« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

宿木

「認知症には、なりたくない」⑧
認知症の予防方法には、個人よっても違うが、正しい生活習慣を身につけることが重要であることをがわかってきた。
それは
・規則正しい生活
・バランスのとれた食事
・適度な運動
・知的な活動
を取り入れることsign03

雨戸を開けると南東の空に金星が輝いている。 きのうの雨でその光はやわらかだ。一月も今日で終わり、もうすぐ立春だ。気温は朝から10℃を超えて春のよう。
体調を崩し、一週間振りのライド。身体の節々が軋んでいるようだ。騙し騙しペダルを踏む。目標は「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」
きょうで今月の走行距離は、ようやっと563㎞。年間走行距離1万㎞の目標からは程遠い。
走行距離 80.2km 平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

140131 葉がすっかり落ちた枯木の中に「宿木(やどりぎ)」がはっきりと分かる。季語は、「宿木(やどりぎ)」で冬。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
葉が落ちて宿木それと分かるなり

この時季は宿木主となりにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

枯草

「認知症には、なりたくない」⑦
運動を週2回以上続ければ認知症になる確率が半分になる
「いくつもの集団調査が、運動が認知症を予防することを証明している。1970年代のフィンランドの65~79歳の1500人の調査では、少なくとも週2回運動していた人は、認知症になる確率がそうでない人より50%低くかった。」『脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方』(ジョン・J・レイティ―著 NHK出版)からの引用。

このところ体調が思わしくない。腹が張っている。体温と血圧は普段と変わりないのだが・・・朝のうちは雲が多く、体調も良くないので、自転車に乗るのは止めよう、と思っていた。9時過ぎになると雲が切れ、気温も急上昇、「止めにする理由」が無くなってきた。体調も自転車に乗ればよくなるかもしれないと思い、「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。南寄りの風に変わってきており、気温も上昇、帰着時には13℃までになった。
走行距離 80.4km 平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

140124 低温と降霜で河原の草はすっかり枯れ、一面同じ色になっている。市原市柳原の養老川の河原で。季語は、「枯草(かれくさ)」で、冬。画像をクリックすると大きくなります
初句は
枯草や地面の下であすを待つ

枯れ果ててどの草もみな同じ色  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

枯木

「認知症には、なりたくない」⑥
 NHKスペシャル(1/19)「アルツハイマー病を止めろ!」を見た。認知症に占める割合がおよそ7割と最も高く、発症者が急増しているアルツハイマー病。その「予防」が、注目されている。新薬の開発や、運動・睡眠などの生活習慣の改善の効果を探る研究が加速しているようだが、当面は、生活習慣の改善(特に「運動」しかないsign03)だろう、と思った。

001 最近、低温や強風のため自転車に乗らない、と言い訳をする日が多いような気がする。でも、年(71歳)も年だし仕方がないか・・・
きのうは「大寒」、これから2週間程度が一年で最も寒い時期だという。きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを踏む。北東の弱い風が吹いていて、薄い雲が出ているが、気温は11℃まで上昇。冬の雰囲気ではない。まるで春先のような感じである。12時頃市原市権現堂付近から南を臨む。
走行距離 80.3km 平均心拍数 1115bpm(最大心拍数の 72%)

140121 すっかり葉を落とした木立が、寒そうに震えている。落葉樹が葉を落とすのかは、葉からの蒸発で水分不足になり枯れてしまわないため、とか。冬になって葉を落とした木が「枯木(かれき)」で、冬の季語。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
葉を落とし枝を震わし枯木立つ

衣脱ぎ身を震わせて枯木立つ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

枯薄

「認知症には、なりたくない」⑤
認知症は、”単なるもの忘れ”と違い“病気”である。そして誰もがかかる可能性がある身近な“病気”なのだ。でも、自分が認知症であることを分からない。いやな病気だ。私は罹りたくない。
では、どうすれば(予防)よいのか?有効なものは見当たらないが、唯一、運動(有酸素運動)することがいいようだsign03

今季最強の寒波がまだ居座っている。けさも-5℃まで下がった。10時半、5℃に上がったので、出発。きょうから、グローブは「指切りグローブにインナーグローブ2枚重ね」と「シューズカバー」を着けた。目標はいもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」
003 北西の冷たい風が吹いており、頬っぺたが霜焼けになりそう。帰着時の気温は8℃と、冷たいライドだった。麦畑は緑が濃くなってきた。空は冷たい青空。12時ごろ市原市権現堂から南を臨む。
走行距離 80.0km 平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 66%)

140116 連日の降霜と乾燥により、薄はすっかり枯てしまった。だが、凛々しく立っている。年老いてもこの姿を忘れないで居よう、と思う。季語は、「枯薄(かれすすき)」で冬。市原市草刈で。右に見える橋は村田川に架かる草刈橋。画像をクリックすると大きくなります
初句は
これこそが有終の美ぞ枯薄
次に
引き際も立ち尽くしをり枯薄

最後まで居住まい正す枯薄  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

枯菊

「認知症には、なりたくない」④
「高血圧」「糖尿病」と同じように「認知症」も生活習慣からくるのではないか、と私は思っている。
それでは「認知症」にならないための「予防策」は何か?食物は?サプリメントは?いまのところ、まだ無い。
唯一、「有酸素運動」は、脳をより良い状態に保つようだ。認知症予防には、運動することと見つけたり・・だsign03

今季最強の寒波が来ているという。きのうは外に置いてあるコップの水が凍り、夕方になっても半分以上解けずに残っていた。
このところの寒さにすっかり怖気付き、自転車から一週間遠ざかっていたが、身体が鈍ると思い、きょうは無理に出発。目標はいつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。往路は北寄りの風だったが、風向きが変わり復路は南寄りの風と、終始追い風に押されての楽ちんライド。こんなにいいことはめったにない。出発時4℃、帰着時9℃。
走行距離 80.0km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1401 度重なる降霜に耐えてきた菊も、すっかり枯れ果て形を残すのみ。季語は、「枯菊(かれぎく)」で、冬。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
枯菊の花と葉の色同じなり
次は
枯菊の色を失い立ちにけり

枯菊や形残こして立ちにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

寒菊

「認知症には、なりたくない」③
わが国の認知症の高齢者推計が2012年時点で550万人に達し、この20年間で6倍になったと報道された(2013/12/11読売)。認知症の中で最も多かったのは69%を占めるアルツハイマー型認知症で、脳卒中などが原因の脳血管性認知症は17%だった。
なぜ「認知症」がこんなにも急激に増加してきたのかsign03

きのうは「小寒」、寒の入り。これからひと月くらいが、一年で最も寒い時期。良く晴れていたが、最高気温が6℃との予報だったので、自転車に乗るのは止めた。結果的に、最高気温は7℃。
けさは、-5℃まで下がった。気温が5℃以上に上がるのを待って、「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。北よりの風が意外に強く、往路は追い風だったが、復路は北西の風6~7m/sで、難儀した。帰着時気温9℃。

1401_3 書初めをやった。中国唐時代-柳公権の「玄秘塔碑」の一部である。これから3か月くらいはこれを練習しようと思う。
習い始めてから3月で2年になるが、殆んど上達はしない。
だが、墨字を書いていると気持ちが安らぐのがいい。

走行距離 80.1km 平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

140106 度重なる霜に耐え抜いてきた菊も、正に満身創痍である。季語は、「寒菊(かんぎく)」。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

寒菊の耐えに耐えたり傷残し たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

霜菊

「認知症には、なりたくない」②
世界で患者が急増すると予測されている認知症についてG8各国が話し合う初めての「認知症サミット」がロンドンで行われた(2013/12月)。共同声明では、2025年までに治療法を見つけ出すことを目指してG8各国が研究費を大幅に増額するとしている。
2025年、生きていれば私は83歳。間に合わないsign03

008 2014年の元旦は、強い南寄りの風が一日中吹いていたが、日中の気温は3月頃ということで、暖かな正月を迎えられた。私もめでたく71歳となった(誕生日)。

ことしの目標は「最大心拍数の60~70%の有酸素運動を週2回以上、年間走行距離 1万km超」を目指す。

途中の八幡神社で初詣。
今年一年の安全を祈願した。
走行距離 82.4km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

140102 まいあさ霜が降りる。それに耐えて菊は頑張っている。季語は、「霜菊(しもぎく)」。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
霜菊や寒さに耐えて年を越す

霜菊や齢ごと寒さ増すばかり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »