« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

姫女苑

1306 大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事。犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)という。夏越の祓では「茅の輪くぐり(ちのわくぐり)」が行われる。写真は、高滝神社の茅の輪。

一週間前の予報では、この土、日は雨となっていたが、きのう、きょうの土、日と、いい天気となった。天気とは分からないものだ。これほど科学技術が進歩していても、一週間後の予報がまるで外れるとは???
でも、外れてくれたお蔭で自転車に乗れた。このところ梅雨もあり、乗れない日もあったが、今月はきょうで11日目のライド。月に10~12日を目標にしているのでちょうどよかった。
走行距離 102.1km 、走行時間 4時間 39分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

130630姫女苑(ひめじょおん)」が至る所に咲いている。春紫苑とそっくりな花である。姫とはいい名を貰ったものだが、これほど沢山咲くと有難味が無い。季語は、姫女苑で夏。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
姫ならば静かに咲けよ姫女苑

姫ならばひとり静かに姫女苑  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

毒痛み

1306trek 先日の「雨中走行」の結果、愛車「TREK-1400」は、泥だらけになってしまった。
きのうは、洗車後ピカピカになった愛車を車に載せ、定期点検のため「バイシクルセオ アリオ蘇我店」に。定期点検は、走行距離約5,000㎞毎に実施してもらっている。
私の洗車方法
①まず、古タオルで全体に着いている泥、油汚れなどをふき取る。
②(ホイールを外す)ブラシに灯油(暖房機の使い残し)を付け、全体を当たる(ギア・ブレーキ部分は念入りに)。チェーンはチェーンクリーナーに灯油を入れ数度回す。
③洗剤を入れた水をスポンジにつけて、灯油を落す。
④真水をスポンジに含ませ、洗剤を洗い流す。
⑤乾燥(自然)させる。
⑥チェーン・ディレイラーなどに注油(WAKOSチェーンルブ )する。
ここまで、約2時間。

きのうの大雨が上がり、青空が顔を出した。強い北の風が吹いており、気温は26℃程度までしか上がらず、湿度も高くなく快適なコンディション。帰路はモロ逆風で難儀したが、いい運動だと思うことにしている。
平均心拍数は最大心拍数の68%、消費㌍は1,801kcal。
走行距離 100.0km 、走行時間 4時間 45分、平均心拍数 109bpm

130627毒痛み(どくだみ)」は、沢山の効能があることから「十薬(じゅうやく)とも言われる。暗い所が好きなようで、藪の中や、木の下などに生えているのをよく見る。十文字の白い花が印象的。季語は、「十薬(じふやく)」、「「どくだみの花」で夏。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
藪のなか十薬の白浮き上がり

藪の中どくだみの花おぼろなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

紫陽花b

朝の内降っていた雨も上がり、雲に覆われてはいるものの降ることはないだろうと、出発。
003 高滝湖に着いて南の空を見ると黒い雲が湧き上がっている。動かない雲のようなので、レイクライン2周コースを走り始める。約20㎞を走り終えて家路に向かおうと、ダムの堰堤を走っている時、大粒の雨が落ちてきた。ここから家までちょうど40㎞あり、湖畔のレストラン(今日は休館日)で雨宿り。なかなか止みそうにない。空を見ると雨雲はここの上空にあり、わが家の方角は晴れている。
007 雨合羽を着て雨の中に飛び出す。激しいという言葉が合っている雨である。スピードを抑え安全走行で進む。数年前の、「あじさいサイクリング」での大雨を想いだしながら走った。しばらく進むと雨が上がった。しかしまた降りだす。結局、家に着くまでこんな状態が続き、雨雲に追いかけられながらの、久々の雨中走行となった。
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 38分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

130624 雨の中、紫陽花が咲いている。やはり、紫陽花は雨が、というより湿度の高いのが好きなようだ。私は、不快指数が高くなるのは好まない。季語は、紫陽花で夏。市原市不入で。画像をクリックすると大きくなります

紫陽花の好きな空気や我不快  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

紫陽花a

雨のためにからだを動かす機会が減ることもあって「梅雨太り」という言葉があるらしい。ムシムシした室内で過ごせば、水分を摂る回数が必要以上に増え「水太り」なんてことも。
私の場合も、まさに「梅雨太り」、5日くらいで3㎏太ってしまった。前2回の「減量のためのライド」で2㎏弱落としたが、後1kgがなかなか落ちない。これまでも何回かこのような減量をやってきたが、最後の1kgがキツイsign03

梅雨晴れ」とは、梅雨の期間中の一時的な晴れ間と、梅雨が明けて晴れることの2つの意味があるようだが、きょうは前者。梅雨前線が南に下がり晴れ間がでそう。きょうも「減量のためのライド」、目標は「100km、最大心拍数の60~70%程度、無休憩」 。結果は、平均心拍数は最大心拍数の71%、消費㌍は1,789Kcalだった。しかし、きょうの体重は0.5kg程度しか減らなかった。
走行距離 101.0km 、走行時間 4時間 36分、停止時間 10分、平均心拍数 115bpm、

130622 紫陽花がいま盛り。季語は、「紫陽花(あじさい)」で夏。市原市不入で。画像をクリックすると大きくなります

紫陽花や空気重くて垂れ下がり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

額紫陽花

梅雨晴れだが、あすから3日間はまた雨との予報・・・
きょうも「減量のためのライド」。全㌍の85%が脂肪から消費されるという「最大心拍数の60~70%で約100㎞」を走るのが目標。
体重を落とさなければsign01」という思いが強いのか、平均心拍数は最大心拍数の71%、消費㌍は1,819Kcalと多めだった。この結果、きょうも体重が1kg程度減った。
走行距離 100.8km 、走行時間 4時間 44分、平均心拍数 114bpm

130618 一週間続いた雨で、額紫陽花が元気になったようだ。やはり、紫陽花は雨が好きなようだ。季語は、「額の花」で、夏。市原市不入で。画像をクリックすると大きくなります
梅雨入り後、しばらく雨が売らなかったとき
雨降らず燥いだいろの額の花

雨降りて色いきいきと額の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

立葵b

体重が、3kg増えてしまった。このところ長雨のため、というよりこの間外出せず、ほとんど自室の机に座っていたか、居間でテレビを見ていたか、という生活だったからである。食べる方は、いつもと変わらなかったから、明らかに摂取㌍オーバーである。
これからしばらくは「減量のためのライド」が続く。全㌍の85%が脂肪から消費されるという「最大心拍数の65%程度で約100㎞」を走るのが目標。これを5~6回やれば体重は元に戻るだろうと思う。
002 雲が多めながら、雨は降りそうもない。
走っているうちに雲がだんだん取れてきて青空が見えてきた。
写真は、高滝湖の堰堤の上から南を臨む。
予想以上に心拍が上がり、平均心拍数は最大心拍数の74%、消費㌍は1,907Kcalと多めだった。この結果、体重は1kg程度減った。
走行距離 1012km 、走行時間 4時間 40分、平均心拍数 118bpm

130617立葵(たちあおい)」は下から咲いていくが、一番最後に咲くのを競っているようだ。あたかも、一番上に咲くのが偉いのだ、というように。季語は、「立葵(たちあおい)」で、夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
みな同じ上で咲いても立葵
次は
立葵上り詰めても花は花

立葵うえに咲くのが貴いか  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

立葵a

rainに遭うのを覚悟して出発した。台風3号typhoonが近づいており、あすから4日間は雨との予報である。きょうは少しでも乗っておかなければ、と思った次第。
空には一面に灰色の雲cloudが張り付いている。直ぐに雨を降らせるような黒い雲は出ていない。時折、霧雨のような細かい水滴が舞う。
上総牛久付近で前方(南西)の空に黒い雲が湧き上がり、こっちに動いている。直ぐに踵を返し家路を急いだ。
時間は十分にある年寄りの身、何もこんな条件の悪い時に乗らなくても・・・と、反省。。。
走行距離 70.1km 、走行時間 3時間 9分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

130611 子供の頃、この花びらを取って裂き顔に付け「トテコッコー(鶏の声を真似て)」と言って遊んだものだ。いま、「立葵(たちあおい)」が最盛期。季語は、「立葵(たちあおい)」で、夏。市原番場で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
想いだす子供の頃や立葵

立葵鶏冠を付けし頃の我  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

蛍袋

梅雨入りの発表は間違いだったsign03」と発表してほしい。なにも予報の精度を上げろとか言っているのではない。梅雨入り発表後10日以上も晴が続いたのだから「間違いでした」と「お上」が言って欲しいのだ。大臣に謝れといっても無理だろうから、「準お上」ともいえる気象庁が素直に頭を下げるべきと思う。我々庶民は、「権威」には弱いし、そうすれば、もっと親しみやすく感ずるのだが・・・

130609 けさは、気温が高く、6時に20℃を超えていた。自転車のウェアーは、これからどんなに暑くなっても「半袖ジャージ・サイクルパンツ」だが、普段の恰好は、「Tシャツ・短パン」までにはいくつかの段階があり、気分で着替えていくことになる。
麦畑は、いままさに「麦秋」となり、麦刈りも始まっていた。
走行距離 83.8km 、走行時間 3時間 42分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

130609_2蛍袋(ほたるぶくろ)」の生えている場所は、道路脇の斜面が多いようだ。平地に鯉幟のように咲く姿は見たことが無い。季語は、「蛍袋(ほたるぶくろ)」で、夏。市原市妙香で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
法面に蛍袋が突出しぬ

法面に蛍袋がぬっと出て  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

昼咲月見草

004 梅雨入り(5/29)の日は雨が降ったが、その後いっこうに降らない。それでもきょうは曇り空である。だが、雲cloudが空一面に張り付いているが、雨を降らすような雲cloudでは無い。そう、「明るい曇り空」である。この雲cloud、ずーと同じ場所に張り付いているようで、空模様に変化はない。市原市権現堂付近から南の空を臨む。

出発時の気温22℃、帰着時23℃、風は南東2m/s程度で、曇り空で陽射しもなくこれ以上は望めない絶好のサイクリング日和。半袖ジャージ・サイクルパンツというウェアーがちょうどいい。
走行距離 79.8km 、走行時間 3時間 42分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

130606昼咲月見草(ひるざきつきもそう)」は、赤花科、マツヨイグサ属で、北アメリカ原産。いま、道端や草むらに群生している。季語ではない。季語は、「薫風(くんぷう)」で夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります。

薫風に揃い昼咲月見草  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

マーガレット

005 「朝水揚げした“生かつおfish”を夕方から販売」というスーパーのチラシに反応して買いに行った。「柵(マグロなどの魚を刺身などに作りやすい大きさに切った切り身)」の方が、より新鮮だろうと柵で購入。
庖丁を研ぎ、刺身に下ろす。薬味は、にんにくスライス。
いまの時期の“かつおfish”は旨い。とはいっても私は“かつおfish”の刺身が好きで、刺身といえば一年中“かつお”がいい。

風は殆ど無く、気温も20℃強と一年中で最も快適な時季。だが、紫外線インデックスは「8」と、今季最高の予報。日焼け止めをしっかり塗って出発。気温よりも日差しの強さが強烈だった。
走行距離 80.0km 、走行時間 3時間 39分、平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

130604 マーガレットは、色も形も実に清楚である。絶対に諍いなど起こさないし、常に慎ましい、と感じている。でもそんな人はいるのだろうか?マーガレットは、夏の季語。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
控え目なマーガレットに嫉妬して

澄ましてるマーガレットを蹴飛ばしぬ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

庭石菖

1306_2きのうは、前日の降水確率で「銚子センチュリーライド」はDNS(Did Not Start )と決めていたので、家で昨年3月から習い始めた「書道」・・・私の場合「道」とはおこまがしいと思うが、墨の字を書いていると気分がいいので続けている。
いま書いているのは「九成宮醴泉銘」。しかし、ちっともうまくならない。やはり、若いうちからやらないとダメなようだ。

東寄りの風が吹いていて、気温は低め。ここ一週間は晴れの予報が出ており、「梅雨入り予報」は出たものの「空梅雨」。いや、こういうのは「空梅雨」とは言わないだろう。まだ梅雨には入っていないといった方が正解だろう。お陰様で、快適なライドが可能になっている。このように外れる天気予報は「歓迎!!」。
走行距離 81.0km 、走行時間 3時間 39分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)

130603_2 小さな花だが、姿形とも上品である。みんなで何か訴えているようにも見える。季語は、「庭石菖(にわぜきしょう)」で、夏。市原市番場の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります

くちひらき庭石菖や何を問う  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »