« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

コスモスb

飲兵衛達の外飲み
1811きのうは会合の後、久しぶりに「バー馬酔木」に行った。
この店には30年以上前からボトルをキープしてある。
いまキープしているのは「響17年」(写真左)。
以前は「バランタイン17年」だった。1811_2次はまたバランタインに戻すつもり。
「馬酔木」で私が最後に注文するのは「ギムレット」だ。(写真)
これももう何十年も続けている。これを飲むと勘定して帰るという合図にもなっている。

181031soraけさは冷え込んだ。、9時になっても気温17℃。いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
時折日は差すのだが、気温は20℃に届かなかった。
走行距離 80.8km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1810
去年は「コスモス」の花びらで埋め尽くされ、まるで水面のようだったが、ことしは花数が減り、茎が見えている。季語は「コスモス」で秋。市原市山田で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
コスモスの去年の海が斑なり

コスモスや去年の海に茎が見え  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

烏瓜a

181023雨の日は「墨字の日」としている。
今回から「灌頂記」を臨書。
「灌頂記」は空海が自筆で記したもので、国宝に指定されている。
灌頂とは、密教の儀式で、私流に言えば「文化勲章授与式」のようなものだと思う。

181228soraやっと秋らしい天気になってきた。
一週間振りのライドだが、目標はいつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」
(出発時/帰着時)の気温は(19/21)℃と快適だ。写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 80.1km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 72%)

1810a


烏瓜(からすうり)」は、つるにぶら下っている。我も年金に・・季語は「烏瓜(からすうり)」で秋。市原市上原で。画像をクリックすると大きくなります

烏瓜ただぶら下る我もまた  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

枸杞b

「秋晴」とは、こういう空をいうのだろう。
181022sora9時、快晴、気温18℃、弱い北寄りの風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
帰着時の気温22℃といい条件の下でのライド、こういう時はいい運動ができるかというと、そうでもなく、心拍があまり上がらなかった。ということは、いい加減な運動をしたということに・・・
走行距離 80.3km平均心拍数 106bpm(最大心拍数の 68%)

1810
枸杞垣に赤い小さな枸杞の実が行儀よくなっている。「枸杞(くこ)」は春の季語で、「枸杞の実(くこのみ)」は秋の季語。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
杞の実の小さき故に捨て置かれ

枸杞垣に採られぬままの小さな実  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

コスモスa

1810さきおととい、東京で飲み会があり行ってきた。
居酒屋の近くに高島屋があり、新館がオープンしたというので寄ってみた。平日の昼間だというのに、人でごった返していた。
雑踏を避け、外に出ると、いい景色が広がっている。
写真の左側が旧館、で右が新館である。
[画像クリック➡拡大表示]

181020sora雲が多めだったが、天気は良くなるとの予報。9時、曇り、気温18℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
きょうは土曜日、大勢のサイクリストに出会った。最後の「源入坂」で一人に抜かれた。
走行距離 80.6km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1810_2
コスモス」は花びらに筋金が入っているかのよう。季語は「コスモス」で秋。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります

コスモスの筋金入りで開くなり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

白粉花b

秋晴の空は何処へいってしまったのか。最近、とんとお目にかからない。
181016sora9時、曇天、気温19℃、弱い北の風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
きょうは、高滝ダムまで足を延ばした。
走行距離 80.7km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1809
白粉花(おしろいばな)」は名前、姿かたちから子供をイメージする。常日頃、認知症にだけはなりたくないと思っている。季語は「白粉花(おしろいばな)」で秋。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります

認知症なりたく無いぞ白粉花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

枸杞a

1810shoきのう、おとといは雨雨の日は「墨字の日」。
昨年10月から「忽恵状」を臨書していたが、今回で終了だ。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

181013sora_2朝から空一面の雲。
9時、気温17℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時、市原市権現堂から南の空を望む。雲は取れそうにもない。
帰路に入った12時頃、市原市二日市場付近でパラパラと降ってきたが、直ぐに上がった。
帰着時の気温も17℃と出発時と変わらなかった。
走行距離 70.6km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1810
枸杞(くこ)」は、花が咲いて、直ぐに実をつける。「枸杞(くこ)」は春の季語で、「枸杞の実(くこのみ)」は秋の季語。「枸杞の花」は季語ではない。季語は、秋の風光を賞美する言葉として使われる「秋の色」。市原市廿五里で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
秋の色竹垣の中枸杞の花

秋の色竹藪のなか枸杞の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

セージ

1810shoもう1年近く「忽恵状」を臨書している。雨が降り、自転車に乗れない時だけ筆を執っていたが、そろそろ「忽恵状」も終わりである。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

181010sora6時頃は霧が立ち込めていたが、7時ごろには晴れて、強い日差しが降り注いできた。9時、22℃、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」に出発。
写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。ぽつぽつと雲が出ているが、日差しはたっぷりだ。お昼には夏日となった。
走行距離 72.7km平均心拍数 109bpm(最大心拍数の 70%)

1810
セージ
の花畑の脇を自転車で走り抜けた。セージは季語ではない。季語は「秋風(あきかぜ)」で、しみじみとした趣がある。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります

秋風とセージの横を走り抜け  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

サルビア

飲兵衛達の外飲み
1810先日、「さかなや道場」に行った。
「収穫祭」という催しをやっており、そのメニューにあったのが「縞鯵の刺身」(写真、590円)。もともと「鯵」は好きな魚、特に「縞鯵」は大好物である。「出羽桜 江戸ラベル」も美味かった。

朝方雨が降った。その後は曇り。
9時、気温23℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
181008sora写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲がべったりと張り付いているが、時折雲の切れ目から日差しもあった。
きょうは「体育の日」、大勢のサイクリストに出会った。癪に障るほどでもないが、家の近くの源入坂で2人のサイクリストに抜かれた。年のせいにしておこう。帰着時も23℃と変わらず。
走行距離 71.1km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 73%)

1810_2
サルビア」は6~11月ころまで、真っ赤な色が衰えず咲いている。普通、夏の季語だが、『現代俳句歳時記』では秋の季語となっている。市原市海士有木で。画像をクリックすると大きくなります

サルビアの間を抜けて風温む  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

菊芋

1810このところ雨が多い。雨の日は自転車に乗れないので他にやることもなく「墨字」ということに。
いま「忽恵状」を臨書している。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。これは 平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

181006sora台風25号が対馬の西を北東に進んでいるそうだが、当地は良く晴れて風も弱い。
9時、23℃、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。写真は12時頃、市原市権現堂から南の空を望む。南の空には雲が多いが、ほぼ晴れの天気。気温も上昇し帰着時には30℃近くまでいった。
走行距離 70.8km平均心拍数 114bpm(最大心拍数の 74%)

1810_2
「名は体を表す」と逆なのが「菊芋(きくいも)」。菊芋は季語ではない。季語は、青く澄みきった秋の空は一年中で最も美しく感じられる「秋空」。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
空高し菊芋の花咲き乱れ

秋空や菊芋の花眩しけれ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

【飲兵衛達の外飲み】
1809きのうは千葉駅近くの居酒屋に・・
飲んだ酒が「純米吟醸 辛口生一本 真澄」である(写真)。
「真澄」は故郷信州・諏訪の酒。
この時期になると、なんとなく飲みたくなる酒だ。
秋は酒(人)恋しい季節だ。

181004sora雲が多めだったが、降水確率は30%だったので、9時いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを踏み出す。写真は10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。まだ、直ぐにでも降り出すような感じはしなかったのだが・・・残り20kmの廿五里付近まだ来ると、ぽつぽつと当たってきた。その後は合羽を着てのライド。気温は22℃のまま動かなかった。
走行距離 70.8km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1809_2
走っていると路面がピンクになっている。見上げてみると「(くず)」の花が咲いている。季語は「葛の花(くずのはな)」で秋。市原市押沼で。画像をクリックすると大きくなります

葛の花地べたがピンク見上げたり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

芙蓉b

1809このところ台風も含め、雨が多い→筆を執ることが多い。
いまは「忽恵状」を臨書している。
「忽恵状」は空海が最澄に送った手紙で、現存する手紙の3通目である。平安時代初期に書かれたものとされ、国宝に指定されている。

181002soraきのうは台風24号が通り過ぎた後の強風が吹き荒れていた。きょうは「日本晴」と言いたくなるような、青空が広がっていた。
9時過ぎ、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。気温は23~25℃と、実に快適。
写真は 10時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
走行距離 70.6km平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 76%)

1809_3
芙蓉(ふよう)」は好きな花の一つ。一番好きかもしれない。季語は「芙蓉(ふょう)」で秋。市原市草刈で。画像をクリックすると大きくなります

芙蓉咲く家に優しき人の住む  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »