« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月30日 (日)

11,661km

私は8年前(62歳の時)、車に自転車を載せて遠征するため、運転免許証を取得し、マイカーを買った。それ以来、自転車の走行距離は間もなく10万㎞になるが、マイカーは6万㎞である。
Photo 図は(画像をクリックすると大きくなります)今年の月別の走行距離である。年間走行距離は、11,661km、ことしも目標の年間「10,000km」を達成でき、これで8年連続である。
ロードバイクに乗り始めてからの累計走行距離は、97,779km地球2周半)となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

ピラカンサ

交通事故全体に占める自転車事故の割合は約2割。「自転車保険」への加入の必要性も叫ばれている!!
JCA(日本サイクリング協会)の会員になると(年会費5,000円)、自転車保険が特典として付いてくるが、昨年からこの保険は「70歳以上には適用されない」こととなった。そして今年は、「66歳以上は適用除外」となった。多くの保険会社の自転車保険も「65歳以上」、「68歳以上」、「70歳以上」は対象外となっている。高齢者の事故が多く、支払いが高額になっていることからだろうが、何か釈然としない・・・

朝6時の気温は-4℃と、「クリスマス寒波」は本物のようだ。10時半になり漸く5℃を超えたので、いつものL.S.Dトレーニングに出発。きょうは「トゥカバー」を着けた。西寄りの風が吹いているが、それほど強くなく、太陽に光がいっぱいあるので、暖かく感ずる。だが、10℃には届かない。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 38分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)、年初来走行距離 11,660.6km

121223 ピラカンサは、薔薇科、トキワサンザシ属。春に白い花をつけるが、やはり今どきの実の色が目立つ。冬の空の色にマッチしている。季語ではない。季語は、晴れ渡った日の透徹した青空をいう「冬空(ふゆぞら)」。市原市番場で。
初句は
冬空に映える実の色ピラカンサ
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

山茶花

きょうは「冬至」。日の出6時45分、日の入16時30分で、昼間の時間は9時間45分。日の出の時間は、これからも遅くなっていき、1月13日頃が最も遅くなり6時49分ぐらい。一方、日の入はもう既に遅くなっており、最も早いのは11月末で16時26分ごろ、となっている。
けさ6時の気温は-3℃、10時過ぎに漸く5℃となりトレーニングに出発。きょうも「80㎞、最大心拍数の60~70%程度、無休憩」を目標にしたL.S.D。帰着時の気温は8℃と、きょうも「寒いライド」だった。
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 27分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 11,580.6km

121221 今年もあと僅か。なんとなく寂しさを感ずるこの頃。この時期に咲く山茶花も、どことなく寂しさがある。季語は「山茶花(さざんくわ)」で、冬。市原市潤井戸で。
初句は
山茶花は咲き乱れても寂しけり
次は
寒空に山茶花寂し咲きにけり
としたが「寒空」も冬の季語で「季重なり」。
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

霜菊

今年の漢字」に「」が選ばれたという。「エッ?」と違和感を覚えのは、私だけではないだろう。応募数258,912通のうち、最多の9,156通が「金」だったという。しかしこの数字は3.5%に過ぎない。96.5%の人が「エッ?」と思うか、無関心の漢字に「今年の」と付けるのはどうかと思うのだが・・・こう思うのは、やはり年のせいか???
寒いライドだった。恐らく、一年の内でも最も寒い時と同じだと思う。出発時6℃、帰着時8℃。また、北西の風が強く(アメダス7m/s)、体感温度はもっと低そう。さらに、日差しが有れば暖かいのだが、時々雲が太陽を隠してしまい、そんな時は頬っぺたや、指先がジンジンしてくる。80㎞走るつもりで出かけたのだが、途中で気持ちが萎えてきて目標未達!!
走行距離 65.8km 、走行時間 2時間 58分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 66%)、年初来走行距離 11,500.5km

1212 菊は寒さに強いが、強い霜にやられて、だんだん色が褪せてくるようだ。季語は、遅咲きの菊が咲き残っているものをいう「霜菊(しもぎく)」で、冬。市原市番場で。
初句は
霜菊やけさの霜にも持ち堪え
次は
霜菊や朝毎に色薄れゆき
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

枇杷

北ミサイル取り外す-噴射装置を修理か-」と12日の新聞の一面トップの記事は、何だったのか???翌日は「北ミサイル発射」だ!!!皮肉を言えば、取り外したミサイルを1日で修理して打ち上げに成功した「北」の技術力は素晴らしいものということになる。韓国政府関係者の情報だけを信じて、紙面を作る新聞社もいかがなものか・・・
寒い日が続いている。きょうも10時過ぎの出発時の気温は6℃弱。私が自転車に乗る最低温度に近い。喉のがんになってから、辛い物、アルコールの強いもの、それに温度(高・低)といった喉に刺激の強いものは極力避けている
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 38分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 11,434.7km

121214 白く目立たないが、いま枇杷の花が盛り。もう小春日和とは言わないのだろうが、「冬うらら」。市原市草刈で。季語は、「枇杷の花(びわのはな)」で冬。
初句は
枇杷の花布団を仕舞う午後一時
次は
枇杷の花布団をたたく昼下がり   
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

きのう、期日前投票に行ってきた。16日が特別に都合が悪い訳でもなかったが、なんとなく・・・宣誓書の理由欄に○をして名前・生年月日を書けばOK。高齢者に優しそうな候補者と政党を記入、最高裁判所裁判官国民審査は正直言って分からない。
001 けさは寒かった。6時の気温が氷点下4℃。厚い氷が張り、霜が降りていた。10時過ぎになり気温が上がってきたので、「80km、最大心拍数の60~70%、無休憩」を目標としたL.S.Dトレーニングに出かけた。きのうまでは西寄りの強い風が3日ほど続いたが、きょうは微風。気温も10℃以上になり、写真の左には富士山が見えるのだが、霞んでいる(画像をクリックすると大きくなります)。
走行距離 82.7km 、走行時間 3時間 40分、信号・撮影等の停止時間 13分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)、年初来走行距離 11,354.4km

121211 刈り上げられた葉の中にの花がまだ咲いている。ことしもあと僅かだが、特に何かしたことがあっただろうか?季語は、「茶の花(ちゃのはな)」で、冬。市原市瀬又で。
初句は
茶の花や今年も買ったジャンボくじ
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

八手

1212 朝日が昇って暫くしたころ、東の空の低い位置に飛行機雲airplaneが北に向かい、逆光に白く輝いていた。「飛行機雲がすぐに消えると晴れsun」「飛行機雲がずっと残っていると雨rainが近い」と言われているが、飛行機雲がすぐ消えるということは上空が乾燥しているので 翌日も晴れ。なかなか消えなければ、上空が湿ってきており天気は下り坂というわけのようです。きょうの飛行機雲はすぐに消えたので、暫くは晴れが続きそう・・・
きのうは、快晴sunで気温も高く、強い風が治まったら自転車に乗ろうと待機していた。しかし、だんだん風が強くなり、午後になると一層強まり「アクアライン」は通行止めに、「京葉線」も運転取り止め・・・
きょうも風が強かった(アメダスで12m/s)。養老川の堤防道路を少し走ったところで戦意喪失、踵を返した。横風を受けて道の端まで滑るように自転車が持って行かれた。きのうほど強くは無いと思って出かけたが、そう甘くは無かった。風の強い日の自転車は要注意だ。
走行距離 48.5km 、走行時間 2時間 15分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 100bpm(最大心拍数の 63%)、年初来走行距離 11,271.7km

121208 八手は、別名「天狗の羽団扇(うちわ)」と言われているように、大きな葉っぱである。その葉が木漏れ日に光っていた。季語は「八手の花」で、冬。市原市海士有木(あまありき)で。
初句は
花八手木漏れ日に葉の光りをり
次は
木漏れ日に葉の光りをり花八手
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

残菊

今年の世相を反映した言葉を決める「2012新語・流行語大賞」にタレント・スギちゃんの「ワイルドだろぉ」が年間大賞に選ばれたという。トップテンに入っている「iPS細胞」「維新」「LCC」「第3極」「近いうちに…」「爆弾低気圧」などは分かるが、大賞の「ワイルドだろぉ」は分からない。ここ数年そうだが、やはり年を取って世の中の流行についていけなくなっているのか・・・
この一週間ほど房総半島の当地では、毎日雨が降っている。立冬すぎに降る雨を「山茶花梅雨」というが、ちょっと時季が違う。
1212 けさは久々の快晴sun。とても午後から曇ってきて夕方から雨が降る(予報)とは思えない。気温は5℃くらいだが、今季初の「防寒ジャージ・防寒タイツ」という出で立ちでトレーニングに出かける。目標は3月頃まで同じの「80㎞、最大心拍数の60~70%、無休憩」L.S.Dトレーニング。午後になっても、殆んど雲は出ず、薄い雲が時折流れていくだけだった。気温も13℃くらいまで上がり、この出で立ちでは大分汗を掻いた。
走行距離 81.4km 、走行時間 3時間 40分、信号・撮影等の停止時間 11分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)、年初来走行距離 11,223.2km

121205 晩秋、ひっそり咲き残っている菊を「残菊(ざんきく)」といい、秋の季語。年が明けると古希を迎える。ひっそりと残りの人生を過ごすのだろう・・・市原市瀬又で。
初句は
残菊や年が明ければ我は古希
次は
残菊や我もひっそり生き続け
画像をクリックすると大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

皇帝ダリア

まさか出発時より気温が下がるとは思わなかったし、雨rainが降るとも思わなかった。予報では、晴sunとなっていた。
40㎞地点で折り返し家まで半分くらい走った頃まで晴れsunていたのだが、西の方から黒い雲がすごいスピードで湧き上がりたちまち空を埋め尽くした。風も強くなり気温もどんどん下がってきた。そして雨rainが吹き付けてきた。まるで嵐typhoonのようだった。気温が下がってきた段階で雨具を着けたが、しばらく走ると手の指先が冷たくなり感覚が無くなってくるほど
家に着いてしばらくすると、雨は上がった。出発時の気温は10℃、帰着時の気温は5℃以下になっていた。
走行距離 80.5km 、走行時間 3時間 43分、信号・撮影等の停止時間 15分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 11,223.2km

1212 皇帝ダリアがまだ咲いている。菊科、ダリア属。メキシコ地方原産。背が高く、大きな花を咲かせている。季語ではない。季語は、晴れわたった日の透徹した青空をいう「冬空(ふゆそら)」。皇帝ダリアは、透き通るような青空に負けないよと言っているよう。市原市菊間で。
初句は
冬晴や皇帝ダリア咲き誇り
次は
冬うらら皇帝ダリア衝き抜ける
画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »