPSmobilephoneGARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。
スタート&ゴールは、上総湊海浜公園(富津市湊)で、房総半島の紅葉mapleがいいところを走る。特に志駒川沿いの「もみじロードmaple」は往路も復路も通る。走行距離は、106km、総上昇量は、1,524mとなかなかタフなコースだ(数値は私の昨年のGPSデータ)。
当日の天気は、「晴sun時々曇cloud、最高/最低気温 17/10℃、降水確率20%」と良さそうlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

ハーフセンチュリーいばらき-2-

きのう「ハーフセンチュリーいばらき」を走ってきた。
3日前の天気予報での降水確率は70%だったが、前日には「曇cloud時々晴sun降水確率30%と好転(好天)した。
ところがである、会場に着く少し前から降ってrainきた。駐車場に車を止め、しばらく車の中で様子を見ていたが、止みそうにない。きょうは午前中は晴れとの予報だったが、受付を済ましても降っているrain
1111_2  8時20分、そのうち止むだろうとスタートする。
一向に止まずrain、かなり激しく振ってくるrainこともある。
気温は16℃位で上がらない。少し寒いくらいなので、懸命にペダルを踏む。
途中、少し止むこともあったが、また降りだすrain
1111_3 結局、ゴール手前10㎞位から雨は止んだ。しかし、ゴールしてしばらくすると、また降りrainだした。
写真は、ゴール手前5kmの那珂川に架かる千代橋から見た雲。上の写真は上流側で、不気味な雲も出ていた(クリックして見てください)。右の写真は、下流側、まだ雨を降らせる雲がありそうだ。
走行距離 80.5km 、走行時間 3時間 18分、信号・撮影・チェクポイント等の停止時間 8分、平均心拍数 128bpm、総上昇量 計測できず、年初来走行距離 11,114.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

薄(ススキ)

「イタリアでは・~・ L.S.Dトレーニングは、最大心拍数の60%程度で、最低80km、長いときは250kmくらいは走る」 (今中大介著『ロードバイクテクニック』から)。
きょうも、全カロリーの約85%が脂肪から供給されるゾーン最大心拍数  60~70%を目標にしたL.S.Dトレーニング。距離は最低の80kmを目標に。走り出すと、手の指先が冷たく感じた。今季初めてのことだった。
いまTREKに着けているタイヤ「Panaracer RACE TYPE-D」は、既に5,000km以上走っている。この間パンクは1度もない。「最強の耐パンク性能を実現」と謳っているが、あながち嘘ではない・・・
11時ごろから日が射してきたが、冷たい東寄りの風が吹いており、気温は16度どまり。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 41分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 63%)、年初来走行距離 11,033.9km
1111 逆光で見ると本当にきれいなのだが、上手く撮れない薄(ススキ)市原市海士有木で。
1111_3は、稲科、ススキ属。秋の月見
のおそなえとして欠かせないもの。
ススキの「スス」は、葉がまっす
ぐにすくすく立つことを表わし、
「キ」は芽が萌え出でる意味の
「萌(キ)」だと言われている。
別名  「尾花(おばな)」。      
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

ハーフセンチュリーいばらき

こんどの日曜日(20日)「ハーフセンチュリーいばらき」に参加する。
1011 左の図は、大会資料を基にPCpcで作成(地図作成ソフト=Mapsouce)したコース図(紫色の線がコース、クリックすると大きくなります)。
これをGPSmobilephoneGARMIN GPSmap60CS)にダウンロードしてナビゲーションする。

スタート&ゴールは「那珂総合公園」(那珂市戸崎)、久慈川那珂川の下流域を反時計回りに一周する距離82㎞、総上昇量約720mのコース。
当日の茨城県北部の天気は「曇cloud時々rain、最高/最低気温17/9℃、降水確率50%」と最悪weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

エンジェル・トランペット-2-

先日行った「サイクルモード2011」のTREKのブースで「アルミフレームの寿命はどれ位?」と質問した。「収納場所の環境(室内、海辺など)、乗り方(プロの選手と私みたいな年寄り)などで違うが、(私のような乗り方なら)フレームが壊れることはないと思った方が良い」、また「カーボンフレームは?」には「もっと大丈夫」とのことだった。安心したhappy01

朝からよく晴れて、気温も高め、正に「小春日和」である。きょうも「脂肪燃焼ゾーン(全カロリーの約85%が脂肪から供給される)」の最大心拍数の60~70%でのライド。いい気候の中、グループで走っているサイクリストに何組か出会った。
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 14分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 10,953.7km
1111b ことしはこの花の咲きがいいようだ。市原市土宇の養老川の支流の土手に咲くエンジェル・トランペット
016 エンジェル・トランペットは茄子
科、チョウセンアサガオ属。開花
時期は、6/5頃~11月末頃。6,7月
頃に咲くものと、9,10月頃に咲く
ものとがあるようだ。色も、ピン
ク、白、橙色、といろいろ。中南
米、インド地方原産。               
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

エンジェル・トランペット

3.11の東日本大震災で液状化現象の被害を受けた千葉県我孫子市をスタート&ゴールとし、主に利根川流域を走る「千葉ツインレイクエコサイクリング」、今年は開催出来ないと思っていた。ところが、10月20日「~震災や大雨などの影響でサイクリングロードが寸断されているが、大会を開催する為に現在コースの設定を検討している」との発表があった。
このところ、1年の締めくくりの大会と位置づけて参加していたので是非開催してほしいと思っていたが、11月9日、中止が決定した。残念sign03
きのうは、一日中冷たい雨、きょうは朝方曇っていたが、9時ごろには日が射してきた。しかも、暖かい。路面が乾くのをまって「100㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニングに。この心拍数だと「 全カロリーの約85%が脂肪から供給される」(「自転車探検」から)というから、体脂肪を減らすには、いい運動だ。
走行距離 100.4km 、走行時間 4時間 19分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 10,853.5km
11112b ことしはこの花の咲きがいいようだ。市原市土宇の養老川の支流の土手に咲くエンジェル・トランペット
11112 エンジェル・トランペットは、茄
子科、チョウセンアサガオ属。草
ではなく「木」。             
夏から秋まで、芳香のあるラッパ
形の大きい花を下向きに咲かせる。
夜に香る。毒があるそうなので口
にはしない方がよいらしい。   
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

秋明菊(シュウメイギク)

きのうは「立冬」・・・だんだんと寒さが厳しくなっていく。
これからセンチュリーライドなどのサイクルイベントも無くなっていき、来春までは「L.S.Dトレーニングでローディとしての基礎体力を養う」(山中大介著『ロードバイクテクニック』から)時期となる。
6時の気温が8℃と冷え込んだ。
出発時の気温が15℃を下回ると、ウェアーは「長袖ジャージ・タイツ」にすると決めている。10時、13℃、晴れ、「100㎞、最大心拍数の65%程度、無休憩」L.S.Dトレーニングに出発。コースはいつもの高滝湖レイクライン2周。このコース、交通量が非常に少ないこと、交通量の多い館山道側道は路側帯が広いことから、安全・安心なコースである。
気温は15℃までしか上がらず、寒く感ずるライドだった。
走行距離 100.7km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 10,753.1km
1111b 我が家のはピンク色だが、市原市押沼の田んぼの畔に咲いている白の秋明菊(シュウメイギク)
1111 秋明菊は、金鳳花科、イチリンソ
ウ属。秋に菊に似た花を咲かせる
ところからこの名前に。              
中国原産。かなり昔日本に渡来。
漢名は「秋牡丹」。濃いピンク色
の花は別名で「貴船菊」。京都の
貴船地方に多いことによる。      
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

サイクルモード2011

014 きのう幕張メッセで開催されている「サイクルモード2011」(正式には「CYCLE MODE international 2011」)に行ってきた。所属している会(「センチュリーランを走る会<愛称自転車百哩走大王>)が出店しており、その応援に・・・
自転車ブーム”とはいうものの、去年よりは人出が少なく感じた。私は、写真<クリックすると大きくなります>の右下隅のブースで来場者の相談に応じていた。
休憩時間に館内を見て回ったが、いままでほど「新製品new」や「高級車shine」に興味が湧かなかった。歳のせいかなーweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

溝蕎麦(ミゾソバ)

きのう、MTBで主要地方道千葉大網線を「自転車は車道が原則」のとおり走ってみた。およそ1㎞ほど走ったが、私の後ろには十数台もの自動車が!!!
この道路は狭く、歩道幅も1m程度であり、そのうえ交通量が多い。自転車が車道の左を走っていたら、自動車は対向車がいない時自転車を追い抜くしかない。ルールどおりにやったら、大渋滞は避けられない。
きょうも暖かである。10時、気温20℃、弱い北の風、「100㎞、最大心拍数の65%程度、無休憩」を目標に走り出した。帰着時の気温は23℃まで上がり、いい汗をかいた。
きょうは、土曜日、久々に大勢のサイクリストに会った。
走行距離 103.9km 、走行時間 4時間 27分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 64%)、年初来走行距離 10,652.4km
002 高滝湖の近くの田んぼの用水路の溝蕎麦(ミゾソバ)市原市養老で。
004 溝蕎麦は、蓼科、イヌタデ属 。水
辺に生え、群生する。生命力旺盛。
茎に下向きのとげがある。さわると
痛い。花はピンク色、米粒のような
形で枝先に密集する。溝など肥沃
な水湿地に群生し、花と葉が蕎麦
に似ているところから。              
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

黄花コスモス

自転車bicycleは、「車道が原則」が実施されようとしている。車道には、運転免許証を持った人が運転する自動車と、免許証を持っていない人も乗る自転車が混在することになる。特に、いまでも無謀な自転車の乗り方が目立つ13~18歳の中高校生が、問題だ!!中学生になったら「全員が自転車免許証を取る」、というようなことも必要になるかもしれない。
季節外れの暖かさである。
タンスに仕舞い込んだ「半袖ジャージ・サイクルパンツ」を着て、紫外線防止の「アームカバー・レッグカバー」を着けた。
きょうも「100㎞、最大心拍数ノ65%程度、無休憩」を目標に走った。いつもの練習だが、これで何が鍛えられ、サイクリストとしての身体作りに役に立つのかは分からないが、センチュリーライドを走りきることは出来るようになってきた。
走行距離 100.3km 、走行時間 4時間 19分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 10,548.5km
1111b 大分少なくなってきたが、まだ咲いている黄花コスモス 市原市海士有木で。
1111 黄花コスモスは、菊科、コスモス
属。メキシコ原産。7~10月頃開
花。いろんな時期に咲く。花色は、
黄色またはオレンジ色。どちらの
色の花も、夏から初秋にかけてよ
く見かける。コスモスの仲間で、
黄色い花が咲くので、この名前に。
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)

「自転車は、車道が原則」に一言。車道での車と自転車の事故が多くなると、弱者である自転車を歩道通行可とした。今度は、歩道での自転車と歩行者の事故が多くなり、強者である自転車を車道に戻すようだ。歩道の無法地帯化を招き事故が増えたのは、歩道を「自転車も通れます」としたからだと思う。時速4㎞/h程度の歩行者と10~20㎞/hの自転車が同じところを通るのは、所詮無理なこと。今更こんなことを言っても仕方がないが、今度は、時速10~20km/hの自転車と50km/h程度の車が同じところを走ることになる???
快晴の「秋晴れ」、気温は8℃まで下がったが、陽が高くなるにつれ上昇、10時には17℃となり、 「100km、最大心拍数の65%程度、無休憩」L.S.Dトレーニングに出発。先日の「ハーフセンチュリーラン埼玉」では、高ケイデンス(90程度)が持続できたので、きょうもやってみた。大会で走るときや、目標となる人がいると維持できるが、きょうみたいに一人で練習しているとすぐに妥協してしまう。仕方がない・・・
走行距離 101.5km 、走行時間 4時間 15分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 10,448.2km
1110b_2 道路脇のアスファルトの隙間からでも顔を出して咲く姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)市原市牛久で。
1110 姫蔓蕎麦は、蓼(たで)科、イヌ
タデ属。ヒマラヤ地方原産。明治
中期頃に渡来。ピンク色の小さい
花がつぶつぶ状に球形に集まって
咲く。四季を通じて咲くようだ。               
庭によく植えられる。ときどき群
落しているのを見かける。    
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »