« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月27日 (水)

菫a

飲兵衛達の外飲み
1903きのうは月に一度の「蕎麦会」。
呑んだ酒は「景虎」。新潟県長岡市の諸橋酒造の酒。いつ飲んでも美味いと感じる酒である。
最後は、私の田舎の蕎麦の食べ方の一つである「とうじ蕎麦」。「投じ蕎麦」と書いた方がいいのかもしれない。ゆでた蕎麦を小さな竹かごに入れ、鴨鍋の残り汁に潜らせ各人の器に「投じる」。汁は鍋の残りで、どんな鍋でもいい。

190227sora午前中は晴れるとの予報だった。10時、気温8℃、弱い北の風、いつもの
「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は時11頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲がべったりと張り付き、殆ど日差しが無い。気温は上がらず、帰着時9℃。
走行距離 60.3km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 72%)

1902
遅霜にへたっていた「(すみれ)」が、日差しを受け立ち上がった。季語は「すみれ草」で春。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

日差し受け起き上がるなりすみれ草  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

椿c

55歳の時、歯の治療をした。金属床の部分入歯にした。この時の自分の歯は10本だった。
190275歳には無料の「歯科健康診査」があり、12月にこれを受けた。自分の歯は6本に減っていた。
1月から週に1~2回、家の近くの歯医者に通い、これまでで全部の歯が整った状態となった。

朝方雨が降った。次第に雲が取れ、10時には青空が広がった。
190223soraいつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。気温は9~12℃と汗ばむほど。ただ平均5m/sの北風が吹いており、帰路はもろに向かい風となり、難儀した。
走行距離 60.7km、平均心拍数 118bpm(最大心拍数の 76%)

1902_2
養老川に流れ込む小川の上流には「椿(つばき)」が多いのか、時折花が流れてくる。季語は「落椿(おちつばき)」で春。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります

川底の己が影追ふ落椿  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

蠟梅

飲兵衛達の外飲み
1902昨夜の会合で飲んだのが
腰古井」(こしごい)純米大吟醸 『初しぼり』
千葉の勝浦の吉野酒造の酒。
大吟醸らしいやさしさと、純米造りらしい旨味を味わえる酒。
兎に角、飲みやすく、あっという間に一升が空になった。

190221soraきょうも「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は10時半頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲は多めだったが、この後取れてきて、いい天気になった。気温は、きのうの暖かさが残っているのか、11~14℃とまずまず。
走行距離 60.4km平均心拍数110bpm(最大心拍数の71 %)

1902_2
蠟梅(ろうばい)」の花びらは、半透明。季語は「蠟梅(ろふばい)」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
蠟梅や黄色いガラス見る如し

蠟梅のステンドグラス見る如し  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

椿b

1902きのう、東博で開催されている「顔真卿ー王義之を超えた名筆ー」展に行ってきた。
中国の古典の王義之から清時代の趙子謙まで、そして王義之の影響を受けた空海や嵯峨天皇・橘逸勢など合計177点が展示されており、台湾「故宮博物館」からのものも4点あった。
中国人来場者が多かった。漢字を使っているのは中国と日本だけ・・

190216soraようやく走る気になった。10時、気温6℃、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。薄い雲が出ていて、気温は低めで推移。午後になり日が差してきた。気温も上がりだし、帰着時12℃だった。
行距離 60.5km平均心拍数 117bpm(最大心拍数の 75%)

B1902
椿(つばき)」の花はその形状から、上向きに落ちるのだろう。そういうのが多い。季語は「落椿(おちつばき)」で春。市原市権現堂で。画像をクリックすると大きくなります

落椿二つ見事に着地せり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

椿a

1902の日は「墨字の日」としていたが、この処ご無沙汰・・・・
きのうは久しぶりの「雨」。
灌頂記」の臨書。
「灌頂記」は空海が自筆で記したもので、国宝に指定されている。
灌頂とは、密教の儀式で、私流に言えば「文化勲章授与式」のようなものだと思う。

190207sora朝方まで雨が降っていた。濃い霧でなかなか日差しが届かなかった。写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。まだ、薄い霧に包まれているよう。きょうも「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。気温は高く、出発時12℃、帰着時18℃と3月下旬の気候だ。
走行距離 60.5km平均心拍数 111bpm(最大心拍数の 72%)

902
立春は過ぎ、日差しも強くなってきたが、厚い霜柱が出来ることも・・暖かな春はまだ遠い。「椿(つばき)」はかなり前から咲いている。季語は「椿(つばき)」で春。市原市権現堂で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
椿咲き日差し強まり春近し
次は
椿咲く足元ザクリ音がする

椿咲き日差し増せども耐えて待つ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

水仙

190203sora10時、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標に出発する。気温は8℃だったが、帰着時には15℃まで上昇、あすは春一番が吹くかもと言っている。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。空の雰囲気も何となく春を思わせる。
走行距離 60.9km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1901
きょうは節分。あすからは暦の上でも、俳句の世界でも「春」である。
村田川の土手に「水仙(すいせん)」が所々にかたまって咲いている。季語は「水仙(すいせん)」で冬。市原市草刈で。画像をクリックすると大きくなります

水仙の身を寄せ合って風凌ぎ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »