« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

木槿a

Dsc_0003なかなかすっきりとした秋晴とならない。きょうも雲が多く日差しは殆ど望めない。10時いつもの「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」に出発。
写真は11時市原市権現堂から南の空を望む。雲がいっぱいだ。気温も低く22~24℃で弱い東の風が吹いていた。きょうは土曜日、何人かのサイクリストを見かけた。
走行距離 70.1km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

1709
いろいろなニュースを耳にするにつれ、かの国が嫌いになっていく。「木槿(むくげ)」がその国の国花と知って花を見た。季語は「木槿(むくげ)」で秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

かの国の国花と知りて見る木槿  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

アベリア

1710tdc210/8(日)の「ツール・ド・ちば2017」の2日目にエントリーしてある。左はそのコース図。[画像クリック➡拡大表示]
御宿町から南房総市富浦漁港を目指す約122キロ。鴨川までの前半は丘陵コース。鴨川からフィニッシュの富浦までは海岸沿いを走る。
御宿までと冨浦からはJRを利用する「輪行」。久し振りの「輪行」、練習しておかなければ・・・

170925sora朝からよく晴れ、絶好の「サイクリング日和」いつもより早めに出発した。目標は「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」といつものとおり。点々と雲は出ているが、日差しはたっぷりあり、日照時間は50分/h以上。気温も25~27℃と文句のつけようもない。写真は11時頃市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.9km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1708
公園の生垣や街路樹としてよく見られる「アベリア」。霧に濡れいる花びら。「アベリア」は季語ではない。季語は「朝の霧」で、秋。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります

アベリアの花びら重し朝の霧  たつを 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

芙蓉b

1709きのう、15年近く幹事をやっている飲み会(隔月開催)に行ってきた。メンバーは全員70歳代で、年金生活者。場所は、東京駅八重洲口近くの居酒屋で15年ずっと変わらない。この間、東京駅の八重洲口は工事中だったが、工事が終わったようだ。「グランルーフ(GRAN ROOF)」という帆を模した屋根が面白い。[画像クリック➡拡大表示]

170922sora天気は下り坂で、夕方からは雨rainとの予報。雨が降る前に走っておこうと、
「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」に出かけた。気温は26~27℃で、東寄りの風がやや強い。写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。南の方から次々と雲が湧いてくるようだ。
走行距離 70.3km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1709_2
芙蓉(ふよう)」の花は、上品な佇まいがいい。特に「白芙蓉」はそうだ。季語は「白芙蓉(しろふよう)」で秋。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
美人とは控え目なこと白芙蓉

白芙蓉控え目なひと美しき  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

彼岸花

1709sho台風18号が鹿児島県に上陸した日曜日(17日)、1,000㎞も離れている当地でも朝から雨がずっと降り続いた。
やることもなく筆を執る。7月から「忽披状」を臨書している。「忽披状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の2通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。[画像クリック➡拡大表示]

170919soraいつものように10時「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」を目標にペダルを踏む。雲が多めで日差しが少ないためか気温は25~27℃と快適。写真は13時頃市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.4km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)

170919
田の畔に「彼岸花(ひがんばな)」が咲いている。普段は畦がどこにあるのか良く分からないのだが・・・季語は「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」で秋。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります

上総田の畔畦畦に曼殊沙華  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

菊芋

年を取ると会合も少なくなり、飲む機会も減る。きのうは、ここ2周間飲みに行っていないと思い、どこかに行こうと電車にの乗った。千葉までは行かず2つ目の駅「蘇我」で降り「さかなや道場」の暖簾をくぐった。
1709先ずは燗酒と「鯵の姿造り」を頼み、ちびちびと。次も燗酒と「「秋刀魚の刺身」。最後にと、冷酒と「鮭ハラス焼き」を頼み待っていると。「あじせんべい」が出てきた。[画像クリック➡拡大表示]
1709_2そして「秋刀魚せんべい」も・・・「姿造り」を食べ終えた後の骨をから揚げにしてくれたのだ。[画像クリック➡拡大表示]
カルシュウムが摂れ満足。

170915sora非常に強い台風18号の一番外側の雲がかかっており、雲が多め。写真は11時前市原市権現堂から南の空を望む。
台風の影響であすから3日間は雨の予報、きょうは多少天気が悪くとも乗っておこうと、いつもの「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」に・・・次第に雲が薄くなり、日差しも見えてきた。台風はまだ1,500㎞もはなれているのだから。
走行距離 70.5km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1709_3
土手や草むらなど至る所に咲く「菊芋(きくいも)」。よく見るとかわいい花なのに、名前が「芋」とは・・・「菊芋の花(きくいものはな)」は角川学芸出版『俳句ハンドブック』で秋の季語。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

見た目と名菊芋の花合致せず  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

170913sora良く晴れて、日差しが強く感じ、UVインデックスを見ると「7」とかなり強い。しっかりと対策をして、いつもの「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」に出かける。30℃には届かない気温だが、やや強い東の風が吹ていて、ペダルを回す元気が出てこない。ボトルの水を半分くらい飲んだら落ち着いてきた。写真は11時半、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.7km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1708
今年は「」の花が良く咲いている。葛は生命力が旺盛だ。高齢のわが身に比べ羨ましい限り・・季語は「葛の花(くずのはな)」で秋。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
の花恋する力無くしけり

葛の花恋する力衰えて  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

芙蓉a

170910s0raきょうも「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」を目標にペダルを回したが、日差しが強く(勿論UVカットアームカバー・レッグカバーを着け顔には日焼け止めを付けた)、気温が30℃を超えた。
久し振りにたっぷり汗をかき、運動をしたという感じがした。写真は11時前市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離70.5km、平均心拍数 120bpm(最大心拍数の 75%)

1709
芙蓉(ふよう)」は上品な花だと思う。この花を見て句を作ろうとしても何年か前に作ったこの句しか浮かんでこない。画像をクリックすると大きくなります。

芙蓉咲く家に住む人優しけり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

蔓穂

1709雨模様の日が続いた。その一日は「墨字」ということになる。7月から「忽披状」を臨書している。
「忽披状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の2通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。[画像クリック➡拡大表示]

170908sora最高気温の予報も30℃を下回り、紫外線インデックスも5以下(中程度)になってきたので「朝練」は止めにした。目標は「70km+最大心拍数の60~70&の有酸素運動」に戻した。
朝のうちは雲が多めながら、午後は晴れるとの予報。予報通り次第に天気は良くなり、帰着時には快晴となっていた。写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。気温は出発時22℃、帰着時25℃だった。
走行距離 70.8km平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)

1709_2
蔓穂(つるぼ)」は草むらに、ある日突然土筆のように伸びてきて、うす紫の花を咲かす。蔓穂は季語ではない。季語は「飛蝗(ばった)」で、バッタ科に属する昆虫の総称。市原市大坪で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
蔓穂咲き秋の訪れ実感す

踏み込めば飛蝗飛び出す蔓穂かな  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

仙人草

170850歳を過ぎて老眼になり、少しずつ度が増しており、今は「3.0」だ。ロードバイクに乗るときには必ずサングラスを着ける。しかしハンドル周りのサイクルコンピューターの文字等はよく見えない。先日、webで「貼るレンズ→Hydrotac」というのを見つけ購入した。飛び出した部分はハサミで切り取った。これだとサイクルコンピューターの細かい文字も、GPSの地図もばっちり見える。[画像クリック➡拡大表示]

170905sora朝方まで降っていた雨で、路面が濡れていた。6時、気温20℃、曇り、弱い北寄りの風、いつもの「朝練」。目標もいつもの「60㎞」+「最大心拍数の60~70%の有酸素運動」
写真は7時、市原市権現堂から南の空を望む。空一面に雲が張り付き、日差しは全くない。帰着時の気温が22℃と。暑くも、寒くもない。
走行距離 60.0km平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 65%)

1708_2
仙人草(せんにんそう)」は有毒植物で別名を「馬食わず」という。角川学芸出版『俳句ハンドブック』で「仙人草(せんにんそう)」は秋の季語。市原市安須で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
見た目には毒とは無縁仙人草
次は
馬喰わず人には見えずその中に

内側は人には見えず馬喰わず  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

白粉花b

1708台風15号の影響か、雨の日が続いた。雨の日は「墨字の日」とし 、7月から「忽披状」を臨書している。
「忽披状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の2通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。[画像クリック➡拡大表示]

170903sora5時、雨戸を開けると、快晴。だが、気温は13℃で寒い。薄手のアームカバーとレッグカバーを着け、気温が上がるのを待つ。6時、気温14℃、ウィンドブレーカーを羽織って「朝練」に出発。流石に10分も走ると暑くなってウィンドブレーカーは脱いだ。台風一過の秋晴というのだろうか。写真は7時市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.0km平均心拍数 107bpm(最大心拍数の 67%)

170903
白粉花(おしろいばな)」は、英語では1本の草から異なる花の色が咲くことから「marvel of Peru(ペルーの驚異)」と言われている。季語は「白粉花(おしろいばな)」で秋。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
白粉花ペルーの驚異見せにけり

白粉花ペルーの驚異披露せり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »