« ピラカンサb | トップページ | 枇杷 »

2014年12月 8日 (月)

床屋】 昨年までは、「カット・洗髪・髭剃り・セット」の俗にいう「調髪」を約1時間弱かけて4,000円の床屋に行っていた(何とこの「床屋」が放送禁止用語だと・・私に家の近くには店の名前が「とこや」というのもあるのだが・・)。
ことしになり、カットのみ、10分間で1,000円という床屋に行っている。
私のように、自転車に乗りヘルメットを被る人間にとっては、短髪がよく、この床屋で十分である。
そして、浮いた金で居酒屋で一杯。温めの燗酒2合と旬の刺身、それに小鍋で、都合3千円弱。床屋と居酒屋で私の支出は以前と同じである。しかし、消費する時間は、いまの方が倍近く多い。

この2日間、寒い日が続いた。今季初めて氷が張り、霜が降りた。けさは氷も霜もなく、6時の気温は2℃だった。10時過ぎ、気温9℃、弱い西寄りの風、長袖ジャージを2枚重ねに着て出発。これ以上気温が低くなれば、「防寒ジャケット・防寒タイツ」の登場である。この2日の霜で「皇帝ダリア」などは見る影もない。
走行距離 70.2km 平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1412
この辺りの旧家では、屋敷の周りに「(ちゃ)」を植えているところもある。大きな畝の花を見ながら進むと、勝手口に出てしまった。季語は、「茶の花(ちやのはな)」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

茶の花や畝を辿れば勝手口  たつを

|

« ピラカンサb | トップページ | 枇杷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98876/60779515

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ピラカンサb | トップページ | 枇杷 »