2018年12月27日 (木)

山茶花a

181227soraあすから寒波が襲来すると言っているが、きょうは比較的暖かで、気温は9~13℃。10時、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲が棚引いていたが、この後、直ぐに消え去って、冬空が続いた。
走行距離 60.9km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

181227a
今どき咲いている花と言えば「山茶花(さざんか)」くらいか。この時期の花のせいか、鮮やかな色合いとは言えない。季語は「山茶花(さざんくわ)」で冬。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります。
初句は
山茶花の己が光を隠すなり

山茶花の己が光を出し惜しみ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

八手

1824soraきょうも、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。出発時の気温9℃、帰着時11℃と、この時期のものだろう。ただ北の風が5m/s以上とちょっと強めだが、これも真冬の気象条件とも言える。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。時折このような雲が通り過ぎ、日照時間は45分/時間程度。
走行距離 60.0km平均心拍数 115bpm(最大心拍数の 74%)

1812
八手(やつで)」は林や藪の中など陽の光があまりない所でも育つ。季語は「花八手(花八手)」で、冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

木洩れ日に白玉浮かぶ花八手  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

ピラカンサ

181221soraあすは「冬至」。
折り返しではない、これからだんだんと寒くなっていく。
10時、気温9℃、北寄りの風に中、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲一つない冬空である。
走行距離 60.2km平均心拍数 113bpm(最大心拍数の 73%)

1812
ピラカンサ」が真っ赤な実をつけている。「ピラカンサ」は季語ではない。季語は、晴れわたった日の透徹した青空をいう「冬空(ふゆぞら)」。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

冬空に挑むが如しピラカンサ  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

皇帝ダリアb

今週の日曜日、冷え込みが酷く気温は-4℃まで下がった。氷が張り、霜が降り、霜柱もあちこちに見えた。
先月、風邪をひいてから、体調は万全ではなかった。先週は腹の調子が良くなかった。やはり、年のせいか、と思っているが・・・

81218soraきょうは、朝から良く晴れて冷え込みも弱い。久し振りに「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。10時の気温は8℃、やや強い北風が吹いており、体感的には真冬レベル。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。雲は無く、正に透徹した冬空。
帰着時には南寄りの風に変わり、気温も13℃まで上昇。
走行距離 60.0km平均心拍数 116bpm(最大心拍数の 76%)

1812
日曜日の降霜で、「凛」として咲いていた「皇帝ダリヤ」も、見る影もない。季語は「」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります

霜降りて皇帝ダリア無残なり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

枇杷

Dsc_0002厚い雲に覆われていたが、午後からは晴れ気温も高くなる、という天気予報を信じて10時、曇り、気温12℃、弱い皆に寄りの風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。まだ雲に覆われているが、少し雲の切れ目も見え始めた。
午後になると薄日も差し始め、気温も17℃まで上昇、予報はよく当たったと言っていいだろう。
走行距離 60.7km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の72%)

1812
枇杷の花(びわのはな)」は色も、形も地味な花で、高い所に咲いているので気が付きにくい。季語は「枇杷の花(びわのはな)」で、冬。市原市草刈で。画像をクリックすると大きくなります

パンパンと音を辿れば枇杷の花  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

皇帝ダリア

181204sora10時頃に雲が切れ、青空が広がってきた。
気温17℃、南の風、「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
南の風はどんどん強くなり、気温も上昇、帰着時には「夏日」一歩手前の24℃を超えていた。お陰でたっぷりと汗を掻き、いい運動ができた。
走行距離 60.8km平均心拍数 110bpm(最大心拍数の 71%)

1812
最近あちこちで見られるようになってきた「皇帝ダリア」。背が高く、大きな花で名前の通りかも。季語は、透徹した青空をいう「冬空(ふゆぞら)」。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります。

冬空に皇帝ダリア凛と咲き  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

ことしも後一か月となった。
181201sora風邪をひいた時、右膝が痛かった。医者に聞くと風邪のせいで風邪が良くなれば治ると言われた。風邪は治ったように思うが、右膝にはまだ違和感がある。大したことは無いので「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。気温は13~17℃で、今時分としては暖かい。
右膝の違和感も帰着後は殆ど感じない。
走行距離 60.9km平均心拍数 112bpm(最大心拍数の 72%)

1812
この辺りでも農家では家の周りに「(ちゃ)」を植えている。季語は「茶の花(ちゃのはな)」で冬。市原市瀬又で。画像をクリックすると大きくなります。

茶の花や厨に続く土の道  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

犬蓼

飲兵衛達の外飲み
1811その居酒屋の先週の鍋は「きりたんぽ鍋」(790円)。
きりたんぽが4切れ、きのこ,ニンジン、油揚げ、糸コン、それに比内地鶏ではないだろうが鶏肉が入っている。
微温燗の酒を飲みながら食す。

181129sora風邪が完全に治りきっていないような感じがする。10時、気温13℃、「走行距離60km+最大心拍数の70%程度の有酸素運動」を目標にペダルを回す。
写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
十分すぎるほど静養したのに体が思うように動かない。これも年のせいなのだろうか?
走行距離 60.6km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1811_2
犬蓼(いぬたで)」の赤い花は、子供のころを思い出させる。季語は「赤のまま」で秋。市原市馬立で。画像をクリックすると大きくなります

赤のまま脳裏に浮かぶ幼き日  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

小菊

きょうは「ポタリング」(自転車散歩すること)。
1811左の写真は11時頃、千葉市緑区おゆみの中央の「はるのみち}。
この一週間強、風邪をひき、微熱があった。そして、医者(内科)に行った。
私の平熱は36.5度。上がっても37.5度だったが、熱が下がらなかった。風邪で医者に行ったことはこれまでの人生でなかったことだ。医者は、喉を見て、聴診器で胸と背中を見ただけで、「薬をのめば一週間で治る」と言った。
一週間目のきょう、確かに熱は平熱に下がり、喉の痛みもない。
ということで、軽くペダルを回す。
走行距離 42.6km平均心拍数 104bpm(最大心拍数の 67%)

農家の庭先には必ずと言っていいほど。が植えられている。菊も「小菊(こぎく)」も秋の季語。市原市菊間で。画像をクリックすると大きくなります。1811_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

泡立草

飲兵衛達の外飲み
1811「立冬」も過ぎ、“鍋”が恋しい時季。
この居酒屋では11月から「あったか鍋フェア」をやっている。先週の鍋は「きのことろろ鍋」(写真)。あわび茸、たもぎ茸、ひら茸など8種類のきのこが入っている(790円)。
微温燗の日本酒をチビチビやりながら、食す。

181115fujiけさは冷え込んだ。6時の気温は4℃で、薄っすらと霜が降りたように見えた。
10時、14℃、やや強い北の風、いつもの「走行距離60~80km+最大心拍数の65~75%の有酸素運動」を目標にペダルを回す。しばらく走ると、富士山が見えてきた。左の写真は、養老川に架かる西広橋から見た富士山。
181115sora日差しは十分あるのだが、空気が冷たいのか、気温はあまり上がらない。右の写真は11時頃、市原市権現堂から南の空を望む。
気温は、出発時14℃、帰着時16℃と寒いライド。
走行距離 71.4km平均心拍数 108bpm(最大心拍数の 70%)

1811_2
泡立草」は驚異的な繁殖力である。耕作放棄地などは1年も経たないうちにとって代わられる。泡立草は「『現代俳句歳時記』では秋の季語。市原市番場で。画像をクリックすると大きくなります
初句は
田一枚去年の稲穂が泡立草

泡立草田んぼ一枚占拠せり  たつを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧