« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月29日 (木)

白粉花c

1308 家を出て、「源入坂」を下ると直ぐに村田川に出る。そこは川霧mistが深く立ち込めた別世界。我が家は上総台地の上にあり、50m位下っただけで、この違い。写真は、市原市瀬又の君見川橋の袂で。
川霧は消えるのがはやい。10分位するとさーと消えてしまった。
きょうで3日連続の「朝練」。走り始めは何ともなかったが、なんとなく足の動きが良くない。「朝飯前」のせいか、力が入らない(きのう、おとといはこんなことはなかったのだが・・・)。特に帰路の残り15㎞位は難儀した。
こういう時は直ぐに、「年だからなアー」と諦める。
気温は、出発時(5:30)20℃、帰着時(8:46)28℃。
走行距離 70.0km 、走行時間 3時間 12分、平均心拍数 104bpm

130829 白粉花が、いま盛り。よく見るとその花の形は、お伽噺に出てくるラッパの形にそっくり。いまにも音が聞こえそう・・・季語は、「おしろい」で、秋。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
おしろいや登校の列通り過ぎ

おしろいやラッパの音が聞こえそう  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

芙蓉b

暑い暑いとは言っても「処暑」は過ぎ、朝夕は涼しさが増してきた。
きょうも「朝練」。いつもの目標でペダルを回す。
気温は、出発時19℃、帰着時27℃と、快適だった。
009 空は、秋である。積乱雲は無く、澄みきった青色。
写真は、午前8時頃、市原市権現堂付近から西(東京湾→富士山)の方角を臨む。前方右の3本の煙突は、姉崎火力発電所のもの。

走行距離 70.6km
、走行時間 3時間 6分、平均心拍数 107bpm

130828 太陽が東の低い位置にあるときの陽射しはやわらかである。「芙蓉(ふよう)」はその光を浴びて優しく咲いている。季語は、「白芙蓉」で、秋。市原牛久で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
早朝の涼しさ何処白芙蓉  

やわらかき朝日当たりて白芙蓉  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

木槿b

■「何もしないで居る」「何かをしようとしない
がんを患い、脳出血で倒れ、これから先も70歳を越したわが身には「想定外」のことがいろいろ起こるだろう。「3.11」以降のこの国はどうなるかとの不安、混沌とした世界情勢、等々・・・
「何もしないで居る」「何かをしようとしない」が、たった一人の自分を信じて生きていくしかない、と思っている。

D TREKの前後輪のタイヤを入換た。タイヤは「PanaracerレースD」、メーカー曰く「ケーシング上部全面に「レギュラーベルト(青色)」を配置。ケーシング内部センターに「ハイエンドベルト(緑色)」を使っており、センターの貫通はもとより、サイドカットなどあらゆるパンクに対応したモデルです(黒色はトレッド)」(写真タイヤ断面図参照)。「タイプD」にしてから約3,000㎞乗っているが、1度もパンクはしていない。以前使っていた「タイプA」より転がり抵抗では劣るらしいが、「速度」ではなく「長距離走(ロングライド)」を優先する私にとってはこのタイヤがいい。

「朝練」に行こうと早起きしたが雨。しばらくすると、雨が上がり青空も見えてきたので、出発。北よりの乾燥した涼しい風が吹いており、快適なライド。
走行距離 71.7km 、走行時間 3時間 6分、平均心拍数 109bpm

130827木槿(むくげ)」は、朝方3時頃に開花し、夕方にはしぼんでしまう「一日花」。私の命も一日ずつなら、とふと思った。季語は、「花木槿」で、秋。市原市潤井戸で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
このいのち日ごと清算花木槿

願わくば日ごとの命花木槿  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

白粉花b

■「何もしないで居る」「何かをしようとしない
こんな状態では、「生きている価値がない」、「何か 世の中のため になることをしなければ」と言われるかもしれない。
しかし、生きている価値がある人や世の中のためになることをやっていける人が、年寄りの中でどれくらいいるのだろうか?それ以外の人は無駄に生きているのだろうか?
「何もしないで居る」「何かをしようとしない」状態でも「生きていることは素晴らしい」「生きていること自体価値がある」と思っている。

130823_2  5時半、「朝練」に出発。気温は25℃だが、湿度90%以上と高く空気が重く感じられる。霧が出ており、太陽は見えない。写真は、6時半ごろ市原権現堂から東の空を臨む。霧の中に「白い太陽」か顔を見せ始める。7時過ぎ、あっという間に霧は晴れ、太陽の輝きが射しこんできた。だが、まだ低い位置にあるため、厳しさはない。太陽が頭上に輝き、気温が高くなる前に帰着。帰着時の気温31℃。
走行距離 70.2km 、走行時間 3時間 3分、平均心拍数 111bpm

130823_3 暑い時は、なるべく「朝練」と称して朝5時~9時ごろに練習している。「白粉花(おしろいばな)」は、夕方から開き、翌朝しぼむ。ちょうど「朝練」が終わる頃花を閉じる。季語は、「白粉花(おしろいばな)」で、秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

朝練や白粉花の閉じるまで  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

仙人草

■「何もしないで居る」「何かをしようとしない
こうしたことに、何ともなく耐えられるようになってくるのが年寄というものなのか。
連日、午前8時から午後6時頃までの10時間、気温は30℃以上である。冷房は昔から嫌いだから扇風機くらいで済ましている。テレビは、あまり見ない。高校野球もそれほど興味がなく、地元の高校が対戦していてもテレビを点けていなかった。

002 昨夜までの天気予報では、けさは6時頃まで雨rainとの予報だったが、当地では曇天ながら雨は降らず、5時、気温25℃、湿度90%以上という天気。5時半「朝練」に出発。南の空は晴れ間がのぞいている。写真は、6時半ごろ廿五里橋から西(東京湾)を臨む。真っ黒な雲が東(右手)の方角に流れていく。このあと天気は急速に回復した。きょうも「ケイデンス60程度」を目標にペダルを踏んだ。
走行距離 70.1km 、走行時間 3時間 6分、平均心拍数 109bpm

130821 梨畑の周りには防風垣があるが、そこにいま「仙人草(せんにんそう)」が満開である。金鳳花科、センニンソウ属で、つる性の多年草。白い花が眩しいほど。季語は、秋の初めで、まだ暑さが続くころをいう「初秋(はつあき)」。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります

初秋の陽を照り返す仙人草  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

芙蓉a

■「何もしないで居る」「何かをしようとしない
老眼が進んでから、本を読むのが億劫になってきた。クラシックを聴いても感動しなくなってきた。筋力が衰えてきたのか自転車も思うように走れなくなってきた・・・等々、年を取ると「何もしないで居る」「何かをしようとしない」ようになってくるようである。
それでも元気な年寄は頑張っているが、私は「あまり頑張らない」ことにしようと思っている。

003 安定した夏空が続く。朝出発時5時半の気温23℃、空に雲は殆んどない。写真は、1時間後の市原市権現堂から南の空を臨む。夏特有の積乱雲の姿は見えない。
きょうも「ケイデンス60以上」を目標に走った。9時前には帰着するので、紫外線インデックスは「2(弱い)」。紫外線対策の必要はない。これも「朝練」のいいところである。
9時前の帰着時の気温は30℃、その後シャワー、ビール(サントリー・フリー)、ブログといつものパターン。
走行距離 70.2km 、走行時間 3時間 5分、平均心拍数 115bpm

130819 美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」というらしいが、「芙蓉(ふよう)」は本当に優しい花。季語は、「芙蓉(ふよう)」で、秋。市原市牛久で。画像をクリックすると大きくなります

芙蓉咲く家に住むひと優しけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

木槿a

■ 暑い 暑い 暑い - - -
この暑さ、いつまで続くのだろう??
こう暑いと、「何かをしようとしない」 。。
暑いのを理由に「何もしないで居る」 。。
年金生活者の身、仕事(しなくてはならない事・職業・業務)はない、「何もしないで居ても」何の問題も生じない。ただ、現役時代に培ってきた精神というか、気質というか、なんとなく罪悪感を感ずるのである。

003 きょうも「涼しいうちに運動をしよう」と「朝練」。気温は5時半出発時23℃、9時前帰着時28℃。お盆も過ぎ、例年だったらそろそろ涼しい時もあるのだが、と空を見上げると夏らしからぬ雲が・・・市原市権現堂から南の空を臨む。
このところ、無目標でペダルを回していたが、きょうは「ケイデンス60以上で走る(上りは除外)」を目標とした。目標はやっとクリアできたが、自分の力が落ちたことを身に染みて感じた。以前だったら「ケイデンス70以上」を目標にしていたのだから・・・
走行距離 70.5km 、走行時間 3時間 3分、平均心拍数 108bpm

130817 田の畔に「白木槿(しろむくげ)」が植えられているのを、たまに見かける。どんな謂われがあるのかは知らないが、何かあるのだろう。季語は、「白木槿」で、秋。市原市草刈の村田川沿いで。画像をクリックすると大きくなります

田の畔に守り神かな白木槿  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

白粉花a

雨戸を開けると、おもわず「涼しいsign03」と言ってしまった。気温は21℃だった。
連日の猛暑で空気中の水分が無くなってしまったのか、けさは霧が薄い。5時半、気温21℃、弱い南寄りの風のなか「朝練」。日差しはあるがまだ太陽が低い位置にあるので気にならない。自分の影が長く伸びている。それを見ながら、ポジショニングチェック。
004 無花果(いちじく)の出荷が始まっている。畑の脇を通ると甘い香りがする。
無花果は下の方から色づいていく。
写真は、市原市権現堂で。
盆踊りの櫓の片付けがあちこちで行われている。当地では13・14日が盆踊りの所が多い。
帰着時の9時前の気温は、30℃だった。
走行距離 70.7km 、走行時間 3時間 8分、平均心拍数 108bpm

130815 普段の練習の時間には「白粉花(おしろいばな)」は閉じている。だが、早朝の「朝練」の時には咲いている。季語は、「白粉花(おしろいばな)」で、秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

朝練の白粉花が咲いてをり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

みそ萩

猛暑sign03」が続いている。
これまで経験したことが無い「猛暑」だ。我が家ではこれまで、夏の日中はエアコンを使わなかった(寝る時に寝室のエアコンをタイマーで2~3時間点けた)。ことしの暑さは異常だ。午前8時~午後6時くらまでの10時間程度、室温は30℃~35℃になっている。これでは何もしないでいても「熱中症」になってしまうかもしれない。きのう急遽居間のエアコンのクリーニングを行い、使えるようにした。

002 きょうも「朝練」。5時半出発、24℃、薄っすらと霧が出ているが、このところよりはかなり薄い。けさ雨が降ったようで、路面が濡れている。そのためか、湿度が高く気分はロー。気温の上がりも早く、帰着時には32℃となっていた。
写真、8時ごろ市原市権現堂から南西の方角を臨む。
きょうは盆の入り、2m位の竹2本を荷台に着けた軽トラックに何台も出会った。盆棚を作るための竹だろう(私の実家では竹4本で作っていた)。
走行距離 70.1km 、走行時間 3時間 18分、平均心拍数 105bpm

130813みそ萩」が咲いている。別名「盆花」というように、今ごろが盛り。私の田舎では、お盆になるとこの「みそ萩」を盆棚に供えるのが習わしで、実家の敷地の小川のほとりにあった。季語は「鼠尾草(みそはぎ)」で秋。市原市番場の村田川の堤防道路で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
みそ萩を見ると田舎を想いだす

みそ萩やことしの盆も帰省せず  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

アベリア

130810 きょうも「朝練」。5時半出発、気温24℃、風は殆ど無い。すっぽりと霧に包まれている。しばらく進むと、霧の中に「白い太陽」が見え始めた。写真は出発して30分後くらいの太陽の方角を臨む、手前は村田川。
35㎞の折り返しまで霧は晴れなかった。お蔭で気温は低めに推移していた。しかし、霧が晴れ、太陽が頭上に来ると、ギラギラと照りつけられ、あっと言う間に30℃を超えた。予報では今季一番の暑さになるといっていたが・・・猛暑になる前に帰着。帰着時の気温は32℃。
走行距離 70.1km 、走行時間 3時間 12分、平均心拍数 106bpm

130810_2 アべりアの別名は、「花園衝羽根空木(はなぞのつくばねうつぎ)」という。いま花盛り。公園の植え込みや道路沿いに多く植えられている。アベリアは季語ではない。季語は、高々と晴れ上がった空に浮かぶ白い雲をいう「秋の雲」。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
アベリアの連なる先に秋の雲

アベリアの続く道なり秋の雲  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

柳花笠

003 きょうは「立秋」、暦の上ではもう秋。とは言え、ことしはきょうからが本格的な夏。朝から「夏空」が広がり、とても日中の運動は、70歳を過ぎたこの身には厳しいだろう(熱中症指数も当地はきょう「危険sign03」)と、「朝練」にした。写真は、市原市権現堂から西を臨む。
6時気温23℃、出発。空には霧がかかっており、太陽は見えない。その内、霧の中に白い太陽が見え始め次第に日が差し始める。しかし、まだ低い位置にあるので日差しは強くない。
9時を過ぎると、ほぼ真上に太陽sunが、そして帰着時の気温は30℃になっていた。
走行距離 70.7km 、走行時間 3時間 15分、平均心拍数 102bpm

130807 この花「バーベナ・ボナリエンシス」といい、熊葛科、バーベナ属。南アメリカ地方原産。この名前では11音あり、季語を含めて17音に収めるのは私にとっては至難の業。そこで和名の「柳花笠(やなぎはながさ)」を使う。季語は二十四節気の一つ「立秋」。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

立秋や柳花笠突き抜ける  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

松笠菊

当地のきょうの最高気温は28℃、あす以降は30℃以上との予報。梅雨明け以来ひと月になるが、朝からあの真夏の青空からギラギラと輝く太陽を拝んだ記憶がない。いよいよ、あすから「夏本番」か?
004 9時過ぎの出発時の気温が29℃と、すでに最高気温の予報を上回っていた。走り出してしばらくするとあちこちから雲が湧きだし、日差しが遮られ気温は上がらなくなった。
写真は、帰路の権現堂付近から北を臨む。我が家は、画像の右、直線で10㎞程度(手前は養老川)。あと2㎞で到着というところで、大粒の雨が降ってきた。ずぶ濡れになって帰宅した。
走行距離 100.0km 、走行時間 4時間 36分、平均心拍数 106bpm

130804ルドベキア・タカオ」という名前が正式らしいが、俳句には「松笠菊(まつかさぎく)」の和名の方がいい。太陽が好きな花で、暑さに強い。季語は、薄曇りで風がなく、脂汗が滲むようなじっとりとした蒸し暑いさまをいう「脂照(あぶらでり)」で、夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

油照り松笠菊や咲きとおす  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

月見草

出発しようと自転車スタンドからTREKを下すと、ガツンと鈍い音。前輪がパンクしていた。直ぐにチューブを入れ替えて、10分遅れで出発。
ところが10km手前で前輪がおかしい、空気圧を見るとかなり減っている。取りあえず、ポンプで空気を補充。20km辺りで再び空気を補充したが、減り方が速くなってきたので25㎞地点のフラワーロード(市原市山田)の東屋でチューブ取替。あとはこのままで家に着くまで異常はなかった。
きょうは晴れたり曇ったりの天気で陽射しはそれなりにあったが、気温は30℃に届かない快適なライドが出来た。
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 33分、平均心拍数 107bpm

130803 この花の名前は、「待宵草(まつよいくさ)」というのだろうが、一般的には「月見草(つきみそう)」で通っている。道端や荒地に群生しており、いまが盛り。季語は、「月見草(つきみそう)」で、夏。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
月見草田舎の景色合いにけり

ふるさとの山脈のごと月見草  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »