« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月26日 (水)

犬ふぐり

「帯状疱疹」に罹った①
帯状疱疹は、体の片側に起きる強い痛みと、帯状の赤み、ブツブツ、水ぶくれが特徴の病気で、子どもの頃にかかることの多い「水ぼうそう」のウイルスが原因。発症は、特に高齢に多く、約70%は50歳以上だというが、私は、71歳の1月下旬に、左側の腰の部分にブツブツができた。

朝はマイナスまで下がったが、10時には10℃を超えた。東寄りの風が吹いており、我が家の遅咲きの梅も一輪咲き始めた。あまりのいい気候に誘われて、ポタリング(自転車で散歩すること)に出かけた。先日の雪ももう殆ど残っていない。もうすぐ3月。もうすぐ「春」である。
走行距離 65.0km

140226 虚子の句に「犬ふぐり星のまたたく如くなり」というのがあるが、土手の南側などに、ハッとするような色で「犬ふぐり」が咲いている。枯れた草ばかりの中にあって心が休まるようだ。季語は、「犬ふぐり」で春。市原市瀬又の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
犬ふぐり茶色の土手に瑠璃こぼす

犬ふぐり色なき土手に瑠璃こぼす  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

仏の座

インターネットへの接続は「フレッツADSL-8Mbps」で契約している。時々その通信速度を測るが、これまでは2Mbps程度だった。ところが、先般の大雪以降は、6Mbpsにスピードアップしている。一体どうしたことだろうか??因みに、2Mbpsでも年寄りの私にとっては何の支障もなく、快適に使っていたのだが・・・

002 朝から快晴。10時、気温10℃、風も殆んど無い。いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを踏む。肌に当たる風が心地よい。写真は、12時過ぎ、市原市権現堂から東京湾(西)を望む。気温が上がったためか、霞んでいる。
走行距離 80.0km 平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

140225仏の座(ほとけのざ)」は、新年の季語となっているが、花が咲くのはいまごろから5月にかけてだ。少し暖かくなると土手の南斜面をピンク色に染める。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
仏の座土手をピンクに染めるなり
次は
遠目にはピンクの帯か仏の座

道端にピンクの帯や仏の座  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

蝋梅

004 先日(8日)の大雪snowsnowsnowは、2週間たってもまだ残っている(写真は市原市馬立の田んぼの畔)。千葉では観測史上最高とのことで、私の測定では35㎝(公式には33㎝)の積雪だった。慣れない雪道で転倒し怪我をした人も多かった。同じようにこんな大雪が降るとは思っていない樹木の被害も相当なもの。直径5㎝位の枝が至る所で折れて道端に置かれている。また、竹も相当数が折れたようだ。
雪が解けた後の道路は、ごみや土砂などが残り汚い!!さきおとといは「雨水」、こんなことを言うと雪国の人には怒られるかもしれないが「もう雪は沢山だ!」。

気温は低めだが、10時頃から晴れてきたので、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標に自転車に乗った。光が強くなってきて、気温が低いのを忘れさせてくれる。
走行距離 80.7km 平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

140222蝋梅(ろうばい)」の花びらは他に類を見ないほど変わっている。厚くて、脂ぎって、透き通っている。まるでステンドグラスのようだ。「蝋梅(ろふばい)」は、冬の季語だがいま盛り。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
蝋梅の花びら透るひかりかな

蝋梅やステンドグラス見る如し  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

雪の隙

003 8日(大雪の日)から、青空が見えなかった。うち、3日間は雪が降った。今朝、9日振りの青空。写真は、午前11時ごろ市原市市原付近から見た富士山。このところの雪で、裾の方まで白くなっている。
北西の風(12m/s:アメダス)が非常に強かったが、久しぶりにペダルを踏む。帰路は向かい風に難儀した。
道路に雪は無いが(昨日の雨で消えたと思われる)、路側帯には所々残っている。また、雪が解けた後は、ごみや小石などが散乱しておりパンクには注意が必要だ。
走行距離 70.0km 平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

140216 このところの雪で、育てているビオラも雪の中にいたが、解けて雪の間から顔を出した。季語は「雪の隙」で春。画像をクリックすると大きくなります

の隙頭擡げてビオラかな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

冬菫a

またまた「最強の寒波(今季何回も聞いているが・・・)」が来ているという。そしてあすは「南岸低気圧」により一日雪snowが降るという。「春は名のみの~」というとおり、まだまだ「」だ。
年初に「週2回は自転車に乗るsign01」と目標をたてた。あすは雪、乗るのはきょうsign03そしてどうやら目標達成。気温は、出発時4℃、帰着時8℃。風は弱い北寄りの風で、まずまずのコンディション。
走行距離 80.3km 平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

140207 「菫は春の花だが、日当たりの良い野山では冬の半ばから咲き始めるものもある。けなげに咲く花は心を和ませる(歳時記)」。今ごろ、野山に咲く菫を見たことはないが、花壇や鉢植えは自分でも育てているし、よく見る。季語は、「冬菫(ふゆすみれ)」。私が育てているもの。画像をクリックすると大きくなります

ふゆすみれ響きのよさに使いけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

水仙

日本サイクリング協会公認指導者制度に基づく「サイクリングリーダー養成講習会」が先日(1/25)開催され参加した。サイクリング大会での指導者の補助的役割を担う人材、サイクルイベントのスタッフとして活躍する人、安全にサイクリングを楽しむ技術を習得したい人」が受講。既知の情報が殆んどだったが、一日座学で話を聞いた。

けさは、mistが立ち込めていて薄暗く感ずる。南から温かい空気が流れ込んでいるため濃い霧が発生したという。10時過ぎになってようやく少し明るくなってきた。先日来、体調不良の日が続いた。まだ完全ではないが、80kmくらいは乗れるだろうと、「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標に出発。私の場合、多少体調が悪くても、自転車に乗るとよくなってくることが、これまでもたびたびあったので、今回も・・・
帰着後、「やっぱり、そうだな~」と思っている。
きょう帰路、上総牛久を通っている頃(13時頃)気温が20℃を超えた。防寒ジャケットのジッパーを開いて走った。
走行距離 80.9km 平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

140203 きょうは節分。あすから俳句の世界では春の季語を使うことになっているようだが、自然界はまだ冬。従ってまだ当分「冬」の季語を使うこともありそうだ。
花の一番少ないこの時季、地べたに咲く花はこの「水仙(すいせん)」と菫(「パンジー」「ビオラ」)くらいだ。季語は、「水仙(すいせん)」で、冬。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
水仙や我見て笑う顔ばかり

水仙や中には向こう向くもあり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »