« 残菊 | トップページ | 茶 »

2012年12月 9日 (日)

八手

1212 朝日が昇って暫くしたころ、東の空の低い位置に飛行機雲airplaneが北に向かい、逆光に白く輝いていた。「飛行機雲がすぐに消えると晴れsun」「飛行機雲がずっと残っていると雨rainが近い」と言われているが、飛行機雲がすぐ消えるということは上空が乾燥しているので 翌日も晴れ。なかなか消えなければ、上空が湿ってきており天気は下り坂というわけのようです。きょうの飛行機雲はすぐに消えたので、暫くは晴れが続きそう・・・
きのうは、快晴sunで気温も高く、強い風が治まったら自転車に乗ろうと待機していた。しかし、だんだん風が強くなり、午後になると一層強まり「アクアライン」は通行止めに、「京葉線」も運転取り止め・・・
きょうも風が強かった(アメダスで12m/s)。養老川の堤防道路を少し走ったところで戦意喪失、踵を返した。横風を受けて道の端まで滑るように自転車が持って行かれた。きのうほど強くは無いと思って出かけたが、そう甘くは無かった。風の強い日の自転車は要注意だ。
走行距離 48.5km 、走行時間 2時間 15分、信号・撮影等の停止時間 10分、平均心拍数 100bpm(最大心拍数の 63%)、年初来走行距離 11,271.7km

121208 八手は、別名「天狗の羽団扇(うちわ)」と言われているように、大きな葉っぱである。その葉が木漏れ日に光っていた。季語は「八手の花」で、冬。市原市海士有木(あまありき)で。
初句は
花八手木漏れ日に葉の光りをり
次は
木漏れ日に葉の光りをり花八手
画像をクリックすると大きくなります

|

« 残菊 | トップページ | 茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98876/56284125

この記事へのトラックバック一覧です: 八手:

« 残菊 | トップページ | 茶 »