« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

大犬のふぐり

1802【飲兵衛達の外飲み】
先日の居酒屋「築地 日本海」では、先ず刺身盛合せを食した後、また刺身を注文した。それが写真の「いわし」(626円)である。
いわしは私の好きな刺身の一つ(一番好きなのは「あじ」)であり、この日の「いわし」は格別だった。[画像クリック➡拡大表示]

暖かなあさで、霜も降りず、氷も張らなかった。
10時前、気温が10℃を超えたので、急遽、ウェアーを「長袖ジャージ(厚手)+タイツ」にし、手袋も薄手のものにした。
180228sora目標はいつもの「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」とし、ペダルを回す。やはりウェアーが軽くなると動きが違う。
写真は、11時、市原市権現堂から南の空を望む。空の景色がなんとなくぼやけているようになってきた。気温は11~14℃。
走行距離 60.5km平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)

1802_2
暖かくなり、「大犬のふぐり」があちこちに咲き出した。土手にも畦にも、そして道端にも・・いまの時季この色の花はなく、小さい花だがよく目立つ。季語は、「犬ふぐり(いぬふぐり)」で春。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
犬ふぐり色なき土手に瑠璃を撒く

道端に瑠璃撒く如し犬ふぐり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

金盞花

1802飲兵衛達の外飲み
きのう千葉駅前の居酒屋「日本海」に行った。
先ずは「おまかせ刺身盛合せ」(734円)と「灘の酒」(518円)で杯を重ねる。気温が5℃位までしか上がらなかった中での一杯は、何とも言えない。[画像クリック➡拡大表示]

180224sora良く晴れて冷え込んだ。朝の気温-4℃。日差しが強く、10時には8℃に。いつもの「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は、11時、市原市権現堂から南の空を望む。水平線の辺りが霞んで見える。もう春である。帰着時の気温13℃。
走行距離 60.6km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1802_2
畑の道路側に一列だけ「金盞花(きんせんか)」が植えられている。道行く人のためか・・・季語は「金盞花(きんせんくわ)」で春。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります

道沿いに一列だけの金盞花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

黄水仙

Dsc_0007「光の春」とはよく言ったもので、寒波の来襲で気温は低くても、日差しは強くなっていると感ずる。事実「UVインデックス」の予測値は「(中程度)」になっている。
ということで、きょうからサングラスのレンズをクリアからブラウンに替えた。

180220soraきょうも「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。気温は9~11℃と運動するは快適だ。北の風が肌に当たっても冷たく感じない。
写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。写真でははっきりしないが、水平線当たりがぼんやりと霞んでいる。
走行距離 60.0km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 72%)

1802
日溜りに「黄水仙(きずいせん)」が咲いている。目線を上げると地面との境の空の色がぼやけている。季語は「黄水仙(黄ずいせん)」で春。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります

黄水仙胸騒ぎする空の色  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

椿c

北日本や北陸には暴風雪警戒警報がでている。当地は霜も氷もない朝だった。
180217sora10時、気温9℃、「60km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。サイクルコンピューターを最大心拍数の70%以下と77%以上になると警報が鳴るようにセットしてあり、この範囲内で走るようにしている。帰着時の気温は12℃とこの時期にしては暖かかった。写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.6km平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 74%)

1802
養老川の支流のこの辺りには椿が川沿いにあり、落椿が水面に浮かんで流れていることがある。季語は「落椿(おちつばき)」で春。市原市土宇で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
川底の影と競うか落椿

川底の影と競うや落椿  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

椿b

その居酒屋の鍋⑧
1802具沢山!!うどんすき鍋」[画像クリック➡拡大表示]。
うどんに、鶏肉・鮭・練り物・野菜などが入っている。温い燗酒をちびりちびり飲む。
因みに、鍋の料金は、他より安く690円。

180214soraけさ当地は-5℃まで気温が下がった。だが、10時からのライド中は8~12℃と寒さは感じなかった。
きょうから目標をちょっと変えた。心拍数を少し上げ「60km+最大心拍数の75%程度の有酸素運動」とした。
写真は、11時市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.6km平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 73%)

1802_2
椿
の花は落ちるとき蕊を上にして降り立つ。花の形状からこうなるのだろうか・・季語は「落椿(おちつばき)」で春。市原市権現堂で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
落椿蕊上向きに降り立ちぬ

落椿蕊を上にし着地せり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

椿a

180211kemuri朝方雨は止み、8時ごろには晴れsunてきた。
気温は高めで、殆ど風もない。
写真はお昼前、市原市権現堂から西の空を望む。煙突の煙がまっすぐに立ち上っている。

180211sora10時、気温10℃、いつものように「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。気温が高く、風も弱い。気分も良くなりペダルの回転数が上がる。写真はお昼前、市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時の気温は14℃と、背中に汗を掻きながら走った。
走行距離 60.9km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 73%)

1802
椿(つばき)」というとこの藪椿のことをいうらしい。花の色と葉の色の色合いが好きだ。季語は「藪椿(やぶつばき)」で春。市原市権現堂で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
葉と花の色調見事藪椿

花と葉の色合ひ確か藪椿  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

白木蓮a

180207fujiけさ当地は-5℃まで下がった。
ほとんど雲が無い空だった。
写真は、11時半頃養老川に架かる西広橋から見た富士山
西寄り(ちょうど富士山の方角)の風で、昼過ぎまで富士が見えていた。[画像クリック➡拡大表示]

180207sora10時、気温が5℃になったので、「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。気温は5~8℃と低めだが、たっぷりに日差しが暖かく感じさせてくれる。
写真は12時頃、市原市権現堂から南の空を望む。空には南に見えるあの雲のみ・・・
走行距離 60.7km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 71%)

1802
日差しの春、と言われるように、日差しを浴び「白木蓮(はくもくれん)」の花芽が膨らんできた。季語は、「白木蓮(はくれん)」で春だが、『広辞苑』では、「白蓮(はくれん)」で春の季語となっている。市原市権現堂で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
日を浴びて白木蓮の芽の膨らみぬ
次は
日差し浴び白木蓮蓮の芽の膨らみぬ

日差し浴び白蓮の花芽膨らみぬ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

蠟梅

1801その居酒屋の鍋⑦
「ピリ辛牡蠣チゲ鍋」
[画像クリック➡拡大表示]。
牡蠣に、豆腐・人参・ニラ・茸などが入っている。温い燗酒をちびりちびり飲む。因みに、鍋の料金は、790円。

180205sora立春寒波」がやってきてるという。今季は「史上最強寒波」が何度か来るなど、近年まれにみる寒さなのは、確かなようだ。10時、気温が5℃を超えたのでいつもの「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。日差しはたっぷりだが、空気が冷たい。やはり寒波のせいか。帰着時でも7℃だった。
写真は11時市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.1km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 71%)

1801_2
寒い中、「蠟梅(ろうばい)」が咲いている。その半透明の花弁は「不思議」。季語は「蠟梅(らふばい)」で冬。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります

蠟梅のステンドグラス見る如し  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

水仙

きのう、当地では4~5cmの積雪snowがあったが、夕方までには消えていた。今朝がた雨が降ったようで、路面がぬれていた。
180203sora10時、気温5℃、いつものように出発する。目標は「60km+最大心拍数の60~70%の有酸素運動」である。薄雲が出ており、気温の上昇は鈍い。帰着時の気温9℃。写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 60.8km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 70%)

180203
村田川の土手に水仙が咲いていた。「水仙(すいせん)」は冬の季語。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

うつ向いて水仙群れて咲いてをり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »