« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

米粒詰草

“1日2合以上は脳萎縮の危険因子”
脳は加齢とともに萎縮することが知られているが、アルコールは飲み方によってはさらにその程度を加速する。脳ドック受診者を対象とした千葉大学脳神経外科の調査で、1日2合bottlebottle(日本酒)以上の飲酒は 脳萎縮の明らかな危険因子であることが分かった、という。1日1合bottle程度の飲酒は脳萎縮を来さない可能性がある、という。
やはり過度な飲酒は控える必要がありそうだ。

「梅雨入り」して2日目、ぐずついたきのうの雨が上がり快晴である。乾燥した空気に包まれ、梅雨の時期とは思えないような天気・・・だが、走り始めると、風が意外に強い。特に帰路はモロに向かい風(北東の風8m/s=アメダス)、難儀した。
今月は天気の日が多かったのだろう、15日自転車に乗り、走行距離は1,287.5kmとなった。上出来である。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

130531_2 米粒詰草は、豆科、シャジクソウ属。道端や草原などどこにでも群生して咲く。特に今年は多く見受けられる。米粒詰草は、季語ではない。季語は百草が生い茂り、草いきれでむせかえるような野原をいう「夏野(なつの)」。いま、小さな黄色い花の米粒詰草があちこちに群生している。市原市番場の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります

詰草に米粒冠す夏野かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

酢漿草

“高齢者もヘルメットを着用すべきsign01
自転車での死亡事故の約7割は頭部損傷によるもの(警視庁調)だから言うのではない。
加齢とともに脳は萎縮しており、高齢者の脳は隙間だらけになってくる。このため自転車で転倒し頭を打った場合、高齢者の脳は衝撃を受けやすく、現に私の場合も転んで頭を打っただけで脳出血になったのである。こうした場合多くは、死に至らなくても長い間後遺症に苦しむことになる。
自転車に乗る高齢者も、道交法で義務化されている児童・幼児(13歳以下)と同じように、ヘルメットを着用をすべきだと思う

1305 普段の練習コースの中で、踏切が2か所ある。その内の1か所は小湊鉄道の有木踏切(市原市海士有木)である。遮断機が下りているのに遭遇することは、非常に希であるが、きょうは見事に引っかかった。
1両編成(通勤時間帯以外はほぼこうである)のディーゼル列車が通り過ぎて行った。
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 41分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

130528酢漿草(かたばみ)」も「オキザリス」も同じ「酢漿草科、カタバミ属」。で、葉も花の容もよく似ている。以前酢漿草が生えていたところが、ある年突然オキザリスのピンクに変わったのを見たことがある。季語は、「酢漿草(かたばみ)」で夏。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
かたばみやおとぎの世界いろかたち  

かたばみの草の下から覘きをり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

紫蘭

130512boso_2 左の写真は、先日(5月12日)の「BoSoツーリング②房総センチュリーライド」を走った時の私の“雄姿”。勿論、プロのカメラマンcameraが撮ったもので、勝浦市の「おせんころがし」の坂を下っているときのもの。さすがにプロ、いい構図で決めている(被写体がいいからだとは言わないでおく)。最近はこうした写真を安価でweb上からダウンロードできる(閲覧するための認証キーが必要)。この写真も1枚500円だ。
朝から雲が多めで、まだ東寄りの風が吹いていて気温は低め。予報では南の風に変わり気温は上昇するといっていた。昼ごろ南の風に変わり、暖かくなってきた。この時季で「暖かい」とは変だと思うだろうが、房総半島では、この時季東寄りの風は「涼しい」。
走行距離 80.3km 、走行時間 3時間 35分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

130526紫蘭(しらん)」は、色を見ると派手のように見えるが、実はおとなしく、控え目な花だと思う。家の庭でも隅っこの方にひっそりとかたまっている。季語は、「紫蘭(しらん)」で、夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
塀の脇かたまって咲く紫蘭かな

石塀の隅にかたまり紫蘭かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

雛罌粟

きのう定例の仲間内の飲み会が東京駅近くであった。参加者は、皆65歳以上。開始は16時から。皆仕事もないのでこの時間でも平気である。そして2時間で終了。飲み物半額サービス時間内である。
でも、少し飲みすぎた。

安定した好天が続いている。気温は、出発時22℃、帰着時25℃、西寄りの風2m/s、UVインデックス7、湿度40%台と「すがすがしい」を少し過ぎたが、まさに「快適」な気候である。
昨夜の未消化のアルコールを出すべく、少し汗を掻いた。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 37分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)

130524雛罌粟(ひなげし)」が、いたるところに咲いている。風で種が運ばれるのか、わが家の庭にも生えてきた。この花、正式には「長実雛罌粟(ながみひなげし)」というらしが、英名では「ポピー」、フランスでは「コクリコ」というらしい。私は、モネの絵を想いだす。季語は「雛罌粟」で夏。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります

雛罌粟や緑の中にモネの色  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

日日草

いくら健康のためとは言っても、少し弛んでいるのではないか、と思いきょうの練習は、負荷をかけて走ることとした。
最大心拍数の70%を目標にペダルを回した。初めのうちはまずまずだが、その内心拍数はどんどん落ちてきて、楽に回せるところで落ち着く。
これではいかん!と心拍を上げる。だんだん落ちてくる。また上げる。と、こんな繰り返しで結局目標には届かなかった。
走行距離 80.1km 、走行時間 3時間 38分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)

130522 この花、夾竹桃科、ツルニチニチソウ属の「蔓日日草(つつにちにちそう)だが、歳時記には「日日草(にちにちそう)」で、夏の季語となっている。いま、木の陰などに咲いている。色といい、形といい、怪しげな花だ。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
日日草木蔭に怪し花の色

日日草木蔭に怪し色かたち  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

卯の花

きのう脳神経外科hospitalに診察に行ってきた。CT画像を見ながら、硬膜下にあった血腫も殆んど無くなり「もう来なくてもいいでしょう」。
結局、「脳出血騒ぎ」は何だったのだろうか??
医者からは何も言われなかったが、自主規制としてやったことがある。
一つは「血圧を低めに抑えること」。そのため、塩分摂取を極力抑え、「トマト酢」というサプリメントを飲み始めた。その結果、この3か月は最高血圧110~120台、最低血圧50~60台で安定している(起床後30分程度に測定)。
二つは、「アルコールの摂取を1日 30ml程度に抑えること」。日本酒なら1合、ビールなら500ml、焼酎なら110ml程度にしている。
三つは、「体重を目標体重58kg程度にすること」。60kgを超えたら、自転車で脂肪燃焼する。
そのため、体調はすこぶる快調である。

130521 きょうは24節気の「小満」。秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、ほっと一安心(少し満足)すると言う意味らしい。
確かに麦畑では、穂がつき黄色になりかけている。市原市柳原付近で。
走行距離 80.7km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

130521_2卯の花(うのはな)」とは、空木の花のこと。「♪卯の花の、匂う垣根に 時鳥、早も来鳴きて 忍音もらす、夏は来ぬ」の『夏は来ぬ』は、今ごろの時季だろう。いたるところに咲いている。季語は、「卯の花」で夏。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
学帽に触りて揺れる花うつぎ

卯の花が肩にふれるや通学路  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

銚子センチュリーライド

来月2日の日曜日、千葉県サイクリング協会が主催する「銚子センチュリーライド2013」があり、エントリーしている。
1306cr_2  上の図は、資料に基づいてPCpcで作成した「銚子センチュリーライド」のコース図(黄色い線がコースクリックすると大きくなります)。当日はこれをGPSmobilephoneGARMIN GPSmap60S)にダウンロードして、ナビゲーションする。スタート&ゴールは、「ふれあいプラザさかえ」(千葉県印旛郡栄町)で、反時計回りに一周するコース。距離は、163km、総上昇量は、800m強で、先日の「房総センチュリーライド」よりフラットなコース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

あやめ

最近、ロードバイクに乗っていて感ずることがある。「スピードがでなくなっている」ことである。これまでは、平坦路なら30㎞/hくらいのスピードで走れた。しかし最近は、27~28km/hがやっとである。いまの時季だからか、と思っていたがそうでもないようだ。明らかに足の筋力が衰えているようだ。
でも、私の自転車乗りは、大会に参加するためでもなく、記録のためでもなくて、健康のためであるからスピードは気にせずに走ろう。
健康のためだから・・・
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 64%)

130518 家の塀と道路の間の狭い場所に育てられているあやめ。手入れをしているのは、この家の年老いた人。季語は、花あやめ で、夏。市原市佐是で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
花あやめ強風いまだ治まらず

手入れする老婆の姿花あやめ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

猪独活

秋の空のように澄み切っている。気温は20℃を超えたくらいで、風は昨日の午後と同じ東寄りの風で、まさに「風薫る」である。
1305 自転車に乗る予定はなかったが、あまりのいい天気にMTBTREK4900)でポタリングに出かけた。
途中、例年紫陽花が咲く所を通った。右の写真のようにどれも白だった。来月の今ごろになれば、どんな色になっているのか。
卯の花が咲き出し、猪独活は満開、春紫苑はもうおしまいか。どの花も「」である。
昼食は、スタバでブルーベリー&クリームチーズマフィンとカフェラテで済ませた。
走行距離 31.0km

1305_2 村田川や養老川の土手には「猪独活(ししうど)」が満開。猪独活は、芹科、シシウド属。花は規則正しく開き、まるで線香花火のようだ。季語は線香花火で夏。字余り。市原市瀬又の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります

猪独活の線香花火の如くなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

野茨

以前にも「ことしは風が強い日が多いsign02」と触れたが、本当にそう思う。きょうも、朝の内は雲が多く風はそれ程でもなかった。午後になると、晴れ間が出てくるとともに、風が強くなった。きょうの風は、東寄りの風だ。
この時季の東の風は、涼しい風、房総半島はほかに比べて気温が低くなる(茨城もそうだが・・・)。
わたしは、風が苦手だ。というより、年を取り体力が落ちてきたためだろう。特に、この東の風は嫌いだ。理由は分からない。
走行距離 81.2km 、走行時間 3時間 42分、平均心拍数 102bpm(最大心拍数の 64%)

130516野茨(のいばら)」が満開だ!(この花「浪速茨(なにわいばら)」かも知れないが・・・)。夏の空に、その白が眩しい。季語は、「花茨(はないばら)」で夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
はな茨夏が来たぞと咲にけり

花いばらセーラー服の白さかな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

大手毬

日曜日にセンチュリーライドを走ってきたのに、疲労感も筋肉痛も全然ない。きのうは、年寄りだから1日遅れてくるだろう、と思っていたのだが・・・今日になっても何ともない。
考えられる理由
①気温がちょうど良かった(最高気温で23℃程度)し、風も弱かった(max で3m/s程度)
②「上り」が多くはなかった(総上昇量 1,255m)
③休憩が長かった(5つのエイドの休憩でほぼ2時間30分)
④走行速度が自分に合っていた(20km/h程度)
と、いい条件が重なった結果だと思う。
004 きょうは、 「回復のためのL.S.Dトレーニング」 (今中大介著『ロードバイクテクニック』より)とし、「80㎞、最大心拍数の60~65%、無休憩」を目標に走った。
朝から雲一つない夏空sunが広がっている。内陸部では真夏日というニュースも流れているが、房総半島は東寄りの涼しい風が吹いており25℃程度までしか上がらない。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 42分、平均心拍数 100bpm(最大心拍数の 63%)

130514_2 大手毬は、紫陽花を白くしたような花で、紫陽花より1か月早く咲き、今ごろ盛り。
季語は、「おほでまり」で、夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
強風に花ごと揺れしおほでまり

毬ごとにゆっくり揺れて大でまり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

踊子草

きのうは、「BoSoツーリング②房総センチュリーライド」を走ってきた。走行距離は155km総上昇量は1,255mだった。今年初めての「センチュリーライド(100マイル=160kmを走る自転車の大会)だった。1月の脳出血以来初めてのセンチュリーライドであり、多少の不安はあった。
5時半起床。昨日の雨は止んだが、まだ空には雲cloudがいっぱい。家から車で20分位の集合場所に着いた頃は、雲が切れてきて、所々に青空sunも見える。その後天気は良い方向に向かっていき、午後には空一面青空になった。
相変わらず「上り」には弱く、集団の先頭でスタートしても、上りになると若い人達(今回も私が最高齢者だった)にどんどん抜かれていく、というパターンを繰り返していた。最大の難所「清澄山」の上りもどうやら乗り切りったが、最期のエイドで時間切れでショートカットコースに。残念ながら160㎞は走れなかった。
走行距離 155.0km 、走行時間 7時間 50分、平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 74%)、総上昇量 1,255m

130513 正式な名前は「姫踊子草」というらしい。密集して咲く姿は、楽隊、軍隊を思わせる。まるで行進曲に合わせて行進しているようだ。季語は、「踊花(おどりばな)」で、夏。市原市養老で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
踊子草マーチのリズム聞こえそう

踊花マーチに合わせ行進だ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

水木

昨夜、ロッテ対西武戦をQVCマリーンフィールドで見た。前半からロッテが点をあげ、西野の好投もあり快勝した。仲間との観戦は5年連続であるが、一度も負けていない。何か因縁めいている・・・昨年までとちょっと違うのは、酒量。ビール1杯と日本酒1合弱とちょっと過ぎたかもしれないが、長い目で見よう。

朝は10℃以下だったが、9時過ぎには20℃近くまで上昇、夏である。さすがに、汗をかくようになってきた。これはこれで、また気持ちがいいものだ。
ところで、日曜日の「BoSoツーリング②房総センチュリーライド」の天気予報が「雨rain後曇cloud、降水確率50%」に変わってきた。当日何時頃まで雨が降るのか?前日まで様子見とする。
走行距離 85.5km 、走行時間 3時間 55分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

13050 009 名前のとおり「水木(みずき)」は水が好きなようだ。川の土手に多く見られる。花は葉の上にのっており、下から見ると花は殆んど見えない(写真)。季語は、「水木の花(みずきのはな)」で夏。市原市妙香の養老川の土手で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
土手のうえ水木の花に飛び込まん

見上げれば水木の花は葉に隠れ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

躑躅

今度の日曜日(12日)のrain降水確率が70%と、また上がった。どうやら「BoSoツーリング②房総センチュリーライド」は「DNS」の公算が強くなってきた。
ことしは風の強い日が多いsign03きのうも北西の10m/s以上の風が吹き荒れていた。快晴で気温も高く、強風を除けば自転車にはいいコンディションだが、この風には怯む。この強風で、沢山実を着けた梅も幾つか落ちてしまった。
003 けさは強い風は治まったが、よく晴れてsun放射冷却の所為か気温が低い。この時季には珍しく富士が見えた(写真、市原市西野の西広橋付近から西を臨む)。夕方からプロ野球を見にに行くので、早めに家を出発した。毎年この時期に仲間と地元ロッテの応援に行くが、陽が落ちると寒いと感ずる時季である。
走行距離 80.7km 、走行時間 3時間 35分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

130508 わが家の「躑躅(つつじ)」はいま盛り。公園の植え込みもいま満開である。季語は、「躑躅(つつじ)」で、春。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
木漏れ日に色やわらかきつつじかな
次は
逆光に色が飛び出す躑躅かな

陽を浴びて辺り一面つつじ色  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

春紫苑

来週の日曜日(12日)は、「BoSoツーリング②房総センチュリーライド」に参加する予定。センチュリーライドとは、センチュリー=100マイル=160㎞のことで、国際的には自転車で160㎞を8時間以内で走ることを言っている。問題は天気、雨の確立が40%以上だったらDNSDid Not Start )と決めている(年寄りは無理をしない!!!)。11時発表の週間天気では「曇cloud時々雨rain、降水確率50%」・・・
「こどもの日」は毎年晴れているような気がするが、「晴の特異日」では無いらしい。ことしも快晴、気温も平年並みで、一年で最もいい時季。夕方所用があるので自転車は控えたらと家人に言われたが、この天気に押されてペダルを踏む。3日連続の80㎞サイクリング。70歳を超えたが、まだこれ位は出来る、と威張ってはいけない。「年寄りの冷や水」は禁物だ。
走行距離 82.1km 、走行時間 3時間 40分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

1304春紫苑(はるじおん)」がいたるところに咲いている。本当にいたるところに咲いている。だが、控え目で、おとなしい花のため、周りに溶け込んでいる。季語は「春紫苑(はるじおん)」で、春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
何処にでも咲いているなり春紫苑
二句、三句は
泥水の流れし川や春紫苑
春紫苑何時みてもまた静なり

咲き満ちてなお静なり春紫苑  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

蒲公英

まだ「痛飲」という言葉に心が揺れる。なんとなく男らしい言葉というイメージがある。もともとの意味は「大いに酒を飲む」ことだが、以前は毎日のように「痛飲」していた訳だ。
最近は「第三のビールからプレモル」になり、「“かのか”から“黒霧島”」になりというように高級化したが、量は1日のアルコール摂取量を「30ml程度」に抑えるようにしている。これはビールbeerなら500ml、日本酒bottleなら1合、ウィスキーならシングル2杯程度ということ・・・

002 寒気が移動しているらしく、きのうに比べ気温が上がっている。10時前の出発時に既にきのうの最高気温18℃に近い。陽が出るといい条件なのだが、生憎、雲が多い。南の方から雲が湧き上がってくる。しかし、黒い雲では無く雨は降りそうにもなかった。写真は権現堂から南の空を臨む。
走行距離 81.4km 、走行時間 3時間 41分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

130504 道端に、草むらに、畔に、土手に・・・いたるところに蒲公英が咲き乱れている。“たんぽぽ”の響きが好きだ。なんとなく軽やかで、明るい。また、花もいい。遠い宇宙を見上げ、歌っているようだ。季語は、「蒲公英(たんぽぽ)」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
蒲公英の響き軽やかスキップす
次は
たんぽぽの響き軽やかペダル踏む

たんぽぽと唇動き笑み浮かべ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

この3日間、天候不順で雨rain模様だった。そこで、TREKTREK1400)とANCHORANCHOR Rfx8)のタイヤ交換を行った。
TREKには、「Panaracer RACE D」を着けてみた。対パンク性能が高いという製品だ。RECE Aに比べ固く、リムに装着するのに手間取った。
ANCHORは、前後輪(Panaracer RACE A)の入れ替え。後輪の方が消耗が激しいので、耐用の半分程度で入れ替えをしている。こちらは、リムへの装着もスムースだった。チューブは、panaracer R-Air.
015 良く晴れて、風も弱い。だが、寒気が居座っており、気温は17℃止まり。陽が出ていると快適だが、雲に隠れると肌寒く感ずる。
写真は、廿五里橋(ついへいじばし、鎌倉から25里といわれている)から養老川の下流を見たところ。
走行距離 80.2km 、走行時間 3時間 37分、平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

130502 乱獲により数年前には、全滅したと思われた。復活したようだ!!里山のあちこちに、そして道路脇の木立の上から「紫の滝」が見られるようになってきた。季語は、藤の花で春。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります

紫が天から降るや藤の花    たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »