« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月27日 (火)

菊の花

1211 トレーニングに出かけるかどうか少し迷った。9時のアメダスで北西の風7m/sとなっていた。気温は10℃くらいで、冬の青空が広がっていたので、ウエアーに着替え出発した。でも直ぐに後悔した。風がだんだん強くなってくる。そして、少しの間でも止むことが無く吹き続ける。往路は斜め右後方からの風だったので40kmの折り返し地点までは良かったのだが、復路は難儀した。フロントギアはミドルの39T、リアは16~19T位で下ハンドルを持ってペダルを回し続けた。
風が強いので、雪の富士山が良く見えた。富士山までの距離が約120kmの市原市廿五里(ついへいじ)で(画像をクリックすると大きくなります)。
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 50分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 11,142.7km

121127 菊の花の向きはいろいろだ。その中に私の方を向いている花が一輪・・・混沌とし、冷たい世の中だが、ひとりくらいは私を見ていてくれるだろう。季語は、「菊の花」で、秋。市原市番場で。
初句は
それぞれがそれぞれ向きて菊の花
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

犬蓼

きのうは朝5時に起き、直ぐに天気予報をを見た。「千葉県南部 6-12時降水確率50%」。「清和の森サイクリング」に行くのを止めた。この時期雨に遭うと、年寄りの身には堪えるからである。8時ごろから雨rainが降りだしてきた。気温も低く8℃くらい。
12~2月の3か月間は自転車の大会には参加しない。というよりは、私が参加するような「長距離走」などの大会が殆んど無い。従って、きょうからは「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」を目標としたL.S.Dトレーニング。何せ、こうやって走っていないと、体重コントロールが出来ない身体であるから・・・
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 41分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 11,062.4km

121115 このつぶつぶが犬蓼(いぬたで)の花。子供の頃、これを解してご飯に見立てて遊んだことを、想いだした。季語は「犬蓼(いぬたで)」。市原番場で。
初句は
赤のままままごと遊びしのばるる
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

清和の森サイクリング

こんどの土曜日(24日)千葉県サイクリング協会主催「清和の森サイクリング」に参加する予定(当日朝雨rainだったり、降水確率が40%以上の場合はDNS(Did Not Start)。
12112460km 左の図は、資料に基づいてPCで作成した「清和の森サイクリング」の60kmのコース図(黄色い線がコース=画像をクリックすると大きくなります)。当日はこれをGPS(GARMIN GPSmap60CS)にダウンロードして、ナビゲーションする。
スタート&ゴールは、ロマンの森共和国・ホテル「シルクヴィラ」(君津市豊英 )で、反時計回りに一周する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

白菊

いよいよである。来月16日総選挙!!!
「自民も民主も過半数をとれず、自民の年寄・右寄りを排除した新自民党と民主の年寄・左寄りを排除した新民主党が一緒になって“民民党”が発足、政権党となる。公明党がどうなったかは、でてこなかった・・・総理大臣は野田佳彦!」。こんな夢を見た・・・
・・・・・・・・・
けさの気温は1℃、薄霜が降りた。今季初である。
10時、気温が10℃を超えたので出発。先日の「BoSoツーリング④紅葉ライド」では、エイドステーションでバナナ(計3本)、アンパン1個、弁当、豚汁2杯、甘酒1杯を摂取したので、消費㌍より多かったようだ。体重が少しオーバー。きょうも減量のための「最大心拍数の65%程度」のライド。まるで「食べるために自転車に乗っている」ようだ!!!
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 42分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 65%)、年初来走行距離 10,982.4km

1211 白菊が満開である。弱い北風にそよりともせず、静かに咲いている。季語は、「白菊」で、秋。市原市菊間で。
初句は
白菊の咲き群れてなお静かなり
であったが、「群れて」がいいか、「満ちて」がいいか大分迷った。
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

落葉

きのう「BoSoツーリング④紅葉ライド」に行ってきた。晴れsunたり曇cloudったりの天気で、気温も15℃前後と、スタート前や昼食時にはウインドブレーカーを羽織る程だった。
房総半島南部は300~400mの山が連なる「房総丘陵」地帯、いくつもの山を、丘を、上り、下った。順調に走っているつもりだったが、戸面原(とづらはら)ダムエイドステーションで足切となり鹿野山には向かえずショートカットコースとなってしまった。
それでも楽しく走れたし、早く到着したため豚汁を2杯も頂くことが出来た。
走行距離 98.0km 、走行時間 4時間 55分、信号・撮影・休憩等の停止時間 1時間 53分、平均心拍数 116bpm、総上昇量 1,353m年初来走行距離 10,902.1km

121118_2 当地でもやっと紅葉が進み、きのうの雨で路面に落葉・・・・季語は、「落葉(おちば)」で、冬。富津市志駒の「もみじロード」で。
初句は
落葉踏み安房の山道サイクリング
次は
小休止タイヤの下の紅葉かな
最後は、タイヤが黒く光っている様を詠んだ。
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

黄菊

寒気が南下しているとのこと(今季初めてか???)、けさの気温は3℃まで下がり、今季最低。霜は確認できなかったが、もういつ降りてもおかしくない。
きょうも「最大心拍数の60~70%」を目標の減量のためのライド。出発時の気温は12℃で、走り始めてすぐに指先が冷たく感じた。「指切グローブ」の下に薄手の手袋が必要になってきたようだ。
北西の風が強い(帰着後アメダスで調べると7m/s)、体感温度は10℃以下だろう。いよいよ寒い時期を迎える・・
走行距離 75.1km 、走行時間 3時間 28分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 10,804k1m

121115 供花用なのか、どの家の庭先にも黄菊が植えられていて、いま盛り。季語は、「黄菊」で、秋。市原市菊間で。
初句は
庭先に戸ごとの黄菊咲き誇り
次は
家々の庭先に咲く黄菊かな
としたが、どの家にも咲いているという感じを出したくて変更した。
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

小菊

おとといの朝、雨戸を開けると東の空が紅く染まっていた。朝焼けの日は天気は下り坂と言われているが、本当に夕方から雨rainで、きのうの昼ごろまで降っていた。因みに俳句の「朝焼」は、「夏」の季語である。
きょうも「最大心拍数の60~70%」を目標の減量のためのライド。原因は分からないが、夏場での減量は簡単だったが、今時分はなかなか上手くいかない。それでも帰着後体重を測ると、目標範囲の上限スレスレまで落ちてきた。もうひと頑張りだ。
走行距離 80.5km 、走行時間 3時間 38分、信号・撮影等の停止時間 14分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 10,729km

1211a 当地では、いま小菊が盛りを迎えている。暦の上ではもう冬、もうすぐ今年も終わりである。元旦にたてた一年の計は、毎年の事であるが達成できそうにもない。季語は、「小菊」で、秋。市原市菊間で。
初句は
菊咲いてことしも何もせざるなり
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

BoSoツーリング④紅葉ライド

来週の日曜日(18日)地元のサイクルイベント会社KSインターナショナル主催の「BoSoツーリング④紅葉ライド」が開催される。
121118boso 左の図は、資料に基づいてPCで作成した「BoSoツーリング④紅葉ライド」のコース図(黄色い線がコース画像をクリックすると大きくなります)。当日はこれをGPSGARMIN GPSmap60CS)にダウンロードして、ナビゲーションする。
スタート&ゴールは、上総湊海浜公園南側駐車場(富津市湊)で反時計回りに一周するコース。走行距離は110kmだが、総上昇量が2,000mを超え、走りがいがあるコースのよう。
いい天気であることを祈る。雨rainだったり、降りそうだったらDNSDid Not Start)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

秋明菊

年金生活者は、年金だけで生活しているのだから、年金が減らされたり、支給されなくなったら大問題だ。昨今の政治状況をみていると、なんとなく「不安」がつきまとう。何十年もの間、社会のためと思って懸命に働いてきた結果としての年金、現役世代の皆様方、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・

きょうも「最大心拍数の65%程度」を目標にした減量のためのライド。午後になると北風が強まるとの予報が出ていたので、少々早めに出発。14時頃帰着したが、風は強くはならなかった。体重は、目標範囲スレスレまで落ちてきた。もうひと頑張りだ。
走行距離 80.4km 、走行時間 3時間 40分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 10,648.5km

121109 秋明菊は、金鳳花(きんぽうげ)科、イチリンソウ属で、中国原産。季語ではない。季語は、秋空が澄んで高々と晴れ渡り、菊の花が盛りのころをいう「菊日和(きくびより)」で、秋。市原市番場で。
初句は
漢名は秋牡丹なり秋明菊
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

芒(すすき)

きのうは一日中雨rainが降っていて、時折雷が鳴り激しく降ることもあった。けさは濃い霧mistに包まれ、なかなか晴れてこなかった。雨が沢山降った翌日に自転車に乗ると、路肩などにあった鋭い小石などが道路に流れ出しており、パンクの可能性が高い。タイヤの空気圧を少し高めに、前輪700Pka弱、後輪700KPa強とした。
体重が目標範囲にならない。減量してもすぐにリバウンドしてしまう。この時期の減量はむつかしい。きょうも「最大心拍数の65%程度(全カロリーの約65%が脂肪から供給される)」で走った。あと2~3回乗らないと、目標範囲にはならないようだ。
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 38分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 10,568.1km

121107 芒(すすき)に陽が当たると、銀色の光を発しているように見える。芒自体には銀色の部分は無いのだが・・・季語は、「(すすき)」で、秋。市原市馬立で。
初句は
透き通る薄の花穂風に揺れ
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

泡立草

しあさっては「立冬」である。寒い訳だ。けさ6時の気温は、4℃・・・霜が降りてもおかしくない。
ウェアーを「長袖ジャージ・タイツ」にした。長袖ジャージは前面が「エアブロック」となっており、8~16℃対応(タイツも同じ)。
きょうも「最大心拍数の60~70%」を目標とした「減量」のためのライド。本当にいい天気の「ド・ピーカンデーsun」で、朝からずーっと雲一つない。気温は、出発時16℃、帰着時18℃、と晴れている割には気温は上がらなかった。
走行距離 80.5km 、走行時間 3時間 41分、信号・撮影等の停止時間 12分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 10,487.8km

121104 背高泡立草は、菊科、アキノキリンソウ属。北アメリカ原産の帰化植物。明治時代に渡来。繁殖力が強く、耕作放棄地などではあっという間に占領されてしまい、田んぼが一面黄色の世界となっていた。季語は「泡立草(あわだちそう)」で秋。市原市土宇で。
初句は
恐るべき泡立草や黄の海に
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

溝蕎麦

新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから、きょうは「すしの日」だという。体重を測ったら、目標範囲を逸脱していたし、体脂肪率も20%台になっていた。この状況を改善するには、最大心拍数の60~70%の運動強度で自転車に乗るしかない。この範囲は、全カロリーの約85%が脂肪から供給される、と言われている。直ぐ太る体質の私にとって、自転車に乗ることは減量するための手立て、と言っても過言ではない。
・・・・・・・・・・
けさ6時の気温が6℃と、寒い朝。10時前、気温が15℃程度に上昇してきたので、最大心拍数の60~70%のライドに出発。出発して直ぐは、胸のあたりが寒く感ずる。15分ほどペダルを回すと、身体全体が温かくなる。南寄りの暖かい風が吹いており、帰着時の気温は20℃を超えていた。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 40分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)、年初来走行距離 10,407.3km

121101 溝蕎麦は、生命力旺盛。溝を埋め尽くすように群生している。だが、人と人の心の溝はなかなか埋まらない。季語は、「溝蕎麦(みぞそば)」で、秋。市原市養老で。
初句は
溝蕎麦や心の溝は埋められず
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »