« 立葵d | トップページ | 紫陽花a »

2016年7月 3日 (日)

額紫陽花

あぢさいや仕舞のつかぬ昼の酒   乙二

1607所用で東京に行った帰り、午後2時過ぎに東京駅に着いた。昼間っから酒bottleは・・・と思いながら、足は北口の「黒塀横丁」に。「方舟」の暖簾をくぐり、カウンターに座る。先客が日本酒をやっており、私も「菊姫」と刺身盛り合わせを注文。錫の酒器がいいですね~
もちろん味もよかった。この一合できっぱりと切り上げた。

Dsc_0003朝から南寄りの風が強く、きょうは自転車bicycleは止めようと思っていた。9時過ぎに風が治まったように感じたので、いつもの「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」に出かけた。風は治まるどころか、次第に強くなり10m/s程度の風が吹き続けていた。写真は、市原市廿五里の館山自動車道の吹流し。
しかし、帰路は追い風に押されて、飛ぶように帰ってきた。
走行距離 80.2km 平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1606
額紫陽花(がくあじさい)」が咲いている。友や故郷を思い出させる花だ。季語は「額の花(がくのはな)」で夏。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
妻一人故郷遠し額の花

妻とをり故郷遠き額の花  たつを

|

« 立葵d | トップページ | 紫陽花a »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98876/63863271

この記事へのトラックバック一覧です: 額紫陽花:

« 立葵d | トップページ | 紫陽花a »