« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

紫式部

生きている間健康でいるために私がやっていること
④【運動①】
週2~3回、3~4時間程度の「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」

自転車に乗ることを、もう10年近くやっている。何歳まで続けられるのだろうか?有酸素運動が脳にいい影響を与えるらしい。認知症予防のため継続していくつもり。

140930きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。台風17号は当地にほとんど影響がなかった。青空のもとでペダルを踏む。写真は、正午頃、市原市権現堂から東の空を望む。
9月も終わる。このひと月の走行距離は964kmとなり、年初来では8,159kmとなった。どうやらことしの年間走行距離目標の一万㎞を達成できそうだ。
走行距離 80.0km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1410
紫式部(むらさきしきぶ)」の実の色は、なんとなく平安時代の貴族の色と重なって見える。
紫式部(むらさきしきぶ)」は、現代俳句歳時記では、秋の季語となっている。市原市牛久で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
目閉じれば紫式部の色泛ぶ

紫の式部のすがた偲ばるる  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

1409_3きのうは、台風16号崩れの低気圧の影響で一日中雨も風も強かった。
ということで恒例の墨字の練習。
中国宋時代の蘇軾の『廣州寒食詩巻』の冒頭の3行の臨書。

習字をやり始めて2年を超すが、一向に上手くはならない。

雨音を聞きながら墨字を書く、年寄向きといえる。

140926「台風一過」ならぬ台風崩れの低気圧が通り過ぎ青空が広がった。いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。湿度が高く(80%以上)、スカッとしたとはいかないし、気温は24℃と高め。復路になって北の風が強いことが分かった(アメダス:北東の風5m/s)正に「行きはよいよい、帰りは恐い」であった。
右の写真は、10時過ぎ市原市権現堂から南の空を望む。帰着時気温27℃。
走行距離 80.7km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

140926_2
高滝湖周辺には、の群生地がある。斜面全体が萩・萩・萩・・・見上げると秋の雲が流れている。季語は「(はぎ)」で秋。市原市養老で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
萩の花降りだしそうな雲流れ
次は
法面に萩垂れ下がり滝のよう

萩の滝流るる雲と交差して  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

セージ

生きている間健康でいるために私がやっていること
③【飲酒】
1日当たり30ml(アルコール換算)程度とした飲酒
日本酒なら1合、焼酎120ml、ウィスキー60ml、ワイン180mlを極力守るようにしている。会合等では守れないが、頭の中にはいれてある。
アルコールは脳を萎縮させると言われている。飲酒は1日2合以下にした方がいいらしい。脳の萎縮を防いで飲酒するなら1日1合。1合の飲酒は飲酒しない人と同様にアルコールによる脳の萎縮はみられないという。

きょうは「秋分の日」。秋の彼岸の中日である。田舎にはすっかりご無沙汰だが、故郷の空に向かい合掌。
1409239時半、気温21℃、弱い東寄りの風、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。今ごろの気候が、サイクリングには最適ではないか。気持ちよくペダルを回した。
写真は、正午過ぎ市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時の気温27℃。
走行距離 80.1km 平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1409
セージ
はこんもりとした茎の中から花が何本も飛び出している。道路際に咲いているセージの横を追い風をうけ自転車で走り抜けた。
物言へば唇寒し秋の風  芭蕉
秋の風にはしみじみとした趣がある。秋風は古来西風とされてきたが、実際には特に定まった方角は無い。季語はその「秋風(あきかぜ)」。市原市牛久で。画像をクリックすると大きくなります

秋風とセージの横を通り過ぎ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

彼岸花(白)

生きている間健康でいるために私がやっていること
②【食事】
野菜具沢山味噌汁の朝食、炭水化物を少なくした食事

朝食は、10種類程度の野菜を入れた具沢山味噌汁を丼ぶりに1杯、昼食・夕食は炭水化物を減らしたものを「腹八分目」としている。

きのうは「彼岸の入り」。イメージとしてはカラッとした秋空であるが、あいにく朝から雨rain。予報に反して降り続く雨rainrain・・・どうも房総半島だけのようだが・・・仕方なく「墨字」の練習・・・

140921秋空が澄んで高々と晴れ渡ることを「秋晴」というが、正にそのとおりとなった。6時、気温は12℃まで下がり、無風。
10時前、気温21℃、弱い北寄りの風、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。やはり、青空の下でのライドは気持ちがいい。自然とケイデンスも上がり、心拍も上がる。
空には秋の雲が(11時前、市原市権現堂から東の空を望む)。
帰着時の気温26℃。
走行距離 80.9km 平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 74%)

140920
数は少ないが、これを見ると何故かほっとする白の「彼岸花(ひがんばな)」。季語は、「彼岸花(ひがんばな)」で秋。市原市佐是で。画像をクリックすると大きくなります

紅忘れ優しく咲くや彼岸花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

彼岸花

生きている間健康でいるために私がやっていること
①【睡眠
11時前に就寝、7時間程度の睡眠を心掛けている。いまのところ朝はすっきりと起きられるし、昼間眠いことは無い。

140918きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 、出発時の気温21℃、弱い北寄りの風。これ位の気温だとなかなか心拍が上がらない。でも、無理に上げないで、ペダルの回転をスムースにするよう気を付けた。そうしていると、うっすらと汗を掻き、心拍も徐々に上がってくる。
写真は、昼前の市原市権現堂から南の空を望む。雲が秋らしくなってきたようだ。
帰着時の気温25℃。
走行距離 80.9km 平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 65%)

140918_2
彼岸花(ひがんばな)」は、あまり好きな花ではない。毒々しい花色、形が好みではない。そういう気持ちがあるので、句にも現れると思う。季語は、「彼岸花(ひがんばな)」で秋。市原市番場の村田川の堤防で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
彼岸花毒気感ずる色をして
次は
その色は毒気感ずる彼岸花

土手の下赤い塊り彼岸花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

白粉花c

過日、テレビで「健康寿命」について放送していた。健康寿命とは、健康上の問題がない状態で 日常生活を送れる期間のことで、日本人は男70.42歳、女73.62歳だという。平均寿命より10歳くらい少ない。
私は既に健康寿命を過ぎてしまった。願わくば、生きている間は健康でいたいものだ。

140916健康でいるために必要な「運動」。そのためきょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。この領域では全カロリーの85%が脂肪から供給されるといわれている。どうりで最近腹の周りのダブダブがかなり取れてきたような気がする。腹囲を測ってみると確かに減っていた。写真はスタート1時間後の市原市権現堂から南の空を望む。地平線付近には雲があるが上空には雲が無い。
走行距離 80.3km 平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

140916_2
白粉花(おしろいばな)」は、英語では、1本の草から異なる花の色が咲くことから「marvel of Peru(ペルーの驚異)」と言われている。これも赤・白・黄色の三色だ。季語は、「白粉花(おしろいばな)」で秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

白粉花ペルーの驚異見せにけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

仙人草

きょうも「快晴」。日の出は5時20分、気温は15℃まで下がり、弱い北の風が吹いていた。このところ湿度は90%を超えていたが、けさは80%台に下がった。
9時半、気温23℃、湿度70%台、弱い北寄りの風、空には雲が点々とある中「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。
140914今日は三連休の真ん中、大勢のサイクリストに会った。ペアライド、あるいは夫婦ライドも幾組かいた。ペアの場合行き会うと男性は会釈か手を挙げるが、無表情。一方、女性は必ずと言っていいほど笑顔を見せる。
1時間くらい走った市原市権現堂から南を望むと、快晴の空が広がっていた(写真)。
帰着時26℃、60%台。
走行距離 80.0km 平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

140914_2
仙人草(せんにんそう)」は、別名「馬食わず」というように有毒植物。蔓を伸ばし他の植物を覆い、その上に花を付ける。その白さはかなり目立つ。季語は「仙人草」で秋。市原市廿五里の養老川の堤防道路で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
藪の上薄っすら雪か千人草

藪覆いふんわり雪か仙人草  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

白粉花b

スカッとした青空の下を走るのは何日振りだろうか、と思いながらペダルを踏んだ。やはりサイクリングは青空が似合う!
140912きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標に走った。空は晴れて弱い北寄りの風が吹いているが、何かすっきりしない。湿度が高いのだ。出発時80%台の湿度が、帰着時でも70%台と高湿度状態がずーと続いている。写真は、12時過ぎ市原市権現堂から北の空を望む。
上空に寒気が入り込み大雨の警報が出ている地域もあるようだ。幸い当地はそういった警報にお目にかかったことは無いが・・・
走行距離 80.3km 平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)

140912_2
最近、草刈りも機械化が進み、回転する丸い歯で刈られている。子供のためなのか「白粉花(おしろいばな)」は刈られずに残されている。季語は、「白粉花(おしろいばな)」で秋。市原市潤井戸で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
草刈りや白粉花は避けて刈る
次は
草刈りや白粉花を避けるなり

草刈りや白粉花は残しをり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

ツール・ド・ちば

Tour_de_chiba2014
来月11日(土)~13日(月)、「ツール・ド・ちば2014」が開催される。私もエントリーしてある。上の図はそのコースである。
去年は年齢制限(参加資格69歳以下)で出場できなかった。ことしは制限が無くなった。1日の走行距離が100km程度(100㎞、110㎞、107㎞)と短く、しかも殆んどフラットなコースで、高齢者でも大丈夫と判断したのだろうか ? ちょっと「物足りないコース」と感じないこともない。
また、募集要項には、“ 「ちば」を走り尽くす ”と書いてあるが、コース図を見ると「ちばの東側」あるいは「房総半島の太平洋側」といった方が適切だ。
3日間の大会だと通常は宿泊するのだが、今回の大会はスタート&ゴールが3日とも同じ「不動堂海岸駐車場」(山武郡九十九里町)のため、宿泊はせずに、通うことにした。わが家から30km弱、「千葉東金道路」「東金九十九里道路」で30~40分で行ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

白粉花a

きょうは二十四節気の一つである、「白露」。露が凝って白くなるの意とか。
きのう奄美大島沖で発生した台風14号は南の海上を東進しており、影響は少なそうだ。秋雨前線も一緒に連れ去って呉れるといいんだが・・・
1409089時過ぎ、気温21℃、弱い北の風、空には雲がいっぱい、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。半袖ジャージにサイクルパンツという出で立ち、ペダルを回してもそれほど暑くは感じない。結局、心拍はあまり上がらない。
台風の影響はないと思うが、時折パラパラと雨が落ちてくる。雨具を着るような雨では無い。帰ってくるまでずーとこんな調子だった。帰着時の気温は22℃とあまり上がらなかった。
走行距離 80.4km 平均心拍数 103bpm(最大心拍数の 64%)

140908_2
白粉花(おしろいばな)」は、夕方から朝にかけて開き、子供が遊ぶ昼間は閉じている。季語は、「白粉花(おしろいばな)」「おしろい」で秋。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

白粉花まま事仲間すれ違い  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

蔓穂

高湿度の状態が続いている。きょうも蒸し蒸しとした空気だ。
1409069時、27℃、湿度90%以上、弱い東寄りの風、空にはべったりと雲、そんな中いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。多分紫外線は大丈夫だろうと、日焼け止めは塗らずに、念のためジャージのポケットに入れておいた。写真は、走り始めて1時間後の空の模様。
ところが、晴れてきた。あわてて日焼け止めを塗った。予報では日が出るとは言っていなかったが・・・帰着時の気温30℃、湿度80%。
走行距離 80.4km 平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

140906_2
蔓穂(つるぼ)」は、百合科、シラー属で、今ごろ突然茎を伸ばし花を咲かせる。咲き始めは土筆にそっくり。「蔓穂(つるぼ)」は季語ではない。季語は「飛蝗(ばった)」で秋。市原市大坪の養老川の土手で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
踏み入れば飛蝗飛び出す蔓穂かな

近づけば飛蝗飛び出す蔓穂かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

露草

140904さわやかで気持ちがいい朝だった。庭にはホオジロが2羽きて、何かを啄むでいた。
きょうもいつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。走り始めると南西の方から雲が湧き出してきた。瞬く間に広がり一面雲に、だが、直ぐに雨を降らせるような雲ではない。写真は10時半ごろ市原市権現堂から南の空を望む。
日差しが遮られたせいか、気温はずっと27℃、風は弱い南寄りの風。自転車に乗るコンディションとしてはまずまずなのに、足の回りが良くない。要は気合が入らないということ。時折、頑張ってみるが直ぐにダメ。ま、こういう日もあるサ~
走行距離 80.5km 平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1409
露草(つゆくさ)」の花びらの表面には、露の粒をを貯める小さな皿のようなものが無数についているのではないか・・・と思わせるような細かい水滴がついている。季語は「露草(つゆくさ)」で秋。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります

露草の無数の粒が光をり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

菊芋

140902朝から晴れるのは12日振り。だが、湿度は90%以上ある。
9時過ぎ、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。気温25℃、弱い北寄りの風が吹いている。やはり青空の下で走るのは気持ちがいい。足もよく回り、心拍も上がる。写真は10時頃の市原市権現堂から南の空を見たもの。

家の手前1㎞にある「源入坂」は、この近くでは最も急こう配で、15%以上はありそうだ。きょう、この坂を上っている時「最大心拍数」が160を超えた。普通、(最大心拍数=220-年齢)という簡便式で計算している。私の場合(220-71歳)で149ということになるが、日頃運動している人は高くなるらしい。
帰着時の気温は28℃。
走行距離 80.0km 平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)

140902_2
菊芋(きくいも)」は菊科、ヒマワリ属と知り、背が高いのが納得できた。名前はかわいそうだが、端整な顔立ちの花だ。「菊芋(きくいも)」は季語ではない。季語は、「天高し」で、大気が澄み、晴れ渡った空が高く感じられることをいう。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
天高し菊芋高く空に入る

天高し菊芋高く空に咲く  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »