« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

黄水仙

出発時4℃、帰着時5℃と寒いライドだった。北東の風が吹いており、体感温度は0℃ほどだったかもしれない。
天気予報では、「気温は低めだが(最高気温は9℃と言っていた)、晴れて穏やかな一日」と言っていた。しかし、9時半の出発時は晴れていたものの、直ぐに雲が出てきて、あとは曇天cloudの空が続いた。お天気キャスターはなんと言い訳するか、今夕チェックしよう。
兎も角、頬っぺたは強張るし、指先はジンジンした。こんな状態はこの冬初めてのことだった。家に着くと、暖房を入れ、熱いコーヒーを飲んで温まった。
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 36分、信号・撮影等の停止時間 17分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 1,527.2km
120228 俳句の世界では、「水仙」は冬の季語で、「黄水仙」は春。
寒波と乾燥で梅の開花が遅れ、花が殆んど無いこの時季、黄水仙は気位高く咲いていた。市原市海士有木(あまありき)で。
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

春の雨

きのう、おとといと「布良星nightを見る」「花摘みtulip」「イチゴ狩り」をしようと南房総に行った。泊まりは、館山市布良の富崎館。
「布良星」(りゅうこつ座のカノープスの和名で、この時期南の空の低い位置に見える)が見れたのは、同行した10人の内、早く現地に着いた2人だけ。私たちが行った時は、雲が出始めており見ることは出来なかった。その日は「富寿司」で美味しい刺身fishで酒bottleを飲んだ。特に肝醤油で食べるカワハギは絶品だった。当地の名物の漬け寿司も大変美味しかった。
翌日は朝から土砂降りの雨rain・・・
南房総市千倉のお花畑に行ったが、雨rainのため車の中で見ただけ。ハウスの中で花摘みが出来る富浦の道の駅「おおつの里」に移動し、花摘みをした。このころが雨rainが一番激しかった。
120226 道の駅「とみうら」でイチゴ狩りをする頃になり、ようやく雨が上がった。腹いっぱいイチゴを食べた。左の写真は道の駅「とみうら」の玄関脇に設置されていた「サイクルラック」。千葉県ではサイクルツーリズムhttp://www.chiba-cycling.jp/)と称してこうしたことを行っている。サイクリストとしてはありがたいことだ。
その後、 「カフェ・オリゾンrestaurant (館山市舟形)で食事、不思議なものでイチゴとイタリヤ料理は別腹のようだった。
120224 道の駅「おおつの里」で花摘みをした。雨が一番激しかった。季語は「春の雨」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

土手青む

朝から気温が高く、9時には10℃近くまで上昇。いつもの「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニング。今頃は、あまり無理をしないで適当に走ることにしている。距離も適当、とはいっても今年の入ってから80㎞で統一されてはいるが・・・
この頃は80㎞を最大心拍数の60~70%で走っても疲れはないし、筋肉痛もない。体が慣れてきたのだろうか?
体重は目標範囲にあるし、体調もいい。ただ、血圧だけが少し高めなのが気になる。
走行距離 80.4km 、走行時間 3時間 38分、信号等の停止時間 15分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 1,446.9km
120224 強烈な寒波のおかげで梅の開花が遅れているという。例年今頃から道端に咲き出す花をを探しながら村田川・養老川の堤防道路のコースを走った。土手の南側には草の芽が出てきたし、小さな花も見え始めた。気温が15度近くまで上がり、防寒着を1枚脱いでちょうどよかった 。
季語は「土手青む」で春。これで7作目だが、だんだん迷うようになってきた。果たしてこんなものでいいのだろうか???画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

雨水

向かいの家の屋根の上からの陽射しが入り込むのが随分と早くなってきた。陽も強くなっており、陽射しが入り込むと暖房がいらないほど。
日焼け止めクリームを塗り、トゥカバーは着けずに出かけた。目標は「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」LSD
暖かく、風もないのに気合が入らない。だらけた練習になってしまった。でも、背中には沢山汗を掻いた。
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 50分、信号・撮影等の停止時間 16分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 1,366.5km
120221 例年は正月には開花する蝋梅だが、ことしは初詣の時には花は一つも見られなかった。その後も寒波が次々にやってきて、なかなか開花が進まなかったが、やっと満開に。市原市廿五里(ついへいじ)の民家の庭に咲いていた。
季語は「雨水」で春。画像をクリックすると大きくなりま
これで6作目の俳句(???)だが、だんだんむつかしくなるような気がする。それに自分の語彙が貧弱であることが明らかになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

春浅し

朝は冷え込みが厳しく、-6℃まで下がった。日の出は6時21分だったが、よく晴れsunており、陽が昇ると気温は急上昇、9時には5℃近かくまで上がった。
いつもの「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニングに出かけた。
弱い北西の風が吹いていたが、肌に当たる感じは冷たくない。手の指、足の指も冷たくない。土曜日の朝降った雪が、日陰に残っているところもある。だが、陽の光は強く、日焼け止めクリームを付けないとダメかもしれない。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 41分、信号・撮影等の停止時間 17分、平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 1,286.4km
1202 市原市土宇の民家の生垣の下に咲いたいた水仙
季語は「春浅し」で春。他の花が殆んど咲いていないことから「ひとり」としたのだが・・・画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

風光る

きょうは「雨水」。空から降るものが雪snowから雨rainに変わり、雪が溶け始めるころで、この時節から寒さも峠を越える。春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もあるとか・・・
毎年この時期に、私が入っている「センチュリーランを走る会」(愛称:自転車百哩走大王、略称:チーム大王)の総会が東京フォーラムで開催される。ことしもきょう開かれた。
私はこの総会で、“帝王”のトロフィーを頂いた。帝王は、走行距離120㎞以上の大会を50大会以上完走(60~120㎞の大会は0.5と換算)した者に与えられる。当会で18人目となる。
120219_2そこで一句・・・
受賞したトロフィーがまばゆい のと、吹く風もまばゆく感じられた。
季語は「風光る」で、春だが、季語の選択と、どこに入れるのか迷った。
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

春の雪

朝方、雪snowが降った。1㎝ほど積もった。よく晴れsunているが、気温は低く(11時5℃以下)強風注意報が出ている。時おり、屋根の雪が強風で吹き飛ばされて舞っている。
120218 そこで一句・・・俳句と言えるかどうか知らないが、五七五の十七音で、季語は入っている。
ビオラの上にも雪が降ったが、葉っぱは青々としており、花も元気に咲いている。季語は「春の雪」で春。雪の水分で葉の緑が濃くなって見えた。画像をクリックすると大きくなります

日陰の雪snowはなかなか解けず危なそうなので、きょうのライドは中止。12時過ぎ、MTBでポタリングに出かけた。強風が続く中、ゆったりとペダルを回した。気温は6℃以下の寒い一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

ビオラ-15-

濃霧注意報が出ていた。10時頃霧mistが取れ、薄日sunが差してきた。
気温は高めでまずまずの天気。きょうも「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニング
いつもなら平日でも数人のサイクリストに出会うのだが、一人も会わなかった。どうしてだろう?
走行距離 80.5km 、走行時間 3時間 45分、信号等の停止時間 15分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 1,206.2km
15 なかなか暖かくはならないが、陽の光は大分強くなってきた。
自転車で北に向かっていると、顔は北風で冷たいが、背中は陽光で温かい。季語は「春光」で、17音にした(温いは「ぬくい」)。俳句と言えるかどうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

ビオラ-14-

朝から快晴。あすから3日間は雨模様の天気との予報なので、「きょうは絶対乗るぞ」と気合を入れていた。いつものように「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニング
往路は快調にペダルを回したが、復路になり途端にペースダウン。7m/s位の北北西の風が吹いており、モロに向かい風。喘ぎながらの帰還。
陽の光は大分強くなってきており、そろそろ日焼け止めクリームが必要になるかもしれない。
走行距離 80.4km 、走行時間 3時間 45分、信号等の停止時間 17分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 1,125.7km
14 強烈な寒波のため梅の開花が遅れているという。例年なら今頃から道端に咲き出すオオイヌノフグリ、仏の座、薺などの花もまだだ。このところ気温は零下以下、降霜もあり、ビオラの花もすっかり元気をなくして、花びらが傷んでいる・・・
「俳句」は17音から成り、ここに「季語」を入れ、あとは見たまま、感じたままを詠めばいいようであるが、これがまたむつかしい。私には才能が無いかもしれない・・・恥を忍んで習作の句を・・・
きょう村田川の堤防道路を自転車で走っていると、まだ何の花も咲いていない土手の下に喋々が一匹舞っていた。
季語は「喋々」で春、一応17音にしてはあるが、これでも俳句だろうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

ビオラ-13-

日陰に残っていた雪snowは、きのうの雨rainと暖かさ(房総半島は最高気温が17℃)で、完全に消えた。
けさも暖かかった(7℃程度)。晴れるとの予報だったので、いつものように出かけた。そのうち雲cloudが取れ晴れ間が広がってくると思っていたが、結局、雲cloudは取れず気温は7℃のままで、寒いライドだった。
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 44分、信号等の停止時間 14分、平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 1,045.3km
俳句」をやってみようと思い、入門書と歳時記をAmazonで購入した。私に作れるかどうかわからないが、いま読んでいる。このblogの花の写真に俳句を付けられたらいいな・・・などと夢見ている。
13 強烈な寒波のおかげで梅の開花が
遅れているという。例年なら今頃
から道端に咲き出すオオイヌノフ
グリ、仏の座、薺などの花もまだ
だ。このところ気温が-5℃くら
いまで下がり、強い降霜もあった。
ビオラの花もすっかり元気をなく
して、花びらが傷んでいる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

ビオラ-12-

1202交通ルールをしっかり守る」ようになってから、停止時間が長くなってきた。これは、「一時停止」の標識では必ずとまりペダルからクリートを外し地面に足を着け安全確認をする。また、あまり電車のこない小湊鉄道の踏切でも、一時停止をして安全を確かめるようにしているなどからだろう。健康のために乗っている自転車であり、年寄りでもある ことからみんなの模範になるようなサイクリストを心掛けている。
きょうまで5日間、当地の最低気温は-5℃以下(庭に吊るしてある温度計)だった。「最強寒波」「第一級寒波」等々と言われているとおりだ。
きょうは「立春」、朝方低かった気温も出発時7℃、帰着時11℃と寒く感じないほどで、その上、陽の光が強くなってきて「光の春」と言えるようだった。
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 46分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 965.2km
120112 一年中で最も寒いこの時季、道端
や野原などに、花はほとんど無い。
そこで、私が育てているビオラ
紹介。昨年9月の気温が高く(発芽
適温15~20℃)、なかなか種蒔き
が出来なかった。その後の生育も
悪かった。年末までに開花したも
のの、例年に比べ、株が小さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

ビオラ-11-

1202自転車横断帯」の設置基準はよく分からないが、私の練習コースの館山道の側道(県道21号など)の交差点には、多く見受けられる。道交法を守って「自転車横断帯」を通るとかなり危険が伴うと考え、コースを変更し、農道を通るようにした。
農道にたまにある信号では、遥か彼方まで自動車が1台も見えなくても、信号を守る年老いたサイクリストがいる。
朝方は氷が張り、霜が降りたが、日本海の発達した低気圧に向かって南風が吹き出し気温は急上昇。10時には7℃を超えたので、いつものL.S.Dトレーニングに出発。直ぐに出発したことを後悔した。強い南風が吹いていた(帰着後アメダスで見ると13m/sの風がずーと吹いていた)。下ハンドルを持ち、軽めのギアにし「40㎞まで頑張ろう!帰りは追い風だ!」と言い聞かせながらペダルを回した。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 42分、信号・撮影等の停止時間 15分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 884.9km
120111 一年中で最も寒いこの時季、道端
に、花はほとんど無い。そこで、
私が育てているビオラを紹介。
ビオラは、菫科、スミレ属。開花
時期は、10/10頃~翌7/10頃。ヨー
ロッパまたはアジア西部原産。日
本へは江戸時代に渡来した。    
----「季節の花300」から抜粋----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »