« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

草の花

ANCHORを点検・整備に出した。走行距離5,000㎞程度ごとに実施しており、「バイシクル セオ アリオ蘇我店」に持って行った。不具合箇所としては、フロントギアの「フライトデッキ」への表示がインナーギアのまま動かなくなっていることと、ブレーキの効きが少し甘くなっていることを伝えた。フロントギアについては、いろいろやってみてくれたが直らず、デュアルコントロールレバーを交換するしかないようだった。あまり不自由しないのでしばらくはこのままとすることにした。ブレーキについては、ブレーキシューを交換して、効きはよくなった。
・・・・・・・・・・

朝の内は晴れsunていたが、しだいに雲cloudが多くなり、気温も出発時15℃、帰着時17℃と少し寒かった。今ごろは、ウェアーの選択がむつかしい、日差しが有るか無いかによってもかなり違ってくる。
走行距離 81.8km 、走行時間 3時間 40分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 10,327.1km

121030 この花は、野芥子、顔剃菜、薬師草などに似ているが、よく分からない。秋の野には、名前も知れぬ草まで様々な花をつけ、ひっそりとした美しさがある。季語は、そうした花の総称である「草の花」。市原市瀬又で。
初句は
名はしらずけなげに咲くや草の花
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

嫁菜

このブログのプロフィールの写真を取り替えた。先日の「ツール・ド・ちば 20123日目の夷隅郡大多喜町西畑駅付近(34㎞地点)の写真である。前後に誰もおらず、「一人旅」状態が続いていた。
・・・・・・・・・・
1210_2  この秋、秋晴れの快晴という天気になかなかお目にかからなかった。が、きょうはまさに「秋晴れ」。写真は午後1時ごろ、市原市権現堂の養老川の堤防上から東京湾方向を望んだところ。
上々の天気で、長い距離を走ろうとは思ったが、生憎夕方から会合があり、軽い練習とした。
夏は、走った後「シャワー・ビール・ブログ」がお決まりのコース。いまは着替え後、ライド中に作った俳句の推敲(私の場合は「下手な考え休むに似たり」で、良くなっていくとは限らないが・・・)。そして、ブログ投稿ということになる。
走行距離 83.2km 、走行時間 3時間 43分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)、年初来走行距離 10,245.3km

121026嫁菜(よめな)」は、菊科、ヨメナ属。道端の草むらなどで見かける。
菊の花に似ているが、菊より質素・控え目だと思う。季語は「嫁菜」で、秋。市原市番場で。
初句は
日陰でもさわやかに咲く嫁菜かな
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

コスモス

走り始めて少しすると、胸焼けのような、胃酸が上がってくるような症状に見舞われた。けさ食べたものが良くなかったのか、などと考えながらペダルを回す。なかなか良くならなず、そのうち、やる気が失せてきた。きょうはここまでと踵を返す。
帰り道、「ぎゃらりい駅舎」(市原市牛久の小湊鉄道牛久駅脇)で開かれている「南市原写真クラブ展」を見てきた。
走行距離 81.2km 、走行時間 3時間 40分、信号・撮影・休憩等の停止時間 36分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 10,162.1km

121022 コスモスが盛りである。コスモスは、星がきれいにそろう宇宙のこともいう。政治、経済の状況はお先真っ暗で、神頼みでもしたくなる。季語は「コスモス」で、秋。市原市瀬又で。
初句は
コスモスやお先真っ暗この世界
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

ツール・ド・ちば 2012」を走ってみて、私の「脚力」では、若い人と一緒になって速いグループで走ることは、スピードについていけないことや、肉体的にもたないことなど「無理」であることが明確であった。これからは、年相応(来年1月古希を迎える)に、マイペースで走ることにする。
・・・・・・・・・・
けさは冷え込んだ。今季一番の7℃。ウェアーの選択に悩む時期である。9時過ぎには20℃近くまで上がったので、「半袖ジャージ、サイクルパンツ、UVカットアームウォーマー・レッグウォーマー」といういままでと同じ出で立ちで出発した。太陽が出ている間は、このウェアーで丁度いいが、日差しが無くなると少し寒いと感ずる。
年初来の走行距離が1万㎞を超えた。ロードバイクに乗り始めて8年連続で年間走行距離が1万km以上となった。因みに、累計の走行距離は96,199kmである。
走行距離 94.9km 、走行時間 4時間 9分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)、年初来走行距離 10,080.9km

121019 以前はあちこちに咲いていたが、最近めっきり見なくなった。高滝湖畔にあったことを思いだし、行ってみた。季語は、「(はぎ)」で、秋。市原市養老で。
初句は
萩探し上総台地を走りけり
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

白粉花c

ツール・ド・ちば 20123日目。「グループ」でスタート。きょうも「最大心拍数の70~80%」マイペース。鴨川有料道路の上りでグループ最後尾近くまで下がったが、最初のエイドステーションで「グループ」に上がった。大多喜・勝浦の山間部のアップダウンが続く区間でもマイペースを守り、最後尾の一人旅が続いた。
太平洋沿いの道に出てからは、強い北風が吹いており逆風。心拍を少し上げてペダルを回す。最後のエイドステーションに着くと間もなく、「グループ」がスタート。休憩を取らずその最後尾に入り、ゴールに向かう。すぐにグループからは離されたが、最大心拍数の80%位でペダルを回し、後ろのグループに追いつかれずにゴールした。
この日も、筋肉疲労はさほど感じなかった。

・・・・・・・・・・
004 NHKの平井お天気キャスターが「千葉では12時頃から雨rainが降りだす」と言っていた。9時にスタートし、1時間半したらUターンし12時には帰るという作戦。雨は南にある前線が北上して降るとのこと、南の空を見上げながらのライド。11時前、南の空に雲がやってきた(写真)。12時過ぎの帰着時には、空は雲で覆われた。雨rainが降り出したのは15時ごろだった。
走行距離 75.0km 、走行時間 3時間 14分、信号・撮影等の停止時間 6分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 9,986.0km

121016 白粉花がまだ咲いている。別名を「夕化粧」というとおり、夕方から咲き、朝になると閉じる。勤め人だったころは夜帰ってきて、朝早く出かけるので子供とは遊べない。季語は、「白粉(おしろい)」で、秋。市原市瀬又で。    
初句は
白粉花子らには見せずその顔を
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

花野

ツール・ド・ちば 20122日目の朝、前日の無理が祟り、筋肉疲労が残っている。きょうは、きのうのように無理をして走る事は止め、「最大心拍数の70~80%」マイペースで走ることにした。
スタートはきのうと同じ「Dグループ」。直ぐに最後尾になり、しだいに引き離されていく。最初のエイドステーションまでには、「Eグループ」に追いつかれなかった。昼食前の少し上りがあるところで、「Eグループ」に追いつかれた。そして、昼食後の大多喜、会所の上りでは、「Fグループ」に吸収され、最後尾を一人旅、ペースを守ってゴールした。
この日は、筋肉疲労は全然感じなかった。きょうの走りは「年寄りの走り方」だと思った。

・・・・・・・・・・
121015 きのうは一日中、シトシトと梅雨のような雨rainが降り続いていた。
打って変わって、きょうは秋晴sunれが広がっていた。北の方に薄い雲cloudが出ていた。

「最大心拍数の70%程度」を目標にペダルを回した。心拍計で目標を確認して走っていても、直ぐに60%くらいまで下がってしまう。心拍を上げてまた走り出す。だんだん下がってくる。・・・一人で走っているとどうしてもこうなるが、別にレースに出るわけでも、タイムを測る訳でもないのでこれでいいか???
走行距離 100.8km 、走行時間 4時間 22分、信号・撮影等の停止時間 8分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 9,911.0km

121015_2 このピンクの花の名前が分からない。辺り一面に咲いている。そこで、季語は、秋の草花が一面に咲き乱れる広々とした野原をいう「花野はなの)」にした。市原市権現堂で、
初句は
ペダル踏み上総台地の花野ゆく
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

白粉花b

ツール・ド・ちば 2012」は、走行速度(巡航速度)が速い順に40~50人がグループとなって走る。
第一日目、私は「グループ」でスタートした。平地の速度は30㎞/h程度でどうやら付いていけた。最初のエイドステーションで「グループ」に上がった。このグループの平地の速度は30km/hを超えており、付いていけなかった。飯岡の坂道で全員に抜かれ、更に「グループ」に追い付かれてしまった。グループの後方を必死になって走っていたが、最終区間で最初にいた「グループ」にも追いつかれてしまった。
かなり無理をして走ったため、ゴール後両足が痙攣し、しばらく歩くことが出来なかった。ホテルに入ってからストレッチをしたり、風呂でマッサージをしたり、「バンテリン」を塗ったりして、あすに備えた。
・・・・・・・・・・
きょうは、「100km、最大心拍数の70%程度、無休憩」を目標にペダルを回した。「ツール・ド・ちば 2012」以降3日間乗らなかったので、筋肉・関節等違和感は無かった。雲が多く、はっきりしない天気だったが、気温は20~23℃と運動するのにちょうど良かった。
走行距離 100.0km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時間 9分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 9,810.2km

121012 白粉花は、夕方から咲くと言われているが、どうも明るさではなく気温が関係しているようだ。朝も、気温が低い日は太陽が高くなっても咲いている。季語は、「おしろい」で、秋。市原市番場で。
初句は
誰のため白粉花よ夜に咲く
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

ツール・ド・ちば2

6~8日まで、「ツール・ド・ちば」を走ってきた。3日間の走行距離は、366.6kmであった。
ことしのこの大会への参加者が大幅に減少しているような気がする。おそらく、500~1,000人近く減っているのではないか(昨年の参加者は1,763人)。世は「自転車ブーム」で、スポーツバイクの売り上げは好調らしいが、こうしたイベントへの参加者はあまり増えていない。通勤や街乗りだけに使われているのか?
10月6日(土) <第1日目>
121006tdc 九十九里町の不動堂海岸駐車場をスタート(写真)し九十九里ビーチラインを北上、銚子から利根川沿いに進む。東庄町で昼食、ここから内陸に向かい、東総道路通ってゴール地点の成田へ。走行距離 130.5km
天候は晴れsunたり、曇ったcloudりのまずまずの天気で、コースもほぼフラット。
10月7日(日)<第2日目>
121007tdc_2 成田市のサウンドハウスをスタート(写真)し、途中まで1日目のコースを逆走、はにわ街道を通り九十九里ビーチラインを一松海岸まで行き、内陸部に入る。大多喜の山越えの前に昼食。養老川の源流を上り、安房小湊まで下る。ここからは、太平洋を左に見ながら、ゴールの鴨川へ。距離139.2km
朝からrain・・・昼食頃まで降っていた。そして気温が低く、雨が上がったが、雨具を脱ぐことが出来なかった。
10月8日(月)<第3日目>
121008tdc 鴨川市の総合運動場をスタート(写真)し、すぐに鴨川有料道路の上り、大多喜・勝浦・御宿の山道のアップダウンが続き太平洋へ。御宿町で昼食。ここからは、外房黒潮ライン、九十九里ビーチラインをひたすら北上する。1日目のスタート地点がゴール。距離 96.9km
山道を走っている時はそれほど気にならなかったが、強い北風が吹いており、昼食後は、逆風の中をもがきながらペダルを回した。
この大会の私の走りっぷりについては、次回以降に記す(いろいろ考えることもあった・・・)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

女郎花

台風17号typhoonは、当地から200㎞位離れたところを通った。それでも風と雨は相当のものだった。きのうは、まさに台風一過の晴天sunだったが、そんな中、マリアナ諸島に台風19号typhoonが発生し、西北西へ毎時20kmで進んでいという。6日からの「ツール・ド・ちば」に影響がなければいいが・・・
121002_3 けさはよく晴れsun、気温は20℃を下回って少し寒く感ずるほど。出発時24℃、よく晴れていたが、次第に雲cloudが多くなり、折り返してしばらくすると我が家の方角に黒い雲が待ち伏せるように垂れこめていた。少し濡れるのを覚悟してペダルを回す。路面が濡れているところもあったので、あちこちで降ったのだろうが、幸い私の上には全然降らなかった。帰着時の気温25℃・・・
走行距離 99.8km 、走行時間 4時間 20分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 9,343.6km

1209 女郎花の盛りである。辺り一面を黄色に染めている。青空に負けまいと戦っているかのよう。季語は、「女郎花(おみなえし)」で、秋。市原市瀬又で。
初句は
青空を黄色に染めし女郎花
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »