« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

花大根

2013 正月早々に倒れ、暫くは安静にしていたため、1月の自転車の走行距離は300km以下(左図は、2012年とことしの月別の走行距離-画像をクリックすると大きくなります-)。3、4月はほぼ昨年並みに復活しており、これは平年並みである。ただ、1日当たりの走行距離は短くなっているし、競技のように心拍が異常に上がる走りはしていない。
70歳となり「年並み」の走りをするようになったということか・・・・・
前回違和感を感じた腰は、あまり気にならない。大型連休で天気も良く、大勢のサイクリストに出会った。しかし、皆一人だ。連休中は家族サービスもありグループの行事は控えているのだろうか?
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 38分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1304 ことしは大根の花が、あちこちで群生している。家の近くの道路脇の斜面に、藤の花が滝のように垂れているその下に、大根の花が群生している。季語は、「花大根(はなだいこ)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

藤の下負けじと咲くや花大根  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

オキザリス

130427_2_2  6時の気温は6℃と肌寒かった。陽の上昇につれ上昇、7時12℃、8時には18℃。空は真っ青で、風も弱く、絶好の行楽日和。写真は市原市権現堂で。そう言えば、きょうは大型連休の初日、年金生活に入ってはや9年、連休とか賞与とかに縁のない人間である。
折返し地点近くで、腰に違和感を覚えた。ペダルを踏み込むと痛い・・・ギアを下げペダルをクルクル回す。そうすると痛みは無い。だが、ちょっとした上り坂でも痛い。平坦な道を選んで進む。
走行距離 83.5km 、走行時間 3時間 55分、平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 64%)

130427 オキザリスは、踏まれても切られても黙って咲き続ける。派手では無く、静かである。私は古希も過ぎ、余生を静かに送ろうと思っている。季語は、オキザリスで、春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

古希を過ぎ静かに生きてオキザリス  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

烏の豌豆

Photo 友人の斉藤剛さんが『-日本はどこで何を間違えたのか-大東亜戦争へ至る歴史』(中央公論事業出版、¥2,500円-税別-)という大著を出版した(左の写真、画像をクリックすると大きくなります)。500ページを超える。昨年の中国東北部(旧満州)への1週間の旅行で一緒だったが、これを書くための取材を兼ねていたとは知らなかった。

UVインデックスのきょうの予報は、千葉「7」。今年初めての高値で、「出来るだけ日陰に、長袖シャツ・日焼け止め・帽子を!」という・・・UVカットカバーを着け、顔には日焼け止めを塗って防御。強い東寄りの風が吹いていたが、今の時期は自転車にとって最高の時期だと思う。「万緑」は俳句の季語だが、今の時期にぴったり!
走行距離 80.9km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

130425烏の豌豆(からすのえんどう)」はソラマメ属。ソラマメ属の学名はViciaで、ラテン語の「vincire(巻き付く)」が語源だという。確かにたくさんの「つる」をあちこちに絡ませて、風で倒れるのを防いでいる。季語は、春の強風・突風をいう、春荒(はるあれ)。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
春荒や烏の豌豆つるを巻く

春荒や烏の豌豆つる絡め  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

花韮

1303ct 脳出血」を発症してから100日以上になる。
発症してからきょうまで、
・頭痛、吐き気、痺れなどは無い
・物忘れ、昔のことを想いだせないといったことも無い
・ここ1か月の血圧は上が120台で、下が60~70台
しかし、CT画像には脳出血の跡がはっきりと残っていた(1週間後には消えていた)、来月下旬に脳神経外科の診察があるので、そこでいろいろ聞いてみよう。

けさも放射冷却で3℃まで冷え込んだが、陽が昇るにつれ上昇、8時には10℃を超えた。気温は低めでも野山はどんどんと緑を深めている。こういう中を走るのはなんといっても気持ちがいいものだ。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

130424 花韮が川の土手や草むら、垣根の下などに群がって咲いている。花は端整な星形。季語は、「花韮(はなにら)」で春。市原市潤井戸で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
草むらに花韮星の如くあり

花韮の星降る如くありにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

スノーフレーク

冬に逆戻り!!この3日間、気温は10℃程度しか上がらず、しかも雨模様の天気・・・
真冬にはこれ以下の気温でも自転車に乗っていたが、一旦暖かくなるとこの気温ではもう乗る気がしない!!人間とはいい加減な動物である。いや、私だけかもしれない・・・
降り続ける雨に木の幹までしっかり濡れ、落ち着いた景色となり春の風情が感じられる。けさは良く晴れて、放射冷却のせいか3℃まで下がった。まだ寒気が居座っているらしく、最高気温は15℃の予想。止む無く「長袖ジャージ・タイツ」を着てペダルを回す。冷たい北風が吹いており、思ったより強い。心拍数65~70を目標に走った。
走行距離 80.8km 、走行時間 3時間 44分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)

1304_2 637_2 スノーフレークが咲いている。和名は「鈴蘭水仙」だが、広辞苑ではスノーフレークを「雪片の意」としている。
花びらの先端の緑が何ともなく可愛い。まるでネイルアートをしているようだ。季語は、スノーフレークで春。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります
(スノーフレーク)
 雪  片のネイルアートやいとおかし   たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

BoSoツーリング②センチュリーライド

来月12日の日曜日、KSインターナショナルが主催する「BoSoツーリング②センチュリーライド」があり、エントリーしている。
130512boso_2 左の図は、資料に基づいてPCpcで作成した「Bo-Soツーリング②センチュリーライド」のコース図(黄色い線がコースクリックすると大きくなります)。当日はこれをGPSGARMIN GPSmap60CSmobilephoneにダウンロードして、ナビゲーションする。スタート&ゴールは、市原市役所駐車場で、時計回りに一周するコース。距離は、164kmとたっぷりとある。最大の難所は一番南の海岸から清澄山への「約7km・標高差約300m」の上りである。150km走った後の「海上自衛隊送信所」への上りは、約2㎞、標高差120m程度であるが、体力を使い果たしたあととしては少々厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

八重桜

自転車に乗る時のウェアーの色を「黄色」にしてから、2台目のロードバイク(ANCHOR)を購入する時、オーダーカラーで黄色にした(プロフィール参照)。理由は、目立つから(事故に遭わないだろうと・・・)だった。サイクリング大会で100台くらいの自転車があっても、黄色は直ぐに分かる。最近はなんとなく好きな色になってきた。
130417 南の風(帰着後アメダスで見ると10m/sだった)が強く吹いている中、出発し、後悔した。モロに向かい風だ!!それでも、折り返しまでケイデンスを上げて懸命に踠(もが)いた。
復路は追い風、わが家まであと1㎞地点(とは言っても、コース最強の「源入坂」が残っているが・・・)の村田川の鯉のぼりは、南風に気持ちよさそうに泳いでいた。
走行距離 80.9km 、走行時間 3時間 45分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

130417_2 当地はいま、八重桜が満開だ。葉を着けた状態で、ゆったりと咲く。折しも、この季節特有の南寄りの強い風。市原市ちはら台で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
大枝を揺らして咲くや八重桜
次は
南風大枝揺れて八重桜

枝揺らす南の風や八重桜  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

山吹

自転車は、道路交通法上は車両であるため、基本的に車道を通行しなければならないが、歩道を通行できる場合もある。それは、歩道に「自転車歩道通行可」の道路標識が設置されている場合である。しかし、私はことしから「自転車通行可」の標識のない歩道でも通行することができる。それは、運転者が70歳以上の場合は通行ができる事になっているから。

9時過ぎの気温が18℃だったので、きょううからウェアーを「半袖ジャージ・サイクルパンツ」にした。それにUVカットのアームカバーにレッグカバーを着けた。これが少し保温効果もあり、今の時期にはちょうどいい。帰着時の気温は21℃と、このウェアーで丁度良かった。
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 38分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

130416 いま、山吹が盛り。「やまぶき色」というように独特の黄色だ。葉との調和も素晴らしい。そして、威張っていないのがいい・・・
季語は、「山吹(やまぶき)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
山吹や穏やかなりし葉も花も
次は
木の下を明るくするやかがみ草

木の下はやまぶき色の世界なり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

土筆

1304 ちょっと寒い日が続いているが、桜が散ったあと確実には増している。そしてその「」の種類の多いこと・・・
自然は偉大である、よくもここまでいろいろな色を用意したものだ!!!

ロードバイクに乗り始めてからの累計走行距離が、100,000km
を突破した(地球2回り半)。8年と1か月だった。ちょうど自動車も同じ時期に取得(免許も)し、走行距離は60,000kmで、自転車の方が断然多い。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

130413 道端や土手に「土筆(つくし)」がニョキニョキ。一年前ちょうど土筆が生えた頃「書道」を始め、週2回くらい教室に通っている。なかなか上達しない。季語は、「土筆(つくし)で春。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
習いごと一年経ちて土筆生ふ

土筆生ふ墨字は上手くならぬなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

1304 田植が始まった。
例年4月第1週ごろから早い田んぼでは田植えが始まる。ことしもはじまった。以前は、人手が大勢いることから休日に田植をすることが多かったと記憶しているが、機械化自動化が進みウィークデーに爺さん婆さんだけでやっているところもあるようだ。
気温は低めだが、自転車には(というか、長袖ジャージ・タイツには最適)丁度いい気温。それに吹き荒れていた風も治まり、鼻歌交じりでペダルを回す。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

130412 道端に咲いているの花。入学した一年生に下校時に踏まれてしまった。
季語は、薺の花で、春(「薺」は新年の季語)。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
薺咲く下校の道の靴の跡

薺花一年生に踏まれたり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

爆弾低気圧が通過中の6日、鳥取県江府町大河原でサイクリングをしていた韓国人ツアー客の女性2人が相次いで転倒、1人は意識不明の重態だという。7日、川崎で自転車に乗った男性が強風で転倒し意識不明の重体。「自転車は風に弱い」と常日頃実感している。私の練習コースは川の土手道が多く、風をモロに受けるので特にそう感ずる。風だけではないが、自転車に乗るときは「ヘルメット」を被るサイクリストの最低条件だと思う。

朝の内は良く晴れていたが、しだいに薄雲が広がり霞がたなびく空のようで、太陽も薄っすらと見える。なんとなくゆったり走りたくなり、ポタリングと決め、MTBTREK4900)で出かける。MTBに乗るときは、ジーンズ・カッターシャツにSHIMANOのSPDサンダルという出で立ちだが、ヘルメットは必ず着ける。ウェストポーチに『俳句ポケットブック』、筆記用具、カメラを入れる。途中、スタバでカフェラテとブルーベリースコーンで昼食。
走行距離 49.7km 、走行時間 2時間 30分、

130409 梨の花が一斉に咲き始めた。普通、桜から一週間遅れといわれている。梨は風が嫌いだと記憶している。確かに梨畑には皆防風ネットがしてある。このところの強風続きで、さぞかし嫌だっただろうが、きょうはやっと風も治まった。
季語は「梨の花」で春。市原市廿五里で。
画像をクリックすると大きくなります。
初句は
梨の花続く道あり廿五里

風が止みほっとしにけり梨の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

きのう(4/7)の朝・・強風に東の空の雲が速い速度で北に流れていく・・時折雲の隙間から朝日が差し込んでくる・・どこからか山桜の花びらが飛んでくる・・「お花見サイクリングin市原」は中止sign03となった。10m/sを超える強風が吹いているのだから、当然だろう・・・きのうはほぼ一日中非常に強い風が吹き荒れていた。
001 きょうは、その風も弱くなり、とは言っても北西の風6m/s(帰着後アメダス)。春先は風が強い日が多く、難儀する・・・だが、里山の緑はドンドン深くなっていき、もう茶色っぽい色がほとんど見えなくなっているところもある。
走行距離 82.7km 、走行時間 3時間 48分、平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 65%)

130408 毎年この場所に咲く菫。木立の下の土手ににかたまって咲いている。季語は、菫で春。市原馬立で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
木漏れ日にかたまって咲く菫かな

日溜りにかたまって咲く菫かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

木瓜

昨夜のNHKテレビ“クローズアップ現代”『延命せず最期を迎える高齢者たちの選択』を見た。頷く所が沢山あった。自分も「選択をし、意思表示をしなくては」と思った次第。

きのうの「爆弾低気圧」は凄かった。銚子では40m/sの風が吹いたという。打って変わりきょうは穏やかな天気となった。出発時の気温が20℃ほどとなり、ウェアーの選択に悩んだが、「長袖ジャージ・タイツ」という出で立ち。
003 強風と雨で桜は殆んど散ってしまった。今度の日曜日は再び「爆弾低気圧」がやってくるという。しかも、きのうよりも大規模なものだと報じている。「お花見サイクリングin市原」の開催が危ぶまれる。右の写真は、高滝湖手前の圏央道に掲げられた垂れ幕(画像をクリックすると大きくなります)。
走行距離 82.4km 、走行時間 3時間 45分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 72%)

130404_2 木瓜の花は、遠くからでもその赤さでよく分かる。それにしてもこの赤の強烈なこと・・・季語は、「木瓜の花(ぼけのはな)」で春。市原市潤井戸で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
幹の中血潮ありしか木瓜の花
次は
近づけば火傷するかな木瓜の花

近づくと火傷しそうな木瓜の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

お花見サイクリングin市原

1304 このどの日曜日(4/7)は「お花見サイクリングin市原」(主催:市原市、千葉県サイクリング協会)が開催される。
私も一応、エントリーしてある。一応とは、天気が悪かったらDNS(Did Not Start )と決めているから・・・
右の図は、そのコース図(画像をクリックすると大きくなります)。
スタート&ゴールは「上総更級公園市原市更級)。近く全面オープンされる新設公園だ。ここから養老川に沿って「高滝湖」までの往復60㎞のコース。私の普段の練習コースの一部である。高低差は殆んど無く、交通量も少ない道。
ただ、天気予報によると当日は「曇cloud時々雨rain降水確率60%」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

連翹

今日から4月、勤め人だったころは何となく身が引き締まる日だったのだが、もう何年もそんな気にはならなく、平々凡々と暮らしている。世の中のためにならなくても世の中に迷惑をかけないようにしていれば・・・と思っている。そのためには健康でなければ健康でいるためには自転車に乗ることと見つけたり、だ。

006 久しぶりに良く晴れ、放射冷却か気温は4℃まで下がった。陽sunが昇ると気温は急上昇、日焼け止めをしっかり塗っていつものように、いつものコースに出発。
このところ寒い日が続いたため、桜cherryblossomはまだ少し残っている。写真は、市原市岩野見の更級川(西広都市下水路)の桜。花びらが川面に浮いている。
行距離 80.2km 、走行時間 3時間 42分、平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

130401 連翹が咲いている。明るい黄色が何とも見事。まるで黄色の光りを内に秘めているかのよう。季語は「連翹(れんぎょう)」で春。市原市瀬又で。
初句は
連翹の一片の葉麗しき
画像をクリックすると大きくなります。

連翹の内に秘めたるひかりかな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »