« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

セージ

2020東京五輪決定」を聞いて、自分の年に7つを足してみた。77歳である。「まだ、大丈夫!」。男の平均寿命の79.44歳以下である。
更に、いま70歳の自分の平均余命を見ると14.93であり、「まだまだ、大丈夫!! 」と「北叟笑む」。

003_2  空にはあちこちに雲が・・・そしてそれらの雲はほとんど動かないし、積乱雲のように発達もしてこない。したかって、日差しが有ったと思うと、日差しが遮られたり。日差しが遮られると、少々寒く感ずる。
写真は午後1時頃、市原市権現堂から北西の方角を臨む。これらの雲は往路に見た時とほとんど変わっていない。
走行距離 100.5km 、走行時間 4時間 30分、平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

130929セージ」は紫蘇科、サルビア属でハーブの一つ。ことしはセージの大群があちこちに見られる。「セージ」は季語でない。季語は、しみじみと趣のあるかぜをいう「秋風」。秋風がセージの間を通り過ぎていく。何を話しているのだろうか?市原市牛久で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
秋風がセージを揺らし通り過ぎ
次は
秋風やセージと何を話したか

秋風やセージに何を伝えしや  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

花野

台風20号typhoonの接近もあり、この3日間雨模様rainrainrain。幸い台風は東にそれ、きのうの午後3時ころからは青空が・・・
130927_4 雨の日rainは墨字を書く、という習わしが定着しつつあり、いま書いているのは中国の北魏時代(459年)の古典『牛○造像記(ぎゅうけつぞうぞうき)』(○は木偏に蕨の草冠の無いもの)。
ちっとも上手くならないし、この年になって初めた墨字でダメだと思うが、墨字を書いていると心が落ち着く。それだけで、十分である。

台風一過の青空のもと、台風が引っ張り込んでくれた涼しい空気のなかペダルを回した。因みに、6時の気温は10℃と、今季最低だったが、陽が昇ると急上昇、9時過ぎには22℃に。しかし、この後気温は殆んど上がらず、やや冷たい北風が吹き続けていた。急にこの気温になると、身体がついていかず、疲労感が増すライドだった。
走行距離 100.0km 、走行時間 4時間 34分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

131024 この花、毎年ここに咲くから、多年草だろう。「小昼顔」とも「西洋朝顔」とも違う、直径2cmの小さな花で、花、葉の形は昼顔科だと思うが、名前は分からない。季語は、秋の草花が一面に咲き乱れる野原をいう「花野」で、秋。市原市権現堂で。画像をクリックすると大きくなります

名も知らぬ花野にそつと咲きにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

彼岸花

きょうは「秋分の日」。「暑さ寒さも彼岸まで」というようにあの“猛暑”ももうないだろう。いい気候になるのはいいいが、もうすぐお正月がきて、また年を取る、と考えると少しさみしくもある。

9時の出発時の気温が25℃と快適。走り始めると東寄りの風がかなり強い。私のこの練習コースで一番嫌な風が「東」の風だ。帰着後アメダスで見ると最大9m/sの風だった。だんだんやる気が失せてきて、35㎞地点で折り返す。マ、こういうこともあるサ・・・でも最近こういうことが多いような気もする。年を取ったせいかナ~
走行距離 71.6km 、走行時間 3時間 20分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

130923 この花、「曼珠沙華」「彼岸花」「死人花」「天蓋花」「幽霊花」「捨子花」「狐花」などいろんな呼び名がある。中にはよくないイメージの名もあり、そのためもあるのだろうあまり好きな花ではない。緑の中に毒々しいほどの赤色が・・・季語は、「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」 「彼岸花」で秋市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
曼珠沙華塊り咲きてぞっとする

彼岸花出会い頭にぎょとして  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

女郎花

012ボルボの進化は、
 サイクリストを守る。

という新聞広告がけさ出ていた(右の写真)。
曰く、「クルマや歩行者との事故を回避・軽減するヒューマン・セフティにいち早く、新安全基準「サイクリスト検知機能」を採用。万一の時にフルオートブレーキを作動させます。」というもの。
サイクリストの一人として大変うれしいことである。

きのうの「中秋の名月fullmoon」は素晴らしかった。久しぶりにいい月を見た。きょうも秋晴れ!でも、きのうのライド以降、足腰の調子、特に足の筋肉に違和感を感ずる。いつもと違う動作、例えば靴を履く時など痙攣を起こす。筋肉疲労が蓄積されているのだ、と勝手に解釈してきょうはポタリング(自転車で散歩すること)とした。真っ青な空のもと、ゆっくりとペダルを回すのもなかなかいいもんだ。普段と違う道(なるべく車の少ない道)を通り、途中でお茶を飲んだり、食事をしたり・・・と。。。
走行距離 43.2km

130920 女郎花の黄色があちこちに目立つ。茎も葉もすべてが黄色のように見える。そしてその黄色は周りにも滲み出しているようだ。季語は、「女郎花(をみなへし)」で、秋。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
空までも黄色にするか女郎花
次は
空までも黄にする如し女郎花

空までも染め尽くすごと女郎花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

台風18号が過ぎてから3日間、秋晴れの日が続いている。気温も高すぎず(最高でも30℃弱)、乾燥しており正に「清々しい」という言葉がぴったり。
きょうも「最大心拍数の70%」を目標にペダルを回す。
走行距離 100.1km 、走行時間 4時間 25分、平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

130919 ことしはの花付きがいいようだ。上の写真は、高滝湖畔の萩。季語は、「萩(はぎ)」で秋。画像をクリックすると大きくなります
初句は
水面に月を待つやら萩の花
次は
萩の花水面に映る吾を見し

己惚れの水面に映る萩の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

菊芋

きのうの「南房総サイクリングフェスタ(第57回全国サイクリング大会inちば)」は、台風18号typhoonのため中止となった。台風の中心が西にそれ、千葉県は雨も風も大したことはなく、被害はあまりなかった。でも、予報では千葉を直撃すると報じられていたのだから、中止はやむを得ないだろう。きょうは台風一過の秋晴れの空。台風が暑さを一緒に持って行ってくれたかのような清々しい空気である。きのうと一日ずれればと、つくづく思う。気温は13℃(6時)まで下がって、涼しいを通り越し寒いくらい。

これ以上無いという天気、練習をサボる理由も見つからないので、ペダルを回した。こんなにいい天気なのにサイクリストには全然会わない。でも、三連休の後の火曜日、普通の人は働いているのだろうなア~ きょうも、 「最大心拍数の70%程度」を目標に走った。適当に汗を掻き快適だった。
走行距離 100.2km 、走行時間 4時間 27分、平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)

130917 姿・形・色は可愛いのに、名前に「」が付いている。昔はこの芋を食用にしたらしい。
いまあちこちに咲いており、群れて動いている様はAKBの踊りのよう。
季語は、「菊芋(きくいも)」で秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
菊芋やすがたかたちはAKB 

菊芋の群れて動くはAKB  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

薮枯らし

きのうの天気予報で、きょうは暑くなるとの予報だったので「朝練」にした。5時半気温21℃、風も弱く快適である。やはり、もう秋なんだと感ずるものがある。

130918 帰着後、台風情報を見た。16日の「南房総サイクリングフェスタ」は、台風18号の直撃を受けそうだ。16日9時(スタート時間)のスタート地点と、台風の予報円の中心がほぼ一致している。
千葉県サイクリング協会は、数年前の「銚子センチュリーラン」を台風のため中止したし、ことしの「お花見サイクリング」も強風のため中止となった。その意味で「中止」には慣れているから心配はないが・・・
走行距離 100.4km 、走行時間 4時間 33分、平均心拍数 103bpm(最大心拍数の 64%)

1309薮枯らし」はつるでどんどん伸び、近くにある植物を包み込んでしまう。その強さは、葛と同様にすごいものがあり、羨ましくもあるが・・・季語は、「藪枯らし」で、秋。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
薮枯らし葛と争いしその強さ
  
薮枯らし我は静かに生きるなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

蔓穂

010 「快晴の秋空が広がっており、とても気温が30℃を超えるとは思えない・・・出発して1時間弱、空には白い雲がポカリポカリと浮かび、東の方にゆっくりと流れていく、右の写真は、市原市権現堂から西の空を臨む。
相変わらずケイデンスセンサーが不調なため、最大心拍数の70%程度を目標に走った。昼過ぎになると気温が上昇30℃を超えた。流石30℃超となると身体へのダメージは高まり、帰着後うたたねをしてしまった。
15.16日の「南房総サイクリングフェスタ」の天気は良くない模様。週間予報では、15日「曇後雨、降水確率50%」16日「曇時々雨、降水確率50%」。と雨に降られるのを覚悟してのライドとなりそう。
走行距離 100.5km 、走行時間 4時間 24分、平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 74%)

130912蔓穂(つるぼ)」の花が突然咲き出した。草むらの中にピンク色がひょこひょこと飛び出している。「蔓穂(つるぼ)」は、百合科、シラー属。咲き始めはつくしにそっくり。季語ではない。季語は、「飛蝗(ばった)」で秋。市原市大坪の養老川の堤防で。画像をクリックすると大きくなります

踏み入れば飛蝗飛び出す蔓穂かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

きょうは「白露」。二十四節気の一つで「露が凝って白くなる意」と書いてある(広辞苑)が、ちとピンとこない。明鏡国語辞典には「白く光って見える露」とあり、こちらの方が何となく分かるような気がする。いずれにしても、このころから秋らしい気配が感じられるということで、「残暑」という表現はもうしない方がいいだろう。

朝練」に行く予定だったが、寝坊した。これまで朝方気温が上がってきて寝苦しさから早く起きていたが、けさは起きた6時過ぎ21℃だった。
雲が多く、それでも時折日が差す。気温は27℃止まりだったが、湿度が高く大汗をかいた。
走行距離 70.0km 、走行時間 3時間 12分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

130907(にら)」の花がいま盛り。しかし「韮」は、春の季語のため、この句の季語は、「白露(はくろ)」。ことしの猛暑での「夏負け」を癒すため、韮のたっぷり入った餃子を食す。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
韮食って夏負け癒す白露かな  

韮入りの餃子を食べて白露かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

きのうの午前中は久々に纏まった雨rainが降った。雨が降る中、習い始めて1年半になる筆字の練習をした。なかなか上手くはならないが白い紙に筆に墨をつけて字を書くと、何故か心が落ち着く感じがする。
130906 この雨で、草木もたっぷり水分を吸収して、生き生きとしてきたようだ。村田川の堤防道路を走っていると、路面がピンク色になっている。葛の花びらだ。見上げると木々のてっぺんまで葛の葉が覆い尽くし花びらを落としている。写真は、市原市押沼で。
きょうも「朝練」。5時過ぎの出発時、気温21℃、南の空は晴れているが、北には雲が多い。北東よりの風が吹いている。この風の時は、気温は低めで、雲は多めのようだ。
9時前帰着時24℃、薄曇り。
走行距離 70.5km 、走行時間 3時間 12分、平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

130906_2の生命力はすごい!藪や木立を覆い尽くして山のようになる。この力、見習いたくもあり、恐ろしくもある。季語は、「(くず)」で、秋。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
葛の花みちにピンクの帯を巻き

葛の葉や草木を覆って山と成す  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

南房総サイクリングフェスタ

130916_2 今月16日(日)「第57回全国サイクリング大会inちば(「南房総サイクリングフェスタ」)が千葉県館山市・南房総市で開催される。
左図は、その内の一つのサイクリングコース「行ってんべ~46」のコース図。スタート&ゴールは、「イオンタウン館山」の駐車場で、時計回りに一周する46㎞のコース(画像をクリックすると大きくなります)。
私は、このコースのスタッフとして最後尾を走る予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

露草

きのう埼玉・千葉県で竜巻typhoonが発生し被害が出たと報じられている。竜巻は積乱雲が異常に発達した際生ずると言われているが、まだ見たことが無い。
きょうも「朝練」、5時15分にスタート。ほぼ日の出の時刻(千葉のきょうの日の出時刻は5時12分)である。雲は無く、霧も出ていない。陽が昇ると、日差しが届くが、太陽が低い位置のため強くはない。
130903 写真は、6時半ごろ、市原市権現堂付近から南を臨む。頭上は青空が広がっているが、南の空に見えている積乱雲は太平洋沖のものと思われる。反対方向を見ると東京湾上にも積乱雲があった。
8時過ぎになると気温も上がってきて、日差しも暑く感ずるようになってきたが、間もなく帰着。
出発時の気温は23℃、帰着時29℃だった。
走行距離 70.0km 、走行時間 3時間 8分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

130903_2露草(つゆくさ)」の花びらには、無数の露(水滴)がついており、キラキラと光っている。季語は、「露草(つゆくさ)」で、秋。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります
去年は
露草の露星のごと光をり  たつを
と詠んだ。
ことしは

露草の無数の点がひかりをり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

メランポジウム

きのうは「防災の日」で、町内会の避難訓練があった。猛暑の中、避難所(町会指定の家の近くの集会所」)に集合した。知らない顔が沢山いて、ちょっとびっくり。若い人も多く、世代交代が進んでいるのだなアーと感じた。こういうイベントもいいもんだ・・・

130902_3 日本海側では雨の被害が報道されているが、房総半島では雨が降らず、気温は高く、まるで砂漠のようだ。きのうの最高気温は36℃くらいで、9月になってもこの暑さはやりきれない。
けさは22℃と涼しい。「朝練」に出かけて直ぐに日の出(写真:5時20分ごろ、市原市瀬又の村田川の堤防で)。連日の強烈な日差しで水分が無くなってしまったのか、けさは霧が出ていない。
ケイデンスセンサーの故障か、表示が出ない。しかたなく最大心拍数の65~70%を目標にペダルを回した。
走行距離 70.0km 、走行時間 3時間 6分、平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

130902_2 メランポジウムは、菊科、メランポジウム属。メキシコ周辺が原産地。暑さ、日照りに強い花。メランポジウムは、季語ではない。季語は、秋になっても残暑がつづくので、強い日差しを避けるために簾を吊るしておくことをいう「秋簾(あきすだれ)」。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
黄なる花メランポジウム元気なり (無季)

秋簾メランポジウム陽を浴びて  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »