« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月29日 (木)

水仙

認知症常々、認知症にだけはなりたくないと思っている。認知症予防には、運動と食事が有効ということが一部で実証されている。身体活動が少ないことは、アルツハイマー病の危険因子と指摘され、中年期の活動性の高さはアルツハイマー病に対して防衛的に働くという知見もある。運動の効果は、直接的には脳血流の増加作用、また、神経成長因子への刺激や、脂質、ホルモン、インスリン、あるいは免疫機能を介する作用などが考えられている。

001けさは今冬一番の寒さ。我が家の外にある温度計は-5℃だった。コップの水も完全に凍り付いていた(写真)。
10時半、気温5℃、快晴、弱い北寄りの風、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。防寒対策として、ヒートテックのアンダーシャツを重ねてきた。これは思い掛けずに暖かく、体幹が温かいことにより手足まで暖かく感じた。
走行距離 70.0km 平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1501
一年で最も寒いこの時季、野山に最も花の少ない時季でもある。草木は色を失ってしまっている中で、水仙だけが咲いている。季語は、「水仙(すいせん)」で、冬。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります

水仙や色無き里に灯を点す  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

枯菊

今月初めごろ、右膝に違和感を感じた。ペダルを回しても痛みが無かったので、いつも通りに自転車には乗っていた。きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かけ70㎞を走ってきた。右膝の痛みは全然なく、以前あった違和感も感じなくなっていた。
何年か前には、腰痛も自転車に乗っているうちに治ってしまった。「恐るべき自転車の運動治療法!!」だ。
001きのうは10時頃までは雨が降っていたが、その後太陽が顔を出し、気温も上昇、春がやって来たかのような気候となった。きょうも晴れて気温は10℃を超えるとの予報だったが、朝から雲が多くなかなか晴れてこない。11時前、そのうち晴れるだろうと出発した。気温は6℃、弱い北の風。写真は正午頃、市原市権現堂から南の空を望む。
結局、帰着時まで雲は取れず、影を見ることはなかった。帰着時7℃。
走行距離 70.6km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1501
冷たい北風や、度重なる降霜にすっかりやられ色を失い、水気も失ってしまった菊。季語は、「枯菊(かれぎく)」。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります

枯菊や色失いて形あり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

枯薄

001きょうは二十四節気の一つの「大寒」。一年中で最も寒い頃とされる。だが、陽の光は強くなってきている紫外線情報でも12時の予報は「中程度」とこれまでよりも強くなってきている。写真は11時過ぎ、養老川の大坪橋を(市原市大坪)下流から望む。
今夜は会合が千葉である。一応、私の誕生会ということになっているのだが・・・還暦の後、もう一回りして72歳の誕生会である。そのため、きょうは軽めにと思って出発した。帰路になって逆風の強い北風に気づいたが後の祭り。喘ぎながらペダルを回した。
走行距離 70.0km 平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 69%)

150120
薄の芯に少し残っていた色も失せ、すっかり枯れ果ててしまったが、互いに寄り添いあって倒れまいとしているように見える。季語は、「枯薄(かれすすき)」で、冬。市原市草刈の村田川の土手で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
重なって倒れまいぞと枯薄

寄り添って倒れまいぞと枯薄  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

枯木

003あさっては「大寒」。寒さもいよいよである。だが、人間の身体というものは、良くできているというか、鈍感というか、以前ほど寒さを感じない。寒さに慣れてきたのだろうか。
10時過ぎ、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。日曜日の所為か、サイクリストに多く出会う。みんな挨拶をしてくれる。以前から感じていたことだが、ロードバイクに乗る人は挨拶するが、MTBの人は挨拶をしない人が多いように思うが、どうであろうか。
写真は、正午前、養老川の西広橋(市原市西広)から富士山を望む。午後になると南寄りの風となり気温も13℃くらいまで上昇、暖かいライドだった。
走行距離 72.3km 平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

1501
枯木(かれき)」とは、冬になって葉を落とし、あたかも枯れたかのように見えるが、枯死した木のことではない。季語は「枯木(かれき)」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
暫くはヒューヒューと泣く枯木かな
次は
着ぶくれの我と真逆の枯木かな

朝日浴び赤富士の如枯木立つ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

枯草

1501いま使っているPCpcは、今月で丸6年になる。
2年前くらいから調子が悪く、月に1回くらいは「ブルースクリーン」も出ていた。ブルースクリーン(blue screen)とは、Windowsに深刻なエラーが発生した際に表示される青い画面である。写真は私のPCに現れたもの。
昨年春、通信回線をフレッツADSLからフレッツ光に変えた。回線速度は2→25Mbps位へと格段と早くなった。そうしたら、PCの調子が良くなり「ブルースクリーン」も出なくなった。
しかし最近、また「ブルースクリーン」が出るようになってきた。これまでの経験から、そろそろPC買い替えの時期が来ているようだ。

002_2きのうは一日中冷たい雨rainが降っていたが、きょうは打って変わり冬の青空が広がっていた。10時過ぎ「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。風も弱く、春先のような暖かさだった。写真は、正午、市原市権現堂から南を望む。気温が高いせいか少し霞んでいる。手前の田んぼにあるものは、暗渠工事のための資材。
走行距離 71.0km 平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 68%)

1501_2
里山も草むらも、土手も畔も殆んどの草は枯れ果ててしまった。元の色はどんなだったか思い出せないが、それぞれ違った色をしていたのだろう。
季語は、「枯草(かれくさ)」で冬。市原市権現堂の養老川の河川敷で。
画像をクリックすると大きくなります

枯草やみんな地べたに還るなり

枯草や地べたに還りあすを待つ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

蜜柑

Photo左の図は、ロードバイクに乗り始めてからの年間走行距離の推移である。62歳から始め、10年連続年間走行距離1万㎞以上である。よく乗ったものだと自分ながら感心する。しかし、この6年間は徐々に距離が短くなってきている。やっぱし、「年の所為」だろう!!画像をクリックすると大きくなります。
この10年間の走行距離の累計は、119,333km
地球一周(赤道)は、40,075kmだから地球3周まであと800km弱である。ことし2月には達成できるだろう。

002寒い日が続いているが、あとひと月くらいの辛抱だ・・・
ことしになってから右膝に違和感を感じていた。それほど酷く無ないが、階段の下りなどで感じていた。ペダルを回している時は何も感じないので、自転車には乗っている。きょうも気温が上がるのをまって、「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。富士山fujiが午後になっても良く見えていた。写真は正午ごろ、市原市権現堂から望む。出発時6℃、帰着時10℃。
走行距離 71.0km 平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 68%)

1501
地上の草木は枯れて、晴れわたった透徹した青空が広がっている。その中に蜜柑は何を言いたいのだろう。季語は、「蜜柑(みかん)」で冬。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
青空に戦い挑む蜜柑かな
次は
青空に誇らしげなる蜜柑かな

青空に主張するなり蜜柑色  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

宿木

1501書き初め」は、このところ練習している中国宋時代の蘇軾の『廣州寒食詩巻』(先月の続きの3行)を書いた。
書道は初めてから、間もなく3年になる。勿論、この年になって上手い字で手紙を書いてなどといったことは全く考えてはいない。
昔の人の書いた字を真似て書いてみようと思っただけ。したがって、「臨書」(手本を見ながら書をかくこと。また、そうして書いた書。)しかやっていない。これはこれで、結構楽しいものだと思う。

1501_2けさの気温は零下3℃まで下がった。このところ乾燥した寒い日が続いており、冷たい空気が辺りに居座っているように感ずる。「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に走り出して直ぐの村田川の堤防道路で、強い北風の煽られハンドルがとられそうになった。その後も時折強い北風に見舞われた。日差しはたっぷりとあるのだが、この風には参る。でも、お蔭で富士山が綺麗に見えていた。正午頃、市原市廿五里から富士山を望む。
走行距離 70.0km 平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

150110
葉が落ちて丸裸の樹木。こうなると「宿木(やどりぎ)」が主人公のようである。季語は、「宿木(やどりぎ)」で冬。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
宿木や束の間の主となりにけり

宿木や葉が出るまでは主となり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

寒菊

14去年一年間の走行距離は 10,668kmだった。
月別の走行距離を示したのが左の図。2月は「大雪」(当地ではの話)のため、自転車に乗れない日があり少なくなっているが、あとの月はほぼコンスタントに乗っている。しかし、昨年同月より走行距離が少ない月が、2,3,5,7,8,9,11,12月と、8か月もあり、やはり「年の所為」か?
ことしの目標は、週2~3回一回60~80㎞年間8,000km程度走ることとした。

002きのうは「小寒」。あとひと月ほどが、寒さの本番である。でも、これを過ぎればまた春がやってくる。朝から雲が多く、11時頃ようやく雲が取れてきそうになった。気温6℃、「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かける。だが、雲はなかなか取れない。写真は12時ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。結局、帰着時まで太陽はほとんど顔を出さず、気温も8℃止まり。ずーと頬っぺたが悴んでいる状態のライド。やはり、太陽が出ていない時のライドは避けるべきだと思った。
走行距離 70.0km 平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1501
遅咲きの菊が咲き残っているのを「寒菊(かんぎく)」ともいう。度重なる降霜にすっかりやられ、色が無くなっている。市原市土宇で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
寒菊の髄に残りし元の色

寒菊の芯まで色を失いて  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

金柑

1501

明けましておめでとうございます。

左の写真は、私の年賀状

元旦に誕生日を迎え、72歳となった。

ことしも、健康で生きるための「運動」としての自転車を続けていく。

参加する大会は、ことしも千葉県内に留めようと思っている。

                                          例年「乗り初め」を2日におこなっていたが、ことしは所用が重なりきょうとなった。ことしも原則「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」とする。朝から曇天。11時頃になり太陽が顔を出し、気温も5℃を超えたので出発。風も弱く陽射しがたっぷりで寒くは無い。のんびりとペダルを回す。
走行距離 70.6km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1501_2
金柑(きんかん)」は7月頃花が咲き、冬になると黄色くなる。『現代俳句歳時記』では「金柑(きんかん)」「金柑の実」で冬・新年の季語。『合本俳句歳時記』では秋の季語となっている。市原市土宇で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
手のひらで金柑拭い口に入れ

金柑の小さき故に愛しかり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »