« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月30日 (土)

アベリア

Dsc_0001_640x360_2長かった梅雨のせいなのか、青空がそして雲が眩しい。
写真は正午ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。
暑い日中を避け「朝練」にしようと、準備をしていて自転車(TREK1400)の後輪の空気が無いのに気が付いた。パンクしている。出足を削がれ「朝練」は止めた。
いつものように9時過ぎに「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出発。出発時28℃、帰着時31℃と真夏らしい気温。家の手前1㎞の源入坂で最大心拍数が160となった。私の最大心拍数と設定している値である。
走行距離 80.2km 平均心拍数 120bpm(最大心拍数の 75%)

1607
アベリア
は別名「花園衝羽根空木」(はなぞのつくばねうつぎ)と言い、道路沿いや生垣によく見られる。アベリアは、季語ではない。季語は「梅雨開(つゆあけ)」で夏。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
館山道アベリアの白夏の雲

梅雨開けてアベリアの白より白き  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

バーベナ

Dsc_0007_640x465久しぶりに朝からよく晴れた。長かった梅雨もようやく明けるのか・・・天気図を見ると、梅雨前線は北海道の辺まで上がっている。
4日振りのライドである。目標は「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」。
Dsc_0008_640x360走り始めると雲があちこちから湧いきて空は雲で覆われた。写真は正午、市原市権現堂から南の空を望む。気象庁は28日午前、関東甲信地方が7月28日ごろに梅雨明けしたとみられると発表した。
走行距離 80.7km 平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)

1607
バーベナ
は、南アメリカ原産というだけあって暑さに強い。夏の強烈な日差しにも負けない。バーベナは季語ではない。季語は「油照り」「夏日影」で夏。市原市磯ヶ谷で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
バーベナのよくぞ咲くなり油照り

夏日影バーベナまでは届かざり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

松葉菊

Dsc_0003_640x360「ことしは空梅雨だ」と思っていたのだが、何だろうかこの寒さは!!きのう、おとといと曇天で日中でも22℃くらいだった。きょうも、朝のうちは晴れていたが、次第に雲が増え、殆ど日差しがない中を走った。気温は23~24℃と「大暑」の翌日としては低い。写真は10時半ごろ市原市権現堂から南の空を望む。この後も晴れないままライド終了。
走行距離 80.2km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1607
松葉菊(まつばぎく)」は、4~8月いっぱい咲いている。その色は蛍光色のようだ。季語は、「松葉菊(まつばぎく)」で、ホトトギス俳句季題便覧では、夏-七月。市原市土宇で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
松葉菊蛍光発す如くなり

蛍光を発する如し松葉菊  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

凌霄花

Dsc_0001_640x252きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かけたが、気温は29~31℃、湿度は70%程度、弱い北寄りの風。じとーと汗が出るが、やる気が出ない。こういう時は足の回りが良くなく、その上疲労感が強く出る。
写真は10時半ごろ市原市権現堂から南の空を望む。暑くともすかっとした青空が欲しい。
走行距離 80.1km 平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)

1607
凌霄花(のうぜんかずら)」の茎は長く伸び、木の上まで届くことも。上に行けば陽の光が沢山浴びられるからだろうが、人の社会でも皆上に行きたがるのは何のためか。季語は「凌霄花(のうぜん)」で夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

凌霄花や上を目指した若い頃  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

昼顔

Dsc_0002_640x360きのうは「市原市で1時間に100ミリの雨(レーダー解析)」とのテレビ報道に、その内我が家の辺りも降ってくるのだろうと、構えていたが一向に強い雨は降らなかった。写真はきょう9時半ごろ、我が家から南に1㎞付近の君見川橋からの村田川(市原市瀬又=画像をクリックすると大きくなります)。いつもの水量で流れていた。

Dsc_0001_640x360きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」 。日照が殆どないため気温も上がらず25℃くらいと、快適なライド。写真は10時半ごろ市原市権現堂から南の空を望む。手前の麦刈りが終わった畑にはきのうの雨が残っている。
走行距離 80.8km 平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 69%)

1607
道端や草むらにピンク色の「昼顔(ひるがほ)」が綺麗である。色合いが何とも言えなく好きだ。季語は「昼顔(ひるがほ)」で夏。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
昼顔の深窓の人の如くなり
次は
昼顔や薄きピンクが草の中

昼顔や緑のなかに淡き紅  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

姫女苑

参院選挙も終わり、「与党大勝」「改憲派2/3超す」といった見出しが躍っている。とすると、野党は「大敗」したのだろうし、2/3阻止といったポスターも見た。
しかし、責任を取って党首などが辞任するという「声」は出てこない。野党共闘だったから、責任も1/○になるのか。これで、ずるずると都知事選に入っていき、忘れ去られてしまうのだろうか。

Dsc_0001_640x360きょうも(7/12)「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」。晴れ間が多いが、真夏の空ではない。
写真は10時半ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。弱い東寄りの風が吹いており、気温も30℃には届かなかった。
走行距離 80.5km 平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%

160712
姫というと深窓の佳人のような人を思うが、この「姫女苑(ひめぢよをん)」は「名前負け」している。季語は「姫女苑(ひめぢよをん)」で夏。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります

草叢に叢がり居るや姫女苑  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

紫陽花c

Dsc_0001_640x360参院選投票日のきょう、サイクルイベントなどは無いようで、サイクリストは少人数で走っていた。気温は30℃に届かなかったが、湿度が高く汗はかなり出た。午後になり南寄りの風が吹いてきて、湿度も下がり気味で走りやすくなってきた。写真は正午頃、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 81.8km 、平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1607
紫陽花(あぢさゐ)」の咲く頃は、鰹がうまい時期。朝水揚げされた鰹の柵を下してにんにくのスライスで挿み、日本酒と交互に・・・季語は「紫陽花(あぢさゐ)」で夏。市原市安須で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
紫陽花や鰹と酒が順に入る

紫陽花の交互に酒とかつおかな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

紫陽花b

Dsc_0002_640x360きょうも「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かけたが、出発時の気温が32℃と高い。写真は10時半ごろ、市原市権現堂から南の空を望む。ここから南に7~8㎞先が市原市牛久。きょう11時のアメダスで36.2℃を観測した。風も弱く、信号で停車すると路面からの熱気が凄い。冷凍しておいたスポーツドリンク(CCD)が折り返し前に無くなってしまったので水を買って補充した。
帰着後、シャワーを浴びぼやっとしていたが、何となくいつもより疲れが強い感じがする。
走行距離 80.0km 平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)

1607
紫陽花(あぢさゐ)」は日差しより雨が好きな花だろう。ことしの当地は「空梅雨」。季語は「紫陽花(あぢさゐ)」で夏。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
紫陽花や渋き顔して雨を待つ

紫陽花の雨が欲しいか渋き色  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

紫陽花a

冬から春先にかけての不摂生が祟り、体重が5㎏程オーバーしてしまった。5月から「減量作戦」を開始したが、なかなか減らなかった。6月になり、少しずつ減り始め、1か月で1.5㎏減することができた。引き続き「減量作戦」を継続していく。
「作戦」というと大げさだが、簡単なことで「昼食を摂らない」だけである。

Dsc_0001_640x360直ぐに雨が降ってくるような空模様ではないが、空にはべったりと雲が張り付いている。写真は、11時ごろの市原市権現堂から南の空を望む。しばらく進むと、小糠雨が舞っている。特に、川の近くを走っているとこの傾向が顕著だ。気温はずーと22℃と、この時期としては低め。この気温だと心拍もあまり上がらなかった。
走行距離 80.4km 平均心拍数 105bpm(最大心拍数の 66%)

1606
紫陽花(あぢさゐ)」は色が変わる。私は年を取るだけで変わりようもないが・・・季語は「紫陽花(あぢさゐ)」で夏。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
紫陽花の色は変われど我ひとり

紫陽花の色は変われど我は我  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

額紫陽花

あぢさいや仕舞のつかぬ昼の酒   乙二

1607所用で東京に行った帰り、午後2時過ぎに東京駅に着いた。昼間っから酒bottleは・・・と思いながら、足は北口の「黒塀横丁」に。「方舟」の暖簾をくぐり、カウンターに座る。先客が日本酒をやっており、私も「菊姫」と刺身盛り合わせを注文。錫の酒器がいいですね~
もちろん味もよかった。この一合できっぱりと切り上げた。

Dsc_0003朝から南寄りの風が強く、きょうは自転車bicycleは止めようと思っていた。9時過ぎに風が治まったように感じたので、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かけた。風は治まるどころか、次第に強くなり10m/s程度の風が吹き続けていた。写真は、市原市廿五里の館山自動車道の吹流し。
しかし、帰路は追い風に押されて、飛ぶように帰ってきた。
走行距離 80.2km 平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1606
額紫陽花(がくあじさい)」が咲いている。友や故郷を思い出させる花だ。季語は「額の花(がくのはな)」で夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
妻一人故郷遠し額の花

妻とをり故郷遠き額の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »