« 菊の花 | トップページ | 残菊 »

2012年12月 1日 (土)

皇帝ダリア

まさか出発時より気温が下がるとは思わなかったし、雨rainが降るとも思わなかった。予報では、晴sunとなっていた。
40㎞地点で折り返し家まで半分くらい走った頃まで晴れsunていたのだが、西の方から黒い雲がすごいスピードで湧き上がりたちまち空を埋め尽くした。風も強くなり気温もどんどん下がってきた。そして雨rainが吹き付けてきた。まるで嵐typhoonのようだった。気温が下がってきた段階で雨具を着けたが、しばらく走ると手の指先が冷たくなり感覚が無くなってくるほど
家に着いてしばらくすると、雨は上がった。出発時の気温は10℃、帰着時の気温は5℃以下になっていた。
走行距離 80.5km 、走行時間 3時間 43分、信号・撮影等の停止時間 15分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)、年初来走行距離 11,223.2km

1212 皇帝ダリアがまだ咲いている。菊科、ダリア属。メキシコ地方原産。背が高く、大きな花を咲かせている。季語ではない。季語は、晴れわたった日の透徹した青空をいう「冬空(ふゆそら)」。皇帝ダリアは、透き通るような青空に負けないよと言っているよう。市原市菊間で。
初句は
冬晴や皇帝ダリア咲き誇り
次は
冬うらら皇帝ダリア衝き抜ける
画像をクリックすると大きくなります

|

« 菊の花 | トップページ | 残菊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98876/56229005

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ダリア:

« 菊の花 | トップページ | 残菊 »